9月の風虎日記

 大人げないからこっそりと。
 ひとが、そんなに便利になれるわけ、ない(笑)。


96年の風虎日記
97年前半の風虎日記
5月の風虎日記
6月の風虎日記
7月の風虎日記
8月の風虎日記

謝罪要求関連

9月1日(月)
9月2日(火)
9月3日(水)  鳴らない、電話>  たずねびと>

9月4日(木)  流行批評>
9月5日(金)  その当時>
9月6日(土)  魂の叫び>
9月7日(日)  オタクアミーゴス IN 森下>
9月8日(月)  歌をあなたに>
9月9日(火)  虹野さん>  巨乳の話>
9月11日(木)  俺に関する噂>
9月12日(金)  セラムンの枝葉>  ただ女だというだけで2>9月13日(土)  エーデルワイス>  愛と死の輪舞>
9月14日(日)
9月15日(月)  魚器図鑑>  b氏の喜劇>
9月16日(火)  大きくなったら>  オタク向けキャバクラ>


9月17日(水)

 でもあたしが明和電機になりたいのと、キャバクラに来たへき萌え少年がパニオンを「へっきー」って呼びたいのの間には、あんまり差がないんだろうな。きっと。

おさかなはウケの中>
 とかく情報を右から左に流してしまう私が、なんでこんなにハマってる明和を他人に勧めないかという話。
 もう1年くらい前ですか、夜中のTVで偶然ウケ−テルを見て、すっかり気に入っちゃった私は、翌日魂(ココロ)の師匠であるAさんに嬉々としてその仕様と性能を説明したわけなんですよ。ところがどっこい強烈な拒否反応を受けてしまいました。
 なんせウケ−テルは電話の時報で天井の針が落下し、タイミングが悪いと下にいる魚に刺さる装置。針が刺さると魚は死んじゃうんだ。そういうものを喜ぶのはおかしい、という正論をぶつけられてしまったっすよ。幸か不幸か、ウケ−テルを経験した魚は一応みんな生きてるらしいですけんども。副社長は設計ミスだと言ってたような。
 「いや、電話さえかけなければ魚は無事で……」と言い訳したら、もっと悪い! とお叱りを受けました。うーむ、フェデッセンの宇宙……あれ違ったな、フェッセンデンだっけ? ハミルトンの短編の。あれみたいでおもしろいと思ったんだがなー。ダメでした。 どうですか? ダメですかねー。


9月16日(火)

 もうカーティス・ニュートンだって小学校にあがる歳である。あたしも歳をとるわけだよ。え? カーティスは小学校に通ってないって? いいんだよ。どうせチコクレーターに秘密基地はないんだから。

大きくなったら>
 子供の頃「大きくなったら何になりたいの?」と聞かれると「(せめてもすこし)大きくなりたい」と答えたものだった。未だに思ってるけど。あと5センチは大きくなりたいものである。体重このままで。
 それはそれとして。幼稚園の時「大きくなったら……」と聞かれて「けんちくかになりたい」と答えていたのは、どっかで見たジオラマのおかげである。「ああいうのだれがつくるの?」と聞いたら母が「建築家」と答えたもんで。建物を建てたかったのではなく、ジオラマを作りたかったのである。
 ジオラマ作りたい熱はそれ以降もずっと続くのだが、さすがに知恵が付いてくると「ジオラマ作る人」と「建築家」が違うことくらい解ってくるので、次はグラフィックデザイナーになりたくなった。ある家庭雑誌で、テーブルいっぱいに並べた蝋細工のごちそうを披露しているデザイナーがいて、それ以来である(笑)。もちろんこの当時、グラフィックデザイナーのなんたるかなど解るわけもなく、彼の蝋細工が趣味の範囲だって理解が出来るのは数年後だ。

 でもって今度は食品見本を作る人になりたかったのだが、それはちょっと志が低すぎたらしく、母から却下された。

 そのうち「学校のセンセーになりたい」とかいうイカレポンチな夢も見たが、その後「やっぱりサラリーマンになってお茶くみとコピー取りにあけくれる」のが今でも夢である。いや、一応サラリーマンにはなったが、最初の仕事が「中古の98やX68をバラして掃除」とか「メモリやFM音源をさしてあるく」「指紋が消えるまで筐体を磨く」だった。今でも「先輩社員にお茶くみの極意を教えてもらう」のが夢。「先輩社員からイっちゃったMACを無理矢理再生させる極意を教えてもらう」んじゃなくて。いやマジでお茶くみわかんないとツライよ、今後の人生。

 以上は現実的な希望。以下は実現不可能なことは「わかってはいるが、わかるわけにはいかない(C)島本和彦」な夢の話。
 最初になりたかったのはキャプテン・フューチャーだった。断っておくが、キャプテン・フューチャーという職業(?)に憧れたのではなく、それになりたかったのだ。
 それ以来ずっと明神タケルになりたかったり、若島津健になりたかったり、光ゲンジになりたかったり、バイオマンとかチェンジマンとかフラッシュマンとかマスクマンになりたかったし、いやもちろんなれないことは当然本人も十分理解している筈なのですが、なれないなどと理解するわけにはいかない(笑)。
 たとえばアイドルを好きになると「絶対彼と結婚する!」とイっちゃう女の子って絶対いるわけなんだけど、あたしの場合は「彼になりたい」なんだよな。つうか、「なるしかあるまい!」か。
 彼と自分の2つの個を認識するよりも、彼という絶対値に自分をはめ込みたいというか、そっちの方向にイっちゃうんだ、これが。対象を客観視できないのかな? 具体的になにをしても、対象そのものになれるわけはないので、なにをするわけでもないんだけどさ。うまい呼吸法が見つかるまで、悶々としてて、ある日ぽかりと吸収した気持ちになると、ぱーっと熱が冷めるんだ、これが。あ、エヴァファンみたい(笑)。

 結論。ということで今の私は明和電機になりたくてしょーがない。
 やばいな、やはり自らにすきすきラッシュを制御すべく指示を与えなければ。一気に燃え上がると、冷めるのも早いから。

オタク向けキャバクラ>
 の話題が対岸のオタアミ会議室で出ていた。収入減な昨今、そんなとこがあったらバイトさせて欲しいものである。でもきっと店が終わった後で、客の悪口に花が咲くだろーな。
「ちょっと**ちゃん聞いてよー、今日の客なんてさー、夏エヴァ感動して泣いたんだってぇ。涙浮かべて力説してたわよぉ」
「げげ、サイテー。でもあたしの客はへきへき萌え萌えでさー、あたしのこと『へきるって呼んでいい?』って、手ぇ握って聞くんだぜー!」
一同「ダッセぇー!」
 ……こっちのが楽しそうではあるな。

 この話題、もともとコスプレイメクラから出てるんですけどね。気になってることがあるんだよなー。足繁く通ってる彼らは、きちんと性病検査してるのかな。女の子はお店が管理してるだろうけど客はそうもいかんし。
 前にVANで吉原レポートしてくれた人に聞いたら、毎月ちゃんと行ってるそうである。それがマナーだし、粋な遊び方だとか。うーん、男らしいぞ。


9月15日(月)

 一度書いた日記を、失ってしまう。まああんまり明和好き好き状態が激しかったので、宝塚からの揺り返しが来たのだろう。どっちにしろあんまり急激に好き好き魔女先生状態になっちゃうと燃え尽きるのも早いので、適度に調整して行かないとな。今のあたしは明和で人生も世の中も語れちゃうくらいビリーバーだからな(笑)。

魚器図鑑>
 買いましたよ魚器図鑑。これがまた……やべえ、語りだしたら止まらないぞ。
 なんちゅうか、配線図とか設計図があるのはかっこいいっす。しかしなんといっても巻末の、社長による解説が泣ける。「にいちゃ〜ん」「のんちゅ〜ん」……うーむ、弟妹のおる人は必読。馬鹿でも妹はかわいい。またレースのカーディガン無断で着て行かれたとしてもな(怒)。なんで馬鹿妹はのびるもんばっか選んで着てくんだ? あたしの服をすべてのばすために、ストーンカッターズから送られてきたマグリットの秘密諜報員なのか?

 兄弟で思い出したんだが、あたしの好きな絶対少年も、たしか兄弟で工房やってるんだよな。いいなあ、楽しそうで。

bの喜劇>
 または「Mr.bの悲劇は海より深い」ってのはどうでショウ。
 日記猿人の予定された不備、バグではなくて仕様ですの彼、b氏が、彼の斬新な思想をまたまたご自分の日記で展開中。しがない一凡人の自分が、彼の斬新な思想に満ちあふれたページを訪問するにはそれなりの用意が必要デす。
 まず画像の読み込みをオフにしまス。それから念のためにRead Me!に飛んデ、彼の前後に位置しているページにアクセスしておきまス。これで彼の順位はワタシのせいで変化することハありませン。これ個人の自由デース。誰も傷つきまセンね?


9月14日(日)

 一日中明和とエリザベートを交互に見ながら過ごす。とてもBGVにできず、TVにかじりついて眺め続け、気持ち悪くなる。

 夜、珍しく亀有のアニメを鑑賞、どきメモの回だからである。佐織ちゃんはYATの椎名へきるみたいで、髪は緑。しかーし、声は菊池志穂ダぁ。うーん、結構萌え。なんか紐緒さんみたいなこと言い出すし。


9月13日(土)

 昨日はみっともないとこさらしまくってまことにお恥ずかしい限りっす(深く頭を垂れる)。こんなみっともねえ姿を横森さんにまで見られていたとはぁああ! あー恥ずかしい。でも自分の恥なので消去しません。えいちくしょう。

エーデルワイス>
 明和電機画報3。魚コード(魚の骨の形をした延長コード。コクラノミコン暗黒星雲賞の副賞だったやつ)制作過程がすっげえ楽しい。子供の頃「はたらくおじさん」が好きだった人は必見。ツクババリバリ伝説の物理的に危険な電解研磨グラインダーマンとか、地球のプレゼント冒頭での、ちょっと円谷な背景におけるパチモク展開シーンとか、ラスト近くの副社長のパチモクによる自爆(だろ?)など、かっこいい映像満載。特にパチモクの翼がゆっくり展開するところやちっコイビートのスイッチを切り替えるところは、何度も何度も巻き戻して見てしまう。めっちゃくちゃかっこいい。

 しかしやぁっぱエーデルワイスで「無線機」にむかってカチカチやったりダイヤル回したりする社長と副社長、一本のマイクをはさんで体を揺らすんだけどじぇんじぇんリズムがあってない(故意に合わせていないのだろうが、きっと本気で合わせようとしても合わないんだとろうなあってとこ)とこ、空いっぱいのアンテナ、ヘリコの音、後方に描かれる立体交差や回る太陽系、「再起動!」のかけ声等、わかっててハズしてるかっこよさが満載。うーむ、久しぶりの萌え萌え状態発生。こっち方面に理解の薄い姉にまで無理矢理見せてしまうていたらくだが、姉は一言
「副社長って松田洋治にそっくりじゃん」
 ああっ、言われてみればロングがそっくりだぁ! いや、かなりカメラ寄せても似ている。髪型とか、より目の具合とかも似ている。横顔はあんまり似てないけど、雰囲気も似てるよなあ。ううむ、さすが姉。あたしの好みをあたしより理解しているとわ。
 あ、そうそう。これ見てて、やっと立体交差の良さがわかった気がする。なんていうか、コントロールする感覚ちうか、操作感があるからじゃないか? 立体交差。

愛と死の輪舞>
 で、次に宝塚歌劇団星組公演「エリザベート」を見る。映像では、NHKの撮影したものしか見たことがなかったので、新鮮。かけらもツボを外すことのない撮影に驚く。うーん、さすがわかってるなあ。
 特筆すべきは黄泉の帝王がエリザベートに心奪われる瞬間の撮影。やっぱ宝塚ですから、「出会い」のシーンは最重要課題であります。その瞬間を逃さず、ファンの希望する角度できっちり撮影。白塗りの顔がハレーション起こしてますが、それもある程度わかってて、幻想的効果を狙ったらしい。睫や鼻梁が強調されて、美しい。もちろん役者の演技も良くて、恋の衝撃、驚き、それによって初めて知る己の孤独を、わななく唇や美しい指先の動き、よろめく足取りなどで完璧に表現。
 星組トップの麻路さきは、えー、なんというか、ダンスと演技がとても巧いんですが、その、歌が得意でないというか、いや、ピアノは達人なんですけど、ありていに言えば 音痴なんですけどね、それを補ってあまりある(かどうかはあなたの補完にかかっている)演技力で、ものすごいはまり役です。特に肘から先の演技が巧い。これは彼女が日本舞踊も巧みである証拠ではないかと思われますが、その「手の演技」を余さず映す宝塚歌劇団。わかってらっしゃる! 顔だってやっぱ年齢がありますから、映すと美しくない角度があるんですが、そういう撮り方は絶対しない。すっげえプロ根性。
 能書きはともかく、惚れたぜトート閣下。舞台で見た時もよかったが、ビデオで二度惚れ。
 ああいう恋に不器用な、それでいて子供っぽい、ポケモンで言うならフシギダネみたいなキャラクターはハマるな麻路。よかったスチル買っといて。
 惜しむらくは、彼女のように表現力豊かな才能を受け入れるだけの舞台を日本の演劇は持たないってことでしょうか。他の役者に比べて極端に姿勢がよいこと、身体のコントロールが巧みであること、感情表現にデフォルメがかかっていることなど、外に出るといきなりマイナス要素になるからなー。残念。

 んでもって「エーデルワイス」「愛と死の輪舞」部分を交互に巻き戻しては延々と眺め続けるのだった。ああう、宝塚はLD出すの検討してくれよう。ビデオに毎回毎回12800円も払えないよう。チャプターもないしさー。DVDでもいいぞ。宝塚がDVDで出るなら買うぞデッキ。


9月12日(金)

 大原まり子なら「ハイブリット・チャイルド」がおすすめですぜ>ジンクス氏

 明和電機の「や」ってどっかにないか? 当然副社長攻めの社長受け。場所はやっぱ工場で、整理整頓! 堆く積まれた魚コードの谷間ではじける兄弟愛(大笑い)。
 問題は明和電機が持つあの機械部品的無機質さを出せるか、ってとこですな。うーむ新境地かも。

 オタキング社員日記を読んでいると、吉田戦車を思い出す。今度からこの連載を「戦え! 軍人くん」と呼ぼうっと。

セラムンの枝葉>
 ウテナを見せてもらった。イケてる。ゴーゴー緑川!(いいかげんキャラの名前覚えろや)なんか「毛皮のマリー」みたいですごい面白い。ぱらぱらと剥離して集結する物語って感じが野田秀樹とか、芝居っぽいね。これで作画がまともなら。
 ウテナもエヴァもセラムンから枝葉的アニメだと思うんだが、どうしてこうも違うかな。幾原組の引田天功テイスト(自分で首締めといて見事に大逆転)はかっこよすぎ。それはセラムンR映画にも似たどんでん返しである。
 でも、もうちょとセラムンでやって欲しかったことであるよ。

ただ女だというだけで2>
 1は去年の12/5ですね。
 ちょっと一時は手紙握りしめて雪の中駆け出したあげくに「憎しみで人が殺せたら……」ってとこまで気持ちが盛り上がりかけましたが(男の人には元ネタがなあ)、まあしょーがねえよ。結局噂についての怒ゲージよりも、その前直接(つうかチャットだが)言われたことを思い出して、思い出怒ゲージ爆発。あんとき、何でだったか凍結された怒りが今解凍されたのでした。会社でキーボード打ちながら悔しさに涙ぐむわし(笑)。
 おたくか女かどっちかにせいってコトかなー。おたくとしてなってないから馬鹿にされてんのかなー。それともやっぱあたしがヤれない女だからなのかなー。オトナしくてカワイイ女だったらこーゆー扱いは受けないんだろおな。あーあ、今まで思ったことなかったけどさあ、女になんか生まれなきゃよかったよ。やっぱダメだ、女に生まれた以上、男のおたくとはどっかでやって行けんようになるんだ(涙)。あはは。


9月11日(木)

 明和電機画報3を見る。ロケットとかハーレーとかグラインダーマンとか。無表情で行動する副社長はかっこいいなあ。「エーデルワイス」は、スイッチやダイヤルや真空管やブラウン管や立体交差やそんなものが好きな人向けの映像。思ったより短いが、充実。個人的には「サバオの歌」。

俺に関する噂>
 誰かが私についてないことないこと噂してるらしい(笑)。
 元ネタの確証は掴んでいないが、流してる人の一人は確認済み。まあ別にほとんど口きいたこともない人だし、会う機会もめったになかろうから、相手が私を嫌おうが、私が相手を嫌おうが、どこにも影響ないんだよな。会ったとしてもお互い口きかなきゃ済むことではある。対岸は課金の高さにおびえたので、あんま行く気ないし。
 自分だってつまんない噂話はいたしますが、自分がされた時は怒らないかっつーと別っすよ(笑)。心に棚があるから。うーん、通信がらみじゃ、滅多なことじゃ腹は立てても怒らないはずなんだが。まあ、通信でこの手のウワサ立てられたことないからなー。なんとも子供っぽい自分にも腹が立つ。
 もしかして、対岸流の、なんかVAN者のわからん冗談なのかもしれんが……いやあ、ちょっと考えにくいわ。そうだとしたらやっぱニフティは理解できん。
 あんまり腹が立ったもんで、眠れない(笑)。

 潔癖性は、辛いわよ。

 


9月9日(火)

 近所のコンビニは、アスキーがあるとSPA!がなく、SPA!があるとアスキーがない。
 もうじきつぶれるアスキー。オタキング日記が誌上で読めなくなるのは残念。あーワンフェス行けなかったのはヒジョーにピーンチ(ストレッチマン風に)……じゃなかった、残念。ここに書かれてる「コメット号」って、プロトン砲がついてるあっちの方で、TV版じゃないよな、きっと。嫌われてるもんなあアニメ。でもあの白いガイコツなコメット号、かなり好き。でもごつごつ原作版のコメットも欲しいなあ。これ何年か前から出展されてるアレだよなー。見たいなあ。それとデスラー勲章。ううう、売ってたブースを教えてほしいぞ。絶対少年、新作出してたかもなー。あそこはワンフェスでしか確実にゲットできないからなあ。くくく。

 ……というような嫁よりも、完全無欠な岡田和美さんのがいいと思う。絶対(笑)。

虹野さん>
 今更だが、虹野さんが歌手デビューした。さすがに詩織ん時のようには騒がれなかったが、あいかわらずバーチャルアイドル扱いされていて、メモラーとしてははなはだ不満。
 たとえばぽっと出のグラビアガールの歌手デビューとは違う。我々はすでに虹野さんをよく知っているし、そうだなあ、高校の同級生がデビューしたような感覚か。それくらいときメモキャラってリアルにデフォルメされた虚構なんだな。ダテキョーと一緒にするなよう。

巨乳の話>
 ところでみなさんの巨乳感覚ってどれくらいですか?
 オレ的ラインだとDカップ以上で、横になっても流れないタイプのものを巨乳と思ってます。Eで流れる場合は爆乳。個人的に流れる乳は嫌い(グラビア等で見る場合)。
 流れる乳はと流れない乳ではやはり上体起こしてる時でもずいぶん差がありますね。こないだJAFCONで見たデ……もとい非常にふくよかで、ボンテージな方は、乳を強調するためかすぐ下を向くんです。すると流乳なもんだから、ぴろーんて乳がのびちゃうのよ。せくしーだいなまいつだと、下向いた場合乳が「むりっ」「むに」と服から盛り上がる感じだと思うのだが、「びろーん」はないよな。

 BとかCは普通サイズじゃん? と思ってたんですが、先日「胸の人」とか言われたあたしゃー現在B。小柄なんで、カットソーとか着ると胸っぽくなるのか? もしかしてその人は、あんまり胸見慣れてないのかもしれん。なんせうちは母C、妹D、姉(自己申告)D……だけどあれはEだよなあ、どうしてあたしの胸だけお父さんに似てしまったのだろうな家だから、胸感覚がよそとズレているのかも。いやそんなことはないぞ。我がおたく人生の師であり、自らEカップの胸をDと偽って(見られたら殺されるな)おられるAさん(乳研究家・ランジェリー関連業務経験者)の方が「平均はBからC」とおっしゃっておる。バーゲンでも多く出されるのがBとCだ。よってBCは巨乳と認定しない。

 まあメーカーによってもカップの形状に差がある。ワコールの胸ツンはカップ小さめでB買うとかなり小さいし、トリンプだとカップ大きめなんだがフィットが絶妙なのでCでもオッケーとか。これは個人の胸形状によって差があります。また流行によって下着のラインはかなり変わります。今年流行った胸立たせるタイプは、若い子向けには流行でいいだろうけど、20代後半にはちょっとみっともない。あまりにもシルエットが嘘っぽすぎて。
 それから、あんまりにも嘘臭い巨大胸かかえて自慢そうに歩いてる女の子を今年よく見かけましたが、あれはちょっとなー(笑)。せめてカップがぱかぱかするのを押さえるために、テープ張ればよかったのに。
 えー、話が前後しましたが、なにが言いたいかっつーと、BとCは巨乳じゃないぞ、ということで。あたしなんかCんときでも寝ると流れちゃったからねー(笑)。


9月8日(月)

 昼に帝劇夜にはカラオケ。
 しかし加納竜はダメだな、早見優ほどじゃないけどさ。その歌えない二人に対し、容赦なく自分のペースで歌い続ける鹿賀&石井。さすがに元アイドルの本田美奈子は気の毒に思ってか、早見が入ると音量が下がるんだ(笑)。でもソロはふつうに歌っちゃうんで、下げてるのバレバレ。誰だ? キャスト組んだの。

歌をあなたに>
 昨日の打ち上げで「オタクジェンダーが男」とか「女にしとくにはもったいないオタク(どういう意味だ)」とか言われたあっしですが、それは男オタクにまじってるからそっちが強調されているダケだと思う。
 ということで、アニカラよりも肩身の狭いヅカカラ(宝塚ばっかり歌うカラオケ)をしに、秋葉原まで出る。
 おお「愛と死の輪舞」が入っているじゃあないですか。これ著作権関係で難しいと思ってたんだけどなー。ベルバラは「愛あればこそ」だけですねぇ。8月付けで新旧問わず、名曲が出そろっていてすばらしい。さすが、SMAPと宝塚だけで客を呼んでる孫悟空。星組を歌い倒して、ふとSMAPを見ると歌えるんが「SMAP#2」だけやん(笑)。流行から外れておるのう。

 そうだ、明日は忘れずに巨乳の話をしやう。


9月7日(日)

 オタクアミーゴス IN 森下の日。

オタクアミーゴス IN 森下>
 無線はいいねえ。リリンが生み出した感謝の極み(意味不明)。
 ということで今回から導入された無線機ですが、会場内外で大活躍であった。お手伝いに行ったあたしも余ったその場にいたので使わせてもらったんですが、いやあいいですねえ。PA&調光席が舞台脇にあって、チェックがしにくい場所だったんだよな。しかし無線さまのおかげで最後尾から「ライトもう少し絞って」「音小さい」「低音うるさくて聞こえん」などの指示が可能。いやPA専用の部屋使わせてくれてたら、そんなんいらんかったんだけどさー。使用不可にされたらし。

 午前と午後でだいぶプログラムが違う。なんせ客層が違うから、リクエストも違います。午前中は薄めちうより、遠慮がち? な雰囲気。でも午後よりベストっぽくなりました。午後はホモのウェイトが高くなる。ちなみに私が経験したオタアミの客層で、もっとも笑ってくれるのはSF大会のお客さんですね。「こ、こんな濃い内容で場内大爆笑っすかぁ?」箸が転がっても笑うSFファンはお年頃。

 午前中にはVANerが来なかったと思われますが(いつ来た?>やみたけさ)、コスプレAVのビデオが流れてさ、VAN内有名人で現役ソープ嬢の、あのともみさんが映ってたで。いや、一度コミケ連れてかれて撮影されたとは言ってたがなー。こんなところで見てしまうトわ。昨日OLTでしゃべったばっかしだったのでヘンなカンジー。髪はビデオみたくアップにしてる方が似合うかも。ちなみに彼女のえっちシーンはありません。

 ネタはなあ、夜の部でやった「インダストリアはもうすぐ沈む……」のマッドビデオがサイコーでしたね。それから昼夜通してやった「岡田斗司夫襲撃れいぷ(はあと)計画」か。今回行けなかった人は次回にチャレンジだ。
 機材や天候など、両国に比べれば遙かにマシというか、気苦労の少ない場所でありました。駅から遠かったけどね。


9月6日(土)

 胃炎でAWCのオフ行けず。無念。

魂の叫び>
 先日の化粧ポーチですが、ええ、出てきましたよ。それも外側だけ
 え、犯人? そらもうあんた、馬鹿妹に決まっておりますがな。ああ、父ちゃんとどなりあいの喧嘩すんの、もう1時間待てばよかった。
 いやいや旅行から馬鹿妹帰ってきてさあ。洗面所においてやがんの。中見たらあたしのじゃない化粧品が(冷笑)。つまりだよ、旅行当日玄関先にあったあたしの化粧ポーチの中身を出して、それに自分の化粧品をつめて出かけたわけだあの馬鹿は。
 怒りのあまり呆然としてしまった俺様だが、寝ている妹たたき起こして詳細を訪ねると(またこいつが他人事のように言うんだ)「紙袋につめて、あとは覚えてない」だとさ。そのまんま玄関においていたとすれば、捨てられたに決まってるからなあ。とにかく寝ぼけてんだかフリしてんだかでらちあかないので、自己検索、一発で発見。やつが自分の化粧品入れてるカゴにぶちまけてあったよ。何が紙袋だコノヤロー!
 あーもう全く理解できんぞヤツぁ。ったく何者なんだ? 宇宙人か? ここ数日ストレスで胃炎まで起こしてオフも行けずに傷心していたあたしの立場って一体? ああもう立ち上がれないよ。どーしてくれよう。アドレス入ってねえし。
 あーもう疲れたから寝る寝る。


9月5日(金)

 昨日の日記は夜中に書いたので、あんまり意味が通ってないような気もするが、怒り具合は伝わったかと思う(笑)。オタクを扱おうとしているのか、アニメを扱おうとしているのか、ふらふらと腰の据わらない雑誌。興味のある方はぱらぱらとめくられるがよいでしょう。「今のアニメはおもしろい?」だったかな? くだんの文章は。

 週間アスキーが実質終了するかと思えば、あのボーダーランドも終了するそうで。だからなに? と言われても困っちゃうん。確かに「ブレイク・ワイフ」の特集とか充実してるSPA!のがおもしろいし、ムーの方が知名度と購買習慣持った読者からの指示が高いでしょうねえ。個人的にはトワイライトゾーンが怪しくて好きだ。

その当時>
 本棚から落下してきた文庫を何気なくながめたら、赤と青の色鉛筆でびっしりと線が引いてあった。おお、これは卒論んときに使った金枝篇じゃあないか。あれ、篇ってこの字だったか?

 必死でラインを引いていた当時が思い出されることだなあ。まだ学生で、図書館に山と積み上げた大漢和辞典を奪い合いながら、必死で原稿用紙と格闘した月日を思い出す。2年間の戦いの、残滓すら残らない今の我が身だが(笑)。
 卒業して1年だったか。新宿のアルタ近くをジンクス氏他と歩いていて、ふと「あたしこないだねえ、て字が書けなかったんだよね」呟いたことなども思い出す。大学という名の専門馬鹿養成機関で4年間、数千年前の中国のことばかり考えて過ごした日々の、なんと儚いことか。積み上げた石の、なんと早く崩れ去ることか。

 人生瞬間最大頭いい時期のことであった。ハヤカワの青背を端から読むなどという考えられない贅沢も(挫折したが)やったし、カンペで倍にふくらんだ辞書を持ち込んでテストに臨んだりもした。現在では忘れ去られた研究を見つけて、それをネタに小説書いたりした。漢文が全然読めず、明治書院の全集に頼っているうち、史記の計算された配列の美に感動したりもした。史記ってほんとに名文だよなあ。作者の吐息まで感じられるってのはあのことだよ。
 虫食いだらけの古文書をコピー機にかけたり、紙一重の先生に日本刀披露してもらったり、学食で1日に4回うどん食べたり、デパートでレジ打ったり、書庫の冷たい床に座り込んで、50年前の雑誌を読みふけったり、バスで20分かかる山道を15分で駆け上がったり、帝国軍人な先生に叱責されたり、人生最良の時を過ごしたのはあそこだった。

 まさか大学卒業したことが、人間関係上不利になることがあるなんて、考えてもみなかった。
 出欠が厳しかったからでも、将来のためでも、部活のためでもなく、人生でたった一度、学ぶために、自分から必死に通った場所が、かつてあったことを走馬燈のように思い出して、ああ、ドラマで人が死ぬときみたいだなあ(笑)。


9月4日(木)

 調子が出ないと思ってたら、思いの外ホットな本に突き当たる。

流行批評>
 そうですねえ、まあ言ってみればスレイヤーズ見て「なんだこれくらいなら俺にも書けるぜ!」とばかりに書き上げた三文にも満たない小説みたいなもんかな。

 いやいや、半可通恐るべし。立派な半可通(笑)たるこのあたしが大笑いだ。特に水沢翔氏の記事がサイコーです。まず読者層が想定できていない。視点がふらふらしてるって言うか、オタク未満の人間が読むには説明が足りないし、オタクだったら読むに耐えない。「今と昔」の比較なんか、「おいおい、あんた的今昔って、幅広すぎないか?」ってとこか。妙に今のファンを意識して、「今の作画は一級品」とか持ち上げるとこもなんだかなあ。第一次アニメブームを持ち出すなら、「さよ銀」や「完結編」の作画レベルを知らないのか? 劇場版「マクロス」見たことないのか? 彼が絶賛しているガガガの作画よりも、あたしゃーガリアンの作画レベルのが高いと思うがね。人間の肉体が描けていて、さらに動きがすばらしい。まあガリアンは好みが分かれるだろう。じゃあ「ゴーグ」ならどうかね? 
 彼の言うところの「よい作画」ってのは、どうも映像がシャープでクリアかどうかだけなんじゃないのか? それって撮影機械とかフィルムの質とかクリアビジョンとか、そのレベルの話なんじゃないのか?
 また使用されているカットが「めぐりあい宇宙」に対して「エスカフローネ」だぜ。笑っちゃうよなー。めぐりあいのが5万倍いい作画なんですよ、水沢氏。アムロが歩いてるとこ、見たことないんでスか? ひとみが走るとこと、比べてみましたか?
 アニメーターの質が、どれだけ落ちているか、考えたことはないのか? 作画って、一体なんだ?

 ストーリーの矛盾がどうこうという話もありましたが、あれは西*さんがイカレポ**なのであって、まあ100歩譲って*崎さんがおらんかったとしてもだ、松本漫画で宇宙空間に旗がなびいていて、誰が怒りますか? こういう人はさー、大元帥じゃないけど「キャプテンフューチャー読んで水星人が出てくると大笑いする人」なんだろ。しかもこいつ(ああとうとうこいつにしてしまった)、ヤマト見ないでどうこう言ってるらしい。なんせ「さらヤマ」では全員玉砕するそうですカら。島くんも相原くんも死んじゃうのね。知らなかったわ。
 で、文頭で作品世界の矛盾を語っておきながら、文末では

   「ヤマト」や「999」のように古めかしい戦艦や鉄道が飛んでも、
   違和感を感じない、むしろむしろリアリティを感じさせる作品は実写
   ではなくアニメが成しえたのだ。

 バカめと言ってやれ。バカめだ!
 一体彼は何がいいたいのだ? いやそれよりもだ。
 ヤマトはー、戦艦大和とはー、違うんデすーーーーーー。当時としてはー、松本先生のー、斬新なデザインでー、一世を風靡したんですー。コスモタイガーやー、空間騎兵隊のー装備もー、かっこよかったんデスよー。お子ちゃまは知らないかもしんないけどねー。

 子供かどうかの問題ではないな。ライターとしてきちんと基礎資料に当たっているかどうかの問題だ。オタクの揚げ足取り以前の問題。ヤマトなんかレンタルで借りられる有名作品じゃん,一瞬でチェック可能だぜ。チェックできなかった編集も問題でしょう。
 この本が岡田斗司夫効果の元に書かれていることはほぼ間違いないが、岡田氏の書くことをおまーじゅ(笑)するにあたって、きちんと元資料に当たっているのかどうかがアヤシイ。それがもう随所に見られるんだよなー。細かいミスが。だいたい単なる岡田文書焼き直し雑誌臭いぞ、この雑誌自体。もう絶対SKIP IT!


9月3日(水)

 ダウン一杯。

鳴らない、電話>
 朝、見慣れない紙袋に見慣れたものがつまっている。……ちくしょう、馬鹿妹があたしの旅行鞄持ってったな! こりゃその中身か!
 昨日わざわざ会社に電話までしてきて、なぜ一言「貸して」と言えないのだろうか? でもまあ、中身ぶちまけてかないだけマシになったか。……って納得するなぁ!
 夜電話するとか言ってたので一言文句言ってやろうと思って待つ。タイトルに戻る

たずねびと>
 深夜、玄関に置いてあった化粧ポーチ(っつうか、化粧袋)がなくなっている事に気づく。
 ……ちくしょう、捨てたなオヤジ!(血涙)
 今までは捨てるの本だけだったのになー。この貧しい時期になんとも厳しいお知らせである。ああ、おとつい急いでてさー、口紅だけ抜いて、置き去りにしたんだよな。しかもそんなかには夏コミで知り合った人のアドレスとか名刺が入りっぱなしでさー。「お、そうだ! たしか3日くらい前に暑中見舞いをもらって……」と探すと、状差しまでからっぽ。おーい……。未開封の郵便物も捨てられている。あーもーほんとーに自分と関係ないものは何でも捨てるなあ、父よ。
 そう言えば、わくわく7のコスプレしてた子にURL教えてあったかも。
 ちうことで、おーい、わくわく7のコスプレしてて、あたしが髪の毛縛るの手伝った女の子、見てたらメールちょんだーい!


9月2日(火)

 昨日のAさんの話を、書きかけなのに間違えてアップしてしまった(笑)。
 本来の目的はAさんの話じゃなく、義理で「つまんねーな」と思いつつ電話につき合ったり、いろいろしちゃってる(相手はAさんじゃないけど)自分の「うしろめたさ」について書こうと思ったんですがね。相手を積極的に好きじゃないってことが、妙に後ろめたいのって変だよな。Aさんも私に対してうしろめたく思わなくていいよ。……って読んでねえよ(笑)>Aさん
 同人とかの知り合いでさ、昔楽しかったから、疎遠になるには惜しい仲なんだけど、お互い燃えるものもなし。ここで価値観とか近ければいいんだけど、好きだったジャンル内でのつきあいだったりするとさ、めちゃくちゃかみ合わないことも有り、そのあたりがうっとおしい。そんな感じかな、お互い。

 とか思ってたら、約一名「もしかしてAさんて自分?」と不安に思う者発生。そっか、考えてみたら該当するな。ということは、あなたはワタシが嫌いでスね?(ルイルイの声で)>姫

 ジャンルと言えば、あるやおいカップリングの上下関係で、ちょっと笑っていいのか悩んでいいのかわからんことがあったなあ。
 aXbというカップリングがありまして、それにbXaという上下逆のカップリングもありまして。でもお互い大人だしー、aXbのイベントにbXaのサークルも呼ぼうってことになったらしいんですね。で、bXaで大手のサークルさんも参加することになったわけ。ところが主催側のaXb代表者や、その周囲の人間が、お客側のbXaに対して暴言を吐いたとか吐かないとか。当然bXaは「侮辱するために呼んだのか!」と怒りますわなあ。ところが主催側は全然わかってないみたいで……という。
 現場にいたわけじゃないんで、手元の資料で判断するしかないんですが、こりゃ確かに主催者側が悪い。と、この話は尻切れトンボで終わります。落ちをつけようと思ったんですが、つけると当該イベントが限定される可能性があるんで(笑)。

 昔あるイベントの当日スタッフしたことがあるんだけど「当日の机並べくらい手伝ってくれれば」ってことだったんだよな、当初。ところが蓋を開けてみればお茶の用意は出来てない、掃除や机並べの段取りも取ってないし、看板も作ってない。主催側は舞い上がってて話にならん。なんとか流れたのはゴミ捨てくらいか。……ってラストじゃんかよー。
 結局その日「お手伝い」として呼ばれた人間で、ばばっと準備しちゃったけどな。指示仰いでもじぇんじぇんダメなんだもんさ。でもその人たちって「主催者の友達の友達」くらいの人間なんだぜ。
 この続きはもう書いてあるんだけど、後日。なんかよくわからんようになってしまったな。


9月1日(月)

 そんな会社やめちゃえ>荒井様 ……って、もうやめたんか。
 プログラム系はここ数年荒れ模様ですから、早いうち足洗ってよかったかもしれず。

 ダイアナ・ウェールズ妃が暗殺された! という説は、いつ頃から出始めるんでしょうかねえ? 誰に? いやUFOでもユダヤの陰謀でもフリーメーソンでもMJ12でも元夫でも元夫愛人でもいいけど。絶対出ると思うぞな。

 いつ頃からか、Aさんは私に対して歯に物の挟まったような態度を取っている。
 つい最近思いついた(遅い!)のだが、Aさんは私のことが嫌いなのかも。嫌い! まで行かなくても、うっとおしいとか、気にいらないとか、少なくとも「自分が楽しいときはそばにいてほしくない」くらいにはイヤだろうな、という感じ。
 なんで気付いたかっつーと、私もある人にそういう態度を取っているなあ、と思ったもので。


>>戻る>>  >>日記に戻る>>