フィールド・ノート (2004.03)     

2004/03/27(Sat) 06:15 - 11:00 羽村堰(快晴)

良く晴れてはいますが、この数日冷え込みが続いたせいか、染井吉野はまだ3分咲きと云ったところでしょうか。羽村大橋の橋桁裏に来ているはずの イワツバメ たちも何処かで足踏みしているようです。手前の池で調整中のスコープの照準機の視野を赤い顔の バン が横切ったので、シャッターを押したのですが、写真は写っていません。川原の常連さんたちの餌場が堰上に移ったようで、 イカルチドリイソシギ が堰上の中州で営巣の準備を始めたためのようです。沢道の冬鳥は アオジ だけです。あとはもう帰ってしまったのかな。今日は カワセミ には会えませんでした。

今日、会えた鳥たち:(出会った順序)
 スズメ・ヒヨドリ・ムクドリ・ツグミ・カワラヒワ・
 ハシボソガラス・キジバト・シジュウカラ・ウグイス(声)・カワウ・
 ジョウビタキ♂・モズ♂・セグロセキレイ・キジ(声)・カルガモ・
 コジュケイ(声)・ハクセキレイ・マガモ♂♀・コサギ・アオサギ・
 バン・ホオジロ・イカルチドリ・タヒバリ・キセキレイ・
 カイツブリ・ダイサギ・イソシギ・トビ・ハシブトガラス・
 コゲラ・ヤマガラ・アオジ・メジロ・エナガ      (以上35種)


2004/03/21(Sun) 07:30 - 10:20 青梅・下奥多摩橋(霧のち晴)

眼が覚めたときはすごい霧でしたが、日中は晴れるという天気予報を信じ、先日ちらっと見た オシドリ の写真を撮りに、東青梅の 下奥多摩橋 に出掛けました。着いたときもまだ霧は晴てなくて橋の上から川面は見透せません。河原に降りる階段で ホオジロ のお出迎え、水辺の霧の中の鳥影に双眼鏡を向けると、石の上に カワセミ が佇んでいます。背中のライトブルーは確認できましたが、下嘴の色、即ち♂♀の判別は出来ませんでした。スコープを組み立てる途中でデジカメを接眼レンズに押しつけシャッターを切ったのですが、霧の中に鳥影がぼんやり見えるだけで、証拠写真にもなりません。スコープが出来上がったときにはもういません。川霧がだんだん薄れてくると、先日の場所よりかなり上流に オシドリ♂♀ 各2羽が見えて来ました。しばらく 岩の上で仲良く遊んだり した後、1羽の ♂を見張り に残して? 他の3羽は見えない岩陰で休んでいたようです。時々目を開いて、水を飲んだり羽繕いをしながら 見張り役の♂ は2時間余り同じ岩の上で頑張っていましたが、釣り人が近づいて来て、みんな一緒に上流の方へ飛び去りました。

今日、会えた鳥たち:(出会った順序)
 スズメ・ムクドリ・ハシボソガラス・ヒヨドリ・カワウ・
 ホオジロ・カワセミ・カルガモ・セグロセキレイ・オシドリ♂2♀2・
 アオサギ・キジバト・ハシブトガラス・ハクセキレイ・コジュケイ(声)
 シジュウカラ・トビ・ジョウビタキ♂・カワラヒワ    (以上19種)


2004/03/18(Thu) 11:00 - 11:45 青梅・下奥多摩橋(曇のち雨)

所用で出掛けた東青梅で、アノラックのポケットに双眼鏡を忍ばせ、ちょっとだけの鳥見です。下奥多摩橋の下の河原に降りると ハクセキレイ がお出迎えでしたが、少し上流の小さな中州で オシドリ ♂♀各2羽が休んでいました。恥ずかしい話ですが自然界ではお初にお目に掛かります。奥多摩湖まで出掛けないと会えないと思っていたので、なんだか儲けた感じ。 (^o^)/  50mくらいに近づいたら、こちらに気付いたのか上流へ飛び去りました。雨もパラついて来てジエンド。

今日、会えた鳥たち:(出会った順序)
 スズメ・シジュウカラ・ヒヨドリ・ハシボソガラス・ムクドリ・
 キジバト・カワラヒワ・ホオジロ・ハクセキレイ・セグロセキレイ・
 トビ・カルガモ・オシドリ♂2♀2・メジロ・コサギ   (以上15種)


2004/03/13(Sat) 06:45 - 14:00 羽村堰(晴)

市街地の公園の芝生に2羽の ツグミ が来ています。河原でもあちこちで ツグミ を見掛けます。かなりの数が入っているようです。羽村大橋下流の対岸(右岸)の河川敷林の上を10羽以上の イカル が賑やかに啼きながら、下流へ渡って行きます。久し振りです。堰の浅瀬でお食事中の イカルチドリ です。最初もみあげがくっきりしているので コチドリ かと思いました。浅間岳の頂上近くで2羽の コゲラ が交代で懸命に巣穴を掘っていました。つがいのようですが幹の蔭側で♂♀の区別は出来ませんでした。帰りは神社の少し下から ルリビタキ♂ が道案内をしてくれましたが、カメラには収まってくれません。念のために覗いたレク広場の下流のポイントには カワセミ♂ が待っていましたが、スコープはもうリュックの中。

今日、会えた鳥たち:(出会った順序)
 ヒヨドリ・スズメ・ツグミ・キジバト・ムクドリ・
 シジュウカラ・コジュケイ(声)・セグロセキレイ・マガモ♂♀・カワウ・
 イカル10+・ハクセキレイ・コサギ・イカルチドリ・カルガモ・
 ホオジロ・カワラヒワ・シメ・ウグイス(声)・ハシボソガラス・
 トビ・タヒバリ・キセキレイ・オオバン・ジョウビタキ♂・
 ダイサギ・ハシブトガラス・アオジ・メジロ・ヤマガラ・
 コゲラ・エナガ・ルリビタキ♂・ミソサザイ・カイツブリ・
 アオサギ・モズ♂・カワセミ♂・イソシギ         (以上39種)


2004/03/07(Sun) 06:45 - 13:30 羽村堰(晴のち曇)

羽村大橋の少し下流の対岸から ウグイス の初音が聞こえてきます。まだ遠慮がちに「ホォホケキョ」と下手な声を出しています。レク広場下流には今日も カワセミ♂ がいましたが、すぐ下流の方へ飛び去りました。堰の上と下に1羽ずつ タヒバリ がいましたが、下の方が近くて逆光でも何とか見られます。堤防の突き当たりに近づいたとき、対岸から キジ♂ があまり音を立てずに飛んできて、沢道の方へ入って行きました。沢道の第1砂防ダムの上の草むらで一寸だけ姿を見せてくれたのですが、スコープに入れる前にやぶの中へ。木橋の少し上から浅間神社の前まで階段の丸太が敷きなおされ、段差が低くなって歩きやすくなっています。神社の少し手前で ルリビタキ♂ が出迎えてくれました。その近くに出て来た ヤマガラ ですが、相変わらず上手く撮れません。帰りに覗いた堰の浅瀬に セグロカモメ が1羽、羽根を休めていました。

今日、会えた鳥たち:(出会った順序)
 ヒヨドリ・スズメ・キジバト・ムクドリ・ハシボソガラス・
 ダイサギ・ホオジロ・ツグミ・マガモ♂♀・カワウ・
 シジュウカラ・ウグイス(声)・カルガモ・セグロセキレイ・イカルチドリ・
 キセキレイ・ジョウビタキ♂・カワラヒワ・カワセミ♂・ハクセキレイ・
 シメ・アオジ・イソシギ・タヒバリ・オオバン・
 カイツブリ・コサギ・アオサギ・モズ♀♂・キジ♂・
 ハシブトガラス・ルリビタキ♀♂・エナガ・コゲラ・メジロ・
 ヤマガラ・シロハラ・セグロカモメ・トビ         (以上39種)


 以前のフィールド・ノート 2004.02  01

              2003.12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01

              2002.12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01 

              2001.12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01

              2000.10-12 LIFELIST             野鳥の写真へ戻る

     Copyright (c) 2001  Akira Wada <a-wada@mars.dti.ne.jp>