フィールド・ノート (2002.01)     

2002/01/30(Wed) 07:15 - 13:30 羽村堰(晴)

手前の池のそばに ジョウビタキ♀ が同じ所に2羽いました。縄張りを侵害された様子はなく、極めて友好的に餌を採っていました。堰上の中州の先端の砂州で ミコアイサ♀ 2羽がお休みの態勢でした。いつも水に浮いているのしか見てないので、意外に大きな体をしているのですね。 ホオジロガモ♀タイプ は10羽に増えていましたが、残念ながら成鳥♂は1羽もいませんでした。沢道の中ほどで「フィフィ」という声に双眼鏡を向けると、ここで見たとの噂の ウソ が枝に留まっていました。腹のほうまで淡いピンク色だったので、亜種 アカウソ のようです。初めてお目に掛ります。30秒ほどで飛んでしまったので証拠写真はだめでした。前回から カワセミ には会えていません、工事の騒音に嫌気がさしてどこか他所へ行ってしまったのかな〜?

今日、会えた鳥たち:(出会った順序)
 スズメ・ヒヨドリ・ムクドリ・シジュウカラ・カワウ・
 ハシボソガラス・ホオジロ・コサギ・セグロセキレイ・ダイサギ・
 イソシギ・カルガモ・カワラヒワ・モズ♂・アオサギ・
 ジョウビタキ♀♂・ツグミ・シメ・タヒバリ・ミコアイサ♀2・
 カイツブリ8・ハクセキレイ・ホオジロガモ♀tp10・イカルチドリ・
 キジバト・シロハラ・アオジ・ウソ・コゲラ・カケス・
 エナガ・ルリビタキ♀・アオゲラ・キセキレイ・マガモ♂2♀1
                         (以上35種)


2002/01/26(Sat) 06:30 - 13:05 羽村堰(晴のち曇)

堰上では、 ホオジロガモ♀タイプ4 と ミコアイサ♀2 とが夫々1羽づつ増えていました。この調子で♂も来てくれると万々歳なのですが。沢道も相変わらずの面々ですが、浅間神社からの戻り、少し降りたところで、 エナガ、シジュウカラ、コゲラ の混群に出会い、3回シャッターを切ったのですが、最初の2回は見事に空振り、次はボテボテのピッチャーゴロ? 帰りに覗いた堰の工事現場のすぐそばに ユリカモメ が浮いていましたが、そこへ セグロカモメ が来て追っ払ってしまいました。美味しいものでもあったのでしょうか。

今日、会えた鳥たち:(出会った順序)
 ヒヨドリ・スズメ・ハシブトガラス・シジュウカラ・ダイサギ・
 アオサギ・カワウ・カルガモ・コサギ・ハシボソガラス・
 ムクドリ・キセキレイ・ハクセキレイ・ホオジロ・カワラヒワ・
 モズ♂・タヒバリ・イソシギ・シメ・ホオジロガモ♀2♀tp2・
 カイツブリ5・セグロセキレイ・ミコアイサ♀2・マガモ♂2♀1・ツグミ・
 イカルチドリ・ウグイス・アオゲラ・アオジ・シロハラ・
 エナガ・コゲラ・カケス・キジバト・ジョウビタキ♂・
 ユリカモメ・セグロカモメ            (以上37種)


2002/01/24(Thu) 06:45 - 13:20 羽村堰(晴)

市営競技場の堤防の下に カワセミ♂ がいました。堰の近辺は工事で喧しいので此方に退避して来たのかな? 堰上の中州の向こう側には ホオジロガモ ♀2羽と、♀タイプ1羽が、こちら側には ミコアイサ♀ が1羽いました。すぐそばの林の中で アカゲラ がコツコツと木を叩いていました。沢道の中ほどでは カワラヒワ 15+が キジバト たちと仲良くお食事中でした。こんな所にも出張って来るんですね。一瞬ほかの鳥かと思い緊張しました。(^q^;)

今日、会えた鳥たち:(出会った順序)
 ヒヨドリ・スズメ・ハクセキレイ・ハシボソガラス・カワラヒワ・
 キジバト・カワセミ♂・セグロセキレイ・カイツブリ・ダイサギ・
 イカルチドリ・カワウ・アオサギ・コサギ・イソシギ・
 カルガモ・ムクドリ・キセキレイ・ホオジロ・ジョウビタキ♀・
 タヒバリ・モズ♂・アオジ・シメ・ホオジロガモ♀2♀tp1・
 ミコアイサ♀1・シジュウカラ・ツグミ・アカゲラ・ノスリ・
 エナガ・コゲラ・ウグイス・シロハラ   (以上34種)


2002/01/22(Tue) 06:30 - 12:35 羽村堰(晴)

昨日の雨で多摩川の水がかなり濁っていて、堰の上下とも ミコアイサ、ホオジロガモ は姿が見えませんでした。カワウ カイツブリ は潜水をしていたので、濁りのせいではないのかも。沢道もいつもより寂しい感じです。お食事中の シメ コゲラ シジュウカラ のお邪魔をしました。行き帰りとも カワセミ には会えませんでした。

今日、会えた鳥たち:(出会った順序)
 ヒヨドリ・ハスボソガラス・スズメ・カワラヒワ・ムクドリ・
 カワウ・カルガモ・ハクセキレイ・ダイサギ・セグロセキレイ・
 コサギ・マガモ♂1・イソシギ・シジュウカラ・ホオジロ・
 アオサギ・イカルチドリ・タヒバリ・カイツブリ5・ジョウビタキ♂♀・
 キジバト・シメ・シロハラ・コジュケイ(声)・ルリビタキ♀・
 コゲラ・モズ♂♀・アオジ・キセキレイ・トビ  (以上30種)


2002/01/18(Fri) 06:25 - 13:05 羽村堰(曇のち晴)

堰下橋の下に ミコアイサ♀ がいて、レクレーション広場の方から廻り込み、横目で見ながらカメラをセットしたのですが、出来た途端に川下の方へ飛んでしまいました。広場の芝生では ムクドリ セグロセキレイ に混じって タヒバリ が2羽お食事中でした。浅間神社に着くと、オオタカ が カラス にモビングされて飛び去りました。その後 ルリビタキ♀ や エナガ、カケス がすぐ近くまで来てくれたのですが、写真は撮らせてもらえませんでした。帰りにもう一度堰上を覗くと ホオジロガモ♀タイプ が今日は2羽いました。手前の池で カワセミ♂ が10分ぐらい付き合ってくれましたが、お腹がくちているのか、枯れ葦にじっと留まったまま、しばし休息という感じでした。堰下橋の下にはまた ミコアイサ♀ がいましたが、カメラはもうリュックの中。(-_-)

今日、会えた鳥たち:(出会った順序)
 スズメ・ヒヨドリ・ハクセキレイ・オナガ7・ホオジロ・
 カワウ・ダイサギ・ハシボソガラス・カルガモ・ジョウビタキ♂♀・
 セグロセキレイ・イソシギ・キセキレイ・マガモ♂2♀1・トビ・
 カワラヒワ・ミコアイサ♀1・シジュウカラ・ムクドリ・タヒバリ・
 アオサギ・ツグミ・コサギ・モズ♂♀・シメ・
 カイツブリ・イカルチドリ・アオジ・キジバト・ハシブトガラス・
 オオタカ・ルリビタキ♀・エナガ・コゲラ・カケス・
 ホオジロガモ♀tp2・カワセミ♂       (以上37種)


2002/01/12(Sat) 06:20 - 12:30 羽村堰(快晴)

今日は河原の鳥さんたちには失礼して、沢道に直行しました。お目当ては、昨冬も情報だけで会えなかった ベニマシコ が来ているとの話です。3時間半ほど待ってみましたが、完全に空振りでした。他の鳥たちもちょこっと顔を見せるだけでゆっくり付き合ってはくれませんでした。帰りに堰上を覗いてみたら、広い水面で ホオジロガモ♀タイプミコアイサ♀ がそれぞれ思い出したように潜水していました。工事現場のすぐ近くでは コガモ ♀だけ2羽が餌を採っていました。池も覗いてみたのですが、 カワセミ は顔を出してくれませんでした。帰り際小さな橋のそばで、よくお会いする方と話をしているところに キジ が何に驚いたのか大きな鳴声を出して葦原から飛び出して来て、此方がびっくりしました。

今日、会えた鳥たち:(出会った順序)
 ヒヨドリ・ハクセキレイ・カルガモ・ハシボソガラス・ホオジロ・
 トビ・セグロセキレイ・エナガ・モズ♂・シジュウカラ・
 シロハラ・コゲラ・アオジ・キジバト・ハシブトガラス・
 アオゲラ・カケス・ルリビタキ♀・カワラヒワ・オナガ・
 カイツブリ7・カワウ・ダイサギ・ホオジロガモ♀tp1・
 コガモ♀2・ミコアイサ♀1・キジ・ムクドリ・スズメ
                     (以上29種)


2002/01/09(Wed) 06:30 - 12:05 羽村堰(快晴)

手前の池の縁で、カメラのセットをしていると、 カワセミ♂ がちょっとだけ顔を見せてすぐ下流の方へ飛び去りました、しばらく待っても戻る気配が無いので、堰上の方へ廻ると、此処ではたまにしか会えない オナガ 10羽の群れがいました。一寸付き合ってくれた後、対岸の方へ帰って行きました。少し上流の淀みに ミコアイサ♀ が1羽ポツンと浮いていました。ここに定着するようです。沢道を往復しましたが、今日はなんだか寂しく鳥さんたちの鳴声、姿とも少ないようです。帰りの出口のところで カケス が頭上の枝でしばらく綺麗な羽を楽しませてくれましたが、撮影できる位置には留まってくれません。そこへやって来た シメ のお食事中をお邪魔しました。河原に戻ると、対岸上流の運動場から飛び立ったエンジン付ハングライダーに驚いたようで、カモが2羽飛立ち、堰の方へ行きました。後を追うと ミコアイサ♀ と ホオジロガモ♀タイプ でした。機材を仕舞っての帰り道、堰下橋の下に カワセミ♂ がいてダイビングを1回だけ見せてくれました。義理堅いことで。(^o^)

今日、会えた鳥たち:(出会った順序)
 ヒヨドリ・ムクドリ・ハシボソガラス・スズメ・ダイサギ・
 カワウ・イカルチドリ・イソシギ・セグロセキレイ・カルガモ・
 アオサギ・コサギ・ハクセキレイ・マガモ♂2♀1・カワセミ♂・
 ジョウビタキ♀・シジュウカラ・ホオジロ・アオジ・カワラヒワ・
 モズ♀・カイツブリ・キジバト・オナガ10・ミコアイサ♀1・
 ツグミ・トビ・シロハラ・コゲラ・ルリビタキ♀・
 カケス・シメ・ホオジロガモ♀1         (以上33種)


2002/01/05(Sat) 07:15 - 10:35 関戸(多摩川)(晴のち曇)

某掲示板の ミコアイサ の証拠写真付情報で、関戸へ再挑戦しました。関戸橋の少し下流でたくさんの カモ さんたちのシルエット、しかし帰りに挨拶することにして、通り過ぎてからも振り返らず先を急ぎ、大栗川の合流点に着いたら いました、いました、 ミコアイサ ♂1♀2が、まだうっすら残っている川霧の中でさかんに潜水を繰返していました。♂には初にお目に掛ります。ヤッター \(^O^)/ 途中から隣に大砲レンズを構えた方と話をしながら、2時間ほど遊んでもらいました。その合い間にいろんな鳥さんたちが近くに来てくれます。とくに ジョウビタキ♀ には5m位まで寄って来て、「わたしの写真も撮ってぇ〜」とせがまれました。(^o^) デジスコには近すぎるので少し離れるの待って、カメラに収まってもらいました。そのうち風が出てきて、雲行きもちょっと怪しくなってきたので、 ミコアイサ たちには バイバイ して、来る時失礼した カモ さんたちに挨拶しようとポイントに戻ったら、朝に較べてやけに数が減っています、天候の変化を察知してどこかへ避難したのかな? ヒドリガモ20+、コガモ6+を確認しただけでした。雨とは電車の中ですれ違い、降りる駅に着いたときは上がっていました。ヤレヤレ助かった!

今日、会えた鳥たち:(出会った順序)
 ヒヨドリ・ハシボソガラス・スズメ・コサギ・ムクドリ・
 ハシブトガラス・カワウ・カワラヒワ・ツグミ・ホオジロ・
 カイツブリ・ミコアイサ♂1♀2・シジュウカラ・カワセミ・ダイサギ・
 セグロセキレイ・アオジ・ハクセキレイ・ジョウビタキ♀・オナガ・
 トビ・セグロカモメ・タヒバリ・ヒドリガモ20+・コガモ6
                            (以上25種)


2002/01/02(Wed) 06:15 - 13:45 羽村堰(曇のち晴)

鳥さんたちに年初の挨拶をしようと、まだ暗いうちに家を出て、浅間神社までを往復してきました。いつもは最初に顔を見せる スズメ や ムクドリ はまだお目覚めになってないようで、会えた鳥さんたちのリストの順序がちょっと違うようです。堰上の水面で カイツブリ の6羽の群れが潜水を繰返していましたが、その上流の方で、少し大きな鳥が潜水して、かなり経ってから浮かび上がっては、またすぐ潜ってしまいます。近づいて双眼鏡で覗くと ホオジロガモ ♀タイプでした。今シ−ズンも来てくれたようです。証拠写真を撮ろうとしても、ピントを合わせる前に潜ってしまうので、出てきそうな所のさざ波で待ちピンにして、浮かび上がったらファインダー(ライフルスコープ)の真中に入れて、AFまかせでシャッターを切るという方法でなんとか数枚撮らせてもらいました。沢道の顔ぶれは年末とあまり変っていないようです。浅間神社で今年の鳥運を祈願して、一服していると「ぎゃ〜ぎゃ〜」鳴きながら カケス が飛んで来たのですが、こちらに気付いたのか、慌てて踵を返えして(?)、藪の中に隠れました。(^.^) 取敢えず シロハラアオジ にモデルをお願いしました。 帰りにまた堰上を覗くと今度は ミコアイサ♀ 1羽が泳いでいて、 そこへ浮んで来た カイツブリ となにやらお話をしているようです。「本年もよろしく」、「いゃ〜、こちらこそ」でしょうか? そこへ コガモ 9羽の群れも着水して、前からいた カルガモ カイツブリ イカルチドリ セグロセキレイ ダイサギ アオサギ カワウ たちとしばらく賑やかでした。鳥さんたちの新年会? 肝心の カワセミ は、ホオジロガモ の撮影に夢中になっているとき、「ちぃ〜」と鳴きながら目の前をよぎって下流のほうへ飛んで行ったのですが、手前の池でちゃ〜んと待っていてくれました。鳥さんたち、本年もどうぞよろしくです。

今日、会えた鳥たち:(出会った順序)
 ヒヨドリ・イソシギ・ハクセキレイ・マガモ♂1・カワウ・
 セグロセキレイ・ハシボソガラス・アオサギ・カワラヒワ・キジバト・
 カルガモ・シジュウカラ・ホオジロ・ツグミ・コサギ・
 シメ・ダイサギ・カイツブリ6・ホオジロガモ♀tp1・カワセミ・
 ウグイス・イカルチドリ・メジロ・シロハラ・ルリビタキ♀・
 コゲラ・カケス・アオゲラ・アオジ・ジョウビタキ♂♀・
 モズ♀♂・ミコアイサ♀1・コガモ♂4♀5・ハシブトガラス・
 キセキレイ・ムクドリ・スズメ           (以上37種)


 以前のフィールド・ノート 2001.12  2001.11  2001.10  2001.09  2001.08  2001.07

              2001.06  2001.05  2001.04  2001.03  2001.02  2001.01

              2000.10-12 LIFELIST              野鳥の写真へ戻る

     Copyright (c) 2001  Akira Wada <a-wada@mars.dti.ne.jp>