日本をゲットだぜ2  (インターネット取得型壁紙更新ソフト)

機能:

タスクトレイに常駐し、インターネットから取得した画像データを必要に応じて加工し壁紙にするプログラムです。

 本来の目的は、ライブカメラの画像を壁紙にすることにより、いつでも画面からその風景を見られる事を目的としたのですが、
気象衛星からの画像情報や雨雲などの様子なども壁紙にすることが出来ます。

 定期的に取得するので、画像の内容は刻々と変化します。(1分ごとに指定できます)

動作環境

Windows XP , Windows VISTA , Windows2000(要Internet Explorer 6.0 SP1 以上)

ダウンロード
日本をゲットだぜ2 Version 2.4.0.9 2008-06-07

インストール方法や操作方法はこちら→

 

開発背景

2000年3月頃に北海道の有珠山が噴火しました。(覚えてますか?)
噴火直前に北海道のテレビ局が有珠山の麓の様子をライブカメラでインターネット配信したのですが、
白煙が上がる様をインターネットエクスプローラのF5を押しながら仕事もそっちのけで見ていました。

その時に自分で更新しなくても、好きなときに壁紙を見たら最新の画像が表示していたらいいなぁ~
との思いから「日本をゲットだぜ」を作りました。

「日本をゲットだぜ」は画像変換にSusieのプラグインを利用していたので、
セットアップが少々難しかったのと シングルスレッドで動作していたため、
画像取得中はタスクトレイを操作できない等の現象に悩まされました。

そこで2005年頃にそれらを解消した「日本をゲットだぜ2」を作成しました。
当時私は「突発性難聴」に罹り、耳鳴りなどの症状で開発を続けることが困難になり、そのままほったらかしにしていました。

最近になって、「日々lま゛やいてます。」さんより、『最新バージョンの日本をゲットだぜをちょうだい』との
メールをいただき それを機会として 完成させた次第であります。
この場を借りてお礼申し上げます。


自分デスクトップです
一部 FXのチャート と 金のNYスポットチャート が表示されています(笑)

ホームページトップへ戻る