フィールド・ノート (2002.11)     

2002/11/30(Sat) 06:30 - 13:45 羽村堰(曇のち晴)

羽村大橋の右岸の浅瀬で イカルチドリ 3羽と キセキレイ 2羽と一緒にお食事中の鳥は、遠くて逆光のため双眼鏡では識別出来ず、リュックからスコープを出して確認したら タヒバリ でした。今季初認です。手前の池でポーズを取りかけてた カワセミ♂ はやって来た モズ♂ の鋭い声に追っ払われてしまったのですが、堰上の中州上流部で待っていて、しばらく付合ってくれました。ホバリングを3回見せてくれ、そのうち1回は小さい魚をゲットしました。沢道の中程には、河原では1羽しか見なかった ツグミ が5〜6羽来ていました。 アオジ も河原と沢道の両方で見掛けました。相変らず ヤマガラ は頭の真上で「コツコツ」木の実を突いていて、なかなか良い写真は撮らせてくれません。今日は ユリカモメ は1羽だけでした。

今日、会えた鳥たち:(出会った順序)
 スズメ・ハシボソガラス・シジュウカラ・メジロ・ヒヨドリ・
 ツグミ・ハクセキレイ・シメ・カワウ・ジョウビタキ♂♀・
 アオサギ・セグロセキレイ・カワラヒワ・ダイサギ・コサギ・
 イソシギ・モズ♂・キジバト・ムクドリ・イカルチドリ・
 キセキレイ・タヒバリ・カワセミ♂・キジ・ホオジロ・
 カシラダカ・アオジ・ヤマガラ・ルリビタキ♀・ウグイス・
 エナガ・コゲラ・ハシブトガラス・トビ・カルガモ3・
 ユリカモメ                 (以上36種)


2002/11/27(Wed) 06:20 - 13:30 羽村堰(晴)

きれいに晴れて風もほとんど無いせいか、堤防に上がった時は濃い川霧でしたが、陽が差して来ると見る見るうちに薄れてゆきました。その川霧の中に ダイサギ と コサギ が群れていました。堰下橋下流のポイントでは カワセミ♀ はちょっとだけ顔を見せただけです。忙しそうにお食事中の イソシギ にお付合いしてもらいました。ススキ原には スズメ や カワラヒワ の他に カシラダカ がたくさんいるようで、ときどき表面に姿を見せます。同じ所に アオジ もいるのですが、こちらはスコープを向けると、すぐ草むらに潜り込んでしまいます。沢道の カケス は声だけで姿は見えませんでした。午後から風が強くなりました。

今日、会えた鳥たち:(出会った順序)
 ヒヨドリ・キジバト・スズメ・ハシボソガラス・ツグミ・
 ダイサギ・コサギ・カワラヒワ・カワウ・ジョウビタキ♂♀・
 イソシギ・セグロセキレイ・アオサギ・ハシブトガラス・カワセミ♀・
 シジュウカラ・ハクセキレイ・モズ♂・ホオジロ・イカルチドリ・
 ユリカモメ・キセキレイ・セグロカモメ・アオジ・カシラダカ・
 ムクドリ・カケス(声)・ヤマガラ・ルリビタキ♀・メジロ・
 エナガ・コゲラ・シメ・カイツブリ          (以上34種)


2002/11/23(Sat) 06:50 - 13:30 羽村堰(曇)

市営競技場横を堤防に登ると、前回と同じ木に ツグミ 10羽+が朝食会、それに イカル 6羽と シメ がお相伴、いつもは自転車で通り過ぎるのですが、ここでデジスコをセットしてモデルをお願いしました。暗くて、写り具合はいまいちですが。少し上流には、3日前は700mほど上流で ♀ と追掛けっこをしていたと思われる カワセミ♂ が単独でいました。振られちゃったのかな。堰下橋下流のポイントには ♀ がひとりで顔を出しました。浅瀬で餌を漁っている イソシギ や キセキレイ ハクセキレイ セグロセキレイ に遊んでもらっていると、前回は帰りに出会った ユリカモメ が10羽+やってきました。ここを餌場にする気のようです。沢道の中程で ヤマガラ 相手に悪戦苦闘していると、ひょっこりと ルリビタキ♀ が姿を見せてくれました。今年もやって来てくれたようです。どうせなら ♂ も連れて来てくれないかな〜。帰りの河川敷林のへりでお会いした「武蔵野自然誌」の O さんと「Sunnyday Bird」の aku さんとお話をしていると、ちょうど話題に出た アカゲラ が近くの木に留りましたが、写真を撮る前に林の中へ隠れてしまいました。その頭上をこの1ヶ月ほどゆっくり姿を見せてくれない カルガモ が2羽下流の方へ飛んで行きました。4〜5羽の アマツバメ が曇っているせいか低くじぐざくに飛びながら通り過ぎました。まだ残っているのですね。堰下橋下流には ユリカモメ に加えて セグロカモメ も来ていました。

今日、会えた鳥たち:(出会った順序)
 ヒヨドリ・シジュウカラ・スズメ・キジバト・ムクドリ・
 ツグミ10+・イカル6・シメ・ハシボソガラス・セグロセキレイ・
 ジョウビタキ♀♂・カワセミ♂2♀・カワラヒワ・ホオジロ・ダイサギ・
 イカルチドリ・カワウ・イソシギ・アオサギ・ハクセキレイ・
 キセキレイ・ユリカモメ10+・カシラダカ・アオジ・モズ♀♂・
 ハシブトガラス・ウグイス・カケス・コゲラ・ヤマガラ・
 メジロ・ルリビタキ♀・アカゲラ・カルガモ・アマツバメ・
 セグロカモメ          (以上36種)


2002/11/20(Wed) 06:30 - 11:45 羽村堰(うす曇)

市営競技場横を堤防に登ると目の前の枝に ツグミ が留って木の実を啄んでいました、今季初認です。冬の常連さんたちがほぼ顔を揃えたようです。奥の枝にもいるようで双眼鏡で確かめると、こちらは イカル が2羽で朝食中でした。堰下橋下流のポイントでは、5羽のハクチョウが低空をまっすぐな竿になって上流の方へ飛んでゆくのに出会いました。嘴根元の模様から、おそらく コハクチョウ 初会です。奥多摩湖へでも向うのでしょうか? ここで カワセミ が2羽(たぶん♂♀)が追掛けっこをしています。下流の方へ飛び去ったあと、上流の方から カワセミ♂ がやってきました。少し時期は遅いですが昨年と同じパターンになりそうです。今年は カシラダカ をよく見掛けます、たくさん来ているようです。沢の入口で ヤマガラ に遊んでもらいました。エゴの実を銜えてきて、食べているのですが、うつむいたり、のけぞったりして、良いポーズでは収ってくれません。帰りの河川敷林には アカゲラ が2羽来ていて、じゃれ合っているようで、少しもじっとしてはいません、カップルでしょうか? 羽村大橋の上流の中州では12羽の ユリカモメ が羽を休めていました。だんだん上流へも進出して来るようです。それにしても カモ さんたちが全然いません。何処に行ってしまったのでしょう。

今日、会えた鳥たち:(出会った順序)
 シジュウカラ・スズメ・ヒヨドリ・ハシボソガラス・ツグミ・
 イカル2・ジョウビタキ♀♂・ダイサギ・トビ・カワラヒワ
 ムクドリ・アオサギ・カワウ・イカルチドリ・ハクセキレイ・
 イソシギ・セグロセキレ・メジロ・ホオジロ・コハチョウ5・
 カワセミ♀♂2・キセキレイ・キジバト・カシラダカ・アオジ・
 ハシブトガラス・シメ・ウグイス・ヤマガラ3・コゲラ・
 アカゲラ2・ユリカモメ12         (以上32種)


2002/11/16(Sat) 06:20 - 12:10 羽村堰(曇)

河原の鳥たちの群がだんだん大きさを増しているようです。堰下橋下流では50羽+の ムクドリ が芋の子を洗うように集団で水浴びをしているし、3本の木に鈴生りの カワラヒワ は100羽を越えているようです。河川敷林には アカゲラ が来ていました。沢道で、らしき鳴声は時々聞いていたのですが、姿を確認できたのは久し振りです。レクレーション広場の上を3羽の ハシブトガラス に執拗にモビングされながら、大きさ、翼・尾羽の形から チョウゲンボウ と思われる小型のタカが右、左とかわしながら、丘陵の方へ消えて行きました。本当に久し振りです。今日の カワセミ は堰上の ♂ と堰下の ♀ のほかに、市営競技場のそばの堤防の下に ♂ が姿を見せてくれました。約2kmの流域に3羽いることになります。往きは市営競技場の ジョビ♀ ちゃんがお出迎え、帰りは羽村大橋下流左岸のお気に入りの木で ジョビ♂ くんがお見送り、都合 ♀2♂4 が縄張を構えたようです。

今日、会えた鳥たち:(出会った順序)
 スズメ・ヒヨドリ・モズ♂♀・ハシブトガラス・ハクセキレイ・
 キジバト・ジョウビタキ♀2♂4・ホオジロ・トビ・ムクドリ50+・
 アオサギ・ハシボソガラス30+・シジュウカラ・カワウ・セグロセキレイ・
 イカルチドリ・カワラヒワ100+・ダイサギ・イソシギ・キセキレイ・
 エナガ20+・メジロ・コゲラ・アオジ・カイツブリ3・
 カワセミ♂2♀・カルガモ・ウグイス・ヤマガラ・アカゲラ・
 チョウゲンボウ                   (以上31種)


2002/11/13(Wed) 06:50 - 13:30 羽村堰(晴)

カワラノギクの育成地の近くでお食事中の カワラヒワ の中に シメ がいました。今季初認です。小さな橋を渡った所で「フィッフィッ」と ジョウビタキ とはちょっと違う鳴声に双眼鏡を向けると ベニマシコ がいました。初めてお目に掛ります。スコープに入れる前に飛ばれてしまいました、残念! 飛んでいった方を見送っていると、同じ木に カシラダカ が留ってくれました。往きは堤防の外の民家のアンテナで鳴いていた ジョウビタキ♀ が、帰りには川原に降りてきて、しばらく遊んでくれました。往復とも姿を見せず、今日は会えないのかなと思った カワセミ は念のために覗いた堰下橋下流のポイントで待っていて、ホバリングとダイビングを見せてくれたのですが、魚は捕れなかったようです。

今日、会えた鳥たち:(出会った順序)
 スズメ・ヒヨドリ・キジバト・オナガ・セグロセキレイ・
 メジロ・ハシボソガラス・コジュケイ(声)・ジョウビタキ♀♂・カワラヒワ・
 ハクセキレイ・ムクドリ・アオサギ3・イカルチドリ・イソシギ・
 ホオジロ・モズ♂♀・カワウ・キセキレイ・シジュウカラ・
 シメ・ベニマシコ・カシラダカ・アオジ・ハシブトガラス
 トビ・ヤマガラ・アオゲラ・カケス・カワセミ♀      (以上30種)


2002/11/09(Sat) 06:20 - 12:30 羽村堰(晴時々曇)

堰下橋下流のポイントで イソシギ や イカルチドリ に遊んでもらっていて、「チチチィ〜」という声に振向くと カワセミ♂ が大きな魚をブロックに引っ掛かった流木に叩きつけているところでした。どうやって食べるのかなと見守っていると、グッタリした魚を銜えたまま上流の方へ消えて行きました。足場がしっかりしたところで、ゆっくり呑込むつもりのようです。堰上の対岸にしばらくぶりの カルガモ 2羽が浮んでいました。どこに行ってたのでしょう? 冬のカモさんたちはまだ来ないのかな〜。沢道の藪の中に笹鳴きをしている ウグイス がいました。

今日、会えた鳥たち:(出会った順序)
 スズメ・ヒヨドリ・ムクドリ・シジュウカラ・メジロ・
 キジバト・モズ♂・ハシボソガラス・ジョウビタキ♂♀・アオサギ・
 セグロセキレイ・イカルチドリ・ダイサギ・コサギ・イソシギ・
 ハクセキレイ・ホオジロ・キセキレイ・カワセミ♀♂・カワウ・
 カワラヒワ・アオジ・トビ・カシラダカ・ハシブトガラス・
 カルガモ2・ウグイス・エナガ・コゲラ・アオゲラ・
 ヤマガラ・カケス                (以上32種)


2002/11/05(Tue) 06:30 - 13:45 羽村堰(晴)

手前の池では カワセミ♂ が2回だけ姿を見せてくれましたが、その間に カシラダカ が正面の枝に留りススキの穂を啄みはじめました。ピントを合わせたときは、ちゃんと顔を見せていたのに〜(-x-) 今季初認です。沢道を少し入った所で アオジ 3羽がお食事中、そっと佇んだのですが、気付かれたようで藪の中へ、これも今季初認。中程でカラ類の混群に出会い、逃げ遅れた? メジロ がカメラに収ってくれました。ここにはいなかった エナガ の群は河川敷林の方に来ていました。これまで往き帰りとも、スコープはリュックの中で、失礼していた左岸の ジョビ♂くん にもモデルをお願いしました。

今日、会えた鳥たち:(出会った順序)
 ヒヨドリ・スズメ・シジュウカラ・ムクドリ・ハシボソガラス・
 ハクセキレイ・ジョウビタキ♂♀・カワウ・ホオジロ・アオサギ・
 イカルチドリ・セグロセキレイ・キジバト・ダイサギ・イソシギ・
 モズ♂♀・カワラヒワ・カワセミ♂・カシラダカ・トビ・
 ハシブトガラス・アオジ・ヤマガラ・コゲラ・メジロ・
 カケス・アオゲラ・コサギ・エナガ・キセキレイ・
 オナガ                     (以上31種)


2002/11/02(Sat) 06:45 - 13:20 羽村堰(晴)

前回の左岸堤防の灌木で ジョウビタキ♂ がお出迎え、少し上流の民家のTVアンテナでは ♀ が縄張宣言中、いよいよ冬鳥の季節になりました。中の池では カワセミ♂ が2回顔を見せたのですが、ゆっくり付合ってはくれません。縄張が広すぎて待つポイントを絞るのが難しいです。堰上の中州にも鳥影はすくないようです。奥の池のそばで、 緑と野鳥のギャラリー の hisa さんと初対面、 ジョウビタキ♂ の写真がお目当てとか。沢道からゴルフ場沿いのコースを羽村大橋まで歩いてみましたが、特に変った鳥さんには会えませんでした。川原にはたくさんの スズメ たちが集っています。一斉に50羽+が飛立つことがあります。この中に珍しい鳥さんが紛れ込んでいることが多く、馬鹿に出来ません。帰りにまた hisa さんと出会い、左岸の ジョビ♂ くんお気に入りの灌木までご一緒しました。待つ間もなく近くのアパートのTVアンテナに姿を現し、すぐお気に入りの木に降りてきてポーズをとってくれました。一眼デジカメに格好良くおさまった ジョビ♂ くんのシャープな画像を液晶で見せて頂きました。(^O^)/

今日、会えた鳥たち:(出会った順序)
 スズメ・ハシボソガラス・メジロ・ヒヨドリ・ムクドリ・
 シジュウカラ・モズ♂・セグロセキレイ・ジョウビタキ♂♀・キジ(声)・
 アオサギ・ダイサギ・イカルチドリ・キセキレイ・イソシギ・
 ハクセキレイ・カワウ・キジバト・カワセミ♂・ホオジロ・
 カワラヒワ・エナガ・カケス・コゲラ・ハシブトガラス・
 トビ・コサギ                    (以上27種)


 以前のフィールド・ノート 2002.10  09  08  07  06  05  04  03  02  01 

              2001.12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01

              2000.10-12 LIFELIST             野鳥の写真へ戻る

     Copyright (c) 2001  Akira Wada <a-wada@mars.dti.ne.jp>