98年1月の風虎日記

 あけましておめでとうございます。
 日記開始より2回目の正月です。そろそろあちこち整備せにゃなりません。


96年の風虎日記
97年の風虎日記
12月の風虎日記
1月の風虎日記
2月の風虎日記

2月1日(日)  7年間チベットにいた>
2月2日(月)  サイボーグは肉の夢をまどろむか>
2月3日(火)  ホットミルク>  サイボーグとやおい>
2月4日(水)  姫屋ソフト>
2月5日(木)  爆裂宮村優子>
2月6日(金)  ブギーポップは笑わない>
2月7日(土)
2月8日(日)
2月9日(月)
2月10日(火)  小山古谷>
2月11日(水)  毒熊さんとの、濃度の高い夜>
2月12日(木)  SPA!のショタコン>
2月13日(金)  未確認お菓子物体パップラドンカルメ>
2月14日(土)  ときメモの優位性>
2月15日(日)  ブギーポップ好評につき>
2月17日(火)  人生の取扱説明書>
2月18日(水)
2月19日(木)  永遠伝説>  零式>
2月20日(金)  インターネット掲示板>  P太郎>
2月22〜23日  箱根旅行>
2月24日(火)  ライトノベルおすすめ>
2月25日(水)  おたくには原典を>  コクラノミコン事件進展>
2月26日(木)


2月26日(木)
 セラムンミュージカル永遠伝説と、劇団四季版「基地外をあなたに」のCDをゲット。こんなにイヤがりながらも四季のCDを買う気持ちは、毎回ヤマトの映画を見てしまうファンの気持ちにも似て。


2月25日(水)
 言われて気付くブギーポップとイギーポップの共通点。そうか、どっかで聞いたことある語呂だと思ったら、イギーがいたか(笑)。遅いって>自分
 師匠と、テイトギャラリー展見にゆく約束してて思い出した。うおう、3/1終了の展覧会で行ってないのがあちこちあるじゃんかい! 特に現代美術系は誰もつきあってくれないので、自己管理せにゃならん。土曜日にはいくつかハシゴだな。

おたくには原典を>
 おたくTVが4月には立ち上がるとのことで、先日あるオフで話が出た。
 おたくTVの話が出始めた頃、すぐに取りかかれていれば、それなりの客層を掴めたかもしれないが、今この時期になってしまえば対抗馬が多すぎる。新たにおたくTVと契約を交わそうという視聴者が、どれくらいいるかはちょっと不透明すぎるかも。
 アニメの放映権は高騰してて自社企画ものの放送が増えるんじゃないか、という話が掲示板で出ていたが、いわゆる「おれはおたくだぜ!」な危害のある……もとへ、気概と財布のあるおたくは、そういった「他者からのおたくライフ(爆)提案」にたいしては、むずがゆさ、素直に入ってゆけない落ち着かない気分を与えそうな気がする。いっそ、ライトユーザー向けに作るのがいいんじゃないか? あー、でもそこあたりの層は金がないからなあ。再放送の合間の企画番組ならともかく、ある一定の割合を超えると、どうだろう?
 おたくが必要としてるのは無加工の原点。「おたく」のロゴを取り払って、一般ユーザーを取り込んだ方が売り上げになるんじゃないかな。洋画吹き替えもの中心の番組編成だと個人的にはうれしいんだけどねー。
 新紀元社でさ、ファンタジーのシナリオ向けにいろいろ出すじゃないですか。あれって、自分の専門外の読むと「なるほど〜、そうだったのか」ってうなずくけど、専門あたりをやられると「でたらめ書いてんじぇねーよこのクソッタレがぁ!」な気持ちになるじゃろ? あれですよ、あの状態。それでも原典書いてあれば遡れるんだけど、最近は原典すら書いてなくて、使えない状態になりつつあります。
 あんまり多くのタイトルを流す必要はないでしょう。LD買っても見ないひとがいるように、「この回線契約しておけば、いつでもアレが見られるんだから」という安心感与えるだけのラインナップ。そう、それは夕方になると永遠にルパン三世が見られると思っていた、あのころのような。

コクラノミコン事件進展>
 正確には進展じゃありません。管理委員会「正しい情報を正確にご理解頂くこと」と言ってる割に事件概要の顛末さえなかなか公表しないし、なんかすわりの悪い弁護士コメントをのっけてみたり、あさりよしとおのコメント(これだって読みようによっては管理委員会に不利だ)を掲載してみたり、ちょっと感情的つーか、イメージ的なものを強調したページづくりになってるように感じます。これで、SFファンダムの個々人に納得してもらおう、というのはかーなーり、無理な話でしょ。もっとデータっぽい作りにしないと。「**くんが**したんだよう、みんなひどいと思わない?」ってイメージが出来ちゃってるんじゃん?

 このあさりコメントも妙なんじゃよ〜。名指しして書けよ、こういうことは。なんかな、情報が全然伝わってこない。「あさりよしとお」のコメントがいきなり掲載される、ってのは、世間的には「あのあさりよしとおはコクラノミコン管理委員会を支持しているんだぞ」ということでしょ? それくらいしか読みとれないよ。スキャン能力低いから。そんなことより情報だよ情報。相手の談話をアップしてみるとか! コメントがとれないなら、そのように書くとか!
 ワールドコン云々は余談過ぎですね。ワールドコン開催国と日本では、事情が違いすぎます。

 外面だけでもアマチュアの集まりにすることによってSF大会はその価格をかなり安くあげてると思うし、この裁判沙汰がホテルに伝わって、あきこんが結果的に赤字になった というも聞いてるし、情報が公開されてない以上、推測・憶測でしかないんだけど、これ個人間の行き違いで十分収まる範囲の事件だったんじゃないの? ってんが現時点での感想。SF大会という看板に泥を塗り(あえてなおかつこう書くけど)、後から開催する団体の歩く道にまきびしばらまくような行為に出たってのが、今の時点では納得行かないわけよ。

 俺が納得行かないのがどうこう、ってのが何かに影響するとは思えんが、まあ俺は納得行かないよ。始めたんなら、さっさと裁判でもなんでもやってくれよ。情報が行き渡ってないから憶測や噂が流れるんであって、それをどうこう言ってもはじまらねぇよ。


2月24日(火)
 美少女ゲー雑誌、ピュアガールを早売り店でゲットだぜ。だーかーら、店員から客から、びくびくするな! 別に間違って入ってきたわけじゃないやい! 奥の実写コーナーには行かないから安心してくれ! ……うーむ、美少女ゲーつうよりも、美少女CG雑誌ですな。もっともっと原画描き寄りになっていい。技術のノウハウを伝授するページは、絵を描かない自分でも面白いし。で、カラーページはともかく、モノクロページの白っぽさはマイナス要因かも。またゲームレビューライターの仕事にも波があるように感じる。このあたりは粒がそろう(ライターやその才能の)のに時間がかかるでしょう。表紙のロゴがちと安っぽいか(青い方)。
 エロエロじゃなくて、ちょっと上品にきれいな雑誌なので、女子でその手の嗜好がある人にはお勧めですよ>毒熊さん

ライトノベルのおすすめ>
 細田さんもブギーポップをお読みになったようで、それも好評みたいでラッキー……っつうか、メディアワークスなんてどっちかっつーと嫌いな会社ですが、こういうのが好きだと宣伝しとけば、次にこういうの見つけた人に教えてもらえる可能性が出るので、三文の得といったとこでしょうか。
 この作者がデビュー作のみで終わってしまったとしても、これが読めただけで自分は満足。ブギーポップが完全無欠な作品だとはちいとも思ってませんが(凪のキャラクター造形のうっとおしさとか、未消化な部分は多いじゃろ)、単語の選び方とか、言葉やエピソード、行動に無駄がないこと。イラストの付け方。口絵の頭で「僕は自動的なんだ」と、作品内容をよりよく宣伝してるやり方など、作品・作風に合ったほんの作り方、という点でも希有な「文庫本」に仕上がってると言えるでしょう。イラスト目当てで買った人も、失望する確率が低い。
 また、デビュー作でこのような状況に進める作品は、ライトノベルでは決して多くはありません。今まで自分の知るところ、これ以外には富士見の「銃と魔法」くらいじゃないか。ライトノベルに自分的段階を付けますと、以下のようになります。

1:とにかく読んでくれと誰にでも勧める。相手がそれが好みかどうかなど意に介さない。
   「ブギーポップは笑わない」「銃と魔法」「なんて素敵にジャパネスク」等。

2:とりあえず標準作だが、好みが合うと思う人にだけ勧める。
   「富士見二丁目交響楽団シリーズ」「スレイヤーズ(本編)」「黄金の鹿の闘騎士」等。

3:自分は好きだが、他人に積極的に勧めることはない。聞かれたら「まあ好みがあるから……」とお茶を濁す。
   「ロケットガール」久美沙織のゲーム小説(一部)。

4:駄作だと思うが、なんらかの理由で買っている。他人に聞かれたら「買わんでいい」と言う。
   前田珠子、スレイヤーズ本編以外の神坂一等。

5:くそゲーハンター的にイケてるので、その趣味に合った人に勧める。
   以下略。


2月22〜3日
 箱根小涌園。トンデモ同人誌朗読。白石加代子憑依。毒熊さんはアーモンド@青酸ガスのかほり。最強バトル昆虫。

最強バトル昆虫>
 売店で売ってたパチおもちゃの中でも特にインパクトのあったビーストウォーズのバチもん。なんせタイトルが最強バトル昆虫ですぜ旦那! なんだよそれ! 気分は宇宙地下秘密

十津川警部の恐怖>
 死ぬのは怖くないけど、十津川警部が来るのが怖いという話
 十津川警部に管轄の概念は多分ない。十津川警部に不法侵入の概念はきっとない。十津川警部は死者の尊厳を守らない。十津川警部が、殺害された私の部屋にやって来て準備


2月20日(金)
 だりー。のどが痒いし。
 こないだ買った剛しいらの「誰にも言えない」は、個人的に大はずれ。受け様の性格が悪すぎるのと、帯と内容のギャップが激しすぎ。あの帯で剛しいらだったら、もっとハードなの予測しちゃったんですが、ありきたりのスタンダードすぎる内容。スカされた〜(って自分勝手な)。

インターネット掲示板の管理>
 日記と掲示板でのスタンスはじぇんじぇん違います。発言の重さってのは、まずパソ通>インターネット個人掲示板>日記の順番なわけです。パソ通書くときはちょっとしたテンションがあり、それが心地いい。日記はだらだらと堕落する。世界の有森が1ヶ月で離婚しようが、なんとかショーケーがやけ酒煽って首吊ろうが、血文字の恋文書こうが、知ったこっちゃなく自己に耽溺するのが日記。
 さて、パソと日記の中間に位置するインターネット個人掲示板は、パソに比べて公共性が低く、日記に比べて一般性が高い。コミュニケーションをほぼシャットアウトするカラオケな日記に対して、喫茶店でダベるくらいの公共性が出てくるわけじゃな。
 パソ通で削除だの「こっから出て行け」発言だの「みんながボクちむの意見に賛成してくれないんだびょん」な行動:発言があれば、ぎゃーぎゃーわめくけど、インターネット掲示板ではあんまり騒ぐ気はないんだな。
 その理由として、個人掲示板の破壊が、パソ通に比べて容易であること(管理者の負担が大きく、各発言の信憑性に疑いがあること)。管理者が私財を投じて運営していることにより、公共性が低いことなんかがある。それが管理者の行動である限り、突然の削除や「出てけ」発言、カラオケ「みんなボクちむを大事にしてよ!」発言も致し方なし、ってことですね。それによって本人の信用だとか評判が落ちたとしても、それってその本人のもの(自業自得)じゃろ? 自分は痛くもかゆくもないわけよ。
 逆に管理者がなにも言わないのに「ここの掲示板の評判を落とすような」「ここにはふさわしくない発言だから出てけ」などの書き込みは馬鹿だと思います。そういうのは管理者がやる仕事です。やらないのも自由だけどな。なんせ金払ってるんだから。

 日記が、いかに耽溺作業だとしても、いったん発表したものがネットのどこかで批判されたりリンクされたりするのは当然であり、その行動そのものをどうこう言い立てることが恥ずかしいのと似てます。

 企業が金出して管理してて、何でも書き込みOKのふれこみでやってる掲示板はまた別。これはパソ通に準ずるくらいの要求をする心持ち有り。だから以前岡田斗司夫掲示板がもめた時、発言内容にまで口出ししなかった管理者を「健全やなあ」と思ったんだよね。企業はすぐ削除したがるからさ。

P太郎>
 師匠と毒熊さんがつけてくれた、下の名前(きゃ)。
 みのうらだけだとフルネームになんないから、名前を付けよう>元をたどれば金之介だが>そのままだとつまんないから銀之介にすれば>そんなバイクロッサーみたいな名前イヤ。せめて金剛石太郎とか>金より上の金属はプラチナだろう、みのうらプラチナ太郎にすれば>プラチナが名字みたい>じゃあPにしよう。P太郎。みのうら・P・太郎。外人みたいでかっくいいじゃん、愛称:P太。

 ちうわけで、ハンドルの正式名称はみのうらP太郎になりました。すごくイヤです。


2月19日(木)
 昨日からくしゃみやら咳が止まらないと思ったら、どうやら風邪、自分の番らしい。会社ばっくれ。夕方になると止まっちゃうのが不思議と言えば不思議。

永遠伝説>
 つーことで布団にくるまって、不自然な姿勢でせらむんミュージカル永遠伝説を見る。……なんだよう、改訂版よか出来がえらいいいじゃねーか。タキシード仮面がほとんど出てこないし(ここ重要)。誰かアニメの脚本家に爪の垢煎じて飲ませてやれや。
 主題歌の「星戦士」もかっくいいですね。せらむんミュージカルの曲って、下手な特撮ものよか燃えるよな。命令口調だったりして。「北斗星 乙女座にゆけ セーラー戦士のために輝け!」「時間さえ逆に回して セーラー戦士が望むから」とか(ってプルートまた死んじゃう!)。「砕け砕けた星たちも 決して使命を忘れない」とか。あーカラオケ入れー。

 火球王妃役の吉岡は劇団四季出身なんだけど、高音で音が狂うぞ! しかもほかの出演者に対して歩み寄りがないぞ。つーか、それが演出家の狙いか? ちっと違う〜。

零式>
 美少女エロ漫画雑誌。コンビニ規制が強くて、なんか内容がマイルドになったとかいう噂だったが……そーゆー問題と違う! 漫画がものすごくつまんねぇ! どれもこれもだ! いや、こうカラーで大ページで描いてるこのロケット兄弟が、特にものすごくつまんない。イヤすぎ。合わない。絵も話もーげろげろ。ダメダメ。ここまでダメなエッチ漫画描きは初めてだー。ダメだー。ものすごくダメ。

 とか書いてるんですが、きお誠児の漫画はめちゃくちゃよくて、そのためだけに買ってしまうことも出来るほど男がかっこよくておねーちゃんのお尻がステキにかっこよく描けててしかも組織脱走もの。次回も買うかなあ。


2月18日(水)
 毒ぱんつの話をちらっと耳にしたのですが、書いてもいい?>毒熊さん

 さすがにダメ? うーん、惜しい!


2月17日(火)
 この日書こうと思ったことは、やっぱり書くのやめることにする。それにつけても「人生の取り扱い説明書」のバックナンバーは更新されませんね。軍人くんと上手につきあう方法をぜひ教えていただきたい! ええ、それはもう切実に。
 言い方がキツイとか、そーゆー問題じゃないんだって。


2月15日(日)
 水泡は巨大化している。二つできたなーと思ったら、くっついて一つに。現在直径約3ミリ。

ブギーポップ好評につき>
 って自分の手柄じゃないんだけど、ジンクス氏、B☆Bさん、加野瀬さんにも受けたようでなによりです。かなかさんはいまいちだったみたいだけど、これって世代的なものかもな。
 いや、これを絶賛した背景には、自分も昔、学園もので、複数名の視点から一つの事件を描くというほとんと同じタイプの小説書いたことがあって、失敗しただよ。おもしろくなかったの。だから「まあこんなやっかいなのを、うまくツボ押さえて書いたのう」という評価も加わってるですね。まあほかにも高見沢みちる系登場人物とか、ツボはあるから。それにしても「電撃文庫」って言えばヘンなアニメとかゲームのヘタレノベライズってイメージが強かったんで、そのあたりが意外なわけですよ>ブギーポップ
 2作目以降、どんな風になるかは疑問。まー今までの作品見てると、ラジオドラマだのなんだのと引っ張り回される割には、作家大事にしてる風(あくまで風な)なので、それなりに期待してます。……って、富士見も最初は大事にしてたんじゃないかと。いや、今大事にしてないかどうかは知らんよ。
 言われてみれば「クリス・クロス」「ブラックロッド」と、富士見よか硬派っぽい(読んでないもんで)大賞出してるんだから、今後も大賞作品には注目か。

 ライトノベルの一応「雄」な富士見も、近頃はアニメ率が増えてるような気がするし、オリジナルで良質なジュブナイルを送り出して欲しいであることだよ。


2月14日(土)
 いやー、やりましたよチングラ。隣で見てた妹が爆笑。「いやー、この永倉えみるってキツいわぁ」だって。含むセカンドウィンドウ。

ときメモの優位性>
 もしくはチングラがなぜダメダメなのか。まだ数時間しかプレイしてないんで、とりあえずオープニングだけな。
 ときメモ(サターン)のオープニングを見ると、それぞれの女の子の性格や関係が微妙に表現されてるのな。冒頭は学校全体を映してて、これが学園もののゲームだとわかるし。 ところがチングラですよ。これオープニング(暗黒太極拳)見ても、女の子の性格もナニも、じぇんじぇんわかりません。わざと先入観イレないように作ってんのかナーと進めてみると、なんとゲーム開始5秒で、登場女子12人の説明が 強制スクロールで展開。つーか、「誰かわからないけど、手紙が来た」というミステリアス(?)な導入部を、文字スクロールだけでやるってのはどういう寸法だ? やる気あんのか? わけわからんままゲームに突入。システムがわかりづらい上に、移動する意志がないのになんか移動してるぞ自分! あ、女が出てきて、勝手にガンガンしゃべって消えたぞ! わけわかんないから宿泊! 翌日、てきとーに一こま歩いたら昨日の女に遭遇! なんだかフラグ立ったらしく、状況とじぇんじぇん関係ない物語発生! しかも自分も女に話合わせるし! いつそんな事実が起こったよ? エェ自分様! 行動と物語がじぇんじぇんかみ合わないぞ、もう刹那過ぎ!。チングラレビューは今後も続けて行くぞ! ……気力が続けばな。


2月13日(金)
 左足の裏、ほんとーに真ん中の土踏まずのとこに、ぽつんと水膨れが。なじぇ? しかもかゆい。つぶさない方がいいような気がするのじゃが。
未確認お菓子物体パップラドンカルメ>
 って、誰が歌ってた? ってそれだけなんですけど、gooで検索しても、みんな「パップラドンカルメの情報募集!」なのね。
 私の記憶が確かなら、「メロンみたいな」「クリームみたいな」「バナナみたいな味もする」なんてあの子が言っていたです。で、デパートにもお菓子屋さんにも売ってない、未確認お菓子物体パップラドンカルメ〜ってなかんじ。名曲なんじゃがなあ。


2月12日(木)
 コミケの振り込みを今週中にやれ。

 ここ数日、いやにアクセスが増えたと思ったら、ウガニクさんのオナニー日記からリンクが張られてたデスね! いやー、あんな有名なとこから張られるとわ(笑)。フォースインパクトと呼ぼう。はい、ウガニクさんとこから来た人はフォースチルドレンです(笑)。ちなみにファーストが細田さん、セカンドが大森さん、サードがおたくウィークリーです。って書くと細田さんが綾波みたいですね。ってことは岡田さんがシンジくんなのか。……しまった、電脳美少女が。てことはカヲル=ウガニクさん? こんなこと書いてると殺されそうですネ!

 いやあ、あの「ごきげんよう」ですけど、羽佐間さんはエヴァも宮村も全然知らなくて、わけわからず完全に引いてたみたい。だって驚くよう。自分の娘くらいの女が目の前で「あんたバカぁ?」繰り返してたら。
 で、宮村が馬鹿なせいでカントクに惚れられたってのはですねえ、エヴァ直前のガイナ祭、宮村来るとか言ってるんデスよ、ガイナ祭にゲストで! まあ三石なんかはすでにセラムンで業界わかってるだろうし、そんなに馬鹿にも見えない(想像)から断ったんだろうけど、宮村はここで一発監督にゴマすっときゃ! コレカラも仕事バッチリだぜぇへへへへぇい〜みたいな調子で「イクイク〜。イキまスぅ〜」とか言ったなあいいけど、直前で誰かに何か吹き込まれたのか、ジャーマネに何か言われたのか、病欠。まあ想像ですけどね、87%くらい当たってませんか? あくまで想像ですが。こーゆーとこから楽屋に連日花届く(楽屋ってどこのだyo!)ようなコトになっちまうんですyo! 鶏小屋臭い男からネ!
 えー、日高のり子氏のことはよくわかりません(笑)>ますみさま

SPA!のショタコン>
 男がどうの、ってのはよくわからんけど(男じゃないからな)、正太郎君を抱きしめたい、ってのは別にないなあ。陵辱したいってんならまだわかるけど。これはちょーっと、「やおいは読者が受けに感情移入して理想のセックスをするためのポルノだ」って言うくらい乱暴じゃん? なるほど、これがSPA!の頭に描いた「本来のショタコン」なわけだ。ちょーっと浅いんでは? 前提の記事が甘いと、芯記事の価値が暴落するぞ。……ってまあ、ある程度のおたくなら、入り口程度のヤツでもこの違和感には気付くだらうが、一般人はまた謎のイメージを植え付けられてゆくのだな。
 なんか違うっつーか、ちょっと自分のイメージに合わない記事でしたね。


2月11日(水)
 ちょーしが悪くて、せっかくの休日なのに寝て過ごし、母に当たったりする。やばいなあ。

 細田さんとこで今進行中のことだが、それに対してまた事務局様……もとい、「BIGLOBEネットコミュニティ相談室」様が相も変わらずナイスな対応をなさってらっしゃる。もしかして時間止まってんのか?>NEC
 通信やプロバイダ事業は別会社にした方がいいと思うぞ、いーかげん。

毒熊さんとの、濃度の高い夜>
 M子さんこと毒熊(その毒で熊も死ぬほど悪い)さん、師匠、善人の人と4人で秋葉で飲む。家を出たのは8時〜だったので、ちょっと遅めの夕食だ。
 毒熊さんは「くそギャルゲーハンター」「つまらない小説ハンター」「つんまらないオリジナルJUNE同人誌ハンター」「イカしてる同人ペーパーハンター」「イカしてるやおい同人誌ハンター」と数々の肩書きにまつわる濃い話をガンガン披露。あまりに話が濃すぎるためにレッドカードが出て、一時は名札付きの熊さんと取り替えられていたのだが、その猛毒で熊を秒殺!
 ちなみに発言内容は倫理コード(?)に触れるので、ここでは公開できません。
 いやあ、人間いくら事情通を気取っててもさあ、本当に腹と心の底から濃い人にはかなわないよな。濃度ってのは情報量じゃないね。その魂のあり方だよ。うん。

 最近流行の「つまらない小説」話が出たが、四龍島シリーズ(やっとシリーズ名が出たか)は「つまらないもの認定」がされました(笑)。やっぱ「作者が自分のキャラに萌え萌え」なところが高得点か。ああ、やっぱ明確な基準点設けて、ページ作るしか。
 ブギーポップがあまりに良かったため、つい勢いで「夜明けの歌を謳う天使」(字が違うかも)を読んだですが、……これはつまらないものじゃなくて、「へたくそなもの」ですね。なにが起こってるのか全然わからない。後半は少し勢い出てきてまだ読みやすいんですが、どっかで読んだような内容であるにもかかわらず、読みにくい。暗闇で手探りしているような雰囲気。


2月10日(火)
 わたしはヘドロ、ヘ〜ドロ、世界でいちば〜んイイ女。好きな色はあか〜と黒〜ぉ、レッド・アンド・ブラック、レッド・アンド・ブラック、赤は血の色、黒は罪の色、おーれぇい!@プリンプリン物語

 ……なんかいやなことでもあったんでしょうか?>自分

小山古谷
 小山と古谷は結婚してたんですが、まあアラレちゃんで小山が売れちゃって、当時古谷はあんまり仕事がなくて、小山はあんまり家におらんで、元々家事はやらない方だった(というか、それでもいいってことで結婚した)んだけど、夫婦間の仕事のギャップに(実力もだけどな)、それでもって古谷が(以下略)。間嶋と再婚して、間嶋には仕事をやめさせた、というのが当時耳にした話です。どこで耳にしたかまでは記憶にありませんが。都市伝説かも。
 二人が「おしどり夫婦」とかの肩書き付きで、でもすっかり「お仕事」でやってたアンドロメダストーリー@24時間TVのジムサとアフル(兄妹だけどラヴラヴの関係)が印象的でしたね。


2月9日(月)
 何かやろうとするとマシンが壊れるのはナゼ? とか思ったんですが、ただ単に壊れてたの放置してただけかもしれません。ゲイツにあたしだったらケチャップパイ(タバスコ入り)をぶつけたいがどうか。


2月8日(日)
 さんざん苦労して、実はハード的な原因で壊れてた自宅のメインマシンが復活。使い慣れない(というかほとんど使ってない)エアクラとの格闘。なんかメール関連の部分が壊れたらしく、ID登録しようとしただけで「書き込めません!」のエラーががんがん出る。そしてしまいにゃフリーズ。立ち上げてたエディタとか道連れにびしばし落ちる。ちくしょー、セーブしてねえよ! サブの98NEにはエアクラ入ってねーんだよ! つーか、重くて動作しねえよ! エアクラでしか対岸入れねーよ! 原因を究明している暇はないので、再インストール。メールが受け取れないどころの騒ぎじゃなくなってるぞ、ゲイツ@クリームパイ!

 渋谷bunkamuraで英国ロマン派展(ラファエロ前派あたり)最終日を見る。2回目。最終日の割には人数が少ない。うーん、こんなにいい絵が来てるのにねえ。それから池袋で「夢から醒めた夢」。あー、保坂知寿が数年のドザ周りの末、ポリーになりっぱなしー。あんた今ピコやろ? 役切り替えてよう。そのほかのことは……いいです、もう劇団四季はあきらめましたから。死んだ子の年を数えるような真似はすまい。いや、ポイントはいいんだけどさ、曲もいいしね。でもアンサンブルが〜。

 夜はギャルゲーな人々と飲み会。姫屋とシーズウェアのつながりについて、無知を誹られる(笑)。帰宅してからまたエアクラと戦う。サブマシン(98ゲー専用機)があってよかったなあ。


2月7日(土)
 せらむんミュージカル見に池袋へ。……あー、TVと同じようなダルい展開、敵6人に対してセーラー戦士側総勢15人! うさぎがぐだぐだ寝言言う展開まで同じ! ……でもみちるとはるかがかっこよかったから許す。ああ、許すとも。もう木村早苗賛江! で花いれちゃおうかと思いました、はい。

 某oさんが結婚するかもしれないとの話。まだあくまでも「かもしれない」の話だそうで、見合い相手とのつきあいは猛烈な腹痛を伴うものだったらしい。なーんだ、見合いして腹痛に悩まされたのってあたしだけじゃないんじゃん!

 ミュージカルは午前の部だったので、カラオケ後早々に帰宅。メールチェックするが、来てるかなーと思ってたメールが来てない。あやー?、


2月6日(金)
 久しぶりの快挙。

ブギーポップは笑わない
 けっこーイカレたゲーム小説ばっか出してるんで馬鹿にしてた電撃ゲーム大賞から出た「ブギーポップは笑わない」が空前の大ヒット。あー新人かあ、とふと手に取って、表紙を開いてすぐにレジへ直行。普段はあんまりそーいった冒険はしないんですがね、ライト系でオリジナルの小説が3冊ばかし出てたので、どれか買おうとは思ってたんじゃが。
 自分的には、新人賞では富士見の「銃と魔法」以来のヒット作。自分の世代の人間が見たら、ああ、アレだな、と思い当たるだろが、構成とか描写の妙とかで、最近の雰囲気も上手に描いてるあたり、かなり計算できるタイプと見た。言葉のセンスがいいし、イラストと内容もマッチしてるし。今後がえらく楽しみな作家として記憶に留めおくべし。
 あとがきも好感度アップの要素ばりばり。これは拾いもんですだよ。

 ところでこの挿し絵って、雪色のカ……ゲフ、ゲフン!


2月5日(木)
 鍋にしたんだけど、結局誰も帰ってこなかった(笑)。のでときメモる。詩織パーフェクトねらいなのに、ヘルメットは出しちゃうし、紐緒さんも来ちゃうし、あー、ストイックな詩織プレイ(謎)がー。

爆裂宮村優子
 小堺の昼の番組に、古谷徹・羽佐間道夫・宮村優子の三人が出演。本格的宮村炸裂場内真冬の北極圏だったらしー。と、師匠から聞く。
 なんでも「宮村としてわぁ、結婚しても? この仕事なら続けられる?、みたいなー。理解ある旦那様だったらー」……っておまえ、古谷(理解のない旦那様代表)の前で言うか? マズイぞ貴様。ジャーマネは自分とこのタレントきちんと管理するように。芸能界なんだから、礼儀を教えろよ、礼儀を。
 「宮村の馬鹿はマジか演技か?」と聞かれても、あたしじゃー答えらんないっすよ、師匠! でも利口だったら庵野ちゃんにはあそこまで惚れられないと思うっす。
 で、宮村に一つ忠告しておくが、「あんた馬鹿ぁ?」だけ言ってりゃ客が喜ぶ世界は、あんたの身の回りだけです。知らない人から見れば、そんなこと連発するようなやつは、ただのシツレイなブスにすぎません。だいたいなぜその演技力で女優を目指す? いや、今の時代で、声優だったら十二分だと思うがな。


2月4日(水)
 昨日のホットミルクの項、超計算違い。ホットミルクのが高倍率ですね。うーん、しかし感覚的には天竺浪人一人とホットミルク3月号全部で、まだ天竺漫画のが重いな。ホットミルク関係は、もいちど読み直してからまた書く。再読したらイメージ違うので。え? やあ、トランクスはダメ。何度読んでも(笑)。変形少女文字(死語)は熟読したらかなりM子さん的にイケてる内容だったので、お見せします。やー、地元で見つからないと思ったら、表紙か版型のせいで、レディコミのコーナーに置かれてるよ! うちの近所どこでも!

姫屋ソフト>
 って、シーズなんじゃって? あの「デザイア」とか作ってる! それなりに名前の売れた! あそこがあのあの姫屋ソフト! あの5分で終わる(本当)アドベンチャー「ゼニス」とか、あの史上現在過去未来最大究極王道ホモゲー「ディー・アーク」とか作ってた姫屋! くあー。
 んもー、さっさと昔の98ゲーム再販してよ! アリスみたいに! それともサターンに「ディー・アーク」移植して、ホモゲー屋として名を成すとか。うあー、そしたらコミケで一列サークル並んじゃうぜ、もー。頼むよ姫屋!
 いや、マジでシーズのいい子ちゃんぶりっこで、姫屋初期の名作が消えてしまうのは惜しいぜよ。ほんとほんと。「ゼニス」はくそゲーハンター的に、だけどネ!


2月3日(火)
 生殖汚染。環境ホルモン汚染のせいで、俺様ら(複数形)こんなんなっちゃったんだよゥ、だからもーしょーがないんだってばー、ねえ母ちゃん。
 ……といういいわけを考えてみた。きっとダメだな(笑)。ごめんなさいお母さん。

ホットミルク>
 最近話題の「雑誌事評」を読むためだけに、美少女エロマンガ誌ホットミルクを初めて買う。「雑誌事評」は噂通りの「おもしろくてためになる」出来。JUNE系もフォローしてて、お買い得。
 しかし他の読み物記事はイマイチ。肌に合わない、ってのもあるだろうけど、ぐっ! と来るものがない(さすがに永山薫氏の記事は役に立つ内容だったが)。ぽわんとした、だらーっとした感じか。フォントが少女文字(死語)になってるコーナーも悪だが、さらに悪いのは女子編集三人によるトランクスとブリーフに関するアンケートってやつ。 すでにあちこちでやられ尽くしてるアンケートすんのはかまわんが、編集がつけてるコメントがダメ〜。ありがちな事すんなら、コメントくらいまともに付けれ。コメントの代わりに般若心経でもペーストしといた方が、よっぽど世の中の為になるってくらい脱力。うーん、女子編集が男性下着について語る、という状況を読者がいろいろ妄想して楽しむってコンセプトだとしても、ダメだな。良くないだけならともかく、悪くもないってのはダメダメ。腐臭が漂ってる分、変形少女文字(死語)の方が破壊力有り。

 漫画の方は、3本くらい当たり。さすがにビッグネームは外さない。560円で3本当たれば、これは高倍率か? ……って激漫だったら表紙と1本だから、もっと高倍率かー。
 中学の時にレモンピープルを読むことからこの道に入った自分としては、やっぱ美少女エロ=フェチ(と背徳感)なのな。フェチじゃないのはなんつーか、美少女エロじゃないような気がするんよ。ここんとこ美少女エロから遠ざかってたのは、なんか「絵はそこそこ達者でばんばんヤってるんだけど、そんだけ」のが増えちゃったから。なんかなー、背徳感がないんだよ、背徳感が! 
 これはやおい(同人商業含む)にも言えるんだけど、もうエロで当然! がんがんヤってまっせー、ダンナ! みたいのはお呼びじゃないんだヨウ。こう、「イケナイコトしてますぅ」な感触が欲しいんだってー。古いか?

サイボーグとやおい>
 はい、イヤなタイトルですねー。
 最初にやおい的にぐっ! と来たのはさらヤマです。ファンの人すいません。真田@こんなこともあろうかとさんを守って空間騎兵隊の斉藤が立ち往生するシーンですね。両手両足にこんなこともあろうかと爆弾仕込んで歩くなよ、とか、エネルギービーム打ち込まれて、どうやって反動殺してるんだよぅ、とか子供心に思ったものですが、今考えると我がやおい人生は「斉藤&真田」から始まっているのか。イヤだ。
 次はご多分に漏れず009。007と002が喧嘩して、002が故郷に戻る話ですね。昔の仲間が怪我をしてるのに、002はサイボーグだから献血できない! うわう! 来る!
 みんなに責められて傷心の002を迎えに来るのは、なぜか009。007と喧嘩したんじゃろう? いや、一応007も来てたけどな。
 ほかにもXENONとかあるけど、やっぱこのあたりかな。サイボーグでやおいなのが好きなんは(笑)。


2月2日(月)
 臀部の脂肪を太股に感じる今日この頃。みなさんいかがお過ごしですか(号泣)?
 ってことでとうとう実力行使(肉体労働)による痩身に踏み切る。胸のすぐ下、胃の上にへばりついた脂肪層と、とうとう太股まで垂れ下がってきた脂肪層をちっとでも減らすためである。続くかなあ。ここまで太ったのは初めてなので(なんせ中年太りだしな)、どんくらいで痩せるのか、よくわからん。教えてエライ人。

サイボーグは肉の夢をまどろむか>
 「未来都市編」のラストで009と003のクローンが作られてるんだから、そっから未来人ができてもおかしくはないんだよな。

 サイボーグが人間に戻るには、やはり科学の威力で戻って欲しいんだなや。安易に愛のチカラとかボルテックスに009が望んだから……とかで肉体を取り戻してほしくはないんだよう。そんな簡単に戻るなら、今までの苦労だのなんだのはどうなっちゃうの? 人外魔境に悩む如月ハニーや不動明の戦いがすげかっくよかったのは、「それでもなおかつ人間に戻ることはない」からなんだってー。
 最終回ご祝儀で元に戻られるのは、ちょっとイタダケナイっすよ。きちんとした理由付けがされてれば、じぇんじぇん不満に思うことはないんですけどね。ていうか、肉に戻るなら、それなりの展開を用意して欲しいナリ。さくっと片づけないでほしい問題なのね。まあ個人的好みの問題だけどさ。


2月1日(日)
 Sちゃんと電話。「そりゃあんたの母さんが求めてる娘はすでに絶滅しているさー。でもあたしらキチガイだって言われても反論できんもんね」というのが結論。

7年間チベットにいた>
 父がなんか負い目を感じたのか、映画をおごってくれる……って今日映画の日じゃん(笑)。父も自分も映画館で気付くが、地元の映画館、3割の入り! 日曜日で映画の日で、これだけ話題の映画なのにー。
 で、オーストリアの登山家がダメ夫で、息子にも見捨てられてチベットで鬱々としてるやつを見る。
 うーん、退屈もしないが、感動もしない。ちうか、虐殺シーンイヤ過ぎでプラマイゼロってとこかなあ。政治色も強いし。いや、それが悪いとは言わないが、個人的には合わない。「太陽の帝国」ほどじゃないけどね。


>>戻る>>  >>日記に戻る>>