フィールド・ノート (2001.07)     

2001/07/28(Sat) 06:00 - 10:15 羽村堰(曇)

昨日からさしもの猛暑も一休み?ということで河原に出てみました。羽村大橋の橋桁の裏に集団営巣していた イワツバメ は今日は1羽も姿が見えませんでした。子育て完了でしょうか。本流のポイントで カワセミ の幼鳥が珍しくゆっくり付き合ってくれました。何回かダイビングをしたんですが、魚は捕れなかったようです。「仰々子仰々子」の声は聞こえませんでしたが、池のそばの葦原で オオヨシキリ の幼鳥が2羽うろちょろしていました。♂親だけが先にいなくなるんですね。

今日、会えた鳥たち:(出会った順序)
 スズメ・ヒヨドリ・ハクセキレイ・ツバメ・カルガモ・
 ハシボソガラス・セグロセキレイ・カワセミ・ムクドリ・キジバト・
 ウグイス(声)・トビ・カイツブリ・カワウ・ホオジロ・
 シジュウカラ・キセキレイ・オオヨシキリ   (以上18種)


2001/07/20(Fri) 06:45 - 10:35 羽村堰(晴)

奥多摩方面には大雨が降ったらしく、川の水が茶色に濁って水量もやや増えているようですが、3連休の初日で朝早くから河原はかなりの人出で賑わっています。堤防の草を刈ったあとでは スズメ や ムクドリ がお食事中でしたが、そのなかに混じっていた モズ♂ が、看板の上に登ってシッポをくるくる回して挨拶してくれました、お久し振り! 本流の カワセミ のポイントで待っているとき トビ が低い高度で横切り、斜め後ろの林の枝で、羽繕いをはじめました。少し距離がありましたがモデルになってもらいました、幼鳥? すぐ カワセミ幼鳥 も姿を見せてくれました。そのあと夏羽の カイツブリ が繰り返し潜水をしてくれました、これもお久し振りです。とうとう オオヨシキリ は姿はおろか声さえもしませんでした。五月蝿いくらい賑やかな鳴声が、急になくなると淋しいですね。

今日、会えた鳥たち:(出会った順序)
 スズメ・ヒヨドリ・ハシボソガラス・イワツバメ・ムクドリ・
 ウグイス(声)・イカルチドリ・モズ♂・キジバト・シジュウカラ・
 ホオジロ・ツバメ・セグロセキレイ・キセキレイ・トビ・
 カワセミ・カワウ・カイツブリ・カルガモ・アオサギ
                (以上20種)


2001/07/14(Sat) 06:00 - 09:45 羽村堰(晴)

本格的な暑さが続いていますが、比較的涼しいうちに河原をひと回りしてきました。さすが鳥さんたちも避暑にでかけたのか、数が少ないようです。 ツバメ イワツバメ オオヨシキリ なども子育てがほぼ終わったらしく、ぐんと数が減っています。移動途中で出会った イカルチドリセグロセキレイ の幼鳥に遊んでもらいました。いつもの池で カワセミ の幼鳥も姿をみせてくれたのですが、毎回同じ枝で同じポーズなので、一応、証拠写真は撮りましたが、アップは見合わせます。(^.^;)

今日、会えた鳥たち:(出会った順序)
 スズメ・ヒヨドリ・ムクドリ・ハシボソガラス・セグロセキレイ・
 イワツバメ・イカルチドリ・ウグイス(声)・キジバト・ツバメ・
 コジュケイ(声)・オオヨシキリ・ホオジロ・トビ・カルガモ・
 キセキレイ・カワセミ          (以上17種)


2001/07/08(Sun) 15:35 - 17:15 小作堰(晴)

HTさんからの電話で、「3個目の巣を放棄して、しばらく行方不明になっていた ツミ が餌を咥えて飛んで行くのをみつけて、追いかけたら、少し離れた公園で新しい巣を見つけたよ。しかも3羽の雛は巣立ち間近のようだ。」と教えて頂き、押っ取りスコープで自転車を飛ばし30分後に着いたら、もう巣はカラッポでした。しかし巣立ったばかりのあどけないながら、やはり精悍さをそなえた ツミの雛 3羽が楠などの枝の中でうろちょろしているのが見えました。そこへ ツミ♂ がネズミを咥えて帰って来て♀に渡すと、しばらくそばのアンテナで休んでいました。♀は木の上で雛に与えたようですが、細い枝の上では食べにくそうで持余し気味だった ツミの雛 は結局、巣に持ち帰って巣の中で食べていました。その間 ツミ♀ は、アンテナの上で見守っていました。今日は ツミ の家族の団欒にジックリお付き合いできて、たいへんハッピーでした。HTさんに大感謝です。

今日、会えた鳥たち:(出会った順序)
 スズメ・ヒヨドリ・ツバメ・オナガ・シジュウカラ・
 ツミ・キジバト      (以上7種)


2001/07/05(Thu) 6:10 - 10:15 羽村堰(晴)

明日からまた梅雨空が戻って来ると言うので、その前にと、少し早めに出掛けました。途中の堤防の上で セグロセキレイ が ツバメ を執拗に追いまわしていました。縄張りを侵犯したのでしょうかね。堰の筏通しでは、常連さんたちがお食事の最中でした。本流の淀みには カルガモ のお母さんが、かなり大きくなった(親鳥の半分以上)幼鳥7羽を連れて来ていて、子供たちのお食事をじっと見守っていました。これくらいまで成長したらもう大丈夫でしょう。先月池で遊んでいた親子ではなさそうです。池のそばで2時間待って、だんだん暑くなってきた頃、やっと カワセミ のお出ましです。カメラに収まってもらって、早々に引き上げて来ました。この前、ヘビに襲われた巣箱は撤去されていました。 ???

今日、会えた鳥たち:(出会った順序)
 スズメ・ムクドリ・ヒヨドリ・ハシボソガラス・シジュウカラ・
 キジバト・イワツバメ・セグロセキレイ・ツバメ・トビ・
 ホオジロ・オオヨシキリ・カワウ・キセキレイ・ハクセキレイ・
 カルガモ・イカルチドリ・イソシギ・ウグイス・コゲラ・
 ハシブトガラス・カワセミ      (以上22種)


2001/07/01(Sun) 7:55 - 11:20 羽村堰(晴)

久し振りに晴れたので、羽村堰へでかけましたが、暑さも本格的で、人出が多いのに較べて鳥さんたちはあまり顔を出してはくれませんでした。 セグロセキレイ の幼鳥が5羽お母さんに連れられて浅瀬で餌をとっていました。池と本流のポイントで カワセミ が一度づつ姿を見せてくれました。何れも幼鳥でたぶん同じ個体でしょう、縄張りが確定したようです。木陰でじっとしていても、汗でメガネがくもり、拭いている間に飛ばれてしまうので、これからしばらくは苦手な季節になります。

今日、会えた鳥たち:(出会った順序)
 スズメ・ヒヨドリ・ムクドリ・セグロセキレイ・キジバト・
 イワツバメ・コゲラ・オオヨシキリ・シジュウカラ・カワセミ・
 イソシギ・トビ・ハシボソガラス・イカルチドリ・ツバメ・
 ウグイス(声)・ハクセキレイ      (以上17種)


 以前のフィールド・ノート 2001.06  2001.05  2001.04  2001.03  2001.02  2001.01

              2000.10-12 LIFELIST              野鳥の写真へ戻る

     Copyright (c) 2001  Akira Wada <a-wada@mars.dti.ne.jp>