A4. フレッツADSL導入記    (2002-3-2初版  2002-8-12更新)

(1) 状 況
  2001年12月にフレッツADSL 8Mbpsサービス開始に伴って料金改定され魅力的になってきた。
  私の住んでいる地域のサービス状況はイマイチで最初は適用地域外と言われた。(12月にも)
  電話回線の抵抗値が高くつながらないという話だったが、ISDNがつながっているので見込みがあると思いこの2月に確認するとつながり難いという話に変わった。(実績の蓄積か)
  (電話回線の抵抗値が高いというのはISDNの時にもあった話で2本の回線で接続したとの話だった)
  うまくつながらなかった場合の復元工事までの費用を負担すればADSL接続可能とのことなので申込んだ。 近い内に電話回線が改善される見込みがないということなので待っていても状況が改善される見通しがないとのことだった。(新しい局が出来なければ改善されないとのことで納得)
  アナログ回線に戻すには電話番号が変わると申込みの翌日に連絡してきた。
  (ISDN化の時に変わったので逆もあると確認していたので、古い番号に近い局番の番号を選んだ)
 
(2) 工 事
  工事は約30分ほどで終わったが、電話番号が変更になることなど工事業者の作業に立ち会って説明したので局側との連携がスムーズに運んだ。(工事手配資料が2枚別々で書き方が良くなかった)
  保安器部分の配線のやり直し、電話機側のモジュラージャックの構造確認、回線特性検査、電話接続チェック、ADSLモデムのリンク確立チェックで工事は終わり。
  モジュラージャックの交換がなかったので工事費は税込3150円だった。
 
(3) ソフト設定
 無線LANのISDNルーターをブロードバンド・ルーターにファームウェア変更して使うので、ファームウェアを変更して再設定するだけで良い。 アクセスポイントを認識しないのはウイルスバスターのファイアウォール設定が関係しているかとも思ったが、説明書の記述に曖昧な部分があるのでメーカーに電話で確認した。
 ISDNの場合の設定に似ているので1時間程でつながった。
 ウイルスバスターでADSL接続時に接続速度に関係した設定変更が出ていたが、インストール状態が悪いのか指定通りの設定出来ず。 再インストールでも回復しないため設定画面での設定で妥協。
 
(4) 使用結果
 ISDNからの変更だと早さが実感できます。
 また、NTT東日本のフレッツ関係のページ(http://flets.com/adsl/index.html)もISDNではなかなかつながらなかったが、ADSLでは楽につながってしまいレベルの差を感じた。
 
 数字で確認したいと思っていたらウイルスバスターの月初めの全ファイルチェックになり、ウイルス検索が大量ファイルのチェックで異常を起こす不具合を見付けてしまった。 システム的には無線LANのISDNルーターがブロードバンド・ルーターに変わっただけでPC側のソフトには変更がないので理解しにくい。
 14万ファイル位のウイルス検索後にWin98がビジーになってしまう。
 (空き物理メモリがなくなってしばらく動いてからフリーズ寸前の状態になる)
 トレンドマイクロのサポート対応はとにかくソフトを動かす方向での解決策で手動での検索設定をトレンドマイクロ推奨設定で使ってくれというものでした。(ただ問題点を回避するだけで根本的な解決策ではなかった)
 
 さて、フレッツADSLは8Mでつないだが難聴地域のせいで最初は下り500Kbps、上り700Kbpsという悪い結果だった。 下り側の性能改善を図るためにRWINの数値を約7倍にして下り660Kbps、上り640Kbps程度になる。 まあ、ISDNよりは早くなった訳ですがパーツ交換などでトライしたい。
 結果的には8Mでつないだのは失敗で1.5Mでつなぐのが正解だったようです。
 (注)最近のWindowsXPやブロードバンド対応をうたったパソコンはTCP/IP関係がブロードバンド対応に
    設定されているようです。(私のPCはWin98なのでISDNレベルの設定だったか)
 
 ADSLでの回線速度関係のHPを見て分かったことは、信号の減衰量(電話局からの信号レベル低下)が一定以上に大きい(電話局から遠い)場合は速度低下の割合が大きいということ。
 信号レベルが低い場合はノイズ対策が速度低下の改善に効果があるということでした。
 
 NTT側での回線調整メニュー(回線収容替え、ブリッジタップ外し)はどちらも2万円以上で、回線調整の効果の保証はないので回線速度に執着がない限り簡単にはやれない。
 (注)回線調整の結果、全く改善効果がない場合は工事費(作業部分)は無料になるようです。
 
(5) 少しの改善 (少しいじってみました。 その後の調査結果により見直しました02/4/4
  秋葉原へ行きノイズ対策スプリッタ(メルコ製IGM-FSAC-SP)を購入して交換しました。
  結果は少し改善しました。 (ADSL用モジュラーケーブル(60cm長)は効果不明、配線短縮だけ)
  回線接続速度はスプリッタの交換で若干の改善効果が見られました。(下りで100Kbps以上のアップ)
  一番良かった結果は下りが828Kbpsでしたが、3月末には560Kbpsに下がってしまった。
  (注) 一番良かった結果はたまたまノイズレベルが低い状況になっていたように思われます。
      現在はモデムの電源の取り方を変更するだけで接続速度が変わるような状況になっています。
  また、モデム接続時の状態が下限ぎりぎりのつながり方でなかなか局側とつながらないような状態だがメルコ製のスプリッタを使った方がNTTのスプリッタよりも私の環境では確実につながっています。
  明らかな差があり、スプリッタは簡単な構造のものなのにNTTのものではつながらないこともあります。
 
(6) 8Mから1.5Mへ回線速度を変更
  8M契約で下り最良828Kbpsから750、640、3月末には560Kbpsまで落ちてしまいました。
  上りが695Kbpsで下り560Kbpsでは良く使う方が遅いので1.5Mに変更することにしました。
  4/4に1.5Mへ速度変更した結果は下り690(現在660)、上り430Kbpsになりました。
  ねらい通りに下りが早くなった訳ですが、私の回線は局から遠くISDNの影響が大きいようです。
  今後さらに速度が落ちるようなら回線調整も考えなければならないようです。
  (同じフロアの別の回線はADSL伝送速度推定で1.5Mbps以上と良い結果が出ている)
 
(7) その後の回線速度 (6/5)
  回線速度測定で5月下旬まで安定していた下り速度が500Kbps程度に落ちてきたので、6/5午後にモデムの電源を入れ直した。 なかなかリンク確立しなかったが下り530Kbps程度でつながった。
  6/6早朝にもモデムの電源を入れ直して下り630Kbps程度でつながりました。(以前より若干の低下)
 
(8) 回線不調か? (8/12)
  8月に入って夕方と夜間の雷雨が続いた後でADSLモデムのリンクが外れてしまった。
  (ADSLモデムにルーターをつないでいるので一度リンクが外れると1分毎のルーターからの接続チェックによってADSLのリンクが回復できない環境になっている。 信号が弱くて1分以内でのリンク回復不可)
  朝8時頃までつながっていたが正午までにリンク外れ、一度回復してメールを受信後またもリンク外れ。
  回復しないのでNTT東日本のフレッツADSLサポートへTEL。 調査してもダメで翌日に業者を行かせるということになったが午後3時過ぎに回復して1時間様子を見ても切れないので業者来訪をキャンセルした。
  その後10日ほどになるがリンク外れなし、雨の後での絶縁不良の可能性もあるとの話だったが今後更に起きるようなら回線調整メニューの実施も考えないといけない。(電話の接続には全く異常はない状況)
  (注)リンク切断は10月にも起きたがこちらは旅行に忙しく後でということでそのままになった。
 
 (参 考)
・改善効果は接続速度が少しはないと改善効果を認識できないようです。(600Kbps程度では認識できない)
・スプリッタはNTTの指示は交換不可となっています。 YahooBBに対応していないと明記した製品もあるので使えるとの表示がないと交換使用はできないと思われます。(フレッツADSL対応の表示があるものを購入)
・フレッツADSLで接続したがNTTのフレッツ接続ツールが当初 回線はつながるがページ表示が出来ない状態になった。 NTTに電話して最終的にLANカードのドライバを入れ直してくれと言われ、最新版のドライバを入れてフレッツ接続ツールを動かすことができた。
・NTT局と家の間は直線距離が約2Km、主要道路での距離は3Km近くですが、元々の条件が悪いようです。
 接続速度が期待できない場合は1.5Mでつないで、良い結果を確認してから8Mに契約を変更するのが失敗しない作戦だと後で気付きました。(モデム他のハードの準備も考慮する必要があります)
・ファイルのダウンロードの早さはサーバーのレスポンスの影響が大きく、IE6(12MB)は6分でダウンロードができたが、あるマザーボードのドライバーはモデム以下の3KB/s以下の速度しか出なかった。
 結局サーバーがブロードバンドに対応していなければ早くはならないということになります。

 ・下りの接続速度がチェックできるサイトはいくつかあり、見つけたものは次のものです。
  条件の違いがあるので当然結果も違います。(ブラウザのバージョンなどソフト環境も関係があります)
  ネット上の負荷変動があるので時間帯によってかなり違った数字になります。
   http://www.usen.com/speedtest/      (数値が安定している。 いつまで使えるかは不明)
   http://homepage2.nifty.com/oso/speedtest/ (TCP/IPの調整情報あり)
   http://www.musen-lan.com/speed/     (下り/上りの両方がチェック可)

 ・NTT関係の情報
   線路情報の公開         http://www.ntt-east.co.jp/line-info/
   ADSL伝送速度推定システム http://www.dlqs.jp/ (サイト廃止)
   フレッツADSL通信速度チェックコーナー  http://flets.com/misc/adspeed.html
   実測データ例           http://www.ntt.co.jp/xdsl/result5.htm (サイト廃止)
   xDSL実験HP (98年結果)  http://www.ntt.co.jp/xdsl/ (サイト廃止)

(Top)ぶらり旅行写真集