フィールド・ノート (2003.08)     

2003/08/31(Sun) 06:00 - 11:10 羽村堰(曇のち時々晴)

堰の水門も新しい丸太と粗朶で閉じられ、水量も平常よりちょっとだけ多いかなと云うところです。手前の池でスコープをセットし終わったらすぐ カワセミ♂ がやって来てポーズを取ってくれました。河川敷林では モズ♀ が恥ずかしそうに高啼きの練習を始めています。今年は夏らしい暑さを余り味合わないうちに秋になってしまいそうです。先週の ガチョウ は本当に迷子になったようで、堰上の中州で草の実をしごいて食べては、美味しそうに水を飲んでいます。しばらく此処で暮らすつもりでしょうか。沢道の蝉の声もいくらか下火にはなりましたが、やはり鳥さんたちは少なく、中程で小1時間待って、やっと シジュウカラ の小さな群に メジロ が混じったのが通ってゆきました。しんがりは定石通り コゲラ が勤めています。帰りの川原は、夏休み最後の日曜日ということで川遊びの人々々で大賑わい、鳥さんたちの居場所も無さそうなので、早々に切り上げです。

今日、会えた鳥たち:(出会った順序)
 スズメ・キジバト・ムクドリ・ヒヨドリ・ハシボソガラス・
 ハクセキレイ・ダイサギ・アオサギ・カワウ・セグロセキレイ・
 カルガモ・カワセミ♂・ササゴイ・イカルチドリ・ハシブトガラス・
 ホオジロ・ツバメ・コサギ・キセキレイ・モズ♀・
 コジュケイ(声)・イソシギ・シジュウカラ・メジロ・コゲラ・
 ヤマガラ・トビ            (以上22種) (番外) ガチョウ・ガビチョウ 


2003/08/25(Mon) 06:10 - 11:40 川越市(曇のち晴)

HDさんからの珍鳥情報で、川越市まで出掛けました。今夏、全国あちこちで時ならぬ出現で話題になっている鳥です。教えて頂いたポイントに直行したのですが、2〜3人のバーダーが手持ち無沙汰に待っていて今日は振られかなと半ば諦めムードで、1時間ほど ゴイサギ の幼鳥などに遊んでもらっている所へ、お目当ての クロツラヘラサギ がちゃんと飛んで来てくれました。たちまちギャラリーも10人ほどに増えました。携帯電話の威力のようです。羽繕いをしたりしてお休みモードに入るまで30分ほど付き合ってもらいました。帰りに駅までご一緒したTHさんに休耕田の チュウサギ のほか ムナグロ と タカブシギ を教えて頂きました。後の2つは初会なのですが、証拠写真を撮る前に飛ばれてしまいました。

今日、会えた鳥たち:(出会った順序)
 スズメ・ヒヨドリ・ハシボソガラス・カワラヒワ・ムクドリ・
 キジバト・「コサギ・セッカ・カルガモ・オナガ・
 カイツブリ・アオサギ・ゴイサギ・ダイサギ・クロツラヘラサギ
 ツバメ・ムナグロ・チュウサギ・タカブシギ・シジュウカラ」 (以上20種)


2003/08/23(Sat) 05:30 - 10:00 羽村堰(晴)

やっと夏らしい天気の週末です。降り続いた雨で多摩川の水嵩はかなり高く、堰の水門2個を開けて放流しています。今日は堰下橋下流、堰上の中州、郷土博物館前の本流と3ヶ所で カワセミ♂ が姿を見せてくれました。この時期、一昨年、昨年は幼鳥たちが縄張りを譲ってもらったようですが、今年は 成鳥♂ が居残るようです。チビちゃんたちは何処を縄張りにしたのかな。沢道を中程まで登りましたが、蝉の声に完全に占拠されて、鳥さんたちは全然いません。辛うじて ハシブトガラス が鳴いているだけでした。河原に戻ると、どこから脱走して来たのか ガチョウ が心細げに泳いでいます。ちゃんと帰れるかな。

今日、会えた鳥たち:(出会った順序)
 スズメ・キジバト・ヒヨドリ・ハシボソガラス・ツバメ・
 カワウ・コサギ・セグロセキレイ・ダイサギ・シジュウカラ・
 メジロ・カワセミ♂・ムクドリ・イカルチドリ・イソシギ・
 ホオジロ・アオサギ・キセキレイ・ハシブトガラス・コゲラ・
 トビ                    (以上21種) (番外) ガチョウ 


2003/08/10(Sun) 05:30 - 10:00 羽村堰(晴)

台風10号の直撃は免れたものの、けっこう雨量が多かったようで、堰の水門3個のうち1個を開放しています。中州の大部分が水没して鳥さんたちも餌探しに苦労しているようです。羽村大橋の イワツバメ たちも巣立ち完了のようで、めっきり数が少なくなりました。古巣?には早速 スズメ たちが出入りしていますが、これから繁殖するつもりかしら。手前の池でしばらく待ってみましたが カワセミ は3回顔を出しましたが、写真が撮れる所には留まってくれません。右岸堤防の電線に行儀良く並んで、お母さんの給餌を待っている ツバメの幼鳥 にモデルをお願いしました。今日は シジュウカラ と メジロ の混群は河川敷林の方に出て来ていて、沢道は蝉時雨で鳥の声は ヒヨドリ と ガビチョウ くらいで閑散としていました。

今日、会えた鳥たち:(出会った順序)
 スズメ・キジバト・ヒヨドリ・ツバメ・ハシボソガラス・
 ムクドリ・ウグイス(声)・コジュケイ(声)・イカルチドリ・カワウ・
 イワツバメ・セグロセキレイ・ゴイサギ・ホオジロ・カワセミ・
 シジュウカラ・メジロ・オオヨシキリ幼・ハシブトガラス・カルガモ・
 コサギ・ダイサギ・ハクセキレイ           (以上23種)


2003/08/02(Sat) 05:30 - 10:30 羽村堰(曇時々晴)

羽村大橋上流の小さい堰に カルガモ の家族がいました。6羽の子ガモも親鳥の2/3くらいの大きさになっています。ここまで育てばもう大丈夫。そばを カワセミ が下流の方へ飛んで通り過ぎます。手前の池でしばらく待ってみましたが、ここも3回ほど通り過ぎただけで、付き合ってはもらえません。葦の中で小さな声でお父さんの鳴き真似をしている オオヨシキリの幼鳥 がいました。白い糞をくわえた ♀ も見掛けましたので、まだ巣立ち前の雛もいるようです。ちょっと覗いた沢道では シジュウカラ と メジロ のかなり大きな混群に出会いました。しんがりは コゲラ が努めていましたが エナガ は確認できませんでした。

今日、会えた鳥たち:(出会った順序)
 スズメ・ヒヨドリ・キジバト・ムクドリ・ハシボソガラス・
 ツバメ・セグロセキレイ・シジュウカラ・カワウ・ハシブトガラス・
 イワツバメ・イカルチドリ・カルガモ7・イソシギ・カワセミ・
 コジュケイ(声)・ホオジロ・ハクセキレイ・ササゴイ・トビ・
 キセキレイ・ウグイス・オオヨシキリ♀幼・アオサギ・メジロ・
 コゲラ・アオゲラ                (以上27種)


 以前のフィールド・ノート 2003.07  06  05  04  03  02  01

              2002.12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01 

              2001.12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01

              2000.10-12 LIFELIST             野鳥の写真へ戻る

     Copyright (c) 2001  Akira Wada <a-wada@mars.dti.ne.jp>