フィールド・ノート (2004.08)     

2004/08/25(Wed) 05:30 - 10:00 羽村堰(晴のち曇・雨)

朝夕は少し凌ぎやすくなりましたが、川原で8時を過ぎるとまだ結構暑いですね。筏通し下の浅瀬で水浴びの後、入念にお化粧をしてスッキリした ハクセキレイ です。堰上の雑木林に シジュウカラ と メジロ の小さな混群がいましたが、ゆっくり往復した沢道には ハシブトガラス のほか、全然鳥影がありません。何処へ行ってしまったのでしょう。帰りに、手前の池で カワセミ を待つつもりでしたが、雨がパラついて来たので早上がりにしました。自宅に帰り着く寸前にドシャ降りに。

今日、会えた鳥たち:(出会った順序)
 ヒヨドリ・スズメ・キジバト・ハシボソガラス・ツバメ・
 ムクドリ・アオサギ・セグロセキレイ・イカルチドリ・イソシギ・
 ヒメアマツバメ・コサギ・ダイサギ・カルガモ・キセキレイ・
 トビ・オオヨシキリ幼・ハクセキレイ・シジュウカラ・メジロ・
 ハシブトガラス                   (以上21種)


2004/08/16(Mon) 05:30 - 11:30 羽村堰(晴)

昨日の雨で多摩川の水が濁り、水嵩も少し増えているようです。羽村大橋上流の小堰の対岸に ササゴイ が見えましたが、すぐ下流の方へ。手前の池の葦原には ゴイサギ がいるのですが、なかなか写真を撮らせてくれません。郷土博物館前の川原の灌木で カワラヒワオオヨシキリ にモデルをお願いしました。堰上の ガチョウ は此処に住みついてちょうど1年になります。よほど気に入ったのでしょうね。往きの本堰の魚道で カワセミ とすれ違いましたが、帰りに1時間ほど待った手前の池には姿を見せません。代わりに赤い顔の バン がちらっと姿を見せてくれました。

今日、会えた鳥たち:(出会った順序)
 スズメ・キジバト・ヒヨドリ・ハシボソガラス・ツバメ・
 ムクドリ・セグロセキレイ・アオサギ・ダイサギ・コサギ・
 イカルチドリ・ササゴイ・イソシギ・キセキレイ・カワウ・
 ホオジロ・ゴイサギ・シジュウカラ・カワセミ・ハクセキレイ・
 カルガモ・カワラヒワ・オオヨシキリ・ハシブトガラス・トビ・
 バン                     (以上26種)


2004/08/08(Sun) 05:20 - 11:20 羽村堰(曇のち晴)

暦の上ではもう秋なのに、相変わらず暑いですね。羽村大橋の橋桁裏の イワツバメ たちも2〜3羽が巣に戻ってくるだけで、淋しくなりました。子育てもほぼ完了でしょうか。堰下橋下流に コサギ がいました。本当に久し振りに黄色い足指を見ました。フィールド・ノートを遡ったらなんと4月10日が最後でした。何処かコロニーで子育てをしていたのでしょうか。中の池に ゴイサギ がいましたが、かついでいるセット済みの三脚を立てる前に飛ばれてしまいました。堰上を飛んでいるのを2度双眼鏡で確認出来ましたが、写真を撮れる所には降りてくれません。沢道は完全に蝉の声に占拠されて鳥さんたちの姿は全然見えません。涼しい所へ避暑にお出掛けでしょうか。帰りに手前の池で丁度1時間待ってみましたが カワセミ♀ が1度だけ顔を見せてくれただけで、スコープに入れる前に飛ばれました。結局、今日は1度もシャッターを押しませんでした。

今日、会えた鳥たち:(出会った順序)
 スズメ・ヒヨドリ・キジバト・ムクドリ・ハシボソガラス・
 オナガ・ハクセキレイ・ツバメ・ウグイス(声)・ダイサギ・
 アオサギ・カワウ・セグロセキレイ・イカルチドリ・イワツバメ・
 キセキレイ・コサギ・カルガモ・ホオジロ・オオヨシキリ・
 ゴイサギ・シジュウカラ・カワラヒワ・モズ♀・ハシブトガラス・
 トビ・カワセミ♀                (以上27種)


2004/08/02(Mon) 05:30 - 12:00 羽村堰(晴)

レク広場下流のポイントに キアシシギ がいました。そろそろ秋の渡りのはしりでしょうか。春の渡りの時には姿を見せてくれていましたが、この季節に此処では初めてです。台風の影響? その少し上流の小堰のブロックに カワセミ♂ がいて身体を伸び縮みさせています。その視線の先3mほどに カワセミ♀ がいてやはり身体を屈伸させています。♀が少しずつ位置を変えるのを追い掛けるように、だんだん近づいて、ついには同じブロックに、さらに鼻をつき合わせるようにして互いに身体の屈伸を続けています。最初に気付いてからなんと1時間余りも経っていました。♂が飛び去ったあと20分ほどして、♀も何処かへ飛び去りました。求愛のディスプレイでは無さそうだし、縄張争いの示威行動でしょうか。河川敷林に モズ♀ の幼鳥が来ていました。立秋ももうすぐですね。帰りの羽村大橋下流に今日も アオサギ幼鳥 がいました。切角ですので、再びリュックからスコープとカメラを引っ張り出し、モデルをお願いしました。

今日、会えた鳥たち:(出会った順序)
 スズメ・ムクドリ・キジバト・ツバメ・ヒヨドリ・
 アオサギ・ダイサギ・ハシボソガラス・カルガモ・カワウ・
 イワツバメ・イカルチドリ・セグロセキレイ・キセキレイ・ホオジロ・
 ウグイス(声)・ハクセキレイ・キアシシギ・カワセミ♂♀・カワラヒワ・
 オオヨシキリ・モズ♀幼・シジュウカラ・メジロ・ハシブトガラス・
 エナガ・トビ                    (以上27種)


 以前のフィールド・ノート 2004.07  06  05  04  03  02  01

              2003.12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01

              2002.12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01 

              2001.12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01

              2000.10-12 LIFELIST             野鳥の写真へ戻る

     Copyright (c) 2001  Akira Wada <a-wada@mars.dti.ne.jp>