フィールド・ノート (2002.09)     

2002/09/25(Wed) 06:00 - 13:20 羽村堰(晴)

野鳥大好き」のhirorinさんから、 「9/22(pm)羽村堰で エゾビタキ 5羽を見たよ」のメールをいただき、HPで可愛い写真を拝見して、期待して待ってみたのですが、姿を見せてくれたのは常連さんばかりでした。郷土博物館の先の堤防では恒例の野鳥の会奥多摩支部のメンバーによる「タカの渡りカウント」が行われていました。今日はまだ1羽も飛んでいないとのことでした。沢道の中程では シジュウカラ 主体で エナガ メジロ コゲラ が混じった群に出会いました。全部で30羽+いたようです。例によってチョコマカ動き廻るので写真は全くダメでした。帰りに堰下橋下流のポイントで カワセミ♀ がブロックの上をチョンチョンと移動しながら、ブロックの間に姿を消したと思ったら、魚を銜えて現れ4〜5回ブロックに叩付けて呑込んでしまいました。やっと 魚を銜えたカワセミ が撮れましたが、ちょっとブレブレですね。

今日、会えた鳥たち:(出会った順序)
 スズメ・キジバト・ヒヨドリ・シジュウカラ・ハシボソガラス・
 モズ♂・ダイサギ・セグロセキレイ・アオサギ・ツバメ・
 イソシギ・ムクドリ・ハシブトガラス・カワウ・ハクセキレイ・
 カルガモ・ホオジロ・オナガ・メジロ・コサギ・
 トビ・エナガ・コゲラ・キセキレイ・カワセミ♀  (以上25種)


2002/09/21(Sat) 06:00 - 11:15 羽村堰(晴)

午前中は晴れるとの予報で、出掛けました。堰下のポイントは3人の釣人が中州に陣取っていて カワセミ の♂若と♀が交互に顔を見せてくれたのですが、いずれも近寄ってはくれませんでした。30回ほどシャッターを切って、いずれも豆粒や枝の中のピンボケです。ときどき南へ渡る途中でしょうか ツバメ の群が同じように下流のほうへ通り過ぎてゆきます。都合5ヶ所で モズ の高鳴きを見ました。ちょっと密度が高すぎるので、2ヶ所くらいは同じ個体かもしれません。まだ全般に鳥影はうすいようです。

今日、会えた鳥たち:(出会った順序)
 スズメ・ヒヨドリ・キジバト・セグロセキレイ・ムクドリ・
 オナガ・ハシボソガラス・シジュウカラ・モズ♂・イソシギ・
 アオサギ・メジロ・ハクセキレイ・コジュケイ(声)・カワウ・
 カワセミ♂♀・ハシブトガラス・ツバメ・トビ・カワラヒワ・
 キセキレイ・カルガモ・ホオジロ      (以上23種)


2002/09/18(Wed) 05:50 - 11:10 羽村堰(晴)

羽村大橋の下の木で モズ♂ が高鳴きでお出迎えです。本当に秋らしい爽やかな天気です。今日も堰下橋下流のポイントで待ってみました。まず下流の方から カワセミ♀ がやって来ました。そのあと上流の方から♂幼鳥も来て、7〜8mの高さでホバリングして豪快なダイビングを見せてくれたのですが、残念ながら漁は失敗でした。堰の平らなコンクリートに ハシボソガラス が胡桃を落して、殻を割って食べていました。先月まで木の枝で良い声で囀っていた ホオジロ たちも、このところ草むらに潜ってしまったらしく、見つけるのが大変です。ちょっとだけ顔を出したところを失礼しました。

今日、会えた鳥たち:(出会った順序)
 ヒヨドリ・スズメ・ハシボソガラス・ハクセキレイ・ダイサギ・
 モズ♂・アオサギ・カワウ・セグロセキレイ・カルガモ・
 イソシギ・ムクドリ・カワセミ♀♂・コサギ・ハシブトガラス・
 ツバメ・カワラヒワ・ホオジロ・メジロ・シジュウカラ・
 コゲラ・トビ                (以上22種)


2002/09/09(Mon) 06:15 - 12:20 羽村堰(曇時々雨)

堰下橋下流のブロックのところで2時間ほど待ってみました。途中小雨がぱらつきましたが、木の下に入ると傘の必要は無い程度でした。今日は上流の方からだけ カワセミ♂ の幼鳥が3度姿を見せてくれました。ホバリングとダイビングを披露してくれたのですが、魚は捕れなかったようです。堰上の中州のそばを上流の方へ泳いで行く カルガモ とはちょっと違うカモの姿を追いかけたら マガモ のエクリプスでした。もう渡って来たのでしょうか? それとも越夏した個体? お食事中の スズメ たちのそばに ノビタキ♀ がいました。春の渡りのときも♀だけに会っています。証拠写真1枚だけで、すぐいなくなりました。そのあと モズ♂ がやってきて尾羽をくるくる回してのご挨拶です。いよいよ秋ですね。

今日、会えた鳥たち:(出会った順序)
 スズメ・ハシボソガラス・シジュウカラ・キジバト・ヒヨドリ・
 アオサギ・ダイサギ・ハシブトガラス・セグロセキレイ・コサギ・
 ツバメ・カワセミ・カワウ・カルガモ・キセキレイ・
 ムクドリ・コジュケイ(声)・コゲラ・メジロ・マガモ(エ)・
 ノビタキ♀・モズ♂・イソシギ・ハクセキレイ    (以上24種)


2002/09/01(Sun) 05:45 - 10:50 羽村堰(晴)

月が替っても夏休み最後の日曜日ということで、川原はかなりの人出で賑わっています。例によって堰下橋下流の縄張の境界では上下流から2羽の カワセミ が交互に顔を見せますが、ゆっくり付合ってはくれません。しばらく待つ間に ササゴイ も一寸だけ来てくれました。近くの浅瀬でお食事中の イソシギ のお邪魔をしました。手前の池の芦原に オオヨシキリ の幼鳥がいて、小さな声で「ギョッギョッ」とお父さんの真似をしていました。どのポイントも釣人や水遊びの子供、散歩の犬等々で鳥さんたちもゆっくりできないようです。

今日、会えた鳥たち:(出会った順序)
 スズメ・キジバト・ヒヨドリ・ムクドリ・セグロセキレイ・
 ホオジロ・コサギ・ハシボソガラス・イソシギ・カワウ・
 ハクセキレイ・ササゴイ・キセキレイ・カワセミ・アオサギ・
 カワラヒワ・シジュウカラ・メジロ・オオヨシキリ(幼)・カルガモ・
 ハシブトガラス・トビ              (以上22種)


 以前のフィールド・ノート 2002.08  07  06  05  04  03  02  01 

              2001.12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01

              2000.10-12 LIFELIST             野鳥の写真へ戻る

     Copyright (c) 2001  Akira Wada <a-wada@mars.dti.ne.jp>