マタニティ下着購入

購入の様子

7ヶ月の頃、検診の帰りに大手スーパー内にあるマタニティのコーナーに立ち寄った。 今までも何回かこのコーナーへ立ち寄り買い物をしたが今でもこのコーナーに行くのは何となく苦手。 「私妊娠してます。」というプラカードを下げているようで、 何となくカッコ悪いような、照れくさいような…。 買い物好きな彼でも下着が氾濫しているこのコーナーだけはくっついてこない。
マタニティ用下着で、すでに買って着用しているものは、サポーター腹巻き、 腹帯付きガードルなどで、普通の下着の上に冷え防止のために身に付けていた。
ブラジャーに関しては、妊娠初期時にサイズアップしたものを購入して以来、 買い換えていなかった。しかし、マタニティ本などを見るとブラジャーに関しては 「ワイヤーの締め付けが乳腺に悪影響」「妊婦の胸と普通の胸では形状が違う」 「授乳しやすいデザイン」「乳もれパット付き」 など多機能で身体に合ったマタニティ機能付きに切り替えることを薦めている。 マタニティ用を買わずに、大きいサイズもある外国製のブラジャーなどで間に合わせている友人もいたが、 私は、以前買ったものもきつくなっていたし、産前産後使用できる方が経済的なので、 普通の下着からマタニティブラジャーへ切り替える事を考えていた。 マタニティグッズの通販カタログも取り寄せていたが、 いろいろなタイプがありすぎて何を買っていいのか分からず、 カタログだけで買う自信がまだなかった。
フラフラと売り場を見ていると白衣を着たマネキンのおばちゃんが「スーッ」と私の横に立っていた。 「あら〜、おめでたなのね。何箇月なの?何かお探しでしたら手伝いますよ。」と、 お腹が目立ってきて、キョロキョロしている新米妊婦丸出しの私を見て(買ってくれそうなお客が来た) と嬉しそうな顔をしながら声をかけてきた。 胸元を見ると「入店証」のバッチを付けたメーカー派遣販売員だった。 いつもなら、うっとうしく感じるが、どうせ何か買うつもりだったし、 見ただけでは何が何だかよく分からないので、 アドバイスをもらう事にした。 「産前産後使える下着がほしい。」と伝えると、担当するメーカーの商品が置いてあるコーナーへ案内され、 そこには、小さい丸テーブルがあり、その上にはカタログや下着が置いてあった。 普通の下着とはどこが違うのかという説明をした後「やはりね、こういう時は普通の下着じゃダメなのよ。 サイズをお探しするから、着用してみてちょうだい。」と言われたので自分のサイズを告げた。 2〜3個違うサイズやデザインを見せてくれて「今着ているジャンパースカートの上から下着を付けると、 産後サイズにピッタリなのよ。」と、その場で素早い慣れた手付きで洋服の上から着用させてくれた。 仕切りもカーテンもないスーパーの売り場のど真ん中で、 紺のジャンパースカートの上からピンクのブラジャーを付けた私の格好はかなり間抜けだったと思う。 彼は遠巻きに私の姿を見つけ、目が合い、声をかけるような顔をしていたが、 その下のピンクのブラジャーが目に入ったのか、他人のフリをして、素通りしていってしまった。 張本人の私だって恥ずかしいのに、だんなはもっと調子悪いだろうと思って、私も彼に声をかけれなかった。 数人の男性買い物客は、奇妙な格好をした私を見ては「見てはいけないものを見てしまった。」 という顔で、目が合うと慌ててそらすくせに、視線は洋服の上に着用したブラジャーをしっかと見て、 足早に通り過ぎて行った。 一刻も早く下着をはずして欲しかったが、この下着はいかに素晴らしいかという説明が絶えることなく、 延々と続いていた。その間ピンクのブラジャーと人の視線が気になってしまい、上の空で説明を聞いていた。
説明が終わりそうもないので、キリのいいところで「あの〜、更衣室があれば、入りたいんですが。」 と声をかけると「あらあら、恥ずかしいのかしら?ごめんなさいね。気づかなくて。」と、 おばさんはケラケラ笑い出した。「妊婦になっても、 こんなところで下着の格好をするのは恥ずかしいんだよ。」 と、言いたいところだったが「やはり、人の視線が気になりますので。」と、やんわりと心情を伝えた。 (ん〜、大人だわ) やっと、カーテン付きの更衣室に入ることができ、落ち着いていろんな種類を試着し、 機能面での質問もできる余裕が出来た。
いくつか試着した後、おばちゃん一押しのブラジャー一点と、洗える方が「経済的」 の一言で洗えるパットも購入する事にした。 別のメーカーの物だったが、授乳に便利な前開きで、 就寝時や入院時にも使用できるハーフトップといわれるブラジャーも買った。 ブラジャー4500円、パット1200円、ハーフトップ2枚組1600円(これは安い!) と決して安い買い物ではない。 しかし、いろいろと聞く事が出来て、マタニティブラジャーの機能別の違い、良さなどが分かったので、 次回購入する時は、安い通販カタログを利用することにした。 下着なんて一生使えるわけじゃないし、 ましてやマタニティ用なんて、せいぜい一年くらいしか利用しないから、 高い商品を買う必要はないと思っている。 おばちゃんのレクチャーは、長かったけれど、今後、賢く安い買い物をする知識になったので 「良し」としよう。

安い通販カタログの紹介はこちらをクリック☆