フィールド・ノート (2003.09)     

2003/09/28(Sun) 06:20 - 12:30 羽村堰(晴)

川の水嵩もほぼ平常に戻り河原の常連の鳥さんたちもいつもの所で朝食中です。手前の池でおよそ1時間待ってやっと1回だけ カワセミ♀幼鳥 が顔を見せてくれました。その後 緑と野鳥のギャラリー の hisa さんからのメールで教えて頂いたポイントへ廻ったら、いました、いました、2羽の エゾビタキ が代わる代わるフライキャッチングを実演しています。時々低い枝に降りて来てポーズをとってくれるサーヴィスぶりで、丁度来合わせた Birdbird の N さんご夫妻とご一緒に、1時間余りもじっくり堪能させてもらいました。その間その近くの木を シジュウカラ コゲラ アカゲラ コサメビタキ イカル などが通って行きます。沢道を浅間神社まで往復した後、中の池のそばで ノビタキ に出会いました。今年は春の渡りでは出会えませでしたが、秋の戻りにはちゃんと姿を見せてくれるのですね。

今日、会えた鳥たち:(出会った順序)
 スズメ・ハシボソガラス・キジバト・シジュウカラ・ヒヨドリ・
 アオサギ・セグロセキレイ・カワウ・ダイサギ・イソシギ・
 キセキレイ・ハクセキレイ・イカルチドリ・カルガモ・ムクドリ・
 カワセミ♀・ホオジロ・モズ♀・エゾビタキ・コゲラ・
 アカゲラ・コサメビタキ・イカル・キジ(声)・トビ・
 メジロ・ハシブトガラス・ヤマガラ・エナガ・ノビタキ  (以上30種)


2003/09/23(Tue) 06:20 - 11:30 羽村堰(晴)

暑さ寒さも・・・の諺のとおり爽やかな秋分の日です。台風15号の余波で水量が増え、堰を少しだけオーバーフローしていますが、水門は閉じたままです。手前の池で カワセミ♀ が2度顔を見せてくれましたが写真が撮れる所には留まってくれません。郷土博物館の前の堤防では例年通りタカの渡り観測が始まっています。am10;00頃までに8羽が飛んだそうです。沢道の蝉の声はパッタリ止まっていました。代わりに鳥の声がよく聞こえます。今日は シジュウカラ と コゲラ の混群とは沢道を少し入った所で出会いました。狭い上空を ハシブトガラス に護衛されて ノスリ がゆうゆうと通り過ぎて行きます。帰りにもう1度覗いた堰上の カルガモ の群の中に コガモ♀ が1羽だけ混じっていました、今季初認です。

今日、会えた鳥たち:(出会った順序)
 スズメ・ヒヨドリ・ハシボソガラス・キジバト・シジュウカラ・
 メジロ・モズ♂♀・セグロセキレイ・アオサギ・ハクセキレイ・
 ムクドリ・カワセミ♀・カルガモ・コサギ・イカルチドリ・
 カワウ・ダイサギ・イソシギ・ツバメ・キセキレイ・
 トビ・コゲラ・ハシブトガラス・ノスリ・コガモ♀  (以上25種)


2003/09/18(Thu) 06:00 - 10:30 羽村堰(晴)

残暑はまだかなり厳しいようですが、さすがに秋の気配は濃くなってきました。河原の所々に 彼岸花 が咲いていますし、 モズ♀ の高鳴きもやっと様になってきたようです。手前の池、堰の水門付近、郷土博物館前の本流と カワセミ♀ の幼鳥が顔を見せてくれたのですが、今日は写真はダメでした。堤防の斜面にちょっと変わった鳥が留まりましたが、どうやら ホオジロの幼鳥 のようです。脚のピンクが朝日に透けてとても綺麗でした。河川敷林には コゲラ を従えた シジュウカラ の群がいましたが、 メジロ と エナガ には沢道の中程で小一時間も待ってやっと会えました。

今日、会えた鳥たち:(出会った順序)
 スズメ・ハシボソガラス・ヒヨドリ・キジバト・シジュウカラ・
 セグロセキレイ・アオサギ・ダイサギ・カワウ・キセキレイ・
 イソシギ・イカルチドリ・ハクセキレイ・ムクドリ・ホオジロ・
 モズ♀・オオヨシキリ(幼)・カワセミ♀・コサギ・カルガモ・
 ツバメ・コゲラ・ハシブトガラス・メジロ・エナガ    (以上25種)


2003/09/13(Sat) 06:30 - 11:00 羽村堰(晴)

本格的に暑さがぶり返したかんじです。家を出るときは曇っていましたが、河原に着くと強い日差しが照りつけてきます。羽村大橋のすぐ上流で セキレイ 3種や イソシギ と イカルチドリ が遊んでくれました。ここで カワセミ♀ の幼鳥も顔を出し、手前の池、堰の水門で姿を見せてくれたのも カワセミ♀ の幼鳥でしたので、縄張りは完全に譲り受けたようです。鳴き声を出さなくなった鳥さんが多くなり、よほど注意していないと、姿を見つけるのが難しくなりました。沢道も閑散としています。

今日、会えた鳥たち:(出会った順序)
 スズメ・キジバト・ヒヨドリ・ハシボソガラス・セグロセキレイ・
 ツバメ・キセキレイ・イソシギ・カワウ・ハクセキレイ・
 ダイサギ・イカルチドリ・ムクドリ・コサギ・カルガモ・
 アオサギ・ササゴイ・カワセミ♀・シジュウカラ・モズ♀・
 ホオジロ・ハシブトガラス・メジロ・コゲラ・トビ    (以上25種)


2003/09/09(Tue) 20:00 - 20:30 福生市(晴)

 おまけ 火星・月 大接近  2003/09/09 20:10:40


2003/09/07(Sun) 05:45 - 16:30 谷津干潟・三番瀬(曇)

wingMLのオフに参加して2年ぶりの谷津干潟です。早めに到着すると セイタカシギ や ダイゼン などがお出迎えです。集合挨拶後すぐ オオソリハシシギ と並んでいる オグロシギ を教えて頂き、少し戻ったところで エリマキシギ と、ちょっと遠くの アカアシシギ も教えて頂きました。今回はすぐ近くに来てくれた トウネン にしばらく遊んでもらいました。三番瀬に移動して、かなり遠くの ミヤコドリ 10羽ほどと、堤防の内側すぐ近くで泳いでいる スズガモハジロカイツブリ を見ました。いずれも越夏しているのだそうです。満潮になる谷津干潟に戻り ダイシャクシギ と キリアイ を教えて頂きました。小さくなった砂州に集まって来る メダイチドリ などのシギチを堪能した後、鳥合わせをして解散となりました。下のリストのf印は今日初めてお目に掛かった鳥さんたちで7種にもなります。(鳥合わせではさらに数種類が報告されました)毎年企画しお世話して下さる田中さんご夫妻始め、色々親切に教えて下さった参加者の皆さんに大感謝 !!!

今日、会えた鳥たち:(出会った順序)
 スズメ・ムクドリ・キジバト・ヒヨドリ・ハシボソガラス・
 「ウミネコ・カルガモ・アオサギ・コサギ・イソシギ・
 セイタカシギ・ダイゼン・ダイサギ・ソリハシシギ・カワウ・
 キアシシギ・トウネン・オオソリハシシギ・オグロシギf・エリマキシギf・
 ホオロクシギ・アオアシシギ・アカアシシギf・「ハクセキレイ・ハシブトガラス・
 ミヤコドリ・スズガモf・ハジロカイツブリf・チュウシャクシギ・キョウジョシギ・
 メダイチドリ・「ダイシャクシギf・キリアイf          (以上33種)


2003/09/04(Thu) 06:00 - 12:10 羽村堰(曇一時小雨)

危ないなぁと思いながら家を出たのですが、右岸側に渡った時に降り出しました。堰下橋の下に逃げ込んでしばしの雨宿りです。たいしてひどい降りにはならずに助かりましたが、鳥さんたちの出は今ひとつと云うところでしょうか。奥の池で鳴き声が聞こえたので、そっと近寄ると カワセミ♀ の幼鳥が留まっていました。お父さんと縄張りが重なるのでは? 梢で モズ が鳴き声の真似をしているのかと思ったのですが、堤防に登り回り込むと、本物の アカゲラ でした。沢道は相変わらず鳥影は少ないですね。帰りにレク広場の下流を覗くと ササゴイ の若鳥がいました。スコープを向けると遠くへ逃げましたが、今日は何とかカメラには収まってくれました。ただし豆粒なのでトリミングしてなんとか証拠写真に。

今日、会えた鳥たち:(出会った順序)
 スズメ・キジバト・ハシボソガラス・ムクドリ・ヒヨドリ・
 トビ・アオサギ・セグロセキレイ・カワウ・イソシギ・
 オオヨシキリ(幼)・モズ♀・キセキレイ・ハクセキレイ・カルガモ・
 ダイサギ・イカルチドリ・ホオジロ・カワセミ♀・アカゲラ・
 ハシブトガラス・コゲラ・シジュウカラ・ツバメ・コサギ・
 ササゴイ             (以上26種) (番外) ガチョウ 


 以前のフィールド・ノート 2003.08  07  06  05  04  03  02  01

              2002.12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01 

              2001.12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01

              2000.10-12 LIFELIST             野鳥の写真へ戻る

     Copyright (c) 2001  Akira Wada <a-wada@mars.dti.ne.jp>