1. 自作1・2台目 440BXチップセット・マシン製作 (1998年8月に1台目)

  パソコンは95年に自宅で初めて購入しました。 ハード・ソフト設計の経験からすぐにアップグレードを
 始めました。 購入と同時にメモリ追加Win95で48MBから使い始め64MB、96MBと増設、HDD増設、
 ビデオカード変更、 CPUをPentium-166からPentiumMMX-overdrive200Mhzにしてアップグレードは終り。
  メーカー製パソコンでは手を入れるにも限界があることから自作マシンを作ることにしました。
  (定年間近で特別休暇もあり暇がたくさんありました)
  最初はPentium2-266Mhz、その後P2-400、P3-550、P3-800へとCPUを交換、この間にHDDも4回ほど
 機種交換。(CPUだけを早くしてもシステム的には早くならないため)
  ハードディスクの設定などは仕事で経験があったので問題なくクリア、プラモデルを作るように簡単に作れる
 ことが分かりました。 CPUをPentium2からPentium3へ交換したらマザーボードの交換が必要になり、CPU
 環境の違いを認識しました。
  また、マザーボードとCPUが余ったので2台目のPCを自作しました。
  この時は古いFDD(フロッピーディスク・ドライブ)では苦労しました。 OSの起動途中で止まってしまい
 新しいFDDと交換したら動きました。(前に使っていて動いたパーツも組合せが変わると問題が起きます)
  また、2台のPC間をLANで接続する環境を構築してPC接続環境の勉強になりました。
  パソコンを作ると新しいパソコンの技術動向を知ることができ、インターネットをやることでITの勉強に
 なっています。

(Top)ぶらり旅行写真集