フィールド・ノート (2001.04)     

2001/04/27(Fri) 6:20 - 12:10 小作堰(うす曇)

先日の ツミ に会いたくて、河原の常連さんたちには失礼して、小作堰へショートカットしました。ポイントに着いたら オナガ たちが賑やかに鳴き交わしていました。しばらく付き合ってもらって、100m ほど移動した所で ツミ♀ が鋭い眼光であたりを睥睨していました。枯れ枝を音を立てて折り取っては、松の木のかなり高い枝の分かれ目に巣を作り始めているようです。近くにきた自分の倍くらいの ハシボソガラス を追っ払うところも見せてくれました。1時間に1回位の間隔で♂が戻ってきて、♀と仲良くあたりをを飛び回っては、また出掛けてゆきます。♂は動きが激しくて、なかなかカメラに収まってくれませんが、1回だけ 交尾の瞬間 を撮らせてもらえました。ただズームボタンを押す暇が無くて♂だけしか画面に入りませんでした。 (^x^;) 繁殖がうまくゆくと良いですね。

今日、会えた鳥たち:(出会った順序)
 スズメ・ヒヨドリ・ツバメ・カワウ・ハシボソガラス・
 ムクドリ・オナガ・ツミ♀♂・キジバト・ホオジロ・
 シジュウカラ              (以上11種)


2001/04/24(Tue) 6:45 - 11:50 羽村堰->小作堰(うす曇)

今日こそ カワセミ とゆっくりデートしようと出掛けたのですが、1回だけ飛んで通過しただけで、あとはサッパリでした。待っている間 ホオジロ イカルチドリ キセキレイ ツバメ などがお相手をしてくれました。何回か顔をあわせたことがある先輩バーダーから「小作堰近くの林に ツミ のつがいがいるよ」と親切に教えて頂き、足を伸ばして会いに行きました。途中で、隠れん坊をしている(^m^) アオゲラ にモデルになってもらったりして、ポイントに着いたら、松の枯れ枝に ツミ の♂♀が並んで留っていたのですが、♂はすぐ飛び去ってしまい、♀がカメラに収まってくれました、やっぱり肝っ玉お母さん?。ライフリスト+1で、HTさんに感謝です。羽村堰に戻り帰り支度をしているとき、顔見知りのべつのバーダーが、「今日、浅間神社で オオルリ を見たと言う電話をもらったので、これから行くの」と話してくれました。先日の個体がまだ滞在しているのですかね。空腹で、お付き合いする元気はありませんでした。

今日、会えた鳥たち:(出会った順序)
 スズメ・ヒヨドリ・ムクドリ・ハシボソガラス・ホオジロ・
 キジ(声)・ツバメ・カワウ・ウグイス(声)・セグロセキレイ・
 カルガモ・イワツバメ・キジバト・シジュウカラ・ツグミ・
 カワセミ・キセキレイ・イカルチドリ・アオサギ・コサギ・
 アオゲラ・カワラヒワ・オオヨシキリ(声)・オナガ・ツミ♂♀・
 ダイサギ・トビ・ユリカモメ・モズ♂・ハクセキレイ  (以上30種)


2001/04/22(Sun) 9:20 - 12:30 羽村堰(うす曇のち晴)

朝早くは霧が濃かったので出足が遅くなり、鳥さんたちの数は少なめでした。飛んでる カワセミ の姿を確認してから、浅間神社にのぼりましたが、2匹目の泥鰌はいませんでした。先着の双眼鏡を持って犬の散歩をさせている人と オオルリ の話をしました。昨年は キビタキ が近くの林に4〜5日滞在したそうです。今日も ヤマガラ が2羽近くに来てくれたのですが、撮らせてはもらえませんでした。若葉が繁って鳴き声はすれども姿を見つけるのが難しくなってきました。風も強くなり早々に切り上げました。今日の鳥は約100m離れたこの ホオジロ 1枚だけです。

今日、会えた鳥たち:(出会った順序)
 スズメ・シジュウカラ・カルガモ・ハクセキレイ・ツバメ・
 イワツバメ・カワウ・コサギ・ヒヨドリ・ツグミ・
 キセキレイ・ムクドリ・カワラヒワ・ハシボソガラス・ホオジロ・
 キジ(声)・カワセミ・セグロセキレイ・イカルチドリ・ウグイス(声)・
 キジバト・シロハラ・コジュケイ(声)・メジロ・ヤマガラ・
 ハシブトガラス・トビ・モズ♂       (以上28種)


2001/04/20(Fri) 7:00 - 11:20 羽村堰(晴)

ちょっと他所に浮気してて、羽村堰は10日振りです。まず カワセミ のポイントでしばらく待ちましたが、3回飛んで通過しただけでお気に入りの枝では付き合ってもらえませんでした。代りに ホオジロツバメ がカメラに収まってくれました。冬鳥たちで賑わった沢筋は シジュウカラ ウグイス アオゲラ ヒヨドリ コゲラ コジュケイ など常連さんたちの天下に戻っていましたが、上の方には シロハラ が残っていてくれました。浅間神社の境内で オオルリ の声がするので新緑の萌え出た枝の中に眼を凝らすと、いました、いました、やっと1枚だけ撮らせてもらえました。手前の枝が邪魔にならない位置へ回り込もうとしているうちに、飛ばれてしまいました。(^_^;)通りすがりなのかな。すぐ近くで ヤマガラ がチョロチョロしてくれたのですが、カメラで追い掛けてやっとシャッターを切らせてもらいましが、ご覧の通りです。ホホ

今日、会えた鳥たち:(出会った順序)
 スズメ・シジュウカラ・ヒヨドリ・ハシボソガラス・ムクドリ・
 キジ(声)・ツバメ・ホオジロ・カルガモ・コサギ・
 カワウ・ウグイス(声)・ダイサギ・イワツバメ・セグロセキレイ・
 トビ・カワセミ・ハクセキレイ・イカルチドリ・キジバト・
 シロハラ・アオゲラ・オオルリ・コゲラ・ヤマガラ・
 メジロ・コジュケイ(声)・ツグミ・オナガ     (以上29種)


2001/04/16(Mon) 9:20 - 12:30 八王子(快晴)

一昨日の ミソサザイ にまた会いたくて、電車・バスを乗り継いで八王子に行ってきました。同じパターンで巣作りに励んでいる ミソサザイ にカメラに収まってもらいましたが、なかなか明るいところでポーズを取ってもらえず、写真はどれもボケボケでした。感度ISO400相当,絞り優先(開放)で1/8秒では仕方なしですかね。可愛い仕種や小さい体に似合わぬ大きな囀りを堪能させてもらえたので、アッと言うまに2時間が過ぎていました。

今日、会えた鳥たち:(出会った順序)
 スズメ・ツバメ・ヒヨドリ・ムクドリ・キジバト・
 シジュウカラ・ハクセキレイ・ハシブトガラス・カルガモ・
 キセキレイ・ウグイス(声)・ミソサザイ・メジロ・マヒワ
                    (以上14種)


2001/04/14(Sat) 7:55 - 12:05 八王子(晴)

清水さんを通じての、八王子の ミソサザイ と カワガラス の誘惑に、いそいそと会いに出掛けました。沢の斜面の倒木の下で ミソサザイ は小さな体で一生懸命に巣作りの最中でした。杉の木の根元の苔をむしりとり、自分の頭ほどのかたまりにして巣穴に運び込んでいました。巣から出ると倒木の上で大きな声でちょっとだけ囀ると、また材料採りにでかけます。この繰り返しを5〜6回見せてくれた後、食事にでしょうか、何処かへ飛び去ってしまいました。下流の小さな堰のそばでは カワガラス が、虫を咥えて堰の壁面の割れ目に出入りするところを2回見せてもらえました。巣には雛がいるのでしょう、無事巣立ちできるといいですね。これでライフリストが+1です、清水さんと カワガラス 君に感謝!(写真は清水さん@八王子が NikonED78+E990 で撮影)

今日、会えた鳥たち:(出会った順序)
 スズメ・ヒヨドリ・ムクドリ・キジバト・シジュウカラ・
 ツバメ・ホオジロ・ウグイス(声)・ミソサザイ・マヒワ50+・
 ハシブトガラス・カワガラス・メジロ・カワラヒワ・キセキレイ・
 カケス     (以上16種)


2001/04/10(Tue) 8:45 - 15:45 羽村堰(曇時々晴)

桜も染井吉野はほとんど散ってしまい、山桜が満開、気温も25℃を超えて少し暑いくらいです。冬鳥たちも姿を消して少し寂しくなってきました。 カワセミ は1回だけアベックで現れましたが、またもやツーショットは撮らせてもらえませんでした。あとは忙しそうに飛んで通過するだけで、お気に入りの枝にはなかなか留ってくれません。少し上流の崖の木立の中に消えてゆくので巣穴掘りで忙しいのかも。待っている間に、集団水浴びをしている ハシブトガラス にモデルになってもらいました。

今日、会えた鳥たち:(出会った順序)
 スズメ・ヒヨドリ・シジュウカラ・カワウ・ハシボソガラス・
 ウグイス(声)・セグロセキレイ・ムクドリ・イワツバメ・ツグミ・
 キジ(声)・カルガモ・ホオジロ・ハシブトガラス・キジバト・
 コサギ・ツバメ・ハクセキレイ・イソシギ・イカルチドリ・
 トビ・ヤマガラ・メジロ・コゲラ・カワセミ♂♀・
 カワラヒワ・モズ♂・コジュケイ(声)      (以上28種)


2001/04/05(Thu) 8:15 - 14:45 羽村堰(晴)

羽村大橋の橋桁の裏で イワツバメ たちが古巣の点検をしているようでした。姿勢の良い ツグミ 君の「気をつけ」をカメラに収めてから、 カワセミ のお気に入りのポイントで待ってみました。20分ぐらいして カワセミ♂ が単独でやってきて、ダイビングして魚をゲットしましたが、咥えたまま下流の方へ飛び去りました。お嫁さんが待っているのかな? さらにしばらく待ってみましたが、3回ほど単独で飛んで通過しましたが、アベックでは現れませんでした。沢沿いの道には、まだ シロハラ トラツグミ がいました。

今日、会えた鳥たち:(出会った順序)
 スズメ・ヒヨドリ・ツバメ・ウグイス(声)・カルガモ・
 カワウ・イワツバメ・ムクドリ・ハシボソガラス・シジュウカラ・
 カワラヒワ・ツグミ・セグロセキレイ・ハクセキレイ・コサギ・
 キセキレイ・ホオジロ・コジュケイ(声)・カワセミ♂・メジロ・
 コゲラ・エナガ・シロハラ・アオゲラ・トラツグミ・
 モズ♂・トビ・イソシギ・イカルチドリ・マガモ♂1♀1 (以上30種)


2001/04/01(Sun) 8:00 - 14:30 羽村堰(晴)

玉川上水沿いの桜もほぼ満開で花見客で賑わっています。昨日の霙が嘘のようです。河原に出たら ツバメ たちに混じって イワツバメ もさかんに飛び回っていました。郷土博物館前の桜の木には スズメ メジロ ヒヨドリ が集まって蜜をご馳走になっていました。2つのポイントで カワセミ を待ってみましたが、どちらも空振りでした、新婚旅行中? その間に キセキレイ がポーズをとってくれました。沢の中ほどでは トラツグミ が水浴びをした後、念入りにお化粧をしていました、昨日の寒気にビックリして舞い戻ったのかな。

今日、会えた鳥たち:(出会った順序)
 スズメ・ヒヨドリ・ウグイス(声)・シジュウカラ・ムクドリ・
 カワウ・コサギ・ツバメ・イワツバメ・コジュケイ(声)・
 カルガモ・セグロセキレイ・ハクセキレイ・カワラヒワ・トビ・
 キジバト・キセキレイ・ツグミ・ホオジロ・イカルチドリ・
 イソシギ・モズ♂・ハシボソガラス・メジロ・シロハラ・
 エナガ・コゲラ・トラツグミ・アオジ   (以上29種)


 以前のフィールド・ノート 2001.03  2001.02  2001.01 2000.10-12 LIFELIST

              野鳥の写真へ戻る

     Copyright (c) 2001  Akira Wada <a-wada@mars.dti.ne.jp>