TOP >> INDEX >> KIEV/LOMO TOP >> KIEV-35A >> LOMO LC-A >>  KIEV/LOMO-NOTE >> GALLERY


 KIEV-35 & LOMO LC-A  

35mmコンパクトカメラといわれるジャンルのカメラも、ロシアカメラの中では多くの種類があります
その中でも、比較的使われていることの多いこの二機種をここでは紹介したいと思います
この二機種はロシア独自のデザインではなく、KIEV-35はMINOX-35を
LOMO LC-Aは日本のCOSINAをベースにして製造されました
両機種とも、距離計は持たず目測式のコンパクトカメラとして、似たようなスペックを持っています
ごく簡単なスペックを表にしますと以下の通りです

KIEV-35A LOMO LC-A
103х63.5х33 mm 220g SIZE 107х68х43.5 mm 250g
MC KIEV-KORSAR 35mm F2.8 レンズ MINITAR-1 32mm F2.8
4sec - 1/500 シャッター 2sec - 1/500
F 2.8-16 絞り F 2.8-16
絞り優先オート 露出制御 プログラムオート
目測式 ∞ - 0.9m フォーカス 目測式 ∞ - 0.8m
SR44/LR44 x 4 バッテリー SR44/LR44 x 3
GOST/ISO 25/50/100/200/400/800 フィルム設定感度 GOST/ISO 25/50/100/200/400

アルセナール
ARSENAL

レニングラード光学機器公社
 LOMO

携行時にはレンズがカバーされ、小型軽量なところからスナップ用途にはとてもおもしろい二機種です
それではくわしいことなどを機種ごとに見てみましょう

KIEV-35A →     LOMO LC-A→

INDEX

TOP >> INDEX >> KIEV/LOMO TOP >> KIEV-35A >> LOMO LC-A >>  KIEV/LOMO-NOTE >> GALLERY


[PR] インプラント