フィールド・ノート (2003.03)     

2003/03/30(Sun) 06:00 - 12:30 羽村堰(晴)

近くの公園の桜の蕾も膨らんで春らしい暖かい朝です。団地の剪定された銀杏並木に7羽以上の イカル がいて盛んに鳴き交わしています。秋から河原近くでよく見掛けていたのですが、とうとう市街地に進出して来たようです。山には帰らないつもりなのかな。羽村大橋の イワツバメ が30羽を越えたようで、橋桁裏を賑やかに鳴きながら潜り抜けています。本隊到着のようです。堰下橋の上を3羽の ツバメ が飛んでいました。その後何回も見ているので、かなりの数が来ているようですが、今季初認です。沢道の ウグイス の鳴き方もずいぶん上手になりました。帰りに カワセミ のポイント2ヶ所で待ってみたのですが、今日は姿を見せてくれませんでした。その間に付き合ってくれた ジョウビタキ♂キセキレイ♂ です。

今日、会えた鳥たち:(出会った順序)
 スズメ・ヒヨドリ・キジバト・ムクドリ・カワラヒワ・
 ツグミ・ハクセキレイ・ハシボソガラス・イカル7+・セグロセキレイ・
 ハシブトガラス・カワウ・キジ(声)・イワツバメ30+・マガモ♂4♀3・
 カルガモ・イカルチドリ・キセキレイ・ダイサギ・シジュウカラ・
 ツバメ・モズ♂♀・ホオジロ・アオジ・トビ・
 タヒバリ・イソシギ・コサギ・ジョウビタキ♂・ノスリ・
 エナガ・メジロ・コゲラ・ウグイス・ヤマガラ      (以上35種)


2003/03/26(Wed) 06:15 - 10:45 巾着田(晴)

巾着田の近くにお住まいのHDさんから、一ヶ月以上前から ヒレンジャク の群定着の情報を頂いていたのですが、昨日 キレンジャク が一羽混じっているとのメールが届き、矢も盾も堪らず出掛けました。高麗駅で降りて鹿台橋へ向かう途中の民家の梅の木で メジロ と ヒヨドリ の賑やかなお出迎え、これは幸先よさそう。あいあい橋まで行って河原に降りると、わりと近くの灌木に チョウゲンボウ♀ が留まっています。羽村堰ではなかなか近くに留まってくれないので、慌ててリュックからスコープとカメラを引っ張り出して超特急でセットして何枚か撮らせてもらいました。河原沿いに曼珠沙華群生地まで行くと、先着のバーダーが3人ほどスコープや大砲レンズを向けています。ちょっと高い枝に10羽+の ヒレンジャク に混じって尾羽の先が黄色い キレンジャク も1羽確かにいます。初めてお目に掛かります。その後、ちょっと遠くに飛んで行きましたが、間もなく群で戻って来ると、少しづつ場所を移動しつつ、林床に降りて餌を啄んだり(リュウノヒゲの実だそうです)、低い枝に留まって休んだりと、たっぷり3時間も堪能させてもらいました。まだサーヴィスは続いていたのですが、ギャラリーも20人近くに増えて来たので、お先に失礼することにしました。今日は大満足です。HDさんと キレンジャク に大感謝!!

今日、会えた鳥たち:(出会った順序)
 スズメ・メジロ・ヒヨドリ・キジバト・ムクドリ・
 ツグミ・ダイサギ・ハシブトガラス・チョウゲンボウ・ハクセキレイ・
 キジ(声)・ホオジロ・コゲラ・ヒレンジャク10+・キレンジャク
 カワウ・シメ・シジュウカラ・カワセミ・トビ・
 セグロセキレイ・カワラヒワ・ハシボソガラス     (以上23種)


2003/03/23(Sun) 06:00 - 13:45 羽村堰(晴)

踏切手前の満開の梅畑に5〜6羽の メジロ がいて密をご馳走になっています。自転車を止めて双眼鏡で見ていると、その下に ジョウビタキ♀ も顔を出してくれます。堰下橋を渡ると高い梢で アカゲラ が待っていたのですが、スコープをセットし終わった時には、もういません。手前の池では カワセミ♀ が姿を見せて、すぐ本流の方へ飛び去りました。堰上の中州に佇んでいる アオサギ の嘴の赤色がとてもきれいだったので、モデルをお願いしたのですが。? 沢道の藪の中で ウグイス が「ホーホケキョ」と鳴いています。今春の初音ですが、まだ遠慮気味でぎこちないですね。帰りにもう一度、手前の池で待っていると モズ のカップルがしばらく付き合ってくれました。そばでは ムクドリ の♂(たぶん?)が懸命にディスプレイフライトを繰り返しているのですが、♀(たぶん?)は素知らぬ顔でじっと枝に留まったままです。どうなるのかな ? と思っているうちに、両方ともいなくなってました。結局、1時間ほど待っても カワセミ は来てくれませんでした。

今日、会えた鳥たち:(出会った順序)
 スズメ・キジバト・ヒヨドリ・シジュウカラ・カワラヒワ・
 ハシボソガラス・メジロ・ジョウビタキ♀♂・ムクドリ・ホオジロ・
 コジュケイ(声)・ハクセキレイ・カワウ・セグロセキレイ・イソシギ・
 イワツバメ・イカルチドリ・カルガモ・ダイサギ・アオサギ・
 コサギ・アカゲラ・ツグミ・トビ・アオジ・
 カワセミ♀・マガモ♂1・キジ♂・キセキレイ・カイツブリ5・
 タヒバリ・コゲラ・ウグイス・エナガ・ヤマガラ・
 ハシブトガラス・ホオジロガモ♀1・モズ♂♀      (以上38種)


2003/03/19(Wed) 06:10 - 14:50 羽村堰(晴時々曇)

踏切手前の小さな梅畑がやっと盛りになったようです。羽村大橋の橋桁裏に イワツバメ が10羽+古巣の点検をしています。今季初認です。橋の下の土砂捨て作業も終わったらしく、撤収作業をしていて、邪魔者無しで営巣ができそうです。最盛期には30羽以上になるはずなので、第一陣の到着と云ったところでしょう。手前の池で小一時間待って、一ヶ月ぶりに カワセミ♀ が付き合ってくれました。3回ダイビングを試みたのですが、不漁でした。同じ個体と思われるのが、魚道の出口の杭にも留まっていました。巣穴掘りの合間にお食事を摂りに出て来たのでしょうか。浅間神社の下で ヤマガラ が3羽いたのですが、やっと1枚だけ撮らせてもらいました。相変わらず上手くゆかないですね。木橋のポイントで丁度1時間待ったところに ルリビタキ♂ が顔を見せてくれました。2羽の カヤクグリ もまだ残っています。すぐ近くの藪の中から エナガ が蜘蛛の巣や苔を銜えては林の中へ運んでます。いよいよ巣作りに取りかかったようです。

今日、会えた鳥たち:(出会った順序)
 スズメ・キジバト・ハシボソガラス・ヒヨドリ・ムクドリ・
 ツグミ・カワラヒワ・カワウ・シジュウカラ・コジュケイ(声)・
 セグロセキレイ・キジ(声)・ジョウビタキ♂♀・イワツバメ10+・アオサギ・
 イソシギ・マガモ♂5♀4・ハクセキレイ・ホオジロ・カルガモ・
 モズ♂♀・アオジ・カワセミ♀・ダイサギ・タヒバリ・
 キセキレイ・トビ・カイツブリ5・コサギ・エナガ・
 コゲラ・シメ・メジロ・ハシブトガラス・ヤマガラ3・
 ウグイス・シロハラ・アオゲラ・ルリビタキ♂・カヤクグリ2・
 ノスリ                      (以上41種)


2003/03/12(Wed) 06:30 - 14:30 羽村堰(快晴)

吹き続いていた強い北風もちょっと弱くなったようです。前回大橋下流の方にかたまっていた マガモ たちも、今日はまた思い思いの場所にばらけていました。堰の直下の浅瀬で ハマシギ が2羽懸命に餌を探していました。お正月以来です。河原の アオジ や カシラダカ も居るには居るのですが、数がだいぶ少なくなったようです。沢道の笹藪では ウグイス が笹鳴きとはちょっと違う声を出していましたが、とても初音とは言えませんね。浅間神社のすぐ下で、久し振りに シロハラ がお相手をしてくれました。寒い間どこかもっと暖かい所に行っていたのかな? 木橋のポイントでは ウソ が通って行ったほか、相変らず エナガ のカップルに遊ばれちゃいました。沢道の出口近くで マヒワ 3羽に出会いました。坂道の途中で、三脚を立てるのに手間取っている間に飛ばれてしまいました。またもや証拠写真はダメ、残念!!

今日、会えた鳥たち:(出会った順序)
 ヒヨドリ・カワラヒワ・ツグミ・スズメ・ハシボソガラス・ムクドリ・
 キジバト・セグロセキレイ・イカル5・ホオジロ・カワウ・
 シジュウカラ・イカルチドリ・イソシギ・キセキレイ・カルガモ・
 マガモ♂4♀3・ジョウビタキ♂♀・ハマシギ2・コサギ・ダイサギ・
 カシラダカ・アオジ・ハクセキレイ・トビ・モズ♂・
 エナガ・ヤマガラ・ハシブトガラス・ウグイス・シロハラ・
 メジロ・ウソ3・コゲラ・マヒワ・クロジ・
 ルリビタキ♀・カイツブリ3             (以上37種)


2003/03/09(Sun) 06:15 - 13:20 羽村堰(晴)

いつもはカップル単位であちこちに散らばっている マガモ が羽村大橋の下流に、11羽もまとまっていました。堰下橋の上下流にいつもの倍以上の釣人が散開しているせいでしょうか、それとも、そろそろ北へ帰る準備? 晴れてはいても北風が強く、河原の鳥さんたちも草むらに潜り込んでいて、なかなか見つけにくいので、足早に沢道へ向い、木橋のポイントで待ってみました。2組の エナガ のカップルが、代る代る頭の上の枝にやって来ます。何処か近くに営巣するつもりでしょうか。30分ほどで ルリビタキ♂ が姿を見せてくれたのですが、すぐ引込んでしまいました。風が強いと オオタカ や チョウゲンボウ が沢の狭い上空を横切るのに時間が掛って、目に留る確率が大きくなるようです。

今日、会えた鳥たち:(出会った順序)
 スズメ・シジュウカラ・ハシボソガラス・ムクドリ・カワラヒワ・
 ツグミ・ヒヨドリ・キジバト・メジロ・イカル6・
 カワウ・コジュケイ(声)・ジョウビタキ♀♂・イカルチドリ・ホオジロ・
 セグロセキレイ・アオサギ・マガモ♂6♀5・キジ(声)・カルガモ・
 ハクセキレイ・トビ・イソシギ・キセキレイ・タシギ・
 シメ・コサギ・アオジ・カシラダカ・ダイサギ・
 カイツブリ6・モズ♂・ホオジロガモ♀1・コゲラ・ハシブトガラス・
 ルリビタキ♀♂・エナガ・オオタカ・アオゲラ・ヤマガラ・
 チョウゲンボウ                    (以上41種)


2003/03/05(Wed) 06:30 - 14:30 羽村堰(晴時々曇)

河原の水溜りがガチガチに凍っていますし、本流の淀みの一部にも薄い氷が張っていて ハクセキレイ がその上を歩いています。昨夜は相当冷え込んだようです。堰上の中州上流部の突堤に ジョウビタキ♂ が2羽いましたが、そのうちの1羽がつっかかってゆき、追っ払ってしまいました。縄張侵犯のようです。そういえば上下流の ♂ の中間に縄張を構えたはずの ♀ はとんと姿を見せないですね。沢道を浅間神社まで往復しましたが、あまり変りばえしませんでした。帰りの河原で、え〜っもう ツバメ が? と双眼鏡を向けたら、腰の白さと翼、尾羽の形から ヒメアマツバメ のようです。2羽で旋回しながら下流のほうへ飛び去りました。初会です。

今日、会えた鳥たち:(出会った順序)
 スズメ・ムクドリ・カワラヒワ・ハシボソガラス・キジバト・
 ヒヨドリ・セグロセキレイ・イカル3・カワウ・ツグミ・
 ホオジロ・イソシギ・カルガモ・イカルチドリ・マガモ♂4♀3・
 コサギ・キジ(声)・シジュウカラ・カシラダカ・タヒバリ・
 キセキレイ・カイツブリ・ダイサギ・モズ♂♀・ジョウビタキ♂・
 トビ・アオジ・エナガ・ルリビタキ♀・カヤクグリ・
 ハシブトガラス・アオゲラ・メジロ・コゲラ・ヒメアマツバメ2 (以上35種)


 以前のフィールド・ノート 2003.02  01

              2002.12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01 

              2001.12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01

              2000.10-12 LIFELIST             野鳥の写真へ戻る

     Copyright (c) 2001  Akira Wada <a-wada@mars.dti.ne.jp>