フィールド・ノート (2004.02)     

2004/02/28(Sat) 07:00 - 13:10 羽村堰(晴)

家の近くの公園の芝生に ツグミ が来ています。早朝野球がお休みのせい? 踏切手前の小さな梅畑が5分咲きといったところ、早速 メジロ が密をご馳走になりに来ています。レク広場下流では カワセミ♂ がダイビングのサーヴィスをしてくれましたが、獲物は無かったようです。ちょっと遠いので写り具合はもう一つですね。堰上では ホオジロガモ の♂♀各1羽が仲良く潜水をしながら、中州の上下流を行ったり来たりしています。ほかの♀たちの姿は見えなくなっています。つがいが確定したのでしょうか。郷土博物館の裏では ジョウビタキ♂ が愛想良く付き合ってくれました。沢道の木橋の上あたりから階段の丸太の敷き替え工事が始まっていたので、頂上まで登らずに引き返しました。昼過ぎからなま暖かい南風が強く吹き始めています。春 ? 番!!

今日、会えた鳥たち:(出会った順序)
 キジバト・スズメ・ハシボソガラス・ツグミ・ヒヨドリ・
 ムクドリ・メジロ・シジュウカラ・ジョウビタキ♂♀・カワウ・
 セグロセキレイ・カワラヒワ・カルガモ・イカルチドリ・ホオジロ・
 ダイサギ・アオサギ・キジ♂・マガモ♂2♀1・コサギ・
 トビ・イソシギ・カワセミ♂・ハクセキレイ・オオバン・
 カイツブリ・タヒバリ・ホオジロガモ♂♀・ウグイス・アオジ・
 ハシブトガラス・ヤマガラ・エナガ・コゲラ・キセキレイ  (以上35種)


2004/02/19(Thu) 06:30 - 12:00 羽村堰(快晴)

昨夜はかなり冷え込んだようで河原の水溜まりが凍りついていますが、風もなく良く晴れています。カワラノギクの育成地のそばに自転車を停め、スコープをセットし始めたら、50mほど離れた灌木に赤い鳥影、双眼鏡を向けると ベニマシコ♂ です。横目で睨みながらセットを急ぎましたが、敢え無く飛び去ってしまいました。河原を歩きながらも十分注意していたのですが、それっきり会えません。堰上の中州下流部では今日も ホオジロガモ の♂が♀5羽と一緒に潜水をしています。中州上流部の右岸側で ミコアイサ♀ 2羽が泳いでいました。こちらに気付いて対岸下流へ飛び去り、近くからの証拠写真はダメでした。沢道の入り口で シロハラ と ルリビタキ♀ がお出迎えです。帰りの川原で久し振りに キジ♀ に出会いました。

今日、会えた鳥たち:(出会った順序)
 スズメ・キジバト・ハシボソガラス・ムクドリ・シジュウカラ・
 ジョウビタキ♂・セグロセキレイ・カワラヒワ・ホオジロ・カワウ・
 ヒヨドリ・イカルチドリ・イソシギ・カルガモ・ツグミ・
 コサギ・ダイサギ・ベニマシコ♂・シメ・アオサギ・
 セグロカモメ・アオジ・ホオジロガモ♂1♀5・オオバン・トビ・
 カイツブリ3・ハクセキレイ・タヒバリ・マガモ♂♀・ミコアイサ♀2・
 モズ♀♂・シロハラ・ルリビタキ♀・エナガ・コゲラ・
 メジロ・キセキレイ・ハシブトガラス・キジ♀      (以上39種)


2004/02/14(Sat) 07:00 - 14:10 羽村堰(晴)

手前の池で暫く カワセミ を待ってみましたが、お目当ての鳥さんは現れず、代わりに バン が赤い顔を一寸だけ見せて、葦原の中に隠れてしまいました。堰上には ホオジロガモ♂ が ♀ 5羽の中に1羽だけ来ていました(写真は帰りに郷土博物館前で撮ったもの)。潜水から浮かんで来るのを待って、なんとかフレームに入れ、ピントを合わせると、またすぐ潜ってしまう・・を繰り返しているところに ミコアイサ♀ 2羽がどこからか飛んで来て着水しました。こちらも ♂ のパンダガモが来てくれるとよいのですが。沢道を往復した後、念のため手前の池をもう1度覗いてみたら カワセミ♀ が葦原の向こうにいましたが、スコープに入れる前に飛ばれてしまいました。代わりを務めてくれた モズ♀ ちゃんです。

今日、会えた鳥たち:(出会った順序)
 キジバト・スズメ・ヒヨドリ・ムクドリ・ハシボソガラス・
 セグロセキレイ・ホオジロ・ジョウビタキ♂♀・コサギ・カルガモ・
 カワウ・イソシギ・イカルチドリ・マガモ♂♀・ダイサギ・
 キセキレイ・カワラヒワ・ツグミ・モズ♂♀・シメ・
 ハクセキレイ・コジュケイ(声)・バン・アオジ・トビ・
 シジュウカラ・コゲラ・オオバン・アオサギ・カイツブリ・
 ホオジロガモ♂1♀5・ミコアイサ♀2・タヒバリ・ハシブトガラス・エナガ・
 メジロ・カヤクグリ・ルリビタキ♀・ウグイス・ヤマガラ・
 カワセミ♀                        (以上41種)


2004/02/11(Wed) 06:30 - 13:20 羽村堰(晴)

堰下橋下流のブロックに カワセミ♀ が単独でいました。カップルにはならなかったのかな。堰上の中州の向こうに ホオジロガモ♀ が潜水をしていますが、同時に水面上にいるのは、どうしても4羽しか数えられません。ところが散歩の犬が水辺に近づいて、いっせいに上流へ飛び立ったのは10羽以上もいました。ほとんど潜っているのですね。前回 ルリビタキ♂ がお出迎えしてくれた場所で、今日は ジョウビタキ♂ が暫く遊んでくれました。沢道で メジロ を含む混群に出会ったのち、浅間岳からハイキングコースを満地峠の方へ足を伸ばし、ゴルフ場のグリーン横の凹地でちょっと待っていると、まず金網フェンスのゴルフ場側の芝生(ラフ)には ルリビタキ♀ が、続いて外側の草むらには ルリビタキ♂ が交替で姿をみせてくれたのですが、フェンスや草むらに邪魔されて証拠写真はこの1枚だけです。

今日、会えた鳥たち:(出会った順序)
 スズメ・ヒヨドリ・ハシボソガラス・キジバト・シジュウカラ・
 ホオジロ・ジョウビタキ♂・カワウ・コサギ・ムクドリ・
 カルガモ・セグロセキレイ・イカルチドリ・イソシギ・ハクセキレイ・
 マガモ♂♀・ダイサギ・カワセミ♀・カワラヒワ・アオジ・
 カシラダカ・ツグミ・キセキレイ・シメ・トビ・
 モズ♀♂・アオサギ・オオバン・タヒバリ・ホオジロガモ♀10+・
 カイツブリ・メジロ・エナガ・コゲラ・ハシブトガラス・
 ヤマガラ・ルリビタキ♀♂             (以上37種)


2004/02/08(Sun) 06:50 - 12:10 羽村堰(快晴)

暦の上では春になりましたが、鳥さんたちの世界もすっかり春のようです。羽村大橋すこし上流の左岸の梢では モズ♂ が モズ♀ の前で懸命にディスプレイを繰り返していますし、堰上の玉川上水取水口の防塵ブイのロープの上では カワセミ♂♀ が互いに身体を伸び縮みさせています。これからカップルが出来るのでしょうか。数ヶ月ぶりに カワセミ♂カワセミ♀ がカメラに収まってくれました。 (^o^)/ 沢道への登り口には ルリビタキ♂ が可愛い姿でお出迎え、こんなに低いところまで降りて来るのですね。少し入ったNo1砂防ダムでは ルリビタキ♀ も姿を見せてくれました。往きは見えなかった ホオジロガモ♀ 4羽が帰りには戻っていましたが、昨日は2羽に増えていたという ミコアイサ♀ には会えませんでした。

今日、会えた鳥たち:(出会った順序)
 ヒヨドリ・キジバト・スズメ・ハシボソガラス・シジュウカラ・
 メジロ・セグロセキレイ・カワウ・ムクドリ・ホオジロ・
 ジョウビタキ♂・トビ・イカルチドリ・アオサギ・イソシギ・
 モズ♂♀・マガモ♂♀・カルガモ・カワセミ♀♂・ツグミ・
 ハクセキレイ・カワラヒワ・カシラダカ・コゲラ・シメ・
 キセキレイ・カイツブリ・オオバン・コサギ・アオジ・
 ルリビタキ♂♀・ヤマガラ・エナガ・ウグイス・ハシブトガラス・
 ホオジロガモ♀4・ダイサギ          (以上37種)


 以前のフィールド・ノート 2004.01

              2003.12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01

              2002.12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01 

              2001.12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01

              2000.10-12 LIFELIST             野鳥の写真へ戻る

     Copyright (c) 2001  Akira Wada <a-wada@mars.dti.ne.jp>