フィールド・ノート (2003.05)     

2003/05/30(Fri) 05:15 - 12:00 羽村堰(晴)

羽村大橋の橋桁裏の イワツバメ の雛たちもだいぶ大きくなったようで、鳴き声が賑やかに聞こえ、親鳥が帰って来ると巣の入り口に雛の頭がちらっと覗きます。その上流の コチドリ のカップルは仲良く朝食中です。もう2ヶ月近くの滞在ですが、何処かで営巣しているのかな。すぐそばで3羽の キアシシギ がお相伴しています。堰上の中州の イカルチドリ の幼鳥たちはもう飛べるようになっています。中州に渡って来た釣り人を避けて、反対側へ覚束無い飛び方で飛んで逃げました。親鳥はまだ心配そうに付き添っています。気持ち良さそうに囀っている ホオジロ にカメラに収まってもらいました。沢道の檜林の キビタキ もまだ自慢の歌を聴かせてくれてます。近くで ガビチョウ がまねをしていますが、さすがにピッコロのようなトレモロは出来ないようです。やはりモデルにはなってくれません。

今日、会えた鳥たち:(出会った順序)
 ムクドリ・スズメ・ヒヨドリ・キジバト・ハシボソガラス・
 ツバメ・セグロセキレイ・キジ(声)・カルガモ・シジュウカラ・
 コジュケイ(声)・イワツバメ・コチドリ♀♂・キアシシギ3・ダイサギ・
 カワラヒワ・キセキレイ・ホオジロ・オオヨシキリ・ウグイス・
 モズ♂♀・イカルチドリ・トビ・ハクセキレイ・ハシブトガラス・
 コゲラ・キビタキ・エナガ・メジロ・アオゲラ      (以上30種)


2003/05/28(Wed) 06:45 - 15:30 秋川・多摩川合流点(晴)

久し振りの五月晴れ、東秋川橋から右岸側を多摩川との合流点、拝島堰まで歩いてみました。合流点の見える辺りの葦原の上で セッカ が鳴きながら頻りにディスプレイフライトを繰り返しています。ときどき近くの休耕地に飛んで来て、草むらに降りるのですが、写真を撮る暇もなく草の中に潜ってしまいます。初めてお目に掛かります。一昨々日メールで情報を頂いた アマサギ がお目当てだったので、田圃でなにやら餌を探している ダイサギ で予習をさせてもらいました。同じ狙いのバーダー数名とお会いし、情報を交換したりして、かなり粘ったのですが、本命の方はとうとう現れずじまいでした。

今日、会えた鳥たち:(出会った順序)
 スズメ・ヒヨドリ・ハシボソガラス・ムクドリ・ツバメ・
 キジバト・「カルガモ・ダイサギ・ウグイス(声)・オオヨシキリ・
 セグロセキレイ・ホオジロ・コチドリ・セッカ・ハシブトガラス・
 カワウ・アオサギ・シジュウカラ・マガモ♂・ハクセキレイ・
 ホトトギス(声)・アマツバメ」        (以上22種)  (番外) ガビチョウ


2003/05/24(Sat) 05:15 - 12:30 あきる野市某神社(曇時々晴)

2週間前のところに再チャレンジです。バスを降りて谷沿いの道を登り始めると ウグイス の「谷渡り」と鈴を振るような キビタキ の「ピッコロ」に出迎えられました。いずれも姿は確認できません。お宮に着いて1時間ほど経って、先日と同じ谷向こうの尾根の枯れ木に ブッポソウ が現れました。すぐにもう1羽が飛んで来て、しばらく一緒に休んでいました。ペアの証拠写真を撮り、カメラを外して25〜56倍の接眼レンズに取り替えて、ゆっくり観察させてもらいました。その1時間半後、15〜6名の探鳥会のグループが境内にいる時、また同じ枯れ木に留まって、皆さんを喜ばせてくれました。その後、2回ほど境内の上空で、「ゲェゲゲゲ、ゲェゲゲゲ」と、とても「仏法僧」とは聞こえない(耳が悪いのかな?)鳴き声を出しながら、ゆっくり飛び廻り、羽根裏の白斑も見せてくれたのですが、写真が撮れるところにはなかなか留まりません。そろそろ諦めて帰ろうと、握り飯を片づけたところに、ヒョイと目の前の枝にペアで留まってくれました。3分間ほどでしたが、4時間半も辛抱したご褒美かな。空抜けで、せっかくの綺麗な色が出せませんでしたが、どうも ブッポウソウご夫妻 有難う。

今日、会えた鳥たち:(出会った順序)
 スズメ・ヒヨドリ・ムクドリ・ツバメ・ハシボソガラス・
 キジバト・ハクセキレイ・「ウグイス(声)・キビタキ(声)・シジュウカラ・
 キセキレイ・ホトトギス(声)・ハシブトガラス・カケス・ホオジロ・
 ブッポウソウ2・イカル・ヤマガラ・コゲラ・トビ・
 メジロ」                       (以上21種)


2003/05/21(Wed) 05:30 - 13:30 羽村堰(曇のち晴)

市営競技場横の堤防に上がると、河川敷林の中から ホトトギス の声、しばらく丹念に探しても姿を確認できません。帰りの右岸側の住宅街からも、今季初めて耳にします。堰上の中州で イカルチドリの雛 2羽が羽繕いなどしながらくつろいでいます。近くにもう1羽、都合3羽、かなり大きくなっています。中州の手前で久し振りの カワセミ がホバリング&ダイビングを見せてくれましたが、すぐに山の方へ飛び去りました。河原で オオヨシキリ と鳴き較べをしている ウグイス がカメラに収まってくれました、こちらに気が付かなかったのかな。沢道の檜林でいろいろなバリエーションを混えて囀っている キビタキ を確認して、浅間神社まで登ると アオゲラ のお出迎え、遠くの方からは アオバト の声も聞こえて来ます。檜林に降りて3時間ほど粘ってみましたが、すぐ頭の上で囀っている キビタキ は写真が撮れる所には降りて来てくれません。ガックリ!!

今日、会えた鳥たち:(出会った順序)
 スズメ・ヒヨドリ・ムクドリ・キジバト・ハシボソガラス・
 メジロ・シジュウカラ・ツバメ・ホトトギス(声)・ダイサギ・
 コジュケイ(声)・イワツバメ・セグロセキレイ・アオサギ・カルガモ・
 キアシシギ・マガモ♂♀・ホオジロ・オオヨシキリ・モズ♂・
 カワウ・キセキレイ・キジ(声)・イカルチドリ+雛2・イソシギ・
 カワセミ・ウグイス・トビ・キビタキ・エナガ・ヤマガラ・
 ハシブトガラス・アオゲラ・アオバト(声)・コゲラ    (以上35種)


2003/05/18(Sun) 06:00 - 12:00 羽村堰(曇)

堰下橋下流の小堰で、今日は10羽以上の キアシシギ が懸命に餌を採っています。しばらく楽しませてもらっていると、突然一斉に飛び立ち見事な群飛翔を見せてくれました。2〜3回旋回すると川上の方へ消えて行きました。河原はベビーラッシュのようで ハクセキレイ スズメ セグロセキレイ が巣立ち雛を連れていました。沢道の檜林の キビタキ は今日も自慢の喉を聞かせてくれました。2時間半ほど粘ってみても、姿は木の葉の隙間から何回か双眼鏡に入ってくれたのですが、とうとう1度もシャッターを切らせてはもらえません。綺麗な囀りは十分堪能させてくれたので、まあいいか!!

今日、会えた鳥たち:(出会った順序)
 ヒヨドリ・スズメ・ムクドリ・キジバト・ツバメ・
 シジュウカラ・ホオジロ・ハシボソガラス・イワツバメ・アオサギ・
 コサギ・コチドリ・マガモ♂♀・キアシシギ10+・セグロセキレイ・
 カワウ・トビ・ハシブトガラス・カルガモ・ハクセキレイ・
 ダイサギ・イソシギ・オオヨシキリ・イカルチドリ・キセキレイ・
 ウグイス・キジ・コゲラ・キビタキ・アオバト(声)・
 ヤマガラ                    (以上31種)


2003/05/14(Wed) 05:50 - 10:30 羽村堰(晴のち曇)

羽村堰には10日余りのご無沙汰でした。河原のニセアカシヤの花の香りが甘く漂っています。堰下橋下流の小堰に キアシシギ 3羽がいました。すぐそばを コチドリ が啼きながら飛び廻っています。双眼鏡では♂♀の区別は出来ませんでした。葦原の オオヨシキリ たちは本格的に囀っていて、その賑やかこと。河川敷林の ウグイス も負けじと声を張り上げています。堰上の中州の イカルチドリ の雛は、やはり1羽だけを双眼鏡に入れることができました。沢道の檜林では頭上で キビタキ が綺麗な囀りを聞かせてくれたのですが、しばらく待っても写真を撮れる所には降りて来てくれず、首が痛くなりました。生暖かい風が強くなり、雲行きも怪しくなってきたので、早切り上げにしました。

今日、会えた鳥たち:(出会った順序)
 ムクドリ・スズメ・ヒヨドリ・シジュウカラ・ツバメ・
 キジバト・ハシボソガラス・アオサギ・カワウ・キジ(声)・
 イワツバメ・カルガモ・マガモ♂3・イソシギ・セグロセキレイ・
 コサギ・キアシシギ3・コチドリ・ホオジロ・ハシブトガラス・
 コジュケイ(声)・オオヨシキリ・ウグイス・イカルチドリ+雛1・トビ・
 ハクセキレイ・ヤマガラ・キビタキ・コゲラ       (以上29種)


2003/05/10(Sat) 06:00 - 11:15 あきる野市某神社ほか(晴)

今日もHTさんのお誘いで ブッポウソウ に会いに、あきる野市某神社にご一緒しました。先着のKMさんは境内で番を御覧になったそうですが、我々が着いたときには、谷向こうの尾根の枯れ木に1羽だけが留まっていて、境内には戻ってくれませんでした。かなりの距離でしたが、取り敢えず ブッポウソウ の証拠写真を撮り、カメラを外したスコープで、朝日に照らされた美しい羽色を楽しませてもらいました。お初にお目に掛かります。帰りにKMさんの案内で同市内の某公園で カオグロガビチョウ に会いました。10羽ほどが木立の中にいましたが、姿・鳴き声とも ガビチョウ とはかなり違っているようです。

今日、会えた鳥たち:(出会った順序)
 スズメ・ヒヨドリ・ムクドリ・カワラヒワ・ハシボソガラス・
 キジバト・ツバメ・ウグイス(声)・ブッポウソウ・キビタキ(声)・
 シジュウカラ・コゲラ・キセキレイ・アオゲラ(声)・アオバト(声)・
            (以上15種)     (番外) カオグロガビチョウ


2003/05/06(Tue) 06:00 - 15:00 檜原都民の森(曇時々晴)

檜原都民の森に コマドリ の写真を撮りに行くというHTさんのお誘いで、もう1人の方とご一緒させていただきました。入り口で車を降りたら アオバト ののどかな鳴き声がお出迎え、沢沿いの少し急な道を登り始めると オオルリミソサザイ が歓迎してくれました。ポイントで待つこと4時間、やっと今日の主役の コマドリ の登場です。お初にお目に掛かります。沢に横たわる倒木の陰で、餌を探しているらしいのですが、時々近くに寄って来てポーズを取り、素晴らしい囀りを聞かせてくれるサーヴィスぶり、粘った甲斐がありました。後から合流の3人のバーダーともども大満足でした。HTさんと コマドリ 君に大感謝。

今日、会えた鳥たち:(出会った順序)
 ヒヨドリ・カワラヒワ・スズメ・キジバト・ムクドリ・
 ツバメ・ウグイス(声)・アオバト(声)・ホオジロ・オオルリ・
 シジュウカラ・ミソサザイ・コゲラ・ヤマガラ・アオゲラ・
 コマドリ・カケス              (以上17種)


2003/05/02(Fri) 05:30 - 12:00 羽村堰(晴)

マンション付属の小公園で カワラヒワ 2羽が朝のご挨拶、近くの公園の ツグミ は流石にいなくなってましたが、レクレーション広場の芝生でお食事中の ムクドリ たちの中に、まだ ツグミ が1羽だけ混じっていました、もうそろそろ最後でしょう。大橋上流の中州には コチドリ♂♀ が頑張っています。もう1ヶ月近くになるのですが、ここで営巣する気かしら。ニセアカシアの梢に コムクドリ が羽を休めていました。スコープに入れる前に飛ばれましたが、初会です。堰上の中州では イカルチドリの雛 がまるで小石が転がるように走り廻っていて 親鳥 は心配そうに見守っています。2週間ほど前から抱卵している雰囲気だったのですが、やっと誕生したようです。何とか確認できたのは1羽だけですが、雛は何羽いるのでしょう ? 昨年より10日ほど遅いようです。沢道の入り口では オオルリ が大きな囀りで歓迎してくれたのですが、やっぱり、後向き・仰角大・逆光・空抜け ホホ 。 檜林の キビタキ も鳴き声だけで姿は見せてもらえませんでした。帰りの川原では カイツブリ が綺麗な夏羽で潜水を繰り返しています。此処で夏羽を見るのは非常にまれです。もう子育てを終えたのでしょうか、それとも息抜きに出掛けて来ただけ ?

今日、会えた鳥たち:(出会った順序)
 カワラヒワ・スズメ・ヒヨドリ・ムクドリ・ハシボソガラス・
 キジバト・メジロ・シジュウカラ・キジ(声)・カワウ・
 ツバメ・ウグイス(声)・カルガモ・イワツバメ・コジュケイ(声)・
 アオサギ・ホオジロ・コチドリ♂♀・ハクセキレイ・コサギ・
 イソシギ・セグロセキレイ・キセキレイ・ツグミ・オオヨシキリ・
 トビ・コムクドリ・イカルチドリ+雛1・オオルリ♂・キビタキ(声)・
 ハシブトガラス・センダイムシクイ(声)・コゲラ・カイツブリ・
 マガモ♂2                     (以上35種)


 以前のフィールド・ノート 2003.04  03  02  01

              2002.12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01 

              2001.12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01

              2000.10-12 LIFELIST             野鳥の写真へ戻る

     Copyright (c) 2001  Akira Wada <a-wada@mars.dti.ne.jp>