フィールド・ノート (2008.01)     

2008/01/27(Sun) 06:50 - 13:00 羽村堰(快晴)

南の空低くに僅かに小さい雲があるだけの快晴なのですが、時々強くなる北風はやはり冷たいです。堰下橋を渡っていると上流側に張ってある鳥脅しのワイヤーで カワセミ♂ がお出迎えです。右岸側袂でスコープをセットして、戻ってみましたが、さすがにもういません。レク広場の側溝に タシギ がいたのですが、スコープに入れる前に飛ばれて仕舞いました。沢道で ルリビタキ♂ や シメ の写真を撮ったのですが遠かったり暗かったりでアップ出来る代物ではありません。帰りの堰上の本流には ホオジロガモ のカップルがいました。久し振りの の御出座しです、一応 にもモデルになってもらいました。

今日、会えた鳥たち:(出会った順序)
 キジバト・ハシボソガラス・ムクドリ・ヒヨドリ・スズメ・
 ホオジロ・カワウ・ダイサギ・セグロセキレイ・アオサギ・
 イカルチドリ・イソシギ・カワセミ♂・シジュウカラ・ツグミ・
 ハクセキレイ・モズ♂・ジョウビタキ♂・タシギ・タヒバリ・
 カイツブリ・カルガモ・マガモ♂3♀3・エナガ・トビ・
 ハシブトガラス・アオジ・ルリビタキ♂・キクイタダキ・イカル・
 メジロ・シメ・ホオジロガモ♂♀・イワツバメ2  (以上34種)


2008/01/19(Sat) 07:00 - 12:20 羽村堰(晴)

半分以上は青空なのですが、北風が強く冷たいので、川原の鳥さんたちにはざっと挨拶だけして沢道に逃げ込みました。入り口でかなり大きな混群に出会って エナガ の写真を撮ろうと頑張って見ましたが、何時もの伝でまともな写真は撮れません。中程には イカル や キクイタダキ もいましたが、やはりモデルにはなってくれません。帰りの川原で イワツバメ が5羽飛んでいるのを見かけました。一昨年の1月にも見ていますが越冬するのですね。念の為覗いたレク広場下流のポイントに カワセミ♂ がいたのですが、スコープに入れる前に飛ばれました。そんな訳で今日はアップ出来る写真がありません。

今日、会えた鳥たち:(出会った順序)
 スズメ・キジバト・ハクセキレイ・ヒヨドリ・ムクドリ・
 メジロ・ハシボソガラス・シジュウカラ・ダイサギ・アオサギ・
 イカルチドリ・イソシギ・セグロセキレイ・カワラヒワ・ジョウビタキ♂・
 カワウ・カルガモ・マガモ♂♀・カイツブリ・タヒバリ・
 トビ・ホオジロ・エナガ・コゲラ・ハシブトガラス・
 イカル・キクイタダキ・アオジ・アオゲラ・ツグミ・
 モズ♂・イワツバメ5・カワセミ♂            (以上33種)


2008/01/11(Fri) 07:00 - 12:00 羽村堰(晴)

福生市営競技場の少し上流の堤防下で カワセミ♂ がお出迎え、下流の方へ飛んで行ったので永田橋の方から出張して来てたようです。レク広場の川縁の ジョウビタキ♂ が顔を見せてくれたのですが、シャッターを押す寸前 モズ♂ にチョッカイを出されて藪の中へ。沢道の入り口には シロハラ がいました。木橋の所で小さな混群に出会っただけであまり変わり映えしません。帰りの堰下で、光るテープをぶら下げた鳥脅しのワイヤーに カワセミ♂ が留まっていますが、順光側に廻り込んでシャッターを押したら

今日、会えた鳥たち:(出会った順序)
 ヒヨドリ・ムクドリ・キジバト・ハシボソガラス・カワラヒワ・
 スズメ・ダイサギ・アオサギ・カワウ・カワセミ♂・
 セグロセキレイ・イカルチドリ・イソシギ・ツグミ・マガモ♂♀・
 カルガモ・ジョウビタキ♂・モズ♂♀・ハクセキレイ・キセキレイ・
 アオジ・トビ・シジュウカラ・ホオジロ・ハシブトガラス・
 シロハラ・エナガ・メジロ・コゲラ        (以上29種)


2008/01/03(Thu) 07:00 - 13:15 羽村堰(晴)

ほとんど快晴と言っていいほど良く晴れて富士山が朝日に輝いて、鳥見初めには絶好の日和です。福生警察署裏の公園に ツグミ と カワラヒワ がいます。玉川上水に架かる新堀橋手前の信号のボタンを押すために自転車を停めてふと見上げた樹の枝に オナガ がいます。橋の上で双眼鏡を向けていると次々と10羽余りが通って行きました。今年の撮り始めのモデルはレク広場そばの樹に留まっている キジバト のカップルにお願いしました。堰下橋の橋脚に引っ掛かった流木の枝に カワセミ♂ がいます。一寸遠いので中州に降りて近づいたのですが、飛ばれてしまいました。その後上流側から振り返るとまた同じ所に留まっています。逆光なので下流側に回り込んで暫らく待っていると、やはり同じ所に戻ってくれました。一時間足らずの間に3回来たことになります。筏通しの下の浅瀬に タヒバリ がいます。先月初めには姿を現わしていたようなのですが、私には今季初認です。沢道の第3ダムで エナガ に先導された混群が通り過ぎた後、桧の枝の中で エナガ より小さな鳥が2羽、ホバリングなど少し変った動きを見せています。やっと双眼鏡に入れると キクイタダキ です。7年半前の御岳探鳥会以来です。こんな所まで下りて来るのですね。暗い上に動きが激しくまともに姿を見せてくれないので証拠写真はとても無理です。

今日、会えた鳥たち:(出会った順序)
 ムクドリ・キジバト・スズメ・ハシボソガラス・シジュウカラ・
 ツグミ・カワラヒワ・オナガ10+・ヒヨドリ・ダイサギ・
 カワウ・ジョウビタキ♂・アオサギ・セグロセキレイ・イソシギ・
 キセキレイ・イカルチドリ・ホオジロ・ハクセキレイ・カワセミ♂・
 アオジ・カイツブリ・タヒバリ・カルガモ・マガモ♂♀・
 トビ・モズ♂・ホオジロガモ♀・ハシブトガラス・エナガ・
 メジロ・キクイタダキ2               (以上32種)


 以前のフィールド・ノート 2007.12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01 

              2006.12  11  10  <-  脚痛で鳥見はお休み ->  03  02  01 

              2005.12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01 

              2004.12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01

              2003.12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01

              2002.12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01 

              2001.12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01

              2000.10-12 LIFELIST             野鳥の写真へ戻る

     Copyright (c) 2001  Akira Wada <a-wada@mars.dti.ne.jp>