フィールド・ノート (2001.05)     

2001/05/26(Sat) 6:15 - 11:30 羽村堰(うす曇)

先ず、堰の筏通しを覗いて見たら キアシシギ が2羽いましたが、散歩中の犬に驚いてすぐ飛び立ってしまいました。池に戻って カワセミ を2時間半ほど待ちましたが、4回通り過ぎた中、1回だけ、向こう岸の枝に一寸だけ留ってくれましたが、デジカメのモニターをONにする間に下流の方へ飛びさりました。どこか他所に行っていたらしい バン が大きな音を立てて着水すると、すぐ葦原へ潜り込んでしまいました。顔を出さないかなと見つめている所へ ゴイサギ が着水して、此方と眼が合って、吃驚したように飛び立ってしまいました。も少しゆっくりしてくれたらよかったのに。 カワセミ が留った枝に来た ヒヨドリシジュウカラ にモデルになってもらいました。

今日、会えた鳥たち:(出会った順序)
 スズメ・ヒヨドリ・キジバト・ツバメ・キジ(声)・
 ホオジロ・ムクドリ・オオヨシキリ・イワツバメ・カルガモ・
 コサギ・シジュウカラ・コゲラ・イカルチドリ・キアシシギ2・
 ハクセキレイ・カワウ・ハシボソガラス・カワセミ・トビ・
 ウグイス・バン・ゴイサギ・アオサギ・イソシギ・
 キセキレイ・セグロセキレイ        (以上27種)


2001/05/25(Fri) 7:15 - 10:50 羽村堰(晴)

眼が覚めたら良い天気だったので、羽村堰へでかけました。池の上を カワセミ が5−10mの高度で4回飛んで通過しましたが、かなり下流の方まで餌採りに出かけているようです。池にも手頃な小魚の影が見えるのに、どうしてでしょう? また バン が赤い顔をちらっと見せてくれましたが、すぐ葦の陰にかくれて鳴き声は聞こえているのですが、なかなか出て来てくれません。近くでポーズをとってくれた オオヨシキリ です。帰りに堰の筏通しを覗いてみたら イカルチドリ と一緒に5羽の キアシシギ がお食事中でした。月初め谷津干潟で初めて会ったばかりでしたが、こんな上流まで来ることもあるんですね。

今日、会えた鳥たち:(出会った順序)
 スズメ・ヒヨドリ・シジュウカラ・キジバト・カワウ・
 ムクドリ・ツバメ・ハシボソガラス・イワツバメ・キジ(声)・
 セグロセキレイ・オオヨシキリ・バン・アオサギ・カワセミ・
 ホオジロ・イカルチドリ2・キアシシギ5・ハクセキレイ・トビ・
 ウグイス・コサギ・カルガモ        (以上23種)


2001/05/20(Sun) 5:45 - 11:40 羽村堰(晴)

今日も カワセミ の二つのポイントで計3時間余り待ってみたのですが、その間は声も姿も無しでした。池のそばの巣箱に シジュウカラ が出入りしてました。約10分おきに2羽でやって来るのですが、巣箱に入るのは♀1羽だけで、 シジュウカラ♂ はそばの枝で囀っていて、連れが出て来ると2羽一緒に飛び去ります。無事巣立ち出来るとよいですね。 沢道で センダイムシクイ が現れるのを待っているとき 名前の判らない鳥 に出会いました。小さな水溜りで ヒヨドリ の次に水浴びをしたあと、羽繕い中のところを撮らせてもらいました。たぶん ガビチョウ ではないかと思うのですが、図鑑にも出てないので、どなたか教えて下さると有難いです。 帰りに河原を通ったら カワセミ が鳴きながら下流の方へ飛んで行きました。ヤレヤレ 一安心。(「名前の判らない鳥」は ガビチョウ であると、Net上で複数の方々にご教示いただきました、多謝。)

今日、会えた鳥たち:(出会った順序)
 スズメ・ムクドリ・ヒヨドリ・カワラヒワ・キジ(声)・
 キセキレイ・コジュケイ(声)・セグロセキレイ・イワツバメ・ツバメ・
 ハシボソガラス・ウグイス(声)・オオヨシキリ・カルガモ・バン・
 コゲラ・シジュウカラ・カワウ・ホオジロ・イカルチドリ・
 トビ・カワセミ・ハクセキレイ        (以上23種)

 (番外)・・・ガビチョウ
2001/05/17(Thu) 6:30 - 12:10 羽村堰(晴)

沢道の センダイムシクイ は、らしい鳥が暗い藪の中でチラチラするのですが、双眼鏡にも入ってくれません。河原の カワセミ も3時間近くねばってみたのですが、完全に振られてしまいました。何処に行ってしまったのかな。常連さんたちのなかにも顔を見せてくれなかったのが結構います。そろそろ避暑には早すぎるんですが。頭を掻いている セグロセキレイハクセキレイの幼鳥 に遊んでもらいました。 カワセミ の池では バン が赤い顔をチラッと見せてくれましたが、すぐ葦の中に隠れてしまいました。

今日、会えた鳥たち:(出会った順序)
 スズメ・ヒヨドリ・シジュウカラ・ムクドリ・ツバメ・
 カルガモ・イワツバメ・ハシボソガラス・トビ・セグロセキレイ・
 コゲラ・キジ(声)・オオヨシキリ・コジュケイ(声)・ホオジロ・
 ハクセキレイ・キセキレイ・ウグイス(声)・バン
                   (以上19種)


2001/05/12(Sat) 7:15 - 12:50 羽村堰(晴)

一昨日の センダイムシクイ をお目当てに沢道を登りました。藪の中でチョロチョロ動いているのは見えるのですが、1時間ほどねばってもカメラに収まってくれません。諦めて河原に降りてきたのですが、今日は カワセミ は声さえも聞かせてくれませんでした。賑やかに囀っている オオヨシキリ と ハクセキレイ にモデルになってもらいました。中州の キジ の鳴き声がしている草叢から、トコトコ歩いて出てくる鳥がいるので、今日こそ撮れるぞとスコ−プをむけたら、なんと ドバト でした。ガッカリ!

今日、会えた鳥たち:(出会った順序)
 スズメ・ツバメ・ムクドリ・カワウ・ハシボソガラス・
 ホオジロ・イワツバメ・イソシギ・セグロセキレイ・キジバト・
 キジ(声)・オオヨシキリ・トビ・シジュウカラ・オナガ・
 ヒヨドリ・コゲラ・センダイムシクイ・アオゲラ・キセキレイ・
 カルガモ・ハクセキレイ           (以上22種)


2001/05/10(Thu) 7:30 - 14:30 羽村堰(曇)

午後から晴れるという天気予報をたよりに、霧の中をでかけました。河原は オオヨシキリ の鳴き声に占拠されているようです。相変わらず カワセミ は飛んで通過するだけで付き合ってはもらえません。待つ間、お相手をしてくれた キセキレイ が5mほど垂直に飛び上がって飛んでる虫をフライングキャッチし、垂直に降りてきてから、ゆっくり食べるのを2回もみせてくれました。沢道を登ると姿の見えない ガビチョウ がいい声でいろんな鳥の鳴き声をまねしてくれます、 ウグイス オオルリ コジュケイ etc おまけに サンコウチョウ まで (^_^;)。木橋を渡っていると目の前の低い枝に センダイムシクイ が留ってくれました。近すぎて三脚を立てることも出来ず、棒立ちのまま一寸の間観察させてもらいました。証拠写真が撮れなくて残念! 天気はとうとう晴れませんでした。

今日、会えた鳥たち:(出会った順序)
 スズメ・ヒヨドリ・ムクドリ・シジュウカラ・キジバト・
 カワウ・キジ(声)・ウグイス(声)・セグロセキレイ・イワツバメ・
 オオヨシキリ・ツバメ・ハクセキレイ・トビ・ホオジロ・
 マガモ♂1・イソシギ・イカルチドリ・ハシボソガラス・カルガモ・
 キセキレイ・カワセミ・センダイムシクイ・コガラ・コゲラ・
 コサギ                    (以上26種)


2001/05/06(Sun) 10:30 - 16:45 谷津干潟(晴)

あの感銘をもう一度と、谷津干潟へ出かけました。出迎えてくれた一昨日の面々のなかに メダイチドリ が混じっていました。今日は、ML仲間の近さんに声を掛けられ、Net上ではお馴染みのハンドルネーム「あまみちゃん&家長」ご夫妻を紹介して頂きました。午後は、一昨日廻りきれなかった、観察センター右手のエリアで満潮を待つことにしました。先ず チュウシャクシギ がカニを捕まえたところを撮らせてもらい、次に着飾った姿の キョウジョシギ に、さらに干潟でちょっとだけ羽を休めた コアジサシ にもカメラに収まってもらいました。潮が満ちて狭くなった干潟に身を寄せ合って来た鳥たちの中から、近さんに ソリハシシギホウロクシギ を教えて頂きました。

今日、会えた鳥たち:(出会った順序)
 スズメ・ヒヨドリ・ムクドリ・シジュウカラ・ハシブトガラス・
 ハマシギ・ダイゼン・キアシシギ・メダイチドリ・ユリカモメ・
 オオソリハシシギ・コアジサシ・ダイサギ・オバシギ・カワウ・
 カルガモ・コガモ♂♀・モズ♂・バン・トウネン・チュウシャクシギ
 キョウジョシギ・ソリハシシギ・ホウロクシギ    (以上24種)


2001/05/04(Fri) 9:25 - 13:30 谷津干潟(晴)

MLの便りやその他諸々の情報に煽られ、一念発起、初めて谷津干潟まで出掛けてきました。取っ付きで ユリカモメハマシギ(夏羽) の大群に歓迎されました。羽村堰にはたまに数羽で現れるだけなので、見事な群飛翔には圧倒され、さすが干潟と感銘をうけました。白と黒のコントラストの綺麗な夏羽の ダイゼン はすぐ目につきましたが、すぐそばに冬羽の ダイゼン もいて最初は別の種類かと惑わされました。はっきりした特徴を持つ オオソリハシシギ オバシギ コアジサシ は判別出来ましたが、この他にもいろんなシギチ類がいたんでしょうが ハマシギ の数に圧倒されて、1羽づつ確認する気力が出ませんでした。また勉強して出直しです。観察センターで昼食をとり、鳥を見ながら引き返している途中、ML仲間で、ここをホームフィールドの一つにされている、田中さんに声を掛けられ、早速 ダイゼン の陰に隠れて?いる キアシシギ を教えて頂きました。さすが〜! 画像を整理していたら コサギ だと思っていたのが チュウサギ でした、遠くてボケボケですが (^m^;)

今日、会えた鳥たち:(出会った順序)
 スズメ・ヒヨドリ・ムクドリ・ハシブトガラス・ユリカモメ
 ハマシギダイゼン・カワウ・オオソリハシシギ・オバシギ・
 コアジサシ・バン・カルガモ・モズ♂・コガモ♂♀・
 オナガ・チュウサギ・ダイサギ・キアシシギ      (以上19種)


2001/05/01(Tue) 6:25 - 12:30 羽村堰(曇)

堰下のレクレーション広場の芝生でお食事中の ムクドリ たちに混じって ツグミ が1羽まだがんばっていました。相変わらず カワセミ は忙しそうに飛んで通過するだけです、何処で魚を採っているのでしょう? 河原のニセアカシヤの梢で オオルリ が囀っていました。スコープの視野に入れてピントが合ったとたんに飛ばれてしまいました。残念! そこで、先週から来ている オオヨシキリ の赤い口を撮らせてもらいました。まだ藪の中で発声練習中?浅間神社までの沢道を往復して、3種類の聞き慣れない鳴き声を耳にしましたが、いくら眼を凝らしても姿を確認出来ませんでした、キビタキ? センダイムシクイ? クロツグミ? 堰下橋のたもとで帰り支度をしていると、すぐそばで セグロセキレイ が犬の毛らしいものを一生懸命に集めていました。何処へ持っていくのかなとジッとして見ていると、口一杯に咥えて中洲の方へ消えてゆきました。どんな巣を作ってるのでしょうね?

今日、会えた鳥たち:(出会った順序)
 スズメ・ハクセキレイ・ヒヨドリ・ウグイス(声)・シジュウカラ・
 キジ(声)・ハシボソガラス・キジバト・ツバメ・ムクドリ・
 イワツバメ・コサギ・カワウ・ツグミ・イソシギ・
 トビ・カルガモ・カワセミ・オオルリ・コジュケイ(声)・
 オオヨシキリ・コゲラ・ホオジロ・アオゲラ・キセキレイ・
 セグロセキレイ              (以上26種)


 以前のフィールド・ノート 2001.04  2001.03  2001.02  2001.01 2000.10-12 LIFELIST

              野鳥の写真へ戻る

     Copyright (c) 2001  Akira Wada <a-wada@mars.dti.ne.jp>