フィールド・ノート (2004.12)     

2004/12/28(Tue) 06:45 - 13:00 羽村堰(晴)

昨夜はかなり冷え込んだようで、水溜まりに薄い氷がはっています。鳥脅しのテープも太陽に照らされないと効果が発揮されないのか、朝日が差す前には カワウ や ダイサギ がすぐそばまで近寄っています。それとも、もう慣れてしまったのかな。堰の水辺で キセキレイ がしばらく遊んでくれました。河川敷林の枝には ツグミ がたくさんで、8羽以上はいるようです。堰上の中州の向うの流れで ホオジロガモ の♀タイプ5羽が潜水を繰り返しています。遠いのとすぐ潜ってしまうのでボケボケの写真ですが。沢道の檜林の手前で ルリビタキ♀ がお出ましですが、今日もモデルにはなってくれません。帰ってマンションの自転車置き場で メジロ の鳴声に双眼鏡を向けると、その横に ジョウビタキ の♀がいました。川原ではこのところ♂ばかりで、♀は最初の頃2度ほど見掛けただけでしたが、住宅街の方に縄張を構えたのですね。

今日、会えた鳥たち:(出会った順序)
 ヒヨドリ・スズメ・キジバト・ムクドリ・ハシボソガラス・
 カワウ・カワラヒワ・ダイサギ・モズ♂♀・ホオジロ・
 シジュウカラ・ツグミ8+・カルガモ・セグロセキレイ・イカルチドリ・
 ハクセキレイ・イソシギ・ジョウビタキ♂♀・アオジ・アオサギ・
 トビ・キセキレイ・カイツブリ・ホオジロガモ♀5・カシラダカ・
 タヒバリ・ルリビタキ♀・ハシブトガラス・エナガ・コゲラ・
 ヤマガラ・カケス・メジロ             (以上33種)


2004/12/23(Thu) 06:45 - 12:30 羽村堰(晴)

団地の銀杏並木の梢に丸っこい鳥影、自転車を停めて双眼鏡に入れると シメ でした。先月半ばに初認以来川原では見掛けませんでした。今年は渡来数が少ないのかな。鳥脅しのテープの威力は絶大で、羽村堰の下流には サギ 類や カワウ 等はぜんぜん寄りつきません。沢道の入り口で ルリビタキ♀ がお目々クリクリでお出迎えでしたが、スコープを向けるとさっさと藪の中へ、まだ恥ずかしいのかな。帰りの川原の枯れ枝で見返り美人のポーズ?の モズ♀ ちゃんです。

今日、会えた鳥たち:(出会った順序)
 ヒヨドリ・スズメ・キジバト・ムクドリ・ハシボソガラス・
 シメ・カワラヒワ・ツグミ・イカルチドリ・セグロセキレイ・
 イソシギ・カルガモ・ハクセキレイ・ホオジロ・キセキレイ・
 モズ♂♀・カワウ・シジュウカラ・エナガ・カシラダカ・
 カイツブリ・アオサギ・アオジ・ジョウビタキ♂・ハシブトガラス・
 ルリビタキ♀・コゲラ・メジロ・ヤマガラ・タヒバリ・
 トビ                       (以上31種)


2004/12/16(Thu) 06:50 - 12:30 羽村堰(晴)

羽村堰の下流では、川を横切って張ったロープにキラキラ光るテープをたくさんぶら下げた鳥脅しが効果を発揮しているのか コサギ を始めサギさんたちや カワウ も堰上の方に集まっています。堰を境に管轄の漁協が違う所為のようです。同じ中州で トビ も餌を探しているようです。このところ対岸の方にだけいて、遠いため、豆粒でボケボケの写真しか撮らせてくれなかった カイツブリ が一寸だけ近くに浮かんで来たのですが、この1枚だけでまた潜水して、次に浮かんだのはずーっと遠くの方でした。川原には♂♀合わせて5羽の モズ がいるようですが、愛想良く尾っぽをクルクル回して挨拶してくれた モズ♂ くんです。

今日、会えた鳥たち:(出会った順序)
 ヒヨドリ・キジバト・ムクドリ・スズメ・ハシボソガラス・
 セグロセキレイ・イカルチドリ・カルガモ・カワラヒワ・ハクセキレイ・
 キセキレイ・イソシギ・ツグミ・ホオジロ・アオジ・
 シジュウカラ・モズ♂♀・コサギ・ダイサギ・アオサギ・
 カワウ・トビ・カイツブリ・カシラダカ・コゲラ・
 タヒバリ・ハシブトガラス・エナガ・メジロ・アオゲラ・
 ウグイス・カワセミ♀・ジョウビタキ♂       (以上33種)


2004/12/08(Wed) 06:45 - 12:45 羽村堰(快晴)

福生市営競技場横の堤防で イカル 15羽+がお出迎え、本当にしばらく振りです。春先まで滞在してくれるとよいのですが。堰のすぐ下流の木の枝に チョウゲンボウ の姿、スコープに入れる前に対岸の方へ。天気が良すぎて何処かへお出掛けなのか、鳥さん達の数が少ないようです。堰上の中州の上流部で他のセキレイたちと小競り合いをしながら、3羽の タヒバリ が餌を採っています。前回のよりも光の具合が良さそうなので、またアップします。

今日、会えた鳥たち:(出会った順序)
 ヒヨドリ・ムクドリ・キジバト・スズメ・ハシボソガラス・
 イカル15+・カワラヒワ・アオサギ・セグロセキレイ・キセキレイ・
 イソシギ・ハクセキレイ・イカルチドリ・カルガモ・カワウ・
 モズ♂♀・ホオジロ・トビ・ジョウビタキ♂・チョウゲンボウ・
 カイツブリ・タヒバリ3・アオジ・シジュウカラ・ヤマガラ・
 メジロ・エナガ・コゲラ・ハシブトガラス・ダイサギ・
 ツグミ・カシラダカ                (以上32種)


2004/12/03(Fri) 06:30 - 13:50 羽村堰(快晴)

多摩川の堤防に上がると河川敷林の梢で ツグミ 10羽+がお食事中でしたが、なんとなく落ち着きが無いのは、着いたばかりか、あるいは渡りの途中かも。今季初めてです。まだスコープはリュックの中、このときは証拠写真は撮れません。此方に気付いたのか一斉に飛び立ってしまいました。水嵩がやっと平常近くに戻ったせいか、羽村大橋の下には イカルチドリ が5〜6羽、しばらく振りです。堰下橋を渡ったところの雑木林に アオゲラ の姿、横目で睨みながらスコープをセットしたのですが、間に合いません、大澄山の方へ飛んで行きました。カワラノギクの育成地近くに今度は アカゲラ が来ています。なかなか良いポーズではカメラに収まってくれません。中の池の上流の方まで追い掛けてやっと全身の写真、しかし遠いなぁ。そばでチョロチョロしていた ジョウビタキ♂ が杭の上で「ハイ・ポーズ」。堰の筏通しの下に タヒバリ が餌を探しています。これも今季初認。ここにも イカルチドリ が、鳥さん達の食堂が復活したようです。堰上のススキ原で枯れ草の茎をつついている コゲラ が可愛いので。沢道には ヤマガラ が戻っています。あまり遠くには行かなかったようです。帰りの川原の梢で1羽だけの ツグミ が羽を休めていました。朝見た群のメンバーでは無さそうです。

今日、会えた鳥たち:(出会った順序)
 ヒヨドリ・スズメ・ハシボソガラス・キジバト・ムクドリ・
 カワラヒワ・セグロセキレイ・ツグミ10+・カワウ・ハクセキレイ・
 イカルチドリ5+・アオサギ・イソシギ・ダイサギ・モズ♂♀・
 カルガモ・キセキレイ・アオゲラ・ジョウビタキ♂・シジュウカラ・
 コゲラ・ホオジロ・アカゲラ・タヒバリ・カシラダカ・
 アオジ・ハシブトガラス・ヤマガラ3・ウグイス・エナガ・
 メジロ・カイツブリ3・トビ             (以上33種)


 以前のフィールド・ノート 2004.11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01

              2003.12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01

              2002.12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01 

              2001.12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01

              2000.10-12 LIFELIST             野鳥の写真へ戻る

     Copyright (c) 2001  Akira Wada <a-wada@mars.dti.ne.jp>