フィールド・ノート (2002.04)     

2002/04/28(Sun) 06:10 - 11:50 羽村堰(晴)

爽やかに晴れた連休2日目です。手前の池で カワセミ は飛んで通過するだけで、ゆっくり遊んではもらえません。子育てで忙しいのでしょう。中州の イカルチドリの親子 は元気です。雛たちもかなり遠くまで出掛けていて、1度に3羽を双眼鏡の視野に入れるのは難しいです。沢道のひのき林で キビタキ の素晴しい囀りがすぐ頭上から聞えてきます。たまたまご一緒になったスコープをお持ちのご夫妻が丁寧に場所を教えて下さったのですが、繁った若葉に邪魔されて双眼鏡に入れることが出来ませんでした。その後、1時間半ほど粘って、囀りをたっぷり堪能させてもらい、きれいな姿も何度か確認でき、証拠写真もやっと2枚だけ撮れました。バンザ〜イ \(^O^)/ 手がふるえて写り具合はちょっと・・・。もうすぐ5月になるので、帰る気になったのか アオジ と ツグミ にはとうとう会えませんでした。

今日、会えた鳥たち:(出会った順序)
 ヒヨドリ・スズメ・キジバト・ムクドリ・ハシボソガラス・
 ツバメ・ダイサギ・カルガモ・コサギ・イワツバメ・
 セグロセキレイ・イソシギ・シジュウカラ・カワウ・ホオジロ・
 カワセミ・コゲラ・キセキレイ・キジ(声)・オオヨシキリ・
 イカルチドリ・トビ・ウグイス・エナガ・キビタキ
 ハクセキレイ・オナガ             (以上27種)


2002/04/23(Tue) 06:45 - 12:00 羽村堰(曇)

手前の池にはまだ アオジ が残っています。中の池にはもう オオヨシキリ が来ていますが、まだ声は出しませんでした。中州の イカルチドリの雛 たちは3羽とも元気に走り回っています。双眼鏡で追いかけてもまるで石ころが転がっているようで、肉眼では全然見えません。50mほど離れた対岸に舞い降りた ハシボソガラス を警戒して3羽とも 親鳥のお腹の下 に逃げ込みましたが、カラスたちが遠のくと雛たちはすぐ出て来てまた各自バラバラに走り回っています。沢道のひのき林で キビタキ の声、郷土博物館裏の雑木林では コマドリ の声が聞えたのですが、いずれも姿を見ることは出来ませんでした。ぐやしいぃ〜(^x^;)帰りに、手前の池ではもう セグロセキレイの幼鳥 が親鳥といっしょに、レクレーション広場の芝生ではまだ ツグミ がたくさんの ムクドリ たちとお食事中でした。

今日、会えた鳥たち:(出会った順序)
 スズメ・ヒヨドリ・ハクセキレイ・キジバト・シジュウカラ・
 キジ(声)・コサギ・カルガモ・ホオジロ・ハシボソガラス・
 イワツバメ・イカルチドリ・イソシギ・セグロセキレイ・ムクドリ・
 ツバメ・コゲラ・アオジ・オオヨシキリ・キセキレイ・
 カワウ・ダイサギ・カワセミ・キビタキ(声)・メジロ・
 アオゲラ・ハシブトガラス・ウグイス・コマドリ(声)・トビ・
 ツグミ・アオサギ                 (以上32種)


2002/04/20(Sat) 09:20 - 11:45 羽村堰(曇)

相模原のEさんから「昨日午後、堰上の中州で イカルチドリ の雛3羽確認」のメールを頂き、急遽堰上に直行しました。まず中州の向う端に親鳥を見つけ、そこを中心にして双眼鏡で探すと、いました、いました小ぃっちゃな雛が水際を走り回っています、昨日より行動範囲が広くなったようで同時に3羽を視野にいれることは出来ませんでしたが、2羽以上はいるようです。親鳥も飛んだり走ったりして場所を移動しては鋭い声を出しています。そばに来た セグロセキレイ を執拗に追い回して追っ払いました。遠いうえに動きが激しいので イカルチドリの雛 をスコープに入れるのは至難のわざです。やっと1回だけカメラに収まってくれたのですが、御覧の通りボケボケです。あっという間に2時間経っていました。帰りに気付いたのですが、羽村大橋の橋脚の補強工事は終了したようで、足場がはずされていました。橋桁の下を飛び回っている イワツバメ たちも嬉しそうに見えました。

今日、会えた鳥たち:(出会った順序)
 スズメ・ムクドリ・ヒヨドリ・シジュウカラ・オナガ・
 ツバメ・キジバト・カワウ・ダイサギ・ハシボソガラス・
 ホオジロ・セグロセキレイ・コサギ・カルガモ・イソシギ・
 キセキレイ・イカルチドリ・キジ(声)・カワセミ・トビ・
 ハクセキレイ・アオサギ・イワツバメ     (以上23種)


2002/04/19(Fri) 06:10 - 13:50 羽村堰(うす曇)

堰上の中州で イカルチドリ が抱卵をつづけているのを双眼鏡で確かめていると、視野をかすめた鳥影、双眼鏡を回すとこちら岸の灌木に ノビタキ♀ が留っていました。初めてお目に掛ります。1分足らずで川下の方へ飛び去りました。先週の土曜日には♂が見られたそうなので、不思議ではないのですが、それにしても♀によくもてます(^O^)/。 沢道の木橋を過ぎたあたりで キビタキ の声が、急斜面で逆光の林の中から聞こえてきます。ちょうど通り掛かったもう1人のバーダーと10分ほど探したのですが、繁った若葉に遮られて姿を確認出来無いうちに聞こえなくなりました。残念!ここは夏鳥たちの通過点になっているようです。河原では見掛けなかった ツグミ が帰りの公園の芝生でお食事中の ムクドリ や キジバト の中に1羽だけ混じっていました。ときどき'気を付け'をするのですぐ判りますね。

今日、会えた鳥たち:(出会った順序)
 スズメ・シジュウカラ・キジバト・ムクドリ・ヒヨドリ・
 オナガ・キジ(声)・ハシボソガラス・ツバメ・カルガモ・
 カワウ・イワツバメ・セグロセキレイ・ホオジロ・カワラヒワ・
 アオジ・ハクセキレイ・カワセミ・アオサギ・イソシギ・
 イカルチドリ・ノビタキ♀・キセキレイ・コゲラ・キビタキ(声)・
 メジロ・エナガ・ハシブトガラス・トビ・コサギ・
 ダイサギ・ツグミ               (以上32種)


2002/04/14(Sun) 06:00 - 11:30 羽村堰(晴)

手前の池でしばらく カワセミ を待ってみたのですが、相変わらず1度顔を見せただけで後はサッパリでした。堰上の中州で、餌を探しているのとはちょっと違った歩き方をしている イカルチドリ を双眼鏡で追ってみたら、砂利の上にしゃがみ込んでしまいました。頭だけを時々小さく動かすだけでじっとしています。どうやら卵を抱いているようです。双眼鏡の視野からはずれると次に探すが大変です。無事孵ってくれるといいですね。所沢のOさんのメールと沢道でお会いした羽村のKさんのお話で ヒレンジャク と ノビタキ を期待したのですが、どちらとも会えませんでした。

今日、会えた鳥たち:(出会った順序)
 スズメ・ヒヨドリ・シジュウカラ・キジバト・ツグミ・
 カワラヒワ・ムクドリ・オナガ・ツバメ・ハシブトガラス・
 ハクセキレイ・ホオジロ・イワツバメ・ダイサギ・イカルチドリ・
 コサギ・カルガモ・ハシボソガラス・カワウ・モズ♂・
 キジ・カワセミ・アオジ・キセキレイ・セグロセキレイ・
 コゲラ・カケス・アオゲラ(声)・メジロ・エナガ・トビ  (以上30種)


2002/04/11(Thu) 06:15 - 13:30 羽村堰(曇)

堤防に上がったら雨がぱらつきだしたので、取り敢ず羽村大橋の下に逃げ込んだのですが、橋桁の裏に集団営巣しようとしている イワツバメ をじっくり観察させてもらえました。すぐそばの橋脚の補修工事のせいか、昨年に較べて数が少ないようです。それでも10数羽が巣材を咥えて出入りしています。幸い本降りにはならなかったので、いつものように河原から浅間神社まで往復しました。沢道をちょっと入ったところの尾根の梢で オオルリ の声、懸命に眼を凝らしたのですが、萌え出た若葉で飛び去る姿がチラッと見えただけです。ここは渡りの通過地点のようです。その後すかさず ガビチョウ が大きな声でまねを始めました。こちらの方が朗々として貫禄あるみたい(^o^)。 めったに姿をみせないのですが、ひょっこり目の前に現れました。帰りの河原で ヒレンジャク 7羽の群れ、順光の方へ回り込む前に飛ばれてしまいました。夏鳥の渡来と冬鳥の帰りが重なって面白い季節ですね。

今日、会えた鳥たち:(出会った順序)
 スズメ・ヒヨドリ・キジバト・ムクドリ・ハクセキレイ・
 ホオジロ・シジュウカラ・ツバメ・カルガモ・イワツバメ
 ハシボソガラス・カワウ・コサギ・キジ(声)・セグロセキレイ・
 アオジ・キセキレイ・イソシギ・カイツブリ2・マガモ♂♀・
 イカルチドリ・トビ・カワセミ・コゲラ・メジロ・
 エナガ・オオルリ(声)・ウグイス・シロハラ・ハシブトガラス・
 ツグミ・ヒレンジャク7・モズ♂・ダイサギ   (以上34種)
 (番外) ガビチョウ


2002/04/06(Sat) 05:45 - 11:55 羽村堰(晴)

手前の池で カワセミ を待っている間、周りでチョロチョロ愛嬌を振りまいている ジョビ♀ ちゃんと、カップルになり損ねたらしい マガモ♂ に遊んでもらいましたが、70mほど離れたニセアカシアに10数羽の鳥影、双眼鏡を向けるとどうやら冠羽が見えます。回り込むと ヒレンジャク 16羽+が代る代る近くの水際に降りて水浴びをしては、枝に戻り羽繕いをしていました。10分ほどで北の方角へ飛び去りましたが、旅の途中で一風呂浴びてお化粧直しをしたんでしょう。奇しくも2年前の同じ月日に初会以来の再会でした。この直後BirdBirdのNさんご夫妻とお会い出来、ちょっとだけお話をしました。堰上の本流で カワセミ が上流の方へ飛んで行くのを見かけましたが、今日は山の方へは行きませんでした。どうなっているんでしょう?

今日、会えた鳥たち:(出会った順序)
 スズメ・キジバト・カワラヒワ・ツグミ5・ヒヨドリ・
 シジュウカラ・ムクドリ・ツバメ」ホオジロ・ハシボソガラス・
 カルガモ・キジ・マガモ♂♀2p♂1・カワウ・イワツバメ・
 イソシギ・セグロセキレイ・イカルチドリ・ハクセキレイ・ジョウビタキ♀
 ハシブトガラス・ヒレンジャク16+・コサギ・カイツブリ2・ダイサギ・
 カワセミ・メジロ・エナガ・コゲラ・ウグイス・アオゲラ・
 アカゲラ・トビ・アオサギ・キセキレイ・アオジ    (以上36種)


2002/04/03(Wed) 06:00 - 12:50 羽村堰(晴)

手前の池でスコープをセットしていると ジョウビタキ♀ と アオジ が顔を出してくれました、まだ頑張っています。堰上の河原を一回りして、郷土博物館の下に来ると頭の上から カワセミ の声、吃驚して双眼鏡を向けると、およそ15mの高さのニセアカシアの梢でさかんに鳴いています。そこへ本流の方からもう1羽飛んできて、連れだって住宅街の上を越えて草花丘陵の急斜面の林の中へ消えて行きました。あんな所に巣穴を作るんでしょうか。沢道も相変わらずですが、今日は2羽の エナガ に遊んでもらいました。5mくらいの近さでチョコマカと可愛い姿を堪能させてくれました。帰りに手前の池を覗くと カワセミ♀ジョウビタキ♀ が待っていてくれました。久しぶりに カワセミ がカメラに収まってくれました。

今日、会えた鳥たち:(出会った順序)
 ヒヨドリ・スズメ・ムクドリ・ツグミ10+・ホオジロ・
 キジバト・コゲラ・オナガ」コジュケイ(声)・ハシボソガラス・
 イワツバメ・カワウ・マガモ♂♀・ハクセキレイ・イカルチドリ・
 セグロセキレイ・キジ(声)・コサギ・モズ♂・シジュウカラ・
 ツバメ・カルガモ・ジョウビタキ♀・アオジ・ウグイス(声)・
 カイツブリ・ハシブトガラス・イソシギ・キセキレイ・カワセミ♂♀・
 アオゲラ・メジロ・エナガ・トビ・カワラヒワ  (以上35種)


 以前のフィールド・ノート 2002.03  02  01 

              2001.12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01

              2000.10-12 LIFELIST             野鳥の写真へ戻る

     Copyright (c) 2001  Akira Wada <a-wada@mars.dti.ne.jp>