フィールド・ノート (2002.08)     

2002/08/28(Wed) 06:10 - 11:30 羽村堰(晴)

今日も堰下橋の下流に ササゴイ のシルエット、レクレーション広場の方から回り込んだのですが、中州へ渡ってきた釣人を避けたのか下流の方へ飛び去りました。そこへ カワセミ や2羽の イソシギ が顔を見せてくれました。2時間ほど待った手前の池では カワセミ は2度飛んで通過しただけでした。蝉の声で埋れた沢道も ガビチョウ の声が聞えるだけで閑散としています。帰りの河川敷林で5〜6羽の メジロ をまじえた20羽+の シジュウカラ の群に出会いましたが、ほかの鳥さんは確認出来ませんでした、それっきりです。どうゆう経路を廻っているのでしょう。念のためレクレーション広場を通ったら ササゴイ が戻っていて、しばらく遊んでもらいました。

今日、会えた鳥たち:(出会った順序)
 スズメ・ヒヨドリ・キジバト・ハシボソガラス・オナガ・
 コサギ・カワウ・セグロセキレイ・ササゴイ・ツバメ・
 ハクセキレイ・カワセミ・イソシギ・ホオジロ・アオサギ・
 ウグイス(声)・カワラヒワ・カルガモ・メジロ・シジュウカラ・
 ハシブトガラス・キセキレイ・ムクドリ      (以上23種)


2002/08/20(Tue) 06:10 - 10:45 羽村堰(快晴)

台風13号通過で雲一つ無い快晴ですが、風がまだ少し強いようです。雨量もそれほどではなかったようで水門は3つとも開放されていますが、堰を越えるほどではありません。堰下橋の下流の少しだけ残っている中州に ササゴイ がいました。濁流で昨夜は餌が採れなかったのか、しばらく流れを見つめていましたが魚は採れず、諦めて上流の方へ飛び去りました。台風が珍しい鳥さんを連れて来ていないかと、ひそかに期待したのですが、全く逆で、ここの常連さんたちをみんな連れて行ってしまったようです。河川敷林、沢道ともに全然鳥影がありません。蝉の声だけが夏の終りを告げるように賑やかでした。風に逆らって濁流の川面すれすれに飛ぶ ツバメ がやけに目に付きました。

今日、会えた鳥たち:(出会った順序)
 スズメ・キジバト・ヒヨドリ・ダイサギ・アオサギ・
 ハシボソガラス・コサギ・ツバメ・セグロセキレイ・ササゴイ
 ハクセキレイ・ムクドリ・カルガモ・カワウ・キセキレイ・
 カワラヒワ・ハシブトガラス          (以上17種)


2002/08/12(Mon) 06:10 - 11:45 羽村堰(曇)

市営競技場の堤防に上がると15羽+の コサギ の群、いままでどこにいたのかな? 今日も堰下橋の下流のブロックに カワセミ の影、どうやら♂の幼鳥のようです。下流の方からもう1羽飛んで来たのを追返していました。ここが縄張の境界のようです。手前の池には2度姿を見せてくれましたが、ゆっくり付合ってはくれませんでした。そこへ シジュウカラ 主体の混群がやってきました。会うたびに群の構成が違っているは、どういうことでしょう? 堰上の カワラヒワ の群はここへ定着するようです。

今日、会えた鳥たち:(出会った順序)
 スズメ・ツバメ・ヒヨドリ・キジバト・ムクドリ・
 ハシボソガラス・コサギ・カワウ・セグロセキレイ・カルガモ・
 モズ♂・カワセミ・ホオジロ・キセキレイ・トビ・
 イソシギ・シジュウカラ・エナガ・メジロ・コゲラ・
 ウグイス(声)・カワラヒワ・アオサギ・ハシブトガラス・
 ハクセキレイ             (以上25種)


2002/08/08(Thu) 05:15 - 11:15 羽村堰(快晴)

雲ひとつ無い快晴で日差しも強かったのですが、暦の上ではもう秋、心なしか爽やかな1日でした。堰下橋の下流に カワセミ の影、レクレーション広場の方から回り込んだのですが、生憎の逆光で成幼♂♀の区別は出来ませんでした。下流の方へ飛び去りました。川原では カワラヒワ の群と メジロ の群、沢道でも2ヶ所で メジロ の群に出会いましたが、いずれもほかの鳥は混じっていないようです。帰りの堰上の中州にいた コサギ にモデルをお願いしました。

今日、会えた鳥たち:(出会った順序)
 ヒヨドリ・スズメ・オナガ・ムクドリ・ハシボソガラス・
 セグロセキレイ・カワウ・ダイサギ・アオサギ・カワラヒワ・
 カルガモ・ホオジロ・ツバメ・カワセミ・ウグイス・
 シジュウカラ・キジバト・イカルチドリ・キセキレイ・メジロ・
 コサギ                (以上21種)


2002/08/03(Sat) 05:00 - 12:15 羽村堰(曇のち晴)

羽村大橋の橋桁裏の イワツバメ は全然姿が見えず、早速 スズメ が古巣に出入りしていました。堰下橋の上から、筏通しの下にいる ササゴイ を確認し、真っ先に回り込んだのですが、散歩の犬に驚いて飛んでしまいました。堰横の木の枝に腹が白くスマートな鳥影、すわ珍種とドキドキしながら近寄って、横を向くのを見たら、なんと ムクドリ でした。ちょっとがっかり。そこへ オナガ の群がやって来ました。前回と同じ場所に カワラヒワ の群がいました。幼鳥の群らしく、対岸と行き来しているようです。今日は沢道の中ほどで メジロ 等の混群と出会いました。真上の梢を通って行くので証拠写真は撮れませんでした。

今日、会えた鳥たち:(出会った順序)
 スズメ・ヒヨドリ・ハシボソガラス・ムクドリ・キジバト・
 アオサギ・セグロセキレイ・ツバメ・コサギ・カワウ・
 カルガモ・ササゴイ・シジュウカラ・キセキレイ・モズ♂・
 ホオジロ・カワセミ・オナガ・イカルチドリ・トビ・
 ウグイス・カワラヒワ・メジロ・エナガ・コゲラ・
 ハクセキレイ              (以上26種)


 以前のフィールド・ノート 2002.07  06  05  04  03  02  01 

              2001.12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01

              2000.10-12 LIFELIST             野鳥の写真へ戻る

     Copyright (c) 2001  Akira Wada <a-wada@mars.dti.ne.jp>