3. 自作4台目 Athlon 1.33GHzマシン製作 (2001年4月)


(事前準備)
  2000年12月にDDRメモリ対応のCPUとマザーボードの発表があり、Athlonマシン自作の検討始めました。 まずは手始めにケースを交換して稼動音を小さくすることから準備開始しました。

  
2001年3月、メインマシンのケースをアルミ製に交換し、かなりの静音化を達成しました。
  電源が静かなこととケースの柔軟性が効いているためか、かなりの効果でした。
  (4月21日にインテルのP3−800からAMDのAthlon1.33GHzへアップグレード)
  パソコンを自作しているため、新しいCPUが出て保有マシンの性能より1.5倍以上になったらCPU更新の検討を始めています。 今回も2月末頃から考えていましたが、Athlon1.33GHzが購入可能で価格も下がってきたので実行しました。(CPUクロックだけで1.5倍以上になっているので性能アップは間違いなしです)
  DDRメモリに対応したシステムにするには、AthlonCPU、メモリ、マザーボード、CPUクーラーなどが必要です。 4月に入ってCPU、メモリの価格が低下してきたので4/20に秋葉原で購入。
 
 
 
3.1 パソコンのCPU更新
 1)  マザーボードはどれに?
   2001年4月はAthlonが健闘しておりマザーボードが沢山出ていてどれが良いか分からない。
   そこへインプレスがベンチマーク特集を発表したので使用されていたASUS A7M266というマザーボードに決めました。 ASUSは私の好きなメーカーでマニュアルが良くBIOSの更新がきちんと行われています。
 
 2) CPU価格が当初の発売時の価格より下がったのでさっそく秋葉原へ。
   インターネットでインプレスが秋葉原価格情報を出しているので物の販売状況が分かります。
   CPU、メモリ、(マザーボード)の最安値を確認して秋葉原へ行って買ってきました。
   金曜日では先週の価格なのでこれより安ければ買い候補、店をいくつか回って購入。

 3) 組み込み
  ・マザーボードへのCPU,メモリの取り付け
   現在使っているマシンのマザーボード、CPU、メモリの交換なので、マザーボードにCPUとメモリを取り付ける。
   CPUクーラーの取り付けで当たりをチェックするが固定金具がかなり硬い。
   以前P3−550でクーラー周りのファンやシリコングリスに苦労したことがあるのでグリスをCPUとクーラー側に
  薄く塗って取りつけた。(同梱シリコングリスを使用)
  (注) CPU温度はファンの性能やシリコングリスによってかなり変化します。
     P3−550の私の取り付けとメーカー組立てのslot1との温度比較ではslot1の方が約5℃低かった。
     (動作ももちろん安定)  このためP3−800ではソケットタイプでなくslot1のCPUを購入しました。
     折角大きいクロックの早いCPUに交換しても、CPU温度がふらついて2割近くも性能が変動すると
     CPU更新のメリットが少なくなります。
  ・マザーボードのケースへの取り付け
    取り付けてみると基板の幅が前のマザーボードより大きくねじの固定部分が1列多く止めることになった。
    この結果ケースに付いていたファンのケーブルの長さが不足して翌日にケーブルを延長。(はんだ付け)
 
 4) ソフトウェアのセットアップ
  ・BIOS設定とドライバのインストール
    BIOSを設定してシステムを起動する。 CPUとチップセットが新しいので次々と検出してくる。
    インストールできないものはキャンセルで抜け、後でマザーボードに付いてきたCDからインストール。
    CPUとチップセット周り、サウンド、ASUSのマザーボード・ユーティリティを入れる。
    これだけでうまく立ち上がった。(有難い!!)
  (注) 使っているOSが98年発売のWin98なので今年になって出てきたチップセットなどはサポートして
     いません。 当然、別途インストールする必要があります。
      前回インテルの810eというチップセットを使ったサブマシンを組立てた時は、440BXチップセットで 
     インストールしたハードディスクからソフトの移行はできず、再インストールする必要がありました。
 
  ・マザーボード・ユーティリティで状況確認する
    マザーボード・ユーティリティを使ってCPU温度を確認すると周囲温度24℃でCPUが50℃、マザーボードが
   36℃でした。 使用クーラーは(有)親和産業販売の「BIG WAVE」、松下電器産業の流体軸受採用のファンを
   使用したもの。 Norton Utilityでのシステム・ベンチマークの数値が安定しており使えそうです。
 
  ・HDBENCH、他でチェック
    HDBENCHでCPU関係やディスク転送の性能が向上していることを確認できました。
    Norton UtilityのシステムベンチマークでP3−800が400+だったものが、Athlon 1.33Gでは725に
   なったので約1.8倍の性能向上でしょうか。
    CPUが違うので直接比較はできませんが、クロックアップ分が1.67倍で残りがメモリのクロックアップ
   (100から266へ)分でしょうか。
    Norton Utilityのシステムベンチマークは時間を置いてチェックしても数値がほとんど変化せず、CPUの
   取り付けがうまく出来たことが確認できました。

 5) 使用感
   Norton Utilityでのレジストリのチェック、ウイルスバスターで45000個のファイルのウイルスチェックなど
  実行速度が早くなりました。 ウイルスチェックではHDDがうなるような大きい音を立ててチェックする部分も
  あり以前より早くなりました。
   これはファイルを読んですぐにチェックが終わるため、HDDアクセスが連続するようになったためと考え
  られます。 また、操作がすぐにHDDアクセスに結びつくせいか、以前より操作からHDDの音がするまでの
  時間が早くなり、HDDアクセスの音も大きくなりました。
   予想外な部分は稼動音が若干大きくなったこと。 CPUクーラーの熱交換フィン部分での風切り音が前より
  少し大きくなりました。(前の方が騒音レベルが1/2位でした。 それでも深夜に問題なく使えるレベルです)
   しかし、稼動音はCPUがP3に比較して発熱量が大きいのでクーラーも強力でその分大きい音が出る結果
  になった思われます。
 
 
 3.2 静音化対策
   CPUがAthlon 1.33Gになったが稼動音が大きく耳障りなので静音化対策をすることにしました。
   (2001年12月頃になると更に高速なCPUが出てきたのでCPUクーラーも良いものが出てきています)
 (その1: 
5/15実施 CPUクーラーでの騒音発生レベルの低減(1回目)
   Athlon普及委員会の掲示板にCPU冷却関係での静音化対策が掲載されたので、5/15に実施しました。
   大口径ファン(8cm)を使って低回転数で冷却するもので方法は知っていたが固定方法が分からず実行が
  できなかったもの。 効果は抜群で7200rpmで回転しているHDDがうるさく聞こえるまでに静音化できました。
  (使用パーツ) CPUクーラー:BIG WAVE + ビス 4mmφ5mm x4本
           口径変換  :ダウンバースト・プロ SS−DB−80Pro(最近は安いものが多数出現)
           8cmファン :SANYO標準ファン 2900rpm(このファンは最終的には交換
           8cmファン :松下流体軸受 1900rpm(ケースの吸気側に使用)
           銅 版    :親和産業 型番SS-SKTA-RABV(0.6mm厚)
 
 (その2: 5/18実施 ケース前面吸気ファンの騒音削減
   ケース前面吸気ファンの取付けに同じ8cmファンの枠部分だけを間に挟んで、ファンとケース面との間を
  空けてファン回転時の風切り音の削減を図りました。 ねらい通りに風切り音はほとんど聞こえなくなりました。
  (使用パーツ) 秋葉原で壊れた8cmファンを100円で購入して枠部分だけを使用。
           ビス 4mmφ15mm x4本 + ナット4個

 (その3: 5/22、23実施 CPUクーラーでの騒音発生レベルの低減(2回目)
   CPUファンにベアリング軸受タイプを使用しているため時々コロコロという感じの音が出る。
   これも静かにさせたいと22日秋葉原で流体軸受2950rpmのファンを購入、またケースファンにサーミスタで
  温度によって回転数を変化させるようにしたものを売っていたので試してみることにした。
   流体軸受2950rpmのファンは失敗、風量が過大になりノイズ発生源になってしまう。
   風量の問題ならと1900rpm、2050rpmを試してみるが風量が不足で2400rpm程度が良さそうだと判った。
   23日に秋葉原へ行きNidec製の静音2400rpmのものを購入する。
   最初に空気漏れ防止ガイドを付けて取付けると騒音が発生気味でケース側板がファンの回転数(40Hz)で
  震える。 効果が強過ぎると判りガイドを外して取付けると、騒音もなく冷却効果も十分なことが判って最終
  決着とした。
   可変速回転ケースファンは回転数が高過ぎて使用できず、2000rpm前後の静音ファンが静音化目的の
  ケースファンとして最適であることが判った。
  
(使用パーツ) 8cmファン :日本電産 Nidec静音2400rpm(D08A−12PH−02A)
                    NBRシステム採用(ベアリング軸受を使用しないタイプ)
 (注)静音対策のため従来からケース側板には重しを貼り付けてケース側板の振動を抑えています。
 
 
 
3.3 トラブル発生と修復 (マザーボードのBIOS更新)
   このままで使い続ければトラブルにも遭わなくて良かったのだが、ホームページを面白いものにしようと
  ソフトを強化したことからメモリの追加が必要になりトラブルが発生した。
   6月にメモリを128MB2枚にしたのと、Photoshop 6.0を入れて不具合対応のレジストリの修正入力を
  同時にやってしまったため、システムが不安定になった原因がはっきりしなくなってしまった。
   何度もレジストリ復元でシステムを延命させたが、6/20ダウンして動かなくなった。
   メモリ256MB(128MBx2)ではOSの再インストールを何度やってもWinMeのレジストリが正常に作れず、
  メモリを128MBにしたらレジストリのエラーが起きなくなり、6/23ソフト環境の復元完。
   ソフト環境を復元後、メモリを256MBで使用してシステムエラーが起きるので6/24夜にマザーボードの
  BIOSを最新のものに更新したら、メモリ256MBでもシステムが安定して動くようになった。(やれやれ)
 
  しかし、特定条件での異常が時々起きるのでまだ完全ではない。 この時はハード、ソフトどちらに問題が
  あるか不明。 WinMeではHP編集ソフトPageMill3.0Jのファイル書込み後に時々システムがロックすること、
  電源管理のACPIの設定が安定しないことから、OSをWin98へ戻しました。(6/27)
   これ以後は安定して動いていますので完治したのでしょうか。(6/29)
   パソコンでこんなに手間がかかったことは初めてです。 ホント面倒くさい!
 
 
 3.4 その後
   01年6/27以後はハード的に完全に安定して動いています。
   アドビのWeb Special PackについてきたPhotoshop Elementsというソフトのパノラマ合成の機能が良いこと
  が判ったが、メモリ256MBでは時々メモリ不足になることがある。(データの大きさの問題か)
  (メモリを512MBに増設)
   メモリを512MBにすることにして9月7日に秋葉原でnanya製チップ使用のCL=2という若干早いメモリ
  256MB 2枚を購入して挿し替えた。 ノートンユーティリティのチェックではシステム性能の数値変化なし。
   普通のものがCL=2.5だが、CL=2での効果はどこにあるか不明。 BIOSには反映されているが
  ベンチマークチェックをするのも手間がかかって面倒です。
  (HDDを流体軸受け40GBに交換)
   2001年12月にHDDの空き領域が少なくなったのでMaxtor製の流体軸受け採用の40GB HDDに
  交換しました。 流体軸受けにより騒音の発生レベルが下がり稼動音が一段と静かになりました。
   また、40GB/プラッタであることから転送速度が早くなっており、特にスキャンディスクでの領域の
  完全チェックが20GB/プラッタの半分の時間で終わったので早さを実感しました。
  (約30分/10GBになりました。 20GB/プラッタのHDDの場合は約1時間/10GBでした)
   2002年10月には60GBへアップ、 2003年9月には120GBへアップしました。
 
 (その後2) (2004年4月追加)
   作ってから約3年経ち04年1月頃からチップセットファンから大きな音がするようになった。
  しばらくは時間が経つと静かになっていたが04年3月下旬にはついに大きな音が連続するようになった。

   チップセットファンの代替品として同じ回転数5500rpmレベルのファンがなく4200rpmの静音ケースファンを
  購入した。(ファンなどの回転要素の部品には寿命があり、どの位の寿命かは作り方によるようです。
  購入したファンの寿命は「超寿命5万時間と書かれていた。 ノイズレベルは驚異的な14.0db以下と)
   同時にWinXPの仮インストールをしようとしてWin98の120GBのHDDを壊してしまった。 代替として日立の
  120GB HDDを購入したが、これが騒音の発生源となりケースに猛烈な振動(共振)を起こした。 振動が床に
  伝わり不快な音でとても耐えられない音が出る。 最初は騒音発生源がどこか分からず手探り状態だったが
  オーディオ発信器で同じ帯域の周波数を出して周波数が120Hz=7200rpmのHDDであることが分かった。
   振動レベルが大きい、回転中のHDDをケースなどへ触れさせると音が出る状態だったのでショップで交換
  して貰ったが、交換して貰ったHDDも振動レベルが若干下がった程度でアルミ製のケースでは使うのが難しい
  レベルの振動を発生する。 仕方がないので別のHDDを次の段に取付けることで振動を低減させているが
  ケースから床へ振動が伝わり少しうるさい。(新しいPCが格段に静かなのでレベル差が大きい)
  04年4月に前と同じMaxtor製のHDDに交換して1件落着。
 
 ・ケース側板の共振対策
  ケース側板がファンその他の回転によって共振するのを抑えるために重しを貼り付けています。
  従来は比較的軽いもので間に合っていましたが、今回はHDDの振動がひどかったので重しの重量を増やし
  貼付け配置を変更。(位置はCPUファンの裏側付近で位置決めは手探りで側板の振動の大きい箇所に)
  (注) 従来は片側の側板だけに付けていましたが今回はもう一方にも若干の重しを付けました。


(後)                       (前)
従来の重しの付け方
(蝶番と500円記念硬貨)


(後)                       (前)
今回の重しの付け方(2001年4月)
(従来のものより一周り以上に大きい蝶番を追加)

 

(Top)ぶらり旅行写真集