フィールド・ノート (2003.01)     

2003/01/29(Wed) 07:00 - 14:30 羽村堰(晴)

踏切手前の住宅街の中の小さな梅畑に30羽を越える カワラヒワ が群れていて、これまで河原以外では、あまり見たことが無かったのでちょっとビックリ。堰下橋のすぐ上流に ミコアイサ♀ 2羽が泳いでいました。♂はいないようです。中州に渡って1時間ほど付合ってもらい、今季一番良い条件で撮らせてもらいました。どうせなら ♂ も一緒だったらよかったのに。堰上の ホオジロガモ も7羽数えることが出来たのですが、全部 ♀ ばかりです。沢道の暗い道ばたで餌を探している アオジ の中に クロジ が混じっていたようです。帰宅後どうも アオジ と違うようなので、レタッチしてなんとか、図鑑と照合できました。初めてお目に掛ります。木橋の近くにはまた アトリ がいたのですが、なかなか証拠写真を撮らせてくれません。しばらく粘ってもスコープに入れられるところに降りて来ません。近くに身を隠す適当な場所も無く、なにかブラインドが必要なようです。今日は カワセミ にはとうとう会えませんでした。

今日、会えた鳥たち:(出会った順序)
 スズメ・ハシボソガラス・ヒヨドリ・ムクドリ・カワラヒワ・
 メジロ・シジュウカラ・セグロセキレイ・シメ・ホオジロ・
 マガモ♂3♀3・カワウ・ダイサギ・イカルチドリ・キジバト・
 イソシギ・ハクセキレイ・コサギ・カルガモ・ツグミ・
 モズ♂・キセキレイ・アオサギ・ミコアイサ♀2・トビ・
 カシラダカ・カイツブリ・アオジ・ホオジロガモ♀7・ジョウビタキ♂・
 ルリビタキ♀・イカル5+・コゲラ・クロジ・アトリ5・
 ハシブトガラス・シロハラ・エナガ・          (以上38種)


2003/01/25(Sat) 07:00 - 12:50 羽村堰(快晴)

一昨日の雪が右岸の河原ではまだ融けていないせいか、左岸堤防の斜面に カワラヒワ や ホオジロ がたくさんいる他に カシラダカ までやって来ていて朝食中です。河原をざっと眺めて沢道を中程まで登ると、今年は イカル が常連さんに加わったようで、毎回お目に掛ります。戻りの堰上中州の上流部には、往きには2羽の ♀ だけだった ホオジロガモ が ♂ 1羽を加えて7羽に増えていました。もっといるのかも知れませんが、すぐ潜ってしまい、なかなか浮んで来ないので数えるのが難しいです。初めて見る ♂ の証拠写真もやっと1枚だけ撮らせてもらいました。中州の中程の対岸には ミコアイサ が戻っていましたが、♀2羽はブロックの上でお休み中です。♂は泳ぎながら頭を羽の中に入れています。少しずつ流されて♀たちから離れると、頭を上げて泳ぎ戻るのを繰返してます。手前の池で小1時間ほど待ってやっと カワセミ♀ が一度だけ顔を見せてくれたのですが、スコープに入れる前に本流の方へ行ってしまいました。

今日、会えた鳥たち:(出会った順序)
 スズメ・ヒヨドリ・ハシボソガラス・シジュウカラ・キジバト・
 ムクドリ・セグロセキレイ・カワラヒワ・ホオジロ・ツグミ・
 イカルチドリ・カシラダカ・アオサギ・モズ♂・イソシギ・
 キセキレイ・カワウ・マガモ♂3♀3・カルガモ・ハクセキレイ・
 カイツブリ・トビ・ホオジロガモ♂1♀6・ジョウビタキ♂・ヤマガラ・
 アオジ・ハシブトガラス・メジロ・エナガ・コゲラ・
 イカル・シロハラ・ルリビタキ♀・チョウゲンボウ・ウグイス・
 ダイサギ・ミコアイサ♂1♀2・シメ・カワセミ♀・コサギ (以上40種)


2003/01/21(Tue) 07:00 - 14:10 羽村堰(晴)

中の池のそばに自転車を置きスコープをセットしていると ジョウビタキ♀ がそばに寄って来て愛嬌を振りまいています。出来上って探すともう姿が見えなくなっていました。堰上の河原を一回りして、郷土博物館前の本流で ホオジロガモ♀ 2羽を確認した後、しばらく ジョウビタキ♂ に遊んでもらいました。沢道では、狭い上空を ハシブトガラス に執拗にモビングされ ノスリ と少し時間を置いて チョウゲンボウ が横切りました。ここの尾根はカラスたちのテリトリーのようで、侵入者には厳しいですね。帰りにも覗いて見た堰上にいなかった ミコアイサ は♀2羽にパンダ顔の ♂ を加えて羽村大橋の真下のかなり速い流れで潜水を繰返していました。先週の土曜日から ♂ が来ているとの情報は流れていたようですが、一昨年、昨年と ♀ だけで淋しそうだったのが、やっと彼氏が来てくれて本当に良かった。一度片付たスコープとカメラをまたリュックから引張り出し、堤防から河原に降りて証拠写真を撮らせてもらいました。

今日、会えた鳥たち:(出会った順序)
 スズメ・ツグミ8・ハシボソガラス・ムクドリ・ヒヨドリ・
 キジバト・メジロ・シジュウカラ・カワセミ♂・セグロセキレイ・
 ジョウビタキ♂♀・カワウ・ダイサギ・コサギ・イカルチドリ・
 アオサギ・イソシギ・カルガモ・マガモ♂3♀2・ハクセキレイ・
 モズ♂・ホオジロ・カワラヒワ・コジュケイ(声)・アオジ・
 トビ・カイツブリ・ホオジロガモ♀2・ハシブトガラス・イカル10+・
 シロハラ・ノスリ・ヤマガラ・コゲラ・チョウゲンボウ・
 アオゲラ・カケス・ルリビタキ♀・カシラダカ・シメ・
 エナガ・キセキレイ・ミコアイサ♂1♀2       (以上43種)


2003/01/15(Wed) 06:45 - 12:30 羽村堰(晴)

良く晴れてはいるのですが、北風が強く寒い朝です。手前の池の縁でスコープをセットしていると、カップルの カワセミ がやって来ましたが、すぐ本流の方へ飛び去って、しばらく待っても戻っては来ません。堰上も カワウ と カイツブリ だけで寂しく、強い北風を避けて早々に沢道に逃込みました。中程の小さな流れではすぐ目の前で ルリビタキ♀ が水浴びをしています。寒くないのかな? 急な斜面の草むらには10羽ほどの イカル が落葉をかき分けながら、懸命に餌を探しています。一休みして枝に上がったところをちょっと失礼しました。その下に シロハラ もやって来て、はでに落葉をひっくり返し始めました。帰りに堰上の中州を覗くと マガモ♂♀ 5羽と ミコアイサ♀ 2羽が戻っていました。レクレーション広場下流の低いブッシュで20羽以上の エナガ と シジュウカラ の混群と出会いました。寒くてプックラと膨れているのに相変らずすばしっこくて、何回か挑戦してなんとか見られるのは、これ1枚だけです。クシュン!!

今日、会えた鳥たち:(出会った順序)
 シジュウカラ・ハクセキレイ・スズメ・ムクドリ・ヒヨドリ・
 ハシボソガラス・キジバト・ツグミ・モズ♂・カワウ・
 ダイサギ・コサギ・イカルチドリ・セグロセキレイ・ホオジロ・
 カワラヒワ・トビ・アオサギ・カワセミ♂♀・カイツブリ・
 アオジ・カケス・マヒワ・ハシブトガラス・ルリビタキ♀・
 イカル10+・シロハラ・エナガ・コゲラ・ヤマガラ・
 メジロ・カシラダカ・マガモ♂3♀2・ミコアイサ♀2・ジョウビタキ♀♂・
 シメ・ハヤブサ・カルガモ・イソシギ・キセキレイ      (以上40種)


2003/01/11(Sat) 07:00 - 13:50 羽村堰(晴)

自宅のすぐそばの公園の芝生に10羽以上の ツグミ がいて、ときどき胸を張って「気を付け」をしながら朝食中です。堰上には ミコアイサ♀ が2羽いましたが、帰りには何処かへ出掛けたのか、見当りませんでした。沢道の氷はまだあちこちに残っていて油断できませんが、浅間神社までなんとか登ることが出来ました。木橋の手前で往き帰りとも アトリ 5羽に出会いましたが。仰角が高くてスコープに入れることができません。初めてお目に掛ります。帰りに立寄った手前の池で、川崎からお出でのMさんとお話をしているとアベックの カワセミ が何回かやって来てくれました。恥ずかしがってか木の枝の向う側にいて、なかなかこちら側に出てくれません、♀のほうだけなんとかカメラに収ってもらいました。

今日、会えた鳥たち:(出会った順序)
 スズメ・ヒヨドリ・キジバト・ムクドリ・ツグミ10+・
 ハクセキレイ・シジュウカラ・モズ♂・ホオジロ・ハシボソガラス・
 ジョウビタキ♂♀・セグロセキレイ・カワラヒワ・カワウ・コサギ・
 ダイサギ・イカルチドリ・アオサギ・イソシギ・タヒバリ・
 カルガモ6・マガモ♂♀・カシラダカ・キセキレイ・アオジ・
 ミコアイサ♀2・カイツブリ5・エナガ10+・メジロ・トビ・
 ハシブトガラス・アトリ5・コゲラ・ヤマガラ・イカル・
 ルリビタキ♀・シロハラ・シメ・カワセミ♂♀    (以上39種)


2003/01/08(Wed) 06:45 - 13:10 羽村堰(快晴)

前回顔を見せなかった カワセミ は♂が市営競技場横の堤防下で待っていてくれました。すぐそばで、これも前回会えなかった ジョウビタキ の♀と、少し離れて♂がお出迎えで、留っている枝の真下を自転車でゆっくり通っても、どちらも逃げませんでした。堰上には ミコアイサ♀ が2羽来ていました。今季初認ですが、昨季より少し遅いようです。頬の模様から、3年続けて同じ個体が来てくれてるようです。それにしても今年も彼氏は連れて来ないのかな。中州上流部の対岸側に ホオジロガモ の♀5羽が泳いでいましたが、散歩に来た犬に驚いて上流の方へ飛び去りました。沢道はまだ凍結したままでツルツルですが、ハイカーたちの足跡をおそるおそる辿って、中程まで登り、小一時間待ってやっと エナガ の群がやってくると、そのあとはつぎつぎに顔をみせてくれました。なかでも シロハラ は今季初めて会えました。

今日、会えた鳥たち:(出会った順序)
 スズメ・ヒヨドリ・ハシブトガラス・ムクドリ・ツグミ・
 ハクセキレイ・カワセミ♂・ジョウビタキ♀♂・カワウ・カワラヒワ・
 ハシボソガラス・ダイサギ・セグロセキレイ・イカルチドリ・アオサギ・
 イソシギ・コサギ・メジロ・シジュウカラ・カルガモ・
 モズ♂・ホオジロ・キジバト・トビ・カシラダカ・アオジ・
 キセキレイ・カイツブリ5・マガモ♂3♀2・ミコアイサ♀2・
 ホオジロガモ♀5・ウグイス・エナガ・コゲラ・ルリビタキ♀・
 アオゲラ・シロハラ・シメ・オナガ        (以上39種)


2003/01/05(Sun) 06:30 - 11:00 羽村堰(晴)

羽村大橋少し上流の左岸堤防際の小公園で エナガ の群に遭遇、 シジュウカラ や メジロ と コゲラ も付いていました。いつもは右岸側の草原にいる カシラダカ も左岸側にいました。寒さを避けて日当りの良い左岸側に来ているのかな。中の池で近くの木に留っている トビ に遊んでもらっていると、後ろでか細い声で「ヒッヒッ」と鳴いているのに双眼鏡を向けると ベニマシコ♀ でした。逆光の上、すぐ草むらに隠れてしまい、またもや証拠写真は撮れません。沢道は一昨日の雪がいったん融けかけて、昨夜の冷え込みで再度凍ったためツルツルで危ないので、登るのは諦め早切上げにしました。帰りは久し振りに玉川上水沿いの道をゆっくり歩いてみましたが、ある人からメールで教えて頂いた鳥さんには会えませんでした。今日は、往帰りとも カワセミ にも会えませんでした。

今日、会えた鳥たち:(出会った順序)
 ヒヨドリ・ハシブトガラス・スズメ・ムクドリ・ハクセキレイ・
 キジバト・シジュウカラ・カワラヒワ・ハシボソガラス・カワウ・
 ダイサギ・イカルチドリ・ホオジロ・イソシギ・アオサギ・
 モズ♂・カルガモ・セグロセキレイ・エナガ・メジロ・
 コゲラ・カシラダカ・ツグミ・トビ・キセキレイ・
 ベニマシコ♀・カイツブリ3・マガモ♂♀・シメ・アオジ  (以上30種)


2003/01/02(Thu) 06:45 - 13:20 羽村堰(快晴)

うっすらと雪化粧の河原で、常連の鳥さんたちに新年の挨拶をして、浅間神社まで登り今年の鳥運を祈願して来ました。堰上の カワセミ♂ が朝日を受けてホバリングで歓迎してくれました。見とれていてスコープを向けるのを忘れているうちに、上流の方へ飛んで行きました。浅間神社の近くでは3羽の イカル が近くまで来てくれるし ルリビタキ♀ も周りをチョロチョロしてご挨拶です。帰りに覗いた堰下のポイントで下流の方へ飛び去る カワセミ♀ を双眼鏡で追掛けていたら、中州の向うに見慣れない鳥影が掠めました。スコープで確かめると水面から出ている石の上に2羽の ハマシギ が強い北風に吹きさらされながら羽を休めていました。ここで出会うのは2年ぶりです。鳥さんたち、本年もよろしくです。

今日、会えた鳥たち:(出会った順序)
 キジバト・ヒヨドリ・スズメ・ムクドリ・ハシボソガラス・
 メジロ・ハクセキレイ・シジュウカラ・カワウ・モズ♂・
 セグロセキレイ・ハシブトガラス・ツグミ・コジュケイ(声)・アオサギ・
 イカルチドリ・キセキレイ・イソシギ・カルガモ9・マガモ♂3♀2・
 カワラヒワ・ダイサギ・シメ・ホオジロ・カワセミ♂♀・
 カイツブリ3・トビ・カシラダカ・セグロカモメ・コゲラ・
 ジョウビタキ♀♂・ウグイス・アオジ・ヤマガラ・イカル3・
 ルリビタキ♀・エナガ・ノスリ・コサギ・ハマシギ    (以上40種)


 以前のフィールド・ノート 2002.12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01 

              2001.12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01

              2000.10-12 LIFELIST             野鳥の写真へ戻る

     Copyright (c) 2001  Akira Wada <a-wada@mars.dti.ne.jp>