USS Kyushuトップに戻る

スタートレックって何?

スタートレックって何?

dot

・スタートレックとは

スタートレック (Star Trek) とは、40年以上前にアメリカで生まれ、その後現在まで世界中で人気のある SFシリーズの名前です。基本となるのは TVドラマですが、映画・小説・グッズや、更にそれを越えた域までも広がった世界があります。ただ、あまり日本では知名度が高くなく、名前は聞いたことがあっても耳の尖ったスポックしか知らない、という人も多いと思います。

スタートレックの魅力はたくさんあります。徹底したリアリズムによる 22〜24世紀の未来描写、個性豊かなキャラクターの人間模様、SF であることを忘れない高度な特殊効果、現代でも抱える問題に挑むクルーの苦悩、長いシリーズに裏打ちされた精密な設定、ちりばめられたユーモア…。このページを読んで少しでも興味を持ち、見ていただけるようになれば嬉しく思います。

まずは予備知識などなくても楽しめるため、一つで結構ですので (基本的に一話完結です)、ぜひ御覧になってみて下さい。観ているうちに魅力に引かれていくと思います。

・スタートレック放送状況 [2010/7/19 更新]

地域放送局シリーズ曜日時間
全国 スーパー! ドラマTV VOY 月〜金 18:00 & 深夜 3:00
DS9 (7/26〜) 月〜金 17:00 & 深夜 2:00


・スタートレック・シリーズと映画などの紹介

"Star Trek" 「宇宙大作戦/スタートレック」 - 略称 TOS [The Original Series]

1966年から 69年にかけて放送されたシリーズで、後続作品の基盤となります。全3シーズン、79話です (→エピソードリスト)。邦題は「宇宙大作戦」ですが、初回放送の第2・3シーズンのみ「宇宙パトロール」でした。
23世紀の宇宙船 U.S.S.エンタープライズのクルーが、未知の宇宙を探検します。若く有能なジム・カーク船長、ヴァルカン人と地球人のハーフであるスポック、皮肉屋ドクター・マッコイの3人を中心として展開。毎週のように登場する異星人や未知の惑星との遭遇が基本形となります。3年間で打ち切られるものの、多くのファンを獲得しました。転送やフェイザーといったスタートレックの基礎とも言える技術は、すでにこのシリーズで使われています。全話収録した DVDボックスが発売、その後シーズン別も完結しました。
40周年記念としてデジタル・リマスター版が作られ、特撮をCGで置き換えた点が最大の特徴となっています。そちらのDVDも発売され、さらにブルーレイ版では従来の特撮と自由に切り替えて楽しめる仕様になっています (2010年7月の第3シーズンで完結)。
メディア
BD全話 [第3シーズン…7/23]
DVDセル:全話
レンタル:3巻
LD全話
ビデオ旧:第1シーズン全話+第2シーズン 1話
新:第1シーズン途中まで
小説全話ノヴェライズあり
→詳細は Episode Promenade
主な登場人物
ジェイムズ・T・カークJames T. Kirk船長
スポックSpock副長
レオナルド・H・マッコイLeonard H. McCoy医療主任
モンゴメリー・スコット (チャーリー)Montgomery Scott機関主任
ヒカル・スールー (加藤)Hikaru Sulu操舵士
ウフーラ (ウラ)Uhura通信士
パヴェル・A・チェコフPavel A. Chekovナビゲーター
クリスティン・チャペルChristine Chapel看護婦

"Star Trek: The Next Generation" 「新スタートレック」 - 略称 TNG

初代エンタープライズの後継艦、U.S.S.エンタープライズ-D のクルーの物語です。米国では 1987年から 94年にかけて放送されました。時代はTOSから約100年後の24世紀で、いろいろな点で進歩した世界を描いています。未知との出会いという TOS のコンセプトを引き継ぎ、特に初期は偉大なる先代の影に苦しみました。しかしその後新しい脚本家陣による多種多様なストーリー、レギュラー全員を生かした上での描き方、くわえて魅力的なサブレギュラーや敵を導入して大ヒットしました。結果的には全7シーズン・178話で完結しました (→エピソードリスト)。
DVDはボックス形態で全話リリースされています。TNGのみ、半シーズンずつの廉価版も発売されました。
メディア
DVDセル:全話
レンタル:3巻
LD全話
ビデオ・第1シーズン途中まで
・前後編 (2時間) エピソード
小説ノヴェライズ 3巻
→詳細は Episode Promenade
主な登場人物
ジャン・リュック・ピカードJean-Luc Picard艦長
ウィリアム・T・ライカーWilliam T. Riker副長
ビヴァリー・C・クラッシャーBeverly C. Crusher医療主任
ディアナ・トロイDeanna Troiカウンセラー
データDataオペレーション
ジョーディ・ラフォージGeordi La Forge機関主任
ウォーフWorf保安主任
ウェスリー・クラッシャーWesley Crusherパイロット
ナターシャ・ヤーNatasha Yar保安主任
キャサリン・ポラスキーKatherine Pulaski医療主任

"Star Trek: Deep Space Nine" 「スタートレック/ディープ・スペース・ナイン」 - 略称 DS9

TNGから派生して生まれたシリーズ (スピンオフ) で、1993年から 99年にかけて放送、こちらも7シーズン続きました (176話 →エピソードリスト)。他シリーズとは異なりディープ・スペース9 という名の宇宙ステーションを舞台にした話で、時代設定はTNGと一部重なります。DS9の近くに、未知の領域へつながるワームホールが発見されたことからストーリーが始まります。あえて過去の作品とは一線を画した数多くの設定は敷居が高いと言えますが、全シリーズ中最も連続性の強い大河ドラマ的展開は異色にして絶品です。
TNG に続き、DVD リリースが完結しています。
放送状況
・CS [Super! drama TV]
2010/7/26〜
メディア
DVDセル:全話
レンタル:2巻
LD第5シーズンまで
ビデオ第1シーズン途中まで
小説ノヴェライズ 2巻
→詳細は Episode Promenade
主な登場人物
ベンジャミン・L・シスコBenjamin L. Sisko司令官
キラ・ネリスKira Nerys副司令官
オドーOdo保安主任
ジャッジア・ダックスJadzia Dax科学士官
ジュリアン・S・ベシアJulian S. Bashir医療主任
マイルズ・E・オブライエンMiles E. O'Brien技術チーフ
クワークQuarkバーテンダー
ジェイク・シスコJake Siskoシスコの息子
ウォーフWorf戦略士官
エズリ・ダックスEzri Daxカウンセラー

"Star Trek: Voyager" 「スタートレック/ヴォイジャー」 - 略称 VOY

TNG終了直後の1995年に始まったシリーズで、2001年までやはり7シーズン・172話続きました (→エピソードリスト)。地球から遥か遠くに飛ばされた U.S.S.ヴォイジャーのクルーの話で、故郷へ帰るための長い旅が描かれます。TNG・DS9と同じく24世紀で、TVシリーズでは最も未来の年代まで続きました。旧UPNの看板番組ながらも視聴率には苦しみましたが、原点回帰的なわかりやすさ、時代に即したCGの採用で親しみやすいシリーズとも言えます。
DVDも完結しています。
放送状況
・CS [Super! drama TV]
メディア
DVDセル:全話
レンタル:2巻
LD第5シーズンまで
ビデオ第1シーズン途中まで
小説ノヴェライズ 2巻
→詳細は Episode Promenade
主な登場人物
キャスリン・ジェインウェイKathryn Janeway艦長
チャコティChakotay副長
トゥヴォックTuvok保安主任
トム・E・パリスThomas E. Parisパイロット
ベラナ・トレスB'Elanna Torres機関主任
ハリー・キムHarry Kimオペレーション
EMH (ドクター)EMH (The Doctor)医療主任
ニーリックスNeelixコック兼ガイド
ケスKesドクター補佐
セブン・オブ・ナインSeven of Nine元ボーグ

"Star Trek: Enterprise" 「スタートレック/エンタープライズ」 - 略称 ENT

VOYの後番組として2001年に始まった、現時点で最新のシリーズ。史上初めて時代を戻し、TOS以前となる22世紀の「古くて新しい」エンタープライズ NX-01 が舞台となりました。さらに進歩したCGI技術をふんだんに用いて地球人初の深宇宙任務が描かれましたが、人気は回復できず迷走の果てに2005年に打ち切られることに。4シーズン・98話でした (→エピソードリスト)。当初は原題には「スタートレック」が入っていませんでした。
DVDは他シリーズ同様、完結しています。国内CSではHD版が放送されました。
メディア
DVDセル:全話
レンタル:2巻
小説ノヴェライズ 2巻
→詳細は Episode Promenade
主な登場人物
ジョナサン・アーチャーJonathan Archer船長
トゥポルT'Pol副長
チャールズ・タッカーCharles Tucker機関主任
マルコム・リードMalcolm Reed兵器 (武器) 士官
トラヴィス・メイウェザーTravis Mayweather操舵士
ホシ・サトウHoshi Sato通信士
フロックスPhloxドクター

映画

現在までに 11本の劇場版が作られており、TVではできないSFXの技術は回を追うごとに素晴らしくなっています。いずれも総集編や番外編ではなくれっきとした正史の新作であり、10作目まではTVシリーズ終了後にキャストが再集結して作られた「お祭り」的な側面もあります。
残りの唯一、俳優を一新して作られたのが2009年の「スター・トレック」です。端的に言えばTOSのリメイクであり最近流行の「エピソード・ワン/ゼロ」ものですが、ファンにも初心者にも楽しめるという奇跡的な評判と興収を獲得しました。
メディア
BD全作
DVD全作
LD9作まで
ビデオ10作まで
小説全作ノヴェライズあり
→詳細は Episode Promenade
1スター・トレックStar Trek: The Motion Picture1979年
地球に機械生命体ヴィジャーの脅威が迫る。見事に生まれ変わったエンタープライズの姿に、ファンは感激した
2スター・トレックII カーンの逆襲Star Trek II: The Wrath of Khan1982年
TOSの一エピソードの続編として描かれ、名悪役カーンが俳優もそのままに再登場。「映画の偶数作は名作」というジンクスの元祖になった
3スター・トレックIII ミスター・スポックを探せ!Star Trek III: The Search for Spock1984年
スポック役レナード・ニモイの監督作品。前作の最後と直結する形になっており、次のST4まで合わせて三部作となる
4スター・トレックIV 故郷への長い道Star Trek IV: The Voyage Home1986年
再びニモイが演出した娯楽作。カークたち一行はタイムトラベルを決行し、現代へやってくる。メインで使うのはエンタープライズではない
5スター・トレックV 新たなる未知へStar Trek V: The Final Frontier1989年
今度はカーク役ウィリアム・シャトナーが監督、スポックの異母兄が敵となる。評判・興行ともに全く冴えず、ラジー賞を総ナメしている
6スター・トレックVI 未知の世界Star Trek VI: The Undiscovered Country1991年
実質的なTOS完結作。長年の宿敵だったクリンゴン帝国との関係が描かれ、すでに放送中だったTNGとの橋渡しともなった力作
7ジェネレーションズStar Trek: Generations1994年
完結後のTNG初の劇場用作品。冒頭でカークたちTOS世代のパートもあり、二大艦長が共演を果たした
8ファースト・コンタクトStar Trek: First Contact1996年
TNG最大の敵、ボーグとの戦いが描かれた待望の第8作。新しいエンタープライズEが登場し、歴史的な出来事とも関係している
9スター・トレック 叛乱Star Trek: Insurrection1998年
前作に引き続き、ライカー副長役のジョナサン・フレイクスによる監督。平和な惑星を巻き込んだ陰謀が暴かれる
10ネメシス/S.T.XStar Trek Nemesis2002年
TNG最後の作品となっている。ピカードに相対する最大の敵とは? 見どころは多いが、興行的には大きく失敗した
11スター・トレックStar Trek2009年
カークたちの若い頃が描かれた、J・J・エイブラムス監督作。歴代一位の興行収入を獲得、続編も進行している

"Star Trek" 「まんが宇宙大作戦」 - 略称 TAS [The Animated Series]

TOS を基盤にしたスタートレックのアニメものです。本国で1973年から74年にかけて放送され全22話 (→エピソードリスト)。チェコフがいない代わりにアレックスやムレスといったアニメならではのキャラクターが登場、また原語の声優はそれぞれ本人があてています。ただ TAS は正史とは認められておらず、小説やコミックと同じ扱いです (最近は正史と見なす場合もあります。「このサイトについて」参照)。
DVD もリリースされました。


dot

特報周波数next
USS Kyushuトップに戻る