あくまでNao流・いろはにほへと・・・??



[い]
言立て(いいたて) 「つらね」「厄払い」のこと.説話を述べ立てること.
ex.「外郎売」
家の芸 歌舞伎は世襲制度の上に立脚している演劇で,その名門は芸の伝承も行っている。
それをはじめて家の芸として表示したのが,七代目市川團十郎の歌舞伎十八番.
家の芸の詳細は,こちらを参照してください。
板付(いたつき) 幕があいたときや,回り舞台で転換したとき,既に舞台上に人がいること.
一世一代(いっせいちだい) 老齢に達した俳優が,これを限りに舞台を引退すると覚悟してつとめる最後の舞台や演技を指す.
歌舞伎の場合は大抵は当たり役の特定の狂言に対して「○○一世一代にて相勤め申し候」などと大きく謳って告知する.
糸に乗る 多くは義太夫狂言で,三味線のリズム,音程に合わせて台詞を言う,語りの演技方法
入事(いれごと) 原作や台本に無い台詞を入れたり,段取りになること.
色悪(いろあく) 敵役の一つで,二枚目だけれど悪役.
ex.「東海道四谷怪談」民谷伊右衛門,「色彩間苅豆」与右衛門
色敵(いろがたき) 三角関係のライバル.色悪ほど二枚目ではない.


[ろ]
六法 もともとは,武士(浪人)の歩く姿を描写した,歩く型らしい.
そこから派生して,弁慶の飛び六法などが生まれたようである.


[は]
花道 舞台に向かって下手側にある,歌舞伎独特の舞台への登場通路.ときに往来,ときに廊下になる
演目によっては,上手側にもう一本つけられることもある(仮花道)
花四天(はなよてん) 四天に同じ・・・花がついた杖(棒)を持っているところから来る呼び名
はねる 終演の俗称.歌舞伎以外でもよく用いられる. 歌舞伎関係者は「打出し」というらしい.
番附(ばんづけ) 江戸時代には宣伝用のチラシやポスターのことをさした.
今では,関西でプログラムのことを「番附」と呼ぶ(ちなみに東京では筋書)


[に]
肉襦袢(にくじゅばん) 肌の露出が多い役のときに着る,伸縮自在な襦袢.彫り物,隈取がかかれたものや, 女形用,力士用などがある.
二枚目 江戸時代,俳優の番附が劇場の軒にかかっていた.
向かって右から見て一人目が書き出し(=最も人気のある人),二人目が二枚目.同じように花形役者をさしたところから, 転じていい男をさすようになった.
現在,この番付表は,は名古屋御園座・京都南座の顔見世のときにあがる「まねき」で見られる.
仁(ニン) 役に扮したときの柄や持ち味を指す.役と役者の柄が合ったら「ニンがいい」という使い方をする.


[ほ]
回り舞台の回る部分.丸いので「盆」という.
本朝廿四孝(ほんちょうにじゅうしこう) 近松半二作,長尾武田の確執を主題にした浄瑠璃。
よく上演されるのは,四段目の「十種香」「狐火」
主役の八重垣姫は三姫のひとつ


[へ]
平家女護島(俊寛) 近松門左衛門作.能の「俊寛」からきており,成経の恋人・千鳥を船に乗せるため,自身が罪を犯して
島に残る筋になっている.幕切れで回り舞台を使い,岩に登って別れを惜しむ演出.
悲しい上に,ビジュアル的にあまり美しくないお芝居.
部屋子(へやご) 江戸時代からある,俳優の後進指導制度.門閥外の子役や身分の定まらない若者を引き取って,自分の楽屋で教育すること. この部屋子から芸養子になるケースが多い.


[と]
胴抜(どうぬき) 胴と袖が違うもので作られた着物.遊女の普段着風な着物でよく見かける.
遠さん場(とおさんば) 仮名手本忠臣蔵の四段目,判官切腹の場面が始まったら,江戸時代から観客や弁当売りを 客席に通さなかった.現在でも,入場できなくなるので,見に行かれる際は気をつけてください.
遠見(とおみ) そもそもは大道具用語・観客から一番遠い背景をさす.
遠くから近づいてくる様子を表すときに,最後に出てくる本当の俳優とまったく同じ格好を子役にさせて, 舞台の奥のほうで演技をさせること.
ex.「一谷嫩軍記・組討」の熊谷直実・平敦盛/「新口村」忠兵衛・梅川
常磐津 1739年,江戸ではやっていた豊後節が禁止され,その艶っぽいところを消してはじまったものが常磐津.
特徴は拍子が明快で舞踊劇に適しており,江戸前にでいているので語る要素が強いといわれる.
床山(とこやま) 鬘やさん
鳥屋(とや) 花道の出入り口である,揚幕の内側(客席とは反対側)の部屋.
とんぼ 立ち回りの際に,主役からきられたり投げられたりして宙返りをすること.


[ち]
近松門左衛門(ちかまつもんざえもん) 元禄時代の人形浄瑠璃・歌舞伎狂言の作者
「曽根崎心中」,「冥土の飛脚」(→「恋飛脚大和往来」) 「夕霧阿波鳴門」(→廓文章),「女殺油地獄」,「心中天網島」「国姓爺合戦」など
力紙(ちからがみ) 荒事師の鬘の髪を束ねた髻(もとどり)につける奉書紙.白いピラピラした紙が頭についていたら,それです.
血糊(ちのり) 舞台で使用する血潮.実際に口からたらしたりする場合と, あらかじめ布に染み込ませておいて,着物を一枚脱いだら 切られている様を表す場合がある.
ex.「仮名手本忠臣蔵・五段目」斧定九郎
着到(ちゃくとう) 開演30分前に演奏される太鼓、大太鼓、横笛の鳴り物
チャリ 上方の方言.道化役
(お)中二階(ちゅうにかい) 三階さんの女形版.江戸時代は,三階建ての建物は許されていなかったため,中二階と呼んだ. そこに,下回りの女形が楽屋を構えていたため.
チョボ 義太夫の太夫さんのこと.語るときに,チョボと点をつけていたため.


[り]
梨園(りえん) 歌舞伎界のことを指す言葉.
語源は,中国・唐の時代に,玄宗皇帝が宮廷学士たちを集めた芸能学校を作ったが, その場所が梨畑にあったところから来たといわれている.


[わ]
若衆(わかしゅ) 美少年の役
和事(わごと) 写実的でやわらかみのある演技.上方系で坂田藤十郎によって創始された.


[か]
楽屋落ち(がくやおち) 楽屋内の人々だけに通用する洒落やネタなどを舞台の上で
役者が台詞の中に混ぜこんで話すこと.
内容によっては,お客も知っていることで,ウケを狙うためにわざと言う場合も.
飾り幕(かざりまく) 襲名公演の口上の前などに見られる幕.定式幕の代わりに用いられ,右側に○○さん江,左側に贔屓より, と書いてあり,中央は有名な画家の絵や家紋をあしらったものが描かれているもの.
紙衣(かみこ) 字のとおり,紙(和紙)でできた衣装.実際は和紙でできている, という約束事で,布でできているものを着ている.
ex.以前は裕福であった大店の若旦那が放蕩の末に勘当されて,馴染んだ遊女のところに訪ねて来るという「やつし」芸の 典型的二枚目→「廓文章」伊左衛門など
 喧嘩をしないために,母親がわざと紙衣を着せる→「助六由縁江戸桜」
歌舞伎では紫縮緬に黒地に金や銀で手紙のようなものが縫ってある衣装が 典型的紙衣として使われている.
上手(かみて) 客席から見て,舞台向かって右側


[よ]
四天(よてん) 中心人物にかかっていく大勢の捕手(とりて)
裾脇に切れ目の入った四天を着ている.
cf.花四天


[た]
だんまり 演出用語.そのまま演目のタイトルになることも.
複数の登場人物が暗闇の中で何かを探りあい,ゆ〜〜っくりと動く様.
なぜか田舎の街道に,姫や僧侶や武士や町人など身分も年齢も様々な人が
宝物を探しあうパターンが多い.いつ終わるのか,と思うほど長いが,
たいていは悪者が宝を奪って花道の七三あたりまで逃げたところで, 「チョン」と析が入り,後ろの黒幕が落ちて明るくなって終わる.
明るくなっても,実際はまだ暗闇の中,というのが暗黙のお約束.


[つ]
ツケ 舞台上手の一番端で,床に座り,やや厚い四角の板(ツケ板)を 自分の前に置きその板をちょうど拍子木のような2本の析で叩いて音を出す.
俳優が見得をきるとき,または何かを強調したいとき・・・
俳優が舞台を走り去るときの足音や,物を落としたときに 印象付けたいときに音をつける.
面明かり(つらあかり) 照明のひとつで,長い棒の先にお皿に乗った蝋燭に火が灯されており,
後見がその棒を操って,役者の顔や身体近くに差し出して照らす.
電気の照明もないころに,スポットライトの役割を果たしたであろう物で, 今の世の中では不必要なのだろうが,雰囲気を出す効果は十分にある.


[な]
名題(なだい) 役者の階級を表す言葉.現在は「幹部」「名題」「名題下」の3種がおもに用いら れる.
名題になるには,ある条件を満たした上で,試験(筆記試験と面接)を受け,合格すると師匠の後援のもと「名題披 露」をおこなう.
名題になると,看板に名前が挙がり,役づきが大きく変わってくる.


[ら]
落語物 原作が落語からきたもの
欄干渡り(らんかんわたり) ケレンの演技の一つ.
「義経千本桜」河連法眼館で狐忠信が欄干をしゃがんだまま歩いて渡る.


[う]
唄方(うたかた) 長唄などで,三味線方にたいして,唄うほうを指す.
打出し(うちだし) 一日の公演が終わった後に打たれる大太鼓.転じて,終演を指す.
上調子(うわじょうし) 清元,常盤津などの浄瑠璃の三味線で,音を美しくするため高音域を弾く別の三味線が使われること. 上調子はたいてい一人.


[お]
花魁(おいらん) 遊女の中でも身分が高い人.
ex.「助六」→揚巻,「籠釣瓶」→八ツ橋
鸚鵡(おうむ) 同じような台詞・動きを役者が繰り返すこと.
ex.「お染の七役」鈴木弥忠太・番頭善六,「法界坊」番頭正八・法界坊
大切(おおぎり) 一日の最後の幕.「大喜利」と書くこともある.
大向う 芝居の最中に「○○屋!」と声をかける集団の方々.
そもそもの語源は,江戸時代に一番安い席(立見席など)で見ている観客を指したらしい. そこからよく声がかかったのが転じて,現在の意味になったといわれている.
素人もかけているが,プロ集団がいくつかあり,晴れて見習いから正会員になれると, 劇場別に「木戸御免」のお札をいただけるらしい.
ちなみにプロ集団といっても,お給料は出ません.ただし,役者さんからお礼が出ることはあるようです.
おこつく しぐさ・舞踊の振りで,つまづく動きのこと
落ち入り(おちいり) 死ぬこと,死んだことを表す.
切腹など,身体を前にがっくりと落ち込ませて死ぬところからきている.
女形・女方(おんながた) 女性の役をやる人のこと.


[く]
国崩し 国をのっとろうとする,敵方の悪人
隈取(くまどり) しぐさ・舞踊の振りで,つまづく動きのこと
黒衣(くろこ) 「後見」の欄参照


[や]
櫓(やぐら) 劇場正面に掲げられた,四角い見物台
江戸時代は,これがあることが幕府公認の芝居小屋ということをあらわした
屋号 江戸時代,苗字を名乗れず屋号で呼ばれた.役者個人やその一門を指す.
屋台崩し 家がつぶれたように見せる大道具の仕掛けのこと.
やっとことっちゃうんとこな ふざけているわけではない(笑)第二弾,立派な台詞.
「暫」の鎌倉権五郎,「助六」のくわんぺら門兵衛・朝顔仙平が使う台詞で,
意味合いとしてはよくわからないが,「やっとこさ,どっこいしょ,うんとこ さ」
といったところでしょうか.
病鉢巻(やまいはちまき) 病人がつける,紫の鉢巻.左に結び目があり,これをつけている役は病気であるということを表す.
ex.「助六」→助六,「廓文章」→夕霧,「寺子屋」→松王丸など


[ま]
幕間(まくあい) 休憩時間
俎帯(まないたおび) 花魁(身分の高い遊女)がつける,前に垂れ下がった台形型の刺繍が豪華な帯
丸本物(まるほんもの) 人形浄瑠璃を歌舞伎化した作品.人形浄瑠璃の言葉を納めた初演本を「丸本」というところからきている. つまりは義太夫狂言のこと.


[け]
消し幕 上演中の舞台に突然現れる,赤や黒の四角い幕で,
裏側では役者が着替えたり,死んだ役の人を舞台袖まで運ぶときに使用
歌舞伎の約束事では「見えないもの」ということになっている.


[ふ]
吹き替え 早変わりなど,二役以上やるときに,同じ扮装をした人を使うこと.
人形の場合もある.
ex.「お染の七役」
含み綿 下膨れの頬を見せるため口の中に綿を入れる化粧法.
綿を竹べらで奥歯の外側に入れるらしい.赤っ面(赤い地色の化粧で隈取をしているような役)がよくしている.
ぶっかえり 引抜きの一つで,外側の衣装の縫い合わせた部分の糸を引き抜くと, 帯より上が下に垂れ,裏側に隠れていた異なる柄の衣装が表側に出てくる.
善人から悪人へ変わったときや,妖怪などが本性をあらわすときによく用いられる.


[こ]
後見 役者の影について,演技の手助けをする人.
黒衣を着ている人と,鬘・裃(もしくは紋付袴)を着ている人がいる.
世話物だとたいていは黒衣で,舞踊や歌舞伎十八番など, 様式性の高い舞台だと袴後見が出てくることが多い.
基本的には「見えないもの」という暗黙の約束がある.
ちなみに,雪のシーンでは白衣,海のシーンでは水衣など,
舞台の背景の保護色で後見の衣装が変わることがある.
口上(こうじょう) 舞台の上に緋毛氈をひき,裃姿の役者がずらっとならんで,観客に向かって順に挨拶をすること.
襲名披露口上や,地方公演の際のお目見え口上など.
口跡(こうせき) 台詞術,声のこと
子別れ 何らかの事情で,子供と別れなければならない設定の芝居.
ex.「重の井の子別れ」


[え]
江戸三座(えどさんざ) 江戸時代の幕府公認の三座.市村座・森田座・中村座
もうひとつ,山村座というのもあったが,正徳4年の江島生島事件で廃止された.

この三座に何かあった場合は,河原崎座・都座・桐座が代わった.

縁切り 男女が縁を切るために別れを告げる場面.
ex.「籠釣瓶」


[て]
手負い事(ておいごと) 瀕死の重傷を負っている人が,痛みをこらえて述懐する演技
ex.「忠臣蔵・六段目」勘平,「義経千本桜・小金吾討死」
出端(では) 主役が花道から登場して,演技をすることだが,全ての役にいえるわけではない.
ex.「助六」助六
出囃子(でばやし) 舞踊物の際に,囃子方が長唄などとともに舞台に並んで演奏すること.
(演目によっては表に出てこないで,御簾内で演奏することも多い)
雛壇上段に長唄の唄、三味線.下段に囃子方が座る.
下手から太鼓,大鼓,小鼓,笛の順.
天紅(てんべに) 遊女が出す巻き手紙で,上に赤い線がひかれている.
ex.「忠臣蔵・七段目」お軽


[あ]
愛想づかし(あいそづかし) 女性が心ならずもそっけない態度をとって,縁を切ること
ex.男の出世・主君への孝行のためなど;「御所五郎蔵」皐月→五郎蔵
  恋人へ忠誠を示すため;「籠釣瓶」八ツ橋→次郎左衛門
また,本当に嫌な場合もある
ex.「助六」揚巻→意休
合引(あいびき) 舞台上で役者が座る,黒塗りの台形の椅子
ex.「菅原伝授手習鑑・寺子屋」松王丸,春藤玄蕃
赤っ面(あかっつら) ex.「暫」成田五郎,「義経千本桜」亀井六郎
揚幕(あげまく) 花道の出入り口にある幕で,横に開ける.その際,わざと強く引いて,「ちゃりん」と 鈴?の音をさせる.その「ちゃりん」が登場人物が出入りする合図になる.


[さ]
差金(さしがね) 動物など作り物を先につけてあやつる棒で,黒塗りの竹竿の先に針金をつなげている.
ex.「鏡獅子」「保名」蝶,「毛抜」毛抜き・小柄・キセル,「金閣寺」鼠
三階さん 名題下の役者の別称.昔,楽屋が三階にあったことからついた呼び名.
三婆(さんばば)
三姫(さんひめ) [歌舞伎の基礎知識→役柄「姫方」参照]
「祗園祭礼信仰記・金閣寺」雪姫,「本朝廿四孝」八重垣姫, 「鎌倉三代記」時姫
三枚目 道化方のこと.cf.二枚目


[き]
析(き) 拍子析で「チョン」と音をつけること.
1.楽屋内で,幕開け前に観客には関係なく,「知らせ」の役割として時間などを伝えるため
2.回り舞台を動かしたり,浅黄幕の振り落としなどの「きっかけ」
3.定式幕がひかれたあと,小さくチョンチョンと打って,観客へ知らせるための「つなぎ」ちなみにこの場合は, 「なおし」と言い,休憩が入らずすぐに次の幕が開く,という意味.


[み]
見現し(みあらわし) 動物など作り物を先につけてあやつる棒で,黒塗りの竹竿の先に針金をつなげている.
ex.「鏡獅子」「保名」蝶,「毛抜」毛抜き・小柄・キセル,「金閣寺」鼠
見立て(みたて) ex.「仮名手本忠臣蔵」七段目
道行(みちゆき) 旅をする場面を現した舞踊.
ex.「吉野山」(主従),「忠臣蔵・四段目道行」(恋人),「忠臣蔵・八段目」(母娘)


[し]
下手(しもて) 客席から見て,舞台に向かって左側(花道があるほう)
シャギリ 各部閉幕後の演奏される太鼓、大太鼓、横笛の鳴り物
襲名 俳優がその家の代々の名前を継ぐこと.稀に家が違う先人の名跡を継ぐこともある.
定式幕(じょうしきまく) 三色の幕.順番は劇場によって異なり,
国立劇場は右から黒・萌葱・柿の順,市村座に倣っている.
歌舞伎座は、左から黒・柿・萌葱の順,森田座に倣ってる.
平成中村座は中村座と同じで,柿・黒・白
一般的には下手から上手(左から右)に引かれて幕が開く(つまり閉まるときは反対).
所作板(しょさいた) 舞踊・狂言の際に,足裁きがよくなり,足拍子が目立つように置く舞台のこと. 幕間の間に花道にも用意しているので,見られると思います.
所作事(しょさごと) 舞踊のこと
白浪(しらなみ) 泥棒,盗賊のこと


[ひ]
引抜(ひきぬき) 衣装の下に,もう一枚違う衣装を着込んでいて,仕付糸を後見が抜いてパッと下の衣装に変わる様
雛段(ひなだん) 舞踊のときに,緋毛氈の上に長唄・三味線・鳴物がずらっと並んでいる段.
びびびびび ふざけているわけではない(笑)第一弾,立派な台詞.
女形が使う台詞で
・恋人と仲良くしているのを兄に邪魔された妹が兄に向かって(「義経千本桜・鮨 屋」お里→権太)
・セクハラを受けた腰元が相手に向かって(「毛抜」腰元巻絹→粂寺弾正)
どちらも「あかんべぇ」的な感じでしょうかねぇ・・・


[も]
モドリ 悪人だった人が,最後に善心を取り戻すこと
ex.「義経千本桜」鮨屋の権太,「実盛物語」瀬尾十郎


[せ]
青黛(せいたい) 青い隈取をとるときに使う,顔料
責め場(せめば) 主役(たいていは善人)を敵役が苦しめたり,虐めぬいたりする場面.
千秋楽(せんしゅうらく) 興行の最終日.
千両役者(せんりょうやくしゃ) 偉大な役者のこと.
江戸時代に,年収が千両を超えた役者のことをさしたところからきている.


[す]
素踊り(すおどり) 衣装を着けずに紋付袴や着流しで踊る舞踊,または化粧をせずに踊る舞踊
スッポン 花道の七三(花道の揚幕から七分、舞台から三分)にある小さなセリの名前.
ここから出てきたり引っ込んだりする役は,妖術使いや幽霊など,人間ではない役.




HOME