項目設定(画像)

取得する画像の情報を指定する画面です。


名称

一覧表に表示する名称を指定します

使用チェックボックス

チェックすると、この画像の取得動作を行います。未チェックの場合は取得を行いません。
チェックされていても、所属グルーブの「使用」が未チェックの場合も取得動作は行いません。

URL

取得アドレスを指定します。スキーマ指定は、httpとhttpsの両方指定可能です。

URL文字列には修飾子が指定でき、システム時間によってファイル名を変更する事が出来ます。
この機能を利用すると、時間によってURLのファイル名が異なる場合でも対応できます。
修飾子は「{」で始まり「}」で終了する間の文字列です。

変換後のファイル名を確認したいときは、ログ表示にて確認して下さい


http://hogehoge.com/File{-900yMDHNS}.jpg

書式 説明
数値
+
-
現在時刻から増加または減少させる時間を秒で指定します。
数値書式は文字書式よりも前に指定して下さい。文字書式の間で指定した場合は、前後の文字書式で生成する時間が変わります。
y 西暦の4桁に変換します
Y 西暦2桁に変換します
M 月の2桁に変換します。01,02...12
D 日の2桁に変換します
H 時の2桁に変換します
N 分の2桁に変換します
S 秒の2桁に変換します
   

 

画像を取得する毎時分

画像を取得する時刻の分を指定して下さい。1~59の範囲で好きな時刻を指定できます。

サーバ認証

指定されたURLにサーバー認証が必要な場合、ユーザIDとパスワードを指定して下さい

画像位置指定

取得した画像を表示する位置を指定(編集)する画面が表示されます。

画像ツール

取得した画像の色を変換する指定を行う画面を表示します。