フィールド・ノート (2008.02)     

2008/02/16(Sat) 06:30 - 11:10 羽村堰(快晴)

良く晴れているのですが、北風が少し冷たく、堤防の雑草は霜でバリバリです。年度末の所為か羽村大橋から堰の水門下まで5ヶ所ほど工事の重機が入って砂利をばら撒いています。鳥さんたちの食堂が大分潰されていますが、狭い所でなんとか餌を探しているようです。堰のすぐ上に ホオジロガモ の♂3羽♀5羽がいましたが、スコープに入れる前に上流の方へ飛び去りました。ゴルフ練習場の近くで潜水しているのを双眼鏡で確かめましたが、写真は諦めました。沢道の入り口の草原に キジ♂ がいて、慌ててスコープに入れてシャッターを押したのですが、残念ながら頭が写っていません。第3ダムで ルリビタキ♂ が通り過ぎたすぐ後に ルリビタキ♀ がやって来ました。もうカップルになって帰る準備を始めるのでしょうか。帰りがけの堤防の住宅街側で ジョウビタキ♂ がカメラに納まってくれました。こちらも ♀ とテリトリーが重複しているようです。

今日、会えた鳥たち:(出会った順序)
 ヒヨドリ・ムクドリ・スズメ・ハシボソガラス・キジバト・
 ツグミ・メジロ・カワウ・ダイサギ・アオサギ・
 カルガモ・イカルチドリ・セグロセキレイ・シジュウカラ・ホオジロ・
 キセキレイ・ハクセキレイ・カワラヒワ・モズ♀♂・ジョウビタキ♂♀・
 アオジ・トビ・ホオジロガモ♂3♀5・イソシギ・カイツブリ5・
 タヒバリ・マガモ♂3♀3・キジ♂・ハシブトガラス・オオタカ・
 シロハラ・エナガ・イカル・ルリビタキ♂♀      (以上34種)


2008/02/02(Sat) 06:50 - 11:45 羽村堰(曇時々晴)

昨夜の予報では午前中晴とのことでしたが、出掛けるときは曇っていて、時々晴間が広がり薄日が射す天気で、かなり温度も低かったのですが、風が弱くそれほど寒さを感じないので助かりました。今日は堰上の淀みに ホオジロガモ の♂♀が3組います、♀は10羽ほど来ることがありますが、♂が複数現れたのは初めてです。3ショットは無理でしたが、なんとか2羽が一枚に収まりました。沢道をちょっと入ったところで餌を採っている小さな混群の中に キクイタダキ がいますが、やはり写真は撮れません。第2ダムの上の叢で ルリビタキ♂ にしばらく付き合ってもらいました。帰りの堰下で例の鳥脅しに カワセミ♂ が留まっています。お腹がくちくなっているのかゆっくりくつろいでいて順光側に回り込むのを待ってくれました。

今日、会えた鳥たち:(出会った順序)
 ハシボソガラス・キジバト・ムクドリ・ヒヨドリ・スズメ・
 ダイサギ・セグロセキレイ・カワウ・イカルチドリ・ツグミ・
 カワラヒワ・イソシギ・シジュウカラ・ジョウビタキ♂♀・ホオジロ・
 モズ♀♂・アオサギ・カルガモ・ハクセキレイ・キセキレイ・
 タヒバリ・カイツブリ5・マガモ♂2♀2・ホオジロガモ♂3♀3・アオジ・
 エナガ・コゲラ・キクイタダキ2・ルリビタキ♂・ハシブトガラス・
 メジロ・トビ・イワツバメ5・カワセミ♂          (以上34種)


 以前のフィールド・ノート 2008.01 

              2007.12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01 

              2006.12  11  10  <-  脚痛で鳥見はお休み ->  03  02  01 

              2005.12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01 

              2004.12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01

              2003.12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01

              2002.12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01 

              2001.12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01

              2000.10-12 LIFELIST             野鳥の写真へ戻る

     Copyright (c) 2001  Akira Wada <a-wada@mars.dti.ne.jp>