小田原 S邸 <広い広い、眺めのいい家> 

設計 望月竜弘建築設計工房

施工 渡辺工務店

その他の施工事例
遊び心いっぱいのログハウス
吹き抜けのある家
古民家材を利用した家
見晴らしの良い丘の上、リビングを2階に配置することで、さらに眺望の良い空間が生まれました。
西には富士山を。南には相模湾を臨み、まるでお城の天守閣に居るような素晴らしい眺めです。
S邸は、その殆どを自然素材によって作られています。
木材は天竜杉を主体に、無垢材をふんだんに使用。

白壁は全て漆喰塗りです。

家の全てが呼吸する素材です。

外壁も火山灰(しらす)塗りです。
S邸の大きな特徴は、引き戸が多い事です。浴室の一カ所以外は、全てが引き戸です。解放感のある空間作りと、和のしつらえ。用途に応じた引き戸の配置。それぞれがそれぞれの季節やシーンによって使い分けられるように設計されています。

旧家の欄間組子を建具の意匠にリフォーム
これから、どんな生活が始まるのでしょう。

子供たちの成長に従って、また家も表情を変えていきます。

家造りはこれで終わりではなく、これからが始まりです。。

このページのトップに戻る