フィールド・ノート (2003.04)     

2003/04/29(Tue) 05:45 - 11:30 羽村堰(快晴)

羽村大橋上流の小堰の魚道に イソシギ 5羽が群れているそばに キアシシギ 1羽がいました。今年も顔を出してくれました。さらに上流の小堰では コチドリ♂♀ が朝食中です。葦原の オオヨシキリ は数が増えたようです。3ヶ所で覚束無い小さい鳴き声が聞こえました。河原の鳥さんたちには一通り挨拶だけして、沢道へ急ぎました。お目当ては昨日、複数の情報が寄せられた オオルリ と キビタキ です。中程の檜林でまず キビタキ♂ 2羽が小競り合いをしているのに出会いました。その後2回ほど現れましたが、写真が撮れる所には留まってくれません。しばらく待つうちに オオルリ も何回か姿を見せてくれましたが、なかなか条件の良い所には留まってくれず、何枚かシャッターを押したうち、レタッチでなんとか証拠写真にはなりそうなのはこの1枚だけです。

今日、会えた鳥たち:(出会った順序)
 ヒヨドリ・スズメ・メジロ・カワラヒワ・シジュウカラ・
 ムクドリ・ツグミ・ハシボソガラス・キジバト・ウグイス(声)・
 セグロセキレイ・ホオジロ・キジ(声)・カルガモ・カワウ・
 イワツバメ・イソシギ5・キアシシギ・コチドリ♂♀・ツバメ・
 ハクセキレイ・モズ♂・オオヨシキリ・キセキレイ・イカルチドリ・
 コサギ・ハシブトガラス・キビタキ♂2・コゲラ・オオルリ♂・
 ノスリ                          (以上31種)


2003/04/27(Sun) 07:00 - 11:45 羽村堰(曇のち晴)

羽村大橋上流の中州にはまだ コチドリ のカップルがいます。ここに定着しそうです。左岸の木にちょっとだけ留まった カワセミ♂ はすぐ対岸の方へ引き返して行きます。やっぱりレクレーション広場の上に営巣しているようです。手前の池には アオジ が未だ残っています。すぐそばで オオヨシキリ が遠慮がちに小っちゃな声で「ギョギョギョ」と発声練習をしています。今季初認です。少し伸びた葦の中からなかなか出て来ないので、証拠写真は撮れませんでした。沢道の中程では センダイムシクイ の声がすぐ近くで聞こえるのですが、姿は確認出来ません。また尾根の向こう側からは コマドリ の声、こちら側に来ないかなとしばらく待ちましたが、まもなく聞こえなくなりました。

今日、会えた鳥たち:(出会った順序)
 ムクドリ・スズメ・ツグミ・ヒヨドリ・キジバト・
 カワラヒワ・ハシボソガラス・セグロセキレイ・ツバメ・ヒメアマツバメ・
 シジュウカラ・イワツバメ・カワウ・キジ(声)・カルガモ・
 コジュケイ(声)・ホオジロ・マガモ♂2・コチドリ♂♀・カワセミ♂・
 アオジ・オオヨシキリ・モズ♂・コサギ・イカルチドリ・
 トビ・イソシギ・メジロ・ハシブトガラス・チョウゲンボウ・
 コゲラ・ウグイス・センダイムシクイ(声)・コマドリ(声)・ダイサギ・
 ハクセキレイ                     (以上36種)


2003/04/19(Sat) 06:10 - 12:40 羽村堰(曇時々晴)

近くの公園の芝生は早朝野球に占領されて、いつもここで朝ご飯を食べている ツグミ たちは金網の外の桜の木の根元をほじくっていました。羽村大橋を少し過ぎた辺りで聞き慣れぬ鳴き声、自転車を止めて双眼鏡で探しましたが、すぐ聞こえなくなりました。サンダル履きに双眼鏡を提げた方が堤防に上がって来て、今の鳴き声に飛び出して、黒い頭のスズメくらいの鳥3羽をチラッと見たそうですが、識別出来なかったそうです、 ノビタキ ?。こちら岸の枯れ葦に留まっている カワセミ♂ を教えてもらいまいした。ここでデジスコをセットしていると コチドリ♂♀ も近くの中州に降りて餌を採りだしましたが、近づいた釣人に驚かされてか向こう岸へ。河原に降りて、まだ泥集めに忙しそうな イワツバメ たちに遊んでもらいながら、近くに来るのを待ちました。その間 青vs白x2 の睨めっこや、何かを見つけて中州に降りた トビ にカメラに収まってもらいました。結局 コチドリ は対岸に回り込んでやっと撮らせてもらいました。そこへ鳴きながら カワセミ♀ も現れ、ちょこっと休むとレクレーション広場の後ろの山の方へ飛んで行きます。今年はそちらで営巣? 新芽が萌え出た枝でシッポをクルクル回してご挨拶の モズ♀ ちゃんです。沢道をちょっとだけ覗きましたが、鳥さんたちはお昼休みにはいったようです。先着の方によると、まだ イカル が残っているそうです。

今日、会えた鳥たち:(出会った順序)
 スズメ・シジュウカラ・ヒヨ・キジバト・ツグミ・
 ハシボソガラス・ムクドリ・キジ(声)・ウグイス(声)・カルガモ・
 ツバメ・イワツバメ・ダイサギ・セグロセキレイ・ホオジロ・
 カワウ・トビ・マガモ♂2・コサギ・イソシギ・
 イカルチドリ・カワセミ♂♀・コチドリ♂♀・ハクセキレイ・アオサギ・
 ヒメアマツバメ・モズ♂♀・キセキレイ・ハシブトガラス・メジロ・
 ヤマガラ・エナガ                  (以上32種)


2003/04/16(Wed) 06:00 - 13:30 羽村堰(曇のち晴)

羽村大橋上流には今日も コチドリ のカップルがいます。此処で繁殖するのかしら? 手前の池で往き帰りとも1時間ずつ、待ってみましたが カワセミ は声も聞けませんでした。代わりに シジュウカラ が付き合ってくれました。堰上の中州で のツーショット?が撮れました。中程では イカルチドリ が抱卵中のようです、お食事に出て来たところを失礼しました。沢道の木橋の近くでは2羽の エナガ が口一杯に虫をくわえて、沢の本筋の方へ入って行きます、もう雛が孵ったようです。可愛いチビちゃんたちが、親鳥に連れられてデビューするのが楽しみです。

今日、会えた鳥たち:(出会った順序)
 スズメ・キジバト・ヒヨドリ・ツグミ・コゲラ・
 シジュウカラ・カワラヒワ・ハシボソガラス・ムクドリ・カワウ・
 コサギ・ツバメ・イワツバメ・コジュケイ(声)・ダイサギ・
 セグロセキレイ・コチドリ♂♀・ホオジロ・カルガモ・イカルチドリ・
 マガモ♂3♀2・ハクセキレイ・モズ♂・アオジ・トビ・
 キジ・ハシブトガラス・キセキレイ・ウグイス・アオサギ・
 エナガ・メジロ・ヤマガラ・シロハラ・イカル・
 アカゲラ                     (以上36種)


2003/04/13(Sun) 06:00 - 11:15 羽村堰(晴)

羽村大橋の少し上流の中州では イワツバメ たちがまだ泥集めに忙しそうです。一つ向こうの中州には2羽の コチドリ がいましたが、遠いので久し振りにリュックの底から、25〜56倍のズームアイピースを引っ張り出して ♂♀ 各1羽ずついるのを確認しました。手前の池で小1時間待ちましたが、本流側を飛んで行く カワセミ の声を聞いただけです。沢道には アオジ と イカル がまだいました。早めに切り上げ、堰下橋から八幡神社祭礼の'御輿の川渡り'を見物しました。

今日、会えた鳥たち:(出会った順序)
 スズメ・シジュウカラ・ヒヨドリ・ムクドリ・キジバト・
 ツグミ・メジロ・ハシブトガラス・ウグイス(声)・カワウ・
 カルガモ・コジュケイ(声)・イカルチドリ・イワツバメ・セグロセキレイ・
 ホオジロ・マガモ♂3♀1・アマツバメ・コチドリ♂♀・ツバメ・
 タヒバリ・ハクセキレイ・トビ・モズ♂・ハシボソガラス・
 キジ(声)・アオジ♂♀・カワセミ(声)・キセキレイ・イソシギ・
 コゲラ・ヤマガラ・イカル・エナガ・ノスリ・ダイサギ  (以上36種)


2003/04/10(Thu) 06:00 - 12:00 羽村堰(快晴)

堤防に上がると、雲一つ無い快晴ですが、花冷えというのでしょうか風が少し冷たいようです。手前の池の中の木で良い声で囀っている ホオジロ に練習台になってもらいました。しばらく待って カワセミ♂ が来てくれたのですが、ちょっと遠くに留まったので'電子ズーム2倍まで拡大'して撮ってみました。ちょっと面白い表情をしていますね。堰の筏通しの下にはまだ タヒバリ が頑張っています。今日 イカル は沢道の檜林に3羽いました。いよいよお山へ帰るのでしょうか。

今日、会えた鳥たち:(出会った順序)
 ヒヨドリ・スズメ・ムクドリ・ツグミ・カワラヒワ・
 ハシボソガラス・キジバト・メジロ・シジュウカラ・ホオジロ・
 ツバメ・イワツバメ・イカルチドリ・ハクセキレイ・カルガモ・
 セグロセキレイ・コジュケイ(声)・キセキレイ・モズ♂♀・カワウ・
 ヒメアアツバメ・キジ・ダイサギ・カワセミ♂・コサギ・
 タヒバリ・カイツブリ3・イソシギ・ウグイス・コゲラ・
 ハシブトガラス・ヤマガラ・イカル3・シメ・トビ    (以上35種)


2003/04/07(Mon) 06:00 - 12:30 羽村堰(晴)

自宅近くの公園の桜もようやく満開です。団地の丸坊主のイチョウ並木に イカル 15羽+、ここで3回続けてお目に掛かります。よほどお気に入りのようです、定着するつもりかな ? 堤防に上がったところや、沢道の中ほどでも彼ら独特の美声で存在をアピールするので、すぐ目にはいります。同じ群が追い掛けて来たのかも。大橋の裏に営巣する イワツバメ たちがすぐ上流の中州で懸命に'アパート建設資材を調達'するのを見学させてもらいました。普通の ツバメ も泥を集めに割り込んで来ます。それほど広くない同じ中州に タヒバリ や コチドリ なども顔を出します。おまけに カワセミ まで鳴きながら頭の上を飛び過ぎて行きました。手前の池の近くの芦原では アオジ たちが鮮やかな夏羽に衣替えして旅立ちの準備が出来たようです。そこへ本当に久し振りに バン が赤い顔をちらっと見せてくれましたが、ピント合わせの間に枯れ葦の中に隠れてしまいました。相変わらず'はにかみやさん'ですね。ここでも カワセミ は3回、飛んで通り過ぎただけです。少し早めに切り上げて、帰りは玉川上水沿いを歩いて 花見 をして来ました。平日なのにけっこう賑わっています。

今日、会えた鳥たち:(出会った順序)
 スズメ・ヒヨドリ・ムクドリ・ツグミ・イカル15+・
 キジバト・メジロ・セグロセキレイ・ジョウビタキ♀♂・ハシボソガラス・
 ホオジロ・イカルチドリ・カルガモ・ツバメ・コジュケイ(声)・
 シジュウカラ・カワウ・イワツバメ30+・ハクセキレイ・タヒバリ・
 キセキレイ・ダイサギ・マガモ♂3♀1・コチドリ♂♀・モズ♂♀・
 カワセミ・トビ・アオジ・バン・ハシブトガラス・
 キジ♂・コサギ・カイツブリ3・イソシギ・エナガ・
 ウグイス・コゲラ             (以上37種)


2003/04/04(Fri) 06:10 - 13:10 羽村堰(晴)

玉川上水沿いの桜が8分咲き位で、週末は花見で賑わうことでしょう。手前の池で小1時間も待って、やっと カワセミ♀ がちょっとだけ顔を出して、すぐ本流の方へ引き返してしまいました。堰の斜面の下の浅瀬で イカルチドリ や タヒバリ と一緒に コチドリ♂ 各1羽がチョコマカと動き廻って餌を探しています。春先にちょっとだけ姿を見せても、ここに定着したことがないのですが、今年はどうなのでしょう。夏鳥が冬鳥と同じ食卓に着いているのは少し変な感じですね。沢道の入口では ジョウビタキ♂ がまだ頑張っていますし、中程には アオジ や シロハラ も残っています。浅間神社の近くでは ウグイス に負けじと高い梢で メジロ が凄く良い声の複雑な節回しで囀っています。春真っ盛り \(^O^);/  鳥さんたちは忙しそうで、なかなか相手になってくれないので、可憐な テングスミレ にモデルをお願いしました。

今日、会えた鳥たち:(出会った順序)
 スズメ・ヒヨドリ・シジュウカラ・ツグミ・ハシボソガラス・
 キジバト・イカル・セグロセキレイ・コジュケイ(声)・ホオジロ・
 イワツバメ・ハクセキレイ・カワウ・マガモ♂・ムクドリ・
 カルガモ・キジ♂・クロジ・トビ・カワセミ♀・
 ツバメ・アオジ・モズ♂♀・コサギ・イカルチドリ・
 イソシギ・タヒバリ・キセキレイ・コチドリ♂♀・カイツブリ2・
 ジョウビタキ♂・ウグイス・ハシブトガラス・コゲラ・メジロ・
 エナガ・シロハラ                (以上37種)


 以前のフィールド・ノート 2003.03  02  01

              2002.12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01 

              2001.12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01

              2000.10-12 LIFELIST             野鳥の写真へ戻る

     Copyright (c) 2001  Akira Wada <a-wada@mars.dti.ne.jp>