フィールド・ノート (2004.01)     

2004/01/31(Sat) 07:00 - 12:00 羽村堰(晴)

マンションのエントランスのドアを開けると ハクセキレイ がお出迎え、自転車置き場のそばのサザンカの木には メジロ が来ていました。このごろ町中では ムクドリ を見掛けず、河原ではかなりの大きさの群に(30羽+)なっています。ねぐらから集団で朝風呂にやって来るようです。堰上の ミコアイサ♀ が頬のパターンを少しはっきり撮らせてくれましたが、これまで3年間連続して来ていた個体とは違うようです。世代交替でしょうか。沢道の中ほどに カヤクグリ がいます、今年も来てくれたのですね。草むらの中でチョロチョロしていて、なかなかシャッターが切れません。浅間神社の少し手前から ルリビタキ♂ が、まるで道案内をするように神社まで付き合ってくれ、今季初めてカメラに収まってくれました。(^o^)/ 神社の境内から、少し強くなった北風に向かって帆翔する オオタカ♂ を見ることができました。

今日、会えた鳥たち:(出会った順序)
 ハクセキレイ・メジロ・スズメ・ヒヨドリ・ハシボソガラス・
 キジバト・セグロセキレイ・シジュウカラ・ホオジロ・カワウ・
 カワセミ♂・ムクドリ・イソシギ・イカルチドリ・カルガモ・
 コサギ・ダイサギ・マガモ♂♀・カワラヒワ・アオサギ・
 ツグミ・モズ♂・シメ・ミコアイサ♀・カイツブリ・
 ホオジロガモ♀6+・トビ・ジョウビタキ♂・アオジ・コゲラ・
 シロハラ・ルリビタキ♀♂・ハシブトガラス・カヤクグリ・オオタカ♂・
 ヤマガラ・エナガ・ノスリ・タヒバリ・キセキレイ    (以上40種)


2004/01/25(Sun) 06:45 - 13:00 羽村堰(晴)

今日も、市営競技場のちょっと上流の堤防下に カワセミ♂ が留まっているので、モデルをお願いしようと自転車の荷台にくくりつけた三脚を下ろそうとしている内に、飛んで行ってしまいました。三脚は縛り直して、いつもの置き場まで。堰上には ホオジロガモ♀ 4羽のほか ミコアイサ♀ 1羽が潜水をしています。今季初認ですが、遠くて中州の草に隠れてしまうのでスコープに入れるのに苦労しているすぐ横で、ポーズをとってくれた タヒバリ です。いつもは対岸の水門の近くから離れない オオバン が中州の最下流までやって来てくれました。そのそばを カワセミ が啼きながら、魚道に沿って下流のほうへ飛んで行きました。年初に見て以来会えなかった ♀ のようです。浅間岳の頂上で コゲラ ヤマガラ メジロ ルリビタキ♂ が歓迎してくれたのですが、証拠写真は撮らせてもらえませんでした。河原に降りて、帰り支度を始めたらすぐ頭の上で、2羽の エナガ が暫く遊んでくれました。もう混群は解消して繁殖の準備に入ったのでしょうか。例によって写真は後ろ向きのボケボケ。ホホ

今日、会えた鳥たち:(出会った順序)
 ヒヨドリ・スズメ・キジバト・ハシボソガラス・カワセミ♂♀・
 カワウ・アオサギ・カルガモ・セグロセキレイ・イカルチドリ・
 イソシギ・ムクドリ・ホオジロ・シジュウカラ・カワラヒワ・
 ツグミ・ジョウビタキ♂・モズ♂・マガモ♂♀・キセキレイ・
 ハクセキレイ・シメ・ダイサギ・ホオジロガモ♀4・カイツブリ・
 ミコアイサ♀・タヒバリ・オオバン・コサギ・アオジ・
 ハシブトガラス・トビ・シロハラ・ウグイス・コゲラ・
 ヤマガラ・メジロ・ルリビタキ♂・エナガ      (以上39種)


2004/01/20(Tue) 06:50 - 12:00 羽村堰(快晴)

今日も、市営競技場のちょっと上流の堤防下に カワセミ♂ が留まっていて、双眼鏡を向けるとダイビングをサービスしてくれたのですが、魚は捕れなかったようで、そのまま下流の方へ行ってしまいました。堰上の中州の下流部で ホオジロガモ♀ 6羽+が水に潜ってます。すぐそばで カルガモ や カワウ などがたむろしているので、安心していられるのかな。沢道には一昨日からの雪が僅かに残っていますが、しばらく振りで ソウシチョウ を見たほかは変わり映えしません。帰りに堰下橋下流のポイントで カワセミ を待ってみましたが、全然姿を見せてくれません。代わりに遊んでくれた イカルチドリイソシギ それに目立つところでポーズを取って撮影をせがんだ ジョビ♂ 君です。

今日、会えた鳥たち:(出会った順序)
 ヒヨドリ・ムクドリ・スズメ・ハシボソガラス・キジバト・
 シジュウカラ・カワウ・カワセミ♂・セグロセキレイ・ツグミ・
 イカルチドリ・カルガモ・アオサギ・イソシギ・ダイサギ・
 コサギ・タヒバリ・モズ♂・カワラヒワ・ジョウビタキ♂♀・
 シメ・キセキレイ・ホオジロ・マガモ♂♀・ホオジロガモ♀6+・
 オオバン・トビ・ハクセキレイ・コゲラ・ハシブトガラス・
 アオジ・シロハラ             (以上32種) (番外) ソウシチョウ


2004/01/15(Thu) 07:00 - 12:10 羽村堰(晴)

天気図の密な等圧線でかなりの北風を覚悟して出掛けましたが、それほどでは無かったようです。ただ昨夜の冷え込みは酷かったようで、小堰の淀みには薄い氷が張っていて、その上を セグロセキレイ が歩いています。市営競技場のちょっと上流の堤防下に カワセミ♂ が留まっていました。下流の方からお嫁さん探ししに来たのかな? 水上公園の水門の所の オオバン はそろそろ滞在1ヶ月ですが、仲間がいなくて淋しくないのでしょうか。低い枝で尾っぽをクルクル回して挨拶している モズ♂ くんです。郷土博物館前の流れで潜水をしている ホオジロガモ♀ は今日は3羽だけでした。沢道の入り口近くで シロハラ がお出迎えでしたが、その他の鳥さんたちの出は今一つです。

今日、会えた鳥たち:(出会った順序)
 ヒヨドリ・スズメ・キジバト・ムクドリ・ハシボソガラス・
 ハクセキレイ・カワセミ♂・ツグミ・セグロセキレイ・カルガモ・
 マガモ♂♀・イカルチドリ・イソシギ・カワラヒワ・ホオジロ・
 ジョウビタキ♂♀・シジュウカラ・カワウ・キセキレイ・アオサギ・
 オオバン・カシラダカ・シメ・モズ♀♂・ホオジロガモ♀3・
 トビ・ハシブトガラス・シロハラ・アオジ・ヤマガラ・
 コゲラ                       (以上31種)


2004/01/11(Sun) 07:00 - 12:20 羽村堰(晴)

朝出掛ける時は少し雲が残っていましたが、河原に着いた時には綺麗に晴れてきました。今季は ツグミ がよく目につきます。郷土博物館の前の ホオジロガモ♀ の群は、よく潜水しているので、同時に水上に浮いているのは5羽まで数えましたが、もっといるのかも。沢道の帰りに河原に降りてから コサギ などが顔を見せてくれました。手前の池で小1時間待ってみましたが カワセミ は声さえも聞かせてくれません。近くの梢に群れている カワラヒワ にレンズを向けてみました。

今日、会えた鳥たち:(出会った順序)
 スズメ・ヒヨドリ・ムクドリ・ハクセキレイ・キジバト・
 ハシボソガラス・ツグミ・カワウ・ダイサギ・ジョウビタキ♂・
 セグロセキレイ・イカルチドリ・カルガモ・イソシギ・ハシブトガラス・
 カワラヒワ・シメ・トビ・アオサギ・カイツブリ・
 オオバン・ホオジロ・シジュウカラ・ホオジロガモ♀5+・アオジ・
 メジロ・コゲラ・シロハラ・ヤマガラ・アカゲラ・
 コサギ・カシラダカ・モズ♀               (以上33種)


2004/01/08(Thu) 07:00 - 11:30 羽村堰(快晴)

よく晴れてはいるのですが、北風が少し強いようです。河川敷林に ヒヨドリ 30羽+の群、移動中の群でしょうか。すぐ近くに シメ 6羽の群、これは年末に見たのと同じ? 河原の冷たい風から、沢道に逃れて道沿いの藪でチョロチョロしている アオジ を双眼鏡で追っていると、一寸大きな シロハラ が視野に入って来ました。暫く振りです。昨季は姿を見る回数が少なかったけど、今季は此処に定着してくれるのかな?少し上の木橋の所を シジュウカラ を主体とする小さな混群が通ってゆきましたが、それっきりで後は閑散としています。早切り上げにしました。

今日、会えた鳥たち:(出会った順序)
 スズメ・ムクドリ・キジバト・ハシブトガラス・ヒヨドリ・
 ハクセキレイ・ハシボソガラス・ダイサギ・カワウ・イカルチドリ・
 イソシギ・セグロセキレイ・カルガモ・ホオジロ・ツグミ・
 ジョウビタキ♂・トビ・モズ♂・カワラヒワ・シメ・
 アオサギ・マガモ♂2♀1・オオバン・ホオジロガモ♀7・アオジ・
 シロハラ・エナガ・シジュウカラ・メジロ・コゲラ    (以上30種)


2004/01/03(Sat) 06:45 - 13:30 羽村堰(快晴)

綺麗に晴れて風もなく鳥見始めには絶好の日和です。堰下橋の少し下流で カワセミ♀ が新年のご挨拶に出てくれたのですが、すぐ下流の方へ飛んで行ってしまいました。カワラノギク育成地のそばでスコープをセットしているのを近くで待っていてくれた ツグミ が今年の撮り初めです。堰上の河川敷林では、これまで写真を撮らせてくれなかった ジョウビタキ♀ が一寸だけサービスしてくれました。中州の上流部にはやはり今季も ホオジロガモ の7羽の群が来ていて、潜水を繰り返しています。♀だけで♂がいないのは例年通りです。昨年は♂が2度だけ顔を見せてくれましたが、今年はどうでしょうか。浅間神社からの帰り、沢道の木橋の所で ルリビタキ♂ が、少し下った所で ルリビタキ♀ が姿を見せてくれました。いずれも噂はかなり前からあったのですが、実際に見たのは今季初めてです。しかし証拠写真は撮らせてくれません。羽村大橋の少し上流に、朝はいなかった ダイサギ と コサギ が戻っていました。

今日、会えた鳥たち:(出会った順序)
 ヒヨドリ・スズメ・ムクドリ・キジバト・ハシボソガラス・
 シジュウカラ・ハクセキレイ・カルガモ・セグロセキレイ・イソシギ・
 イカルチドリ・コジュケイ(声)・カワセミ♀・ツグミ・ホオジロ・
 カワラヒワ・トビ・カワウ・アオサギ・オオバン・
 ジョウビタキ♀♂・モズ♂・ホオジロガモ♀7・シメ・ハシブトガラス・
 コゲラ・アカゲラ(声)・カケス(声)・ルリビタキ♂♀・ダイサギ・
 コサギ                        (以上31種)


 以前のフィールド・ノート 2003.12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01

              2002.12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01 

              2001.12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01

              2000.10-12 LIFELIST             野鳥の写真へ戻る

     Copyright (c) 2001  Akira Wada <a-wada@mars.dti.ne.jp>