フィールド・ノート (2008.04)     

2008/04/30(Wed) 05:45 - 12:10 羽村堰(快晴)

風も無く快晴で、多摩川の水位もほぼ平常時に戻っているのに、堰の下流には鳥影が少ないです。ひとつはかなり短い間隔で張られた カワウ 脅しの光るテープを下げたロープの所為かもしれません。ところが肝腎の カワウ は知らぬ顔でその下を泳いでいます。レク広場の川縁の木で尾羽をクルクル回して挨拶をしてくれた モズ♂ 君です、まだ山の方へは行かないのですかね。下の池で イカルチドリ が遊んでくれました。そのすぐ上流の芦原には、もう オオヨシキリ が来ていて、遠慮がちに発声練習中です。5〜6羽も居るようです。昨秋の台風で葦原が大分狭くなっていますが、大丈夫でしょうか。堰の上流には脅しテープがないので、鷺たちが集まっています。その上を頭を濃い焦茶色に換えた ユリカモメ がゆっくり下流の方へ飛んで行きます。完全な夏羽になったのを此処では始めて見ました。博物館前の水辺では ツバメ たちが数羽入代り立代わり泥を集めてます。まだお家が出来上がってないのですかね。沢道の中程には キビタキ がいますが、辛うじて双眼鏡の視野を2度掠めただけで、証拠写真も撮らせてくれません。久し振りに浅間神社まで登りましたが、他の鳥さんたちは全然姿を現わさず、仕方が無いので今が盛りの ヤマツツジ にモデルをお願いしました。

今日、会えた鳥たち:(出会った順序)
 ヒヨドリ・スズメ・キジバト・ムクドリ・ハシボソガラス・
 カワウ・イワツバメ30+・ハクセキレイ・シジュウカラ・モズ♂♀・
 ツバメ・セグロセキレイ・カルガモ・イカルチドリ・オオヨシキリ・
 アオサギ・ホオジロ・コサギ・ダイサギ・マガモ♂・
 ユリカモメ・トビ・ハシブトガラス・キビタキ     (以上24種)


2008/04/21(Mon) 06:00 - 11:00 羽村堰(曇り時々晴)

家近くの公園の芝生は平日で早朝野球がないせいか、鳥さんたちの朝食会場になっていて ツグミ も5羽混じっています。そろそろご帰還の燃料積み込みなのでしょう。多摩川の水量はなかなか減らないようで、先週閉鎖された水門をオーバーフローしていて、堰の下流には鳥影が殆どありません。河川敷林の梢に留まっている ツグミ にお別れ前の記念写真をお願いしました。中の池に マガモ♂ がポツンと浮いています、いつも数羽はいる堰上の中州にも姿が見えません。カップルに成り損ね、取り残されたのでしょうか。堰堤を挟む林を コムクドリ 2羽が行ったり来たりしています。今年も立寄ってくれたのですね。沢道の入り口では低い枝で ガビチョウ が待ち遠しい夏鳥たちの鳴声を朗々と真似しています。近くを通って行ったのでしょうか、中程までゆっくり往復したのですが、声も姿もありません。雨がぱらついて来て早仕舞いです。

今日、会えた鳥たち:(出会った順序)
 スズメ・キジバト・ツグミ・ムクドリ・シジュウカラ・
 ヒヨドリ・メジロ・カワラヒワ・ハシボソガラス・ツバメ・
 ハクセキレイ・カワウ・イワツバメ30+・カルガモ・モズ♂・
 セグロセキレイ・コジュケイ(声)・アオサギ・ホオジロ・キセキレイ・
 トビ・マガモ♂・コムクドリ2・カイツブリ・イカルチドリ・
 キジ♂・ノスリ・ウグイス(声)・ハシブトガラス・オオタカ  (以上30種)


2008/04/12(Sat) 06:00 - 11:30 羽村堰(曇り時々晴)

風邪で花見も出来ずにくすぶっていて、3週間ぶりの鳥見です。染井吉野はほぼ散って仕舞いましたが、八重桜や垂れ桜はまだ盛りのようです。玉川上水に架かる新堀橋で オナガ の5羽+の群れに出会い、今日は付いてると喜んだのですが。堰下の池では ツバメ が泥集めに懸命です。一昨日までの雨量はかなりのものだったようで、羽村堰の3個の水門の内一個を開放していて、これから締め切りの作業を始める所です。堰下の鳥さんたちの食堂はまだ濁流に沈んでいるので、みなさん堰上に集まって来てお食事中です。その中にはまだ タヒバリ がいて、今季まともな写真を撮らせてもらってないので、チャレンジしたのですが、俯いた姿勢やブレなどやはりものになりません。郷土博物館前で対岸から一直線に飛んで来た カワセミ♂ にモデルをお願いしました。沢道入り口の ウグイス の囀りはかなり上手になっているのに姿は見せてくれません。中程の ニリンソウ が群落をかなり広げて今盛りですが、周辺に鳥影は全く有りません。帰りの河川敷林には シメ が残っていました。

今日、会えた鳥たち:(出会った順序)
 スズメ・キジバト・ムクドリ・ヒヨドリ・オナガ5+・
 コジュケイ(声)・ハシボソガラス・カワウ・コサギ・カルガモ・
 ダイサギ・イワツバメ30+・シジュウカラ・ツグミ・ツバメ・
 アオサギ・セグロセキレイ・イカルチドリ・ハクセキレイ・イソシギ・
 タヒバリ・マガモ♂3♀2・ホオジロ・セグロカモメ・オオタカ・
 ハシブトガラス・カワセミ♂・トビ・ウグイス(声)・モズ♂・
 シメ                      (以上31種)


 以前のフィールド・ノート 2008.03  02  01 

              2007.12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01 

              2006.12  11  10  <-  脚痛で鳥見はお休み ->  03  02  01 

              2005.12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01 

              2004.12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01

              2003.12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01

              2002.12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01 

              2001.12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01

              2000.10-12 LIFELIST             野鳥の写真へ戻る

     Copyright (c) 2001  Akira Wada <a-wada@mars.dti.ne.jp>