hideyuki's

土肥秀行 doi hideyuki, Doi Hideyuki, Hideyuki Doiの
著作・翻訳・書評・投稿・企画・編集・レポートなど
更新

11/10/2013 イタリア語研究者の集い
12.00 Prof. Hideyuki DOI, Shizuoka Un. of Art and Culture, Harukichi Shimoi e l’avanguardia napoletana
イタリア文化会館

11/09/2013 星美学園短期大学 公開講座
現代のイタリア詩人を読む
― アレゴリー、短い詩とは ―
講師:土肥 秀行

12/14/2012 12/14/2012
シンポジウム《ファシズムと文学 _ 下位春吉をめぐって》
企画運営:土肥秀行
静岡文化芸術大学
第一部「下位春吉をめぐって」
第二部「ファシズムと文学」
08/01/2012 弱い思考
叢書・ウニベルシタス 977
ジャンニ・ヴァッティモ:編著, ピエル・アルド・ロヴァッティ:編著,
上村忠男:訳, 山田忠彰:訳, 金山 準:訳, 土肥秀行:訳

目次
弁証法、差異、弱い思考──G. ヴァッティモ
経験の過程でのさまざまな変容──P. A. ロヴァッティ
反ポルフュリオス──U. エーコ
現象を称えて──G. カルキア
弱さの倫理──A. D. ラーゴ
「懐疑派」の衰朽──M. フェッラーリス
ハイデガーにおけるlucus a (non) lucendoとしての開かれ=空き地──L. アモローゾ
ウィトゲンシュタインと空回りする車輪──D. マルコーニ
雪国に「城」が静かにあらわれるとき──G. コモッリ
カフカのアイデンティティなき人間──F. コスタ
社会の基盤および計画の欠如──F. クレスピ
04/01/2011 Hideyuki Doi
L'ESPERIENZA FRIULANA DI PASOLINI
Cinque studi

Categorie: Letteratura
Collana: Strumenti di letteratura italiana 37



  収蔵館

Università di Bologna
University of Cambridge Library
Universitätsbibliothek Salzburg
Göteborgs Universitetsbibliotek
University of Denver, Penrose Library
University of Toronto Libraries
Università degli studi di Trieste
University College London, UCL LIBRARY SERVICES
Johns Hopkins University Libraries, Milton S. Eisenhower Library
Columbia University Libraries in New York
Universität Bonn
Brown University Library
New York Public Library
Université de Genève

東京大学文学部 南欧語南欧文学研究室 (東京大学OPACより)
東京外国語大学附属図書館4F閲覧室
静岡文化芸術大学図書館・情報センター


10/22/2010 季刊『真夜中』 No.11 2010 Early Winter
小説は世界の彼方に 第11回 イタリア
土肥秀行選・訳/サンドロ・ペンナ「夜の散歩」「ローマのリド」
Illustration: 三上数馬


10/15/2010 レオナルド・ダ・ヴィンチ「複製素描画展」
静岡文化芸術大
企画・講演

03/31/2010 イタリアにおけるパゾリーニ現象 ―自身の研究をふりかえりつつ―
The Pasolini Phenomenon in Italy
土肥秀行 Hideyuki DOI
静岡文化芸術大学研究紀要 VOL.10
(冊子版)ISSN 1346-4744
(オンライン版)ISSN 2185-1107
発行: 静岡文化芸術大学

03/01/2010 Giappone e Italia: le arti del dialogo - presentazione libro
Bologna, 1 marzo 2010 ore 17
Salone Marescotti
Dipartimento di Musica e Spettacolo, via Barberia, 4

a cura di Wada Tadahiko e Matteo Casari
(Libri di Emil ? Tokyo University of Foreign Studies Press, 2010)

Intervengono
Giovanni Azzaroni, Doi Hideyuki, Giacomo Manzoli, Carla Salvaterra e i curatori

11/23/2009 “Poesia e non poesia : lo haiku in Italia”
「詩と詩でないもの―イタリアにおけるハイクについて」

Hideyuki Doi(Shizuoka University of Art and Culture)
土肥秀行(静岡文化芸術大学)
2009 Tokyo Workshop
"Comparative Methodological Approach to the New Area Studies ― Universality, Variety, Peculiarity"
2009年度国際ワークショップ
「新たな地域研究の比較方法論的試み -普遍性・多様性・固有性-」
Date: 23.11.2009(lun) 10:00?16:0

04/01/2009 イタリアのオペラと歌曲を知る12章
嶺 貞子 監修/森田 学 編
第11章 近代歌曲の詩人たち 土肥秀行
東京堂出版


02/26/2009 講義 ボローニャ大学
Universita di Bologna  Facolta di Lettere e Filosofia
Hideyuki Doi - University of Foreign Studies di Tokyo
Pasolini antropologo tra cinema e saggistica

01/24/2009 早稲田大学イタリア研究所
イタリア言語・文化研究会 第104回例会
土肥秀行 「初期ウンガレッティとハイク」

01/01/2009 吉増剛造 DVD+Book『キセキ--gozoCine』
[DVD] gozoCine(ゴーゾーシネ)全19作品
[Book] gozoCineをめぐるエッセイ、評論、座談会など
朝吹真理子/今福龍太/鵜飼哲/岡村民夫/亀岡大助/河合眞帆/菊竹寛/楠本亜紀/倉石信乃/小泉恭子/郷原佳以/小林康夫/津田新吾/パブロ・デュラン/土肥秀行/豊島重之/中上紀/萩原朔美/樋口良澄/ジャン=フランソワ・ポーヴロス/堀内正規/クロード・ムシャール/ジョナス・メカス(予定)/八角聡仁/與謝野文子/吉田喜重/吉増剛造(50音順)

#16 鏡花フィルム III ――逗子篇/「朝のアルゴー船――吉増剛造、泉鏡花、パゾリー二」 土肥秀行

11/17/2008 Convegno internazionale
Bologna, 17 e 18 novembre 2008
La prima giornata (17 novembre)
Alla fortuna giapponese di Pasolini sara invece dedicato
l’intervento di Doi Hideyuki.

11/01/2008 東京外国語大学 大学院教育改革支援プログラム
「高度な言語運用能力に基づく地域研究者養成」
イタリア・ワークショップ
下位春吉と2種のナポリの文芸誌 土肥 秀行
Shimoi Harukichi e due riviste napoletane Hideyuki Doi

10/28/2008 下位春吉とナポリの文芸誌「ラ・ディアーナ」-下位春吉伝 (上)
土肥秀行
イタリア圖書 39 , 特集:日伊交渉(4) イタリア書房
福島県立図書館 千葉県立図書館

10/01/2008 Kiju Yoshida
L'ANTI-CINEMA DI OZU

"... esce ora anche in Italia tradotto da Hideyuki Doi."
Franco Cesati Editore - Casa Editrice Firenze
原作 吉田喜重 「小津安二郎の反映画」 岩波書店
                     (土肥秀行 翻訳)


neo(N)eiga - (N)ews


Una lezione sul cinema di Ozu Yasujiro
Okada Mariko e Yoshida Kiju, prof. Dario Tomasi
       Traduzione di Doi Hideyuki
      Trascrizione di Luca Manfrin

03/11/2008 シンポジウム『小津安二郎の反映画』
講演者:吉田 喜重 (監督)、岡田 茉莉子(女優)、
 エンリコ・ゲッツィ、ドナテッロ・フマローラ、マルコ・マッツィ
聞き手:土肥 秀行 (東京大学)
ローマ日本文化会館


07/14/2007 土肥秀行「パウンドとパゾリーニ:失われた父性」
早稲田大学イタリア研究所 イタリア言語・文化研究会
第96回例会

06/16/2007 「創造の広場イタリア展」
ギャラリートーク 毎週土曜日14:00~15:00
会場 東京大学大学院総合文化研究科・教養学部
    駒場博物館1階 美術博物館展示室
会期 2007年3月24日(土)-6月17日(日)

04/14/2007 Hideyuki Doi - Il curatore su teknemedia

Hideyuki Doi - gli ultimi 20 eventi curati[Gli archivi degli eventi]
Komaba Museum - Tokyo Data di apertura sabato 14 aprile 2007
Marco Mazzi - Totem and Taboo

04/01/2007 日本学術振興会特別研究員
研究課題「パゾリーニと20世紀イタリア短詩形:ヨーロッパと日本の詩の影響」
PD・人文学 平成19年度特別研究員採用者一覧(19.4.1現在)

02/01/2007 現代詩手帖 2007年 02月号
「吉増GOZOの立ちあがる イタリア語のアンソロジーに向けて」
土肥秀行
現代詩手帖 2007年 2月号-目次


10/21/2006 Pasolini critico della poesia dialettale e del canto popolare
土肥 秀行 Doi Hideyuki
ボローニャ大学
収録誌
イタリア学会誌 Studi Italici
No.56(20061021) pp. 16-41
イタリア学会 ISSN:03872947

10/21/2006 イタリア学会 第54回大会 静岡文化芸術大学
イタリア現代詩における短詩形の可能性
土肥秀行(ボローニャ大学)

07/01/2006 Cultura Italo-Giapponese 日伊文化
Annali del Centro Studi e Ricerche dell'Universita` di Tokyo in Firenze
東京大学フィレンツェ教育研究センター年報 第三号
和文アブストラクト
04/11/2006 Incontro con Yoshimasu Gozo e Marilya
Interverranno: Massimo Mori, Ikuko Sagiyama, Marco Mazzi, Hideyuki Doi
Mar. 11 aprile 2006, ore 17, "Area N.O." Natura Cultura (via Panicale 24R)

02/01/2006 日伊文化 第2号 2005年
東京大学フィレンツェ教育研究センター年報
Cultura Italo-Giapponese
Annali del Centro Studi e Ricerche dell'Universita di Tokyo in Firenze

土肥秀行
吉田が語る映画 吉田喜重著『小津安二郎の反映画』考

HIDEYUKI DOI
YOSHIDA RACCONTA IL CINEMA
SU L’ANTI-CINEMA DI OZU DI YOSHIDA KIJU



02/01/2006 別冊「本」RATIO 01号(ラチオ) 講談社
イタリア現代思想の最前線
ジョルジョ・アガンベン 人間の仕事  訳:土肥秀行
 流行語ともなった「マルチチュード」をどう考えるか。
 注目の哲学者の論考


02/01/2006 現代詩手帖2月号
ヨーロッパ詩人15人集
ヴィヴィアン・ラマルク 小匙  訳:土肥秀行
クラウディオ・ポッツァーニ 踊る 訳:土肥秀行

12/09/2005 オリエントからオリエント・エキスプレスへ
中国・日本・イギリス・イタリアの推理小説について


土肥秀行(東京大学) 「文学のジャンルとしての推理小説の機能」

10/01/2005 映画監督・吉田喜重氏、女優・岡田茉莉子さんのイタリアでの特集について
イタリア図書 Nuova Serie 33号 特集:イタリアと日本の映画交流
イタリア書房


09/24/2005 XXIX CONVEGNO DI STUDI SUL GIAPPONE AISTUGIA (22-24 settembre 2005)
Firenze
in ricordo di Fosco Maraini
sabato 24 mattino e pomeriggio Gabinetto G.P. Vieusseux, Palazzo Strozzi (Piano terra)
Simposio congiunto con National Institute for Japanese Literature:
ICJS: International Collaboration for Japanese literary Studies Conference
Sessione n.2
DOI Hideyuki, La ricezione di haiku in Italia e i suoi problemi

29th AISTUGIA(Associazione Italiana per gli Studi Giapponesi)Conference
イタリア日本研究学会 第29回研究集会
シンポジウム「海外における日本文学研究の方法と可能性」
俳句のイタリアにおける受容とその問題点
土肥秀行 (東京大学フィレンツェ教育研究センター)

06/29/2005 吉増剛造、詩集The other voice (Scheiwiller, 2005)について
報告:土肥秀行

06/10/2005 ボローニャ大学博士号論文
L'esperienza friulana di Pasolini e i suoi sviluppi
Doi Hideyuki
Dipartimento di Italianistica - Scuola di Dottorato



05/12,13,16/2005 特集上映会 「吉田喜重:われわれを見返す映画」
講演者 映画監督・吉田喜重氏、女優・岡田茉莉子さん
報告:土肥秀行
Una lezione sul cinema di Ozu Yasujiro
Dossier: Yoshida Kiju (Yoshishige)
      Traduzione di Doi Hideyuki
      Trascrizione di Luca Manfrin

吉田喜重監督&女優・岡田茉莉子さんインタビュー
Intervista a Yoshida Kiju e Okada Mariko
                      通訳 土肥秀行

05/10/2005 Visioni giapponesi - Kiju Yoshida. Il cinema che ci osserva
Cinema Lumie`re, Via Azzo Gardino, 65
L’opera di Yoshida - Donne allo specchio (Kagami no onnatachi, 2002, 129’)
proiezioni
Hiroshima come rappresentazione impossibile
a cura di Hideyuki Doi (Universita` di Tokyo Firenze)

04/15/2005 Pier Paolo Pasolini - Teatro e Poesia - “conversazioni”
una tavola rotonda dedicata all’opera poetica e teatrale dello scrittore-regista
che avra` luogo
a Palazzo Vecchio, Salone de’ Dugento, Firenze

09/16/2004 レポート「映画監督・高畑勲氏をむかえて」
BZF (via Panicale 61R, Firenze)

06/29/2004 プログラム
音楽セミナー「ある晴れた日に:『蝶々夫人』初演から100年を記念して」  レポート
藤井泰子(ソプラノ)、セルジョ・ペトルツェッラ(テナー)、
マッシモ・スカピン(伴奏)、ミケーレ・スオッツォ(解説)
後援:在イタリア日本大使館

06/03/2004 学術講演会
「ピエル・パオロ・パゾリーニ監督『アポロンの地獄Edipo re』と<運命のテーマ>」
土肥秀行(東京大学)
東京大学フィレンツェ教育研究センター

04/01/2004
Cultura Italo-Giapponese 日伊文化
「東京大学フィレンツェ教育研究センター紀要」第一号より
Doi, Hideyuki : Pasolini e la poesia haikai
土肥秀行 「パゾリーニと俳諧」 日本語アブストラクト
 1940年代、フリウリ地方において方言詩を書いていたパゾリーニに
とっての本質的な命題は断片化による新たな詩の創造であった。
日本の詩ひいては俳諧に出会い自身の文学理論に取り込むと共に、
方言への翻訳を試み、また「ハイカイ」の実作にも取り組んだ。
パゾリーニと俳諧の邂逅はマージナルなテーマのようでその実、彼の
詩論の根幹に関わっている。

2004 Versinscena 2004. Dalla poesia al palcoscenico.
Un caloroso grazie a: Hideyuki Doi

02/06/2004
東京大学フィレンツェ教育研究センター
 最近の催しから

11/15/2003
Bollettino '900 - Electronic Newsletter of '900 Italian Literature
Angela Biancofiore, Pasolini, Palermo, Palumbo, 2003
di Hideyuki Doi


09/00/2003 "DAEMON" n. 8 / settembre 2003
"Sulla pornografia: una lettura del romanzo e del film sui
'maestri dell'eros'", di Hideyuki Doi e Daniela Raddi


08/13/2003 視覚障害用「触る絵」鑑賞テキスト
 ロレッタ・セッキ Loretta Secchi(Anteros美術館)
  「モナリザ」鑑賞(初級編) 訳者 土肥秀行
 参照 国立特殊教育総合研究所 視覚障害教育研究部
     「触図作成プロジェクト」のサイト
 
07/29/2003 「カントとカモノハシ(下)」刊行
 著者 ウンベルト・エーコ
 監訳 和田忠彦
 訳者 柱本元彦・橋本勝雄・中山エツコ・土肥秀行
 出版 岩波書店,東京


06/12,19/2003
07/10/2003
レポート 伝統芸能セミナー
矢内賢二(東京国立劇場)
 「文楽:ジャンルの成立と『曾根崎心中』」
04/10/2003 レポート 学術講演会
ジョヴァンニ・ペテルノッリ(ボローニャ大学附属極東美術研究所)
 「『源氏物語』の詩的空間」
03/28/2003 「カントとカモノハシ(上)」刊行
 著者 ウンベルト・エーコ
 監訳 和田忠彦
 訳者 柱本元彦・橋本勝雄・中山エツコ・土肥秀行
 出版 岩波書店,東京



03/20/2003
「言語文化」 第20号 特集 イタリアの陶酔と憂愁
                   編集発行人 四方田犬彦
 パゾリーニが文学を問う 「未完」の遺作『石油』をめぐって
                            土肥秀行
   『石油』とは-構造と物語
   『石油』が与えたインパクト

   
01/01/2003 「藍生」 特集 「証言・昭和の俳句」書評
 「絡み合う「声」のポリフォニー」 土肥秀行

00/00/2002 Daemon Alchimie di letterature
Rubrica haiku #5
a cura di Hideyuki Doi
Poetica e produzione per ipermetro: appunti su Masaoaka Shiki di Takumi Taguchi
09/26/2002 日本美術セミナー 「日本美術の諸相(第2部)」
 土肥秀行「『茶の本』と岡倉覚三:モダニティの情熱と憂鬱」
Aspetti dell'arte giapponese, II ciclo
12/14/2001 世界の街角-文学のある風景
詩人パゾリーニと画家ピエロ・デッラ・フランチェスカ
12/07/2001 世界の街角-文学のある風景
フィレンツェの芸術運動と詩人ベトッキ
10/16/2001 岡田温司編 『カラヴァッジョ鑑』刊行
「交差するふたつの眼差し」 石田美紀+土肥秀行
   「師」ロベルト・ロンギ
   「ロンギのマニエリスム」-バスティーユの詩学
   「造形的閃きの師」
  パゾリーニとカラヴァッジョ、あるいはカラヴァッジョ的パゾリーニ
   逃亡するノマド
   死という強迫観念、分裂する自己
   民衆-俗なるものの内なる聖性
   悪童
  画家パゾリーニとナルキッソス


紀伊國屋書店BookWeb
丸善
Yahoo!ブックスショッピング
amazon.co.jp

同時開催:Ciao Italia 「カラヴァッジョ 光と影の巨匠ーバロック絵画の先駆者たち」展
 「カラヴァッジョ 光と影の巨匠ーバロック絵画の先駆者たち」展
『カラヴァッチョ展』ポスター
07/01/2001 世界の街角-文学のある風景
トリノ(2) カフェの詩人パヴェーゼ
06/30/2001 世界の街角-文学のある風景
トリノ (1) サロン詩人ゴッツァーノ
06/28/2001 「パゾリ-ニ・ルネサンス」刊行 
大島 渚・四方田犬彦・浅田彰・和田忠彦・田中千世子・土肥秀行・
石田美紀・大野裕之/ピエル・パオロ・パゾリーニ


フリウリ語方言詩人パゾリーニの言語意識
       ~パゾリーニのいまを交えて~土肥秀行
パゾリーニをめぐる年表 構成=石田美紀+土肥秀行

エディターレビュー 内容(「MARC」データベースより)
大島渚、四方田犬彦、浅田彰などの豪華執筆陣が、
孤高の映像作家・詩人パゾリーニのすべてを語り尽くす。
鬼才パゾリーニを通してイタリア映画・文学を知り、イタリアの今に迫る。
紀伊國屋書店インターネット書店
丸善
Yahoo!ブックスショッピング
Jbook Internet Book Store
セブンドリーム・ドットコムのオンラインショッピング
Junkudo Book Web
楽天ブックス
amazon.co.jp
 
06/26/2001 世界の街角-文学のある風景
ヴェネツィア ゴンドラ上のヘッセ
04/24/2001 世界の街角-文学のある風景
フィエーゾレ/ ボッカッチョの妖精物語
04/11/2001 世界の街角-文学のある風景
「静寂の街」フェッラーラ
03/13/2001 世界の街角-文学のある風景
サン・ミケーレ・イン・ボスコ教会 ~ 詩人パスコリと冬のボローニャ
03/12/2001 世界の街角-文学のある風景
テルミニ駅、チンクエチェント広場 ローマ
02/11/2001 世界の街角-文学のある風景
ルーツィのフィレンツェ ~ 詩人と川
01/25/2001 世界の街角-文学のある風景
ディケンズのローマ 教会の「聖」と「俗」 
01/19/2001 世界の街角-文学のある風景
パゾリーニのボローニャ 若き詩人とポルティコ 
10/31/2000 パゾリーニ『カザルサ詩集』の詩語
La lingua poetica di Poesie a Casarsa di Pier Paolo Pasolini
土肥 秀行 Doi Hideyuki 東京大学大学院


10/28/2000 イタリア学会 第48回大会 京都大学
フリウリ方言詩人パソリーニの実験主義
-- 「カザルサ詩集」から「最良の春」へ --
20th century Dipartimento di Italianistica - Scuola di Dottorato
20th century The cultural association ETNA- SEA
Look at Sicily of a young man from Tokyo
by Hideyuki Doi
Sguardo in Sicilia di un giovane di Tokyo
di Hideyuki Doi





土肥秀行 "Doi, hideyuki" "Hideyuki Doi"の著作など