A beautiful "OMOMITSU" life.
Last Update 01.11.18 07:18:54


思蜜日記

 


since '97.7.5

思蜜天才動向日記
(毎日?更新中)
思蜜UO日記
(ウルティマオンラインな日々)

日記才人 思蜜日記バックナンバー 

思い上がりは蜜の味思い上がり講座
TRUTH!掲示板


作者に対する強い訴えを送るボタン


2001.11.17 .
「倒れる場所は選びたい

 

金曜は無事に出社。<繋がりは動向日記16日分を参照の事

動向日記更新の後、辛くも WindowsXPインストール作業実施を踏み止まった俺は、
リーマンらしくちゃんと出社。俺もやればできるのである
っツーか、この日記は俺の直属上長である一雄も思いっ切りチェック入れているので、
全てはバレバレで洒落にならんのだ。んじゃ書くなという話もあるが。うくくく。

ところがである。出社してみるとホワイトボードにはこう書かれていた。

一雄:午前半休

なぬー!!!昨夜はそんな事一言も言ってなかったぞ!!!ずるーい!!!ズルだ!!!俺もやっぱ朝までかかってでもインストールしちゃって、んでもってスゥィートな半休にすればよかったああああ!!!

後で聞いた所によると「起きたら8:50だったんだもん」との事。
で、月曜に予定していた用足し半休を金曜にずらしたらしい。うう、羨ましい
が、日頃の勤務態度が俺と一雄では比べものにならないので、
全く文句が言えない俺であった。で、大人しく一日お仕事。

が、大人しいのも終業まで
定時退社時刻を一時間ばかり過ぎたとこで、二日連続で飲みに繰り出す俺達であった。
一雄、智秋、俺の三人で中野の居酒屋へ。その他に、新宿へ所用で出かけた明子と、
月曜仕事の準備がなかなか片づかない英一郎は、後から合流する手筈になっていた。

「かんぱーい!!!」と、三人はとっとと飲み始める。俺は昨夜に引き続き、冷や酒
高校時代に一生分の酒を飲み終わってしまった俺
今ではすっかり下戸になってしまったのだが、最近は日本酒なら割といけるのだ。
日本酒ならオッケーって、これはやっぱりアレなのかなぁとか思いながらも、まぁ飲む。

明子が到着した頃には、俺はたった2合の司牡丹ですっかりいい気分になっていた。
そしてあまりの眠さに耐えかねて、オヤジっぽく座敷で横になってくーかくーか寝る。

ふと目を覚ますと、いつの間にやら英一郎も到着していた。おお、全然気づかなかった。
で、酔い覚ましのウーロン茶を頼もうと思って奥まったお座敷席からサンダルを突っかけて出る。
注文終えたついでにトイレへ。トイレは広く、この時点で俺の頭は妙に冴えていた
酔ってる筈なのになぁと思いながら小用を足し終えて、朝顔から離れた途端、

「あ、いかん」

さささささーと血の気が引く。この感覚には覚えがある。

貧血でひっくり返る時の前兆である

「こ、こんなところでブッ倒れる訳にはいかん!!!」 と思う間もなく意識が遠のく。

 

気づいた時には俺はトイレ出口付近の床で仰向けにひっくり返っていた。

うぁー!!!酒飲んで倒れるなんて10何年ぶりだ!!!

いったん気づいてしまうと、酔って倒れたとは思えない程、意識がはっきりしている。
半身を起こしてまず俺がした事は、服が汚れていないかチェックした事だったが、
幸い、大変に清掃の行き届いた床で、さらに全く濡れてもいなかったので事なきを得た。
しかしいくら綺麗だからと言っていつまでもこんなところでのびてる訳にもいかない
とにかく立ち上がる。が、貧血状態は未だに続いており、立ちくらみでぐらぐらになる俺。

「せ、席まで何とか戻らなければ」と、
強引にトイレを出た俺だが、そこからまた判らなくなる。


二度目に気づいた時には、俺は自分のお座敷席を通り過ぎた隣のお座敷前の土間で、まるでカエルをぎゅうと潰したかの如くうつぶせに倒れていたのだった。

うがああああ!!!何故一度はっきりと意識を取り戻しているのにまた倒れるのだ!!!

隣のお座敷にいるお客さん達は全員、ぎょっとした顔で俺を凝視している。
どうやら俺はよほど派手に倒れたらしい。

「だ、だいじょうぶですかっ!?」

「い、いや、あのそのあの、だ、だいじょうぶですっ!!!」

「顔色が真っ青ですよっ!?だいじょうぶですかっ!?」

「こ、これはあのそのあの、い、いつも真っ青なんですっ!!!

訳の判らない言い訳をしながら必死に皆のいるお座敷に向かう俺。やっとこ辿り着いて這い上がる。

「遅かったねー。まさかトイレで倒れてるんじゃないかって言ってたんだよー」と一雄。


そのまさかである。


頭を起こしているとフラフラするので、横になったまま事情を説明する。
ヘンに意識がはっきりしているので、情けなさもひとしおだ。

皆の話によると俺はかなり長い間、席を離れていたらしい。
という事は俺はその間、延々とトイレでのびていたという事になる。
そんなに長い間誰もトイレにこなかったのだろうか。居酒屋のトイレなんて千客万来なのに。
いや、ひょっとすると何人もの客がトイレに来ては俺の姿を目にして、そのあまりの様相に

何も見なかった事にして再びドアを閉めて出て行ったのではなかろうか。

人情地に落ちるとは正にこの事である。<違います

意識はあるが体が言う事を利かない俺は、そのまま1時間ほど横になったまま。
そして中野に住む一雄を残して、一人、また一人と皆、終電前に帰っていったのである。

その後やっとこさ起きられる様になった俺は、一雄と共に店を出る。
歩き始めた俺は、先程の情けない姿が嘘のように平常に戻っていたのである。
酔いも完全に醒めている。飲めなくなった分、俺は自分の酔いが例え少しでもはっきり判るのだが、
それもほぼ感じない。っツーか、倒れたのは酔いのせいだけとはとても思えないのだ。
だいたい、ぶっ倒れる程飲んではいない。体調も悪くなかったし。何故倒れたか今もって謎である。

「泊まっていきなよ」と優しい言葉をかけてくれる一雄。だがその時の俺には、
WindowsXPインストールという、果たさねばならないむちゃむちゃ重大な使命が科せられていたので、
缶コーヒーを一本飲み終えた後、スクーター帰宅したのであった。 < こら!

が、無事に帰宅したら急に気が抜けて、結局インストールは土曜日に持ち越し。
昼ごろからさっくりインストールして、現在はXP上でこの日記を書いている。
ユーザーインターフェースが変わったので、どこに何があるのかまだよく判らないのだが、
まぁすぐに慣れるだろう。Win2000からの移行だから、そうは苦労しないだろうし。

 

っツー事で、大変しばらく振りの思蜜日記更新。
年が変わる前に更新できてめでたしめでたしである。
情けない話で終始したので、最後は今日撮影してきた恵比寿ガーデンプレイスの綺麗な夜景で

 

BACCARATの特製シャンデリアが大変綺麗だった。お勧め。



思蜜私信箱

一雄、えらい面倒かけて面目ない。さんきう。

 

 


空メール。連打の回数で、俺に対する好意を示すべし。

いやー、2001年はもう更新できないなこりゃとか思ってたのに、
俺的にむちゃむちゃ衝撃的なネタだったのでそのまま勢いで更新。
これでもう今年のお勤めは果たしたっツー感じなんすけど。うくく。
ちうか、1年近くも更新しない「日記」をちょこちょこ覗いてくれてる皆さん、
ホント、マジでさんきゅ。こうしてたまには更新かかるので、たまーには
チェック入れてくれ。七夕毎とかハレーすい星接近毎とか。わはははは。

 



俺様への熱い想いを書け!

思い上がった掲示板
思蜜日記バックナンバー

書評日記 テロ@リン  弟☆ 裏番 RA


バックナンバー

2001
Jan  x   x  x
x  x   x  Nov
x  x   x  Dec
1997
Jan Apr Jul Oct
Feb May Aug Nov
Mar Jun Sep Dec
1998
Jan Apr Jul Oct
Feb May Aug Nov
Mar Jun Sep Dec
1999
Jan Apr Jul Oct
Feb × Aug Nov
Mar × Sep Dec

ページ先頭へ戻る