フィールド・ノート (2006.10)     

2006/10/30(Mon) 09:15 - 12:45 羽村堰(晴)

両足の関節痛のため半年余り鳥見をお休みしていました。まだ完全に回復したわけではありませんが、冬鳥の便りもちらほら聞こえてくるので、体ならしも兼ねて川原の平坦なところを選んで歩いてみました。出足が遅かった所為もあり、常連さんたちの中には引っ込んでしまったものもあるようで、種類も数もあまり多くはありませんでしたが、一応鳥見の体をなしたようです。レク広場の芝生でお食事中の ハクセキレイ に暫らく振りのモデルをお願いしました。育成地のカワラノギクもこの週末あたりが見頃でしょうか。博物館前の川原に新しく設置された牛枠の支柱で尾っぽをくるくる廻して挨拶を送ってくれた モズ♂ くんです。すぐあとに隣の枠にきた スズメ のカップルにもカメラに収まってもらいました。

今日、会えた鳥たち:(出会った順序)
 ヒヨドリ・スズメ・キジバト・ムクドリ・ハシボソガラス・
 ダイサギ・アオサギ・カルガモ・セグロセキレイ・キセキレイ・
 カワウ・ハクセキレイ・シジュウカラ・モズ♂・ホオジロ・
 トビ                     (以上16種)


 以前のフィールド・ノート 2006.03  02  01 

              2005.12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01 

              2004.12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01

              2003.12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01

              2002.12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01 

              2001.12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01

              2000.10-12 LIFELIST             野鳥の写真へ戻る

     Copyright (c) 2001  Akira Wada <a-wada@mars.dti.ne.jp>