幕について


歌舞伎の幕,といえばおせんべいの“歌舞伎揚”の柄にもなっている三色幕「黒・柿・萌黄」を思い浮かべる方が多いかと思います.
でも,歌舞伎で出てくる幕はそれだけではありません.そんな歌舞伎の幕のお話をしたいと思います.

定式幕
歌舞伎のお芝居が始まるときに引かれる三色の幕.「じょうしきまく」と読む.
幕府から許された三座のみが使用することができました.
森田座は「黒・柿・萌葱」(現・歌舞伎座)
市村座は「黒・萌葱・柿」(現・国立劇場)
中村座は「柿・黒・白」最近では平成中村座で見ることが出来ます.

幕は基本的に下手から上手(客席から舞台に向かって左から右)にひかれてお芝居の幕が開きます.


飾り幕・贈り幕
耳慣れない言葉かもしれません.襲名公演のときに良く見られるもので, 右上に縦書きで「○代目○○丈江」などとかかれていて,左下に「ひいきより」とあることが多いです.
中央部分はその俳優の家紋を取り入れた柄が描かれています.
これから一番早くこの幕を見ることができるのは恐らく海老蔵襲名のときではないでしょうか.


浅葱幕
あさぎまく,と読みます.お芝居の場面転換の間に,上からつるされている薄青の幕で,裏側では大道具の転換が行われています.
その間,表は義太夫が語っているだけだったり,幕前で芝居が行われていたりと,演目によって異なります.
裏の用意が出来たところで,析が「チョン」と入って,幕が振り落とされて次の場面になります(「切り落とし」とか 「振り落とし」という).
ぱっと変わる視覚的な効果があるものです.


道具幕
浅葱幕に,絵が描かれているバージョンです.
街道の風景や,お城の塀など,そのお芝居に合わせた背景がかかれています.
そのため,大抵の場合は幕前でお芝居があります.


揚幕
花道の出入り口(舞台と反対側)にある幕.
実は鈴みたいなものがつけてあり,左右に開閉するときに「ちゃりん」といった感じの音をわざとたてます.
この音で,重要な役の人物が出てくることを客席に知らせるのです.
写真は歌舞伎座の花道の揚幕.

ちなみに,「松羽目物」の揚幕は能舞台と一緒で,舞台下手側に二本の竹の棒を使って上げ下げしています.



消し幕
歌舞伎では,約束事として黒や赤は“ないもの”として扱う場合があります.黒衣などがいい例で,本当は見えているのに,いないものとして見なければなりませ ん.
この消し幕は,大抵が黒か赤で,例えば,ある人が殺されて,横たわっているときに,まだまだ芝居が続く・・・でもその死体役の人は不要,という場合に,黒子が消 し幕を持って現れ,自分の体を使って幕を広げて,死体役の人とともに袖まで移動する,というような使い方をします.
いきなり幕を持って出てきて,横歩きで去っていくのでかなりおかしな状況になっていますが,先に述べたように“見えないもの”として見てください.


松羽目物の幕
能や狂言を基にした「松羽目物」と呼ばれる芝居のときは,舞台下手側に出入り口の幕があります.
幕の裾に二本の棒がついていて,それを持ち上げて登場人物が出入りします.
色は左から紫・黄・橙・緑・白
これと同じものが,花道の揚幕にも取り付けられます.



以上のように,一口に幕といっても,色々な種類があります.
定式幕以外は,通常の公演で必ず見られるものと決まっているわけではありません.