C10. Windows Updateでのメモリリーク対策

2015-12- 4初版アクセスカウンタ

1.メモリリーク対策用の更新
  最近のWindows Updateでメモリリーク対応の更新があったような記憶があり、更新が入っているかの確認でネット検索したらWin7用に2015年6月にアップデートがあると出てきた。
  メモリリーク対応 KB3050265 - 東海フィールドサービス ブログ
  メモリリークは重要な問題なので入っていないとトラブルになるので[コントロール パネル]内でソフト更新状況をチェックしたが理由は不明だが入っていなかった。
  (32ビット版は上記ページ内にリンクがあります)
  64ビット版 http://www.microsoft.com/ja-jp/download/details.aspx?id=47351
  のリンクをクリックしたらマイクロソフトのダウンロード センターが開く。
  ダウンロードして実行すると「更新が実行されています」でインストールされる。
  暫く動かして全体的な動きの変化をチェック中です。

  (メモリリーク対応の更新はWin7用だけでWin8.1にはありません)


2.どうして今頃?
  Win8.1関係のパソコン アップデート関係の記事を作っているがWin7デスクトップのメモリ アクセスがおかしいような状況が発生する。 メモリ不足ではないがメモリ管理テーブルの中が壊れる状況があるのではないかということで確認した。
  最近、Windows10対応の更新を紹介しているサイトを見てWindows10更新関係の更新をアンインストールしてから動きが少しおかしくなっていて様子見をしている。(MSのWindows10更新関係の更新は異常なほどに多いので削除)

  ( 以 上 )


(更新履歴)  ブラウザのボタンで戻る

15-12- 4: 初版

(Top)ぶらり旅行写真集