98年5月の風虎日記

 風に吹かれて
 あとどれだけ**したら、**は**になるのだろう。島さんと最初で最後に会ってから1年がたちました。


過去の風虎日記
4月の風虎日記

謝罪要求関連

5月1日(金)
5月2日(土)  絶対少年展>
5月3日(日)  SFセミナー>
5月4日(月)  やおいゲー>
5月5日(火)
5月6日(水)
5月7日(木)  クール>
5月8日(金)  クールダウン>
5月9日(土)
5月10日(日)  コミックレボリューション>  知性化戦争>
5月12日(火)  さよならダイノサウルス>
5月13日(水)
5月14日(木)  天の光はすべて星>
5月15日(金)
5月16日(土)  はいえんどオフ>
5月17日(日)
5月18日(月)
5月19日(水)  銀の海、金の大地>
5月20日(火)  朝日新聞の>
5月21日(木)  噂のバカからメールマガジン>
5月22日(金)  女が男を殴るとき>
5月23日(土)  暴力>
5月24日(日)  ライブレポート>
5月25日(月)  イヤ009>
5月26日(火)
5月27日(水)  カレイドスコープの少女>
5月28日(木)
5月31日(日)  ニュートン銃>  今月のホットミルク>


5月31日(日)
 ジンクス氏、姫と三人で横浜のHMVで明和電機のインストアデモ。つうても製品デモはニュートン銃のみ。終了後、姫とロフトプラスワンの萩尾望都イベント。いつもと違うロフトの雰囲気。女性率異様に高し。奥の方に「う、あのサークルのあの人では?」な人たちもちらほら。こっちは読者じゃからむこうはわからんだろうな。CLAMPから花が来ててなんだか腹立たしい(笑)。
 帰宅すると母が帰ってきてて、深夜すぎまで萩尾的母子イベント。いやー、泥棒がこの週末3日連続で入りましてなあ。警察来たりして大変だったらしい。母は30万程度の被害。でかいぞ。

注:ニュートン銃>
 最近世間では重力の間違った使用法が蔓延している(吊ったり飛んだり)。そこで正しい重力を考えるためのシステム。銃身(重心とかけてるのか?)には水平機が取り付けられ、先端のマジックハンドでリンゴを挟む。水平になったところで引き金を引くと、地球の中心にむかって正確にリンゴが落下する。アルミとABS樹脂製は明和電機らしいところだが、銃身に飾り気がない。手触りはよさそう。

 ファンとアイドル(?)との関係性に首をかしげる一幕も有り。青山のサイン会のときもその人はつっこんでたのだが、執拗に繰り返すつっこみは見ていて醜い。

今月のホットミルク>
 雑誌事評2から更科氏が降板。新連載も打ち切り。雑誌事評のためにHM誌を読み始めた自分はとても残念。このままHM誌はヌルい少女漫画誌になってしまうのだろうか? べつにいいけどざあ(ちゅうか今月のかいだんのぼるつう奴の漫画激つまんねぇ)。
 中山氏も更科氏も、なんで雑誌事評のために買う、というとイヤがるのか、ようわからず。自分らの連載が雑誌の戦力になってるのに、なぜ喜ばないのか? なにががきっかけでも新しい漫画家を発掘できたり、あと一歩買う魅力のない雑誌に対し購買意欲をわかせているちゅーのは読者にはうれしく、作者には誇らしいことではないですか。それともどっかから風当たりがあるのか?

 さて一方あちこちでイヤ話題の不思議少女トリオ、ミルクガールズコラムは今月もわかりやすさ爆発! だって彼女ら自分のコトしか語らないんだもん。テーマは「こんなにイかしたあたしたち!」だら? 容姿的、才能的にはたいしたことないから、せめて女の少ない業界で働くあたしたちってフシギー! なんだろ? テイストあふれるコラムでまたてめェのことばっかり語りやがって(嘲笑)。わからないのはなんで彼女らがこんなに美少女誌をナメてかかってんのになにも言われないカ、ですニャー。どう思われます? 数少ないミルクガールズウオッチャー(現在俺を含めて2人のみ確認)の加野瀬さん。あ、ピュアガールの表紙って、加工変えただけだったんすね。同人者として恥ずかしいです、気付かんで。


5月28日(木)
 ジンクスさん、8月一緒に旅行しようか。いやなに、ちょっと箱根まで(笑)。彫刻の森美術館まで。ワンフェス飛ばして出かけます。絶対少年で買い物するお金は、この旅行でなくなるわけです。いかがですか8月8日、9日(土日)。その辺の民宿にでも泊まれば安くあがること請け合いですがな(笑)。

 マンガ夜話は「俺の空」。司会の大月氏は降板か? いてもいなくても同じようなもんじゃったがのう。アシスタントには漢字読める子を採用するように希望。今回は初日のいかしたナレーションにいや〜な顔する一同、でありましょうか。

 ガチャピン宇宙へ行くって、大元帥、仕事を私物化してねえか? そんなことしてる暇があったらさっさとシーフォートの翻訳……じゃなくてキャプテンフューチャーの新作書いてくれぇ! 死ぬ前に! ガチャピンって、あの巨大ぬいぐるみをやるのか? 重さはどんなもんかいね?

 鉄道ファンは「鉄」、なら天文ファンは「天」? ってこたぁないか。


5月27日(水)
 マンガ夜話見逃す。ああ「寄生獣」の回だったのに! じっちゃんのナニかけて!(この名言ってかなかさんか?>出典)
 ピュアガール最高! もうメロメロ! ふわふわと発刊してふわふわと漂っていた感のあるピュアガールだが、4号にして着地点を捕まえたって雰囲気有り。このままここに根を伸ばすのか? とにかく表紙の紙質を変更したのは大英断と言えよう。コラムもこなれてきたし。緒方氏インタビュー、「琥珀色の遺言」を見てX6800を購入した話を聞いてなんか満足。自分は金がないからMSX買ったけどね。あのオープニングは、1台のマシンを購入させるに相応しい出来でした。後に出たwin版なんか足下にも及ばない出来。あれのデモを見るために、ECCSやニュー秋葉原センターへ出かけた日々を思い出しますよ。「あなたの夢をかなえる力がある」マシンだったから(過去形)。

 師匠は妙に電車に詳しい。もしかして隠れ鉄?とか思ってたら、実は時刻表マニアだった。どれくらいマニアかと言うと、「月刊時刻表」「OH! 時刻表」「時刻表技術」とかあったら欠かさず購入、ってくらいらしい。ああ、だから路線にこだわるっつーか、時刻表通りに乗り継ぎできないとブッ(以下削除)。

カレイドスコープの少女>
 富士見ファンタジア文庫、佳作作品。長編デビュー作。
 売れてるみたいだったのと、イラストがよかったんで購入。書評は分けようと思ってるんですよ。だもんで、とりあえず覚え書き。
 冒頭、1ページに4回の「**のような」「**のように」。物語のために作られた世界。不自然。都合のいいキャラクター。キャラクターのための会話。RPGツクールみたい。新鮮味なし。書き割りの薄っぺらさが目立つ。

 たとえば会話。その会話のためだけの会話で、二人の関係を説明しちゃってる。それはエピソードで語れ! もっと違った方向から切り込め! 事件と事件は細かくつながれず、なんとなく不自然なきしみを感じる。RPGメーカー98で作ってるみたい。なんつーか、出来の悪いシナリオ的なのな。書き割りの世界がもうあって、そこに「タイプa・少女」と「タイプb・少年」を配置。感情や出来事は全部説明。わかりやすいっちゃあわかりやすいんだろうけど、効率悪いことこの上ない。世界観を書き込むのに失敗している。ソードワールドプラスアルファおしまい、ってとこか。まあそれ系の人は取っつきやすくていいかもしんない。ソードワールド短編で一度受賞してるってことなんで、あの世界の呪縛から逃れるのは難しいんだろう。いっそソードワールドで出した方がよかったかもなあ。


5月26日(火)
 ドリームキャストなんてどうでもいいからさあ、さっさと64ゼルダと64MOTHERと64F−ZERO出そうぜ任天堂。N64の勝負はこれからだからナ(笑)。

 リンク集。
 「政治囚東條 うらみ節」じゃなかった、「プライド 運命の瞬間」の映画評として最高なのは「クズビデオ49日」
 映画のタイトルは日本語で! キャンペーン(嘘)は「勝手邦題」
 日本語は正しく使おう! キャンペーン(嘘)は「お言葉ですね」
 小説は大きく書こう! キャンペーン(嘘)は「ゐんばの大型小説の世界」

 クズビデオ以外は全員AWCの人だったり。お笑い系が多いのはなぜでしょうか。


5月25日(月)
 BSマンガ夜話を見る。妹が転げ回って笑う笑う。……って岡田さんのアロハが万博模様! ここまで腐っている(ほめ言葉)とはかっこよすぎ! サイコー! って、よくこんな模様が1998年の今、残っておったニャー。明日は古田新太が出るので、ぜひ「みやむーのことどう思いましたん?」って聞いて欲しいニャー! 放送中に?

 NHKと言えば最近、昔のドラマを再放送してて、今週はあの「お米平吉時穴道中」(記憶じゃ「およねさだきちときあなどうちゅう」なんじゃがのう)なんじゃ! しかもお米って由美かおるだったのね! この勢いであのウルトラマンタロウ(篠田三郎)が実はサイボーグだったドラマ(タイトル不明)も再放送して欲しい。ああ、NHKが大人向けSFドラマを作ってた時代があったなんてなあ。

 ・ライブの話とはないちもんめの話を書くこと。

イヤ009>
 199X(笑)年、石森章太郎没を記念して、かの名作サイボーグ009がリメイクされることとなった。
 制作はサンライズ。キャラクターデザインは今をときめく大ば(げしゅ)失礼しました。もうちょっとひねった方がいいですね。とりあえず008は美形キャラクターに変換オウケイですか?
 じゃあ声優行きましょう声優。
 001=かないみか 002=子安 003=みやむー 004=小杉十郎太 005=碇ゲンドウ 006=山寺 007=三木 008=関智 009=緑川

 ……イヤ〜ん。もう全体的にホモアニメ? 妙にシャープな009になりそう。加速装置はCG処理。002はシャープにしすぎてとうとうヘルメット突き破ります。鼻が。004は東西統一でボロボロになった祖国でネオナチと戦い、005は「この牧場、全部じいさんのもの」と言い、006は香港で中国人にボコにされ、007は美形に変身しっぱなし。突如美形になった008はエピソード積み直し。とりあえずアンチハンター・ハンターですか。003はバレリーナ廃業して声優やりながらガッツマン。009はめそめそのしょぼしょぼでもうホモと勇気と白ラベルって人生送ってますな。
 ご子息は好きなように天使編書いていいから、アニメのリメイクだけはやめてね(はあと)。


5月24日(日)
 毒熊さんや師匠が有明のコミックライブに連れていってくれる。
 で、あんまり自分のことを「濃い」とか「クイーンだから」とかいじめるので「100歩譲って俺様がクイーンだとしよう。しかしクイーンの師匠であるあなたは皇太后、すなわちネオ・クイーンセレニティに対するクイーンセレニティのやうなものである。……じゃあさしずめ毒熊さんはちびうさだな」「キルみのうら! キルP・太郎!」by 毒熊
 ……そんなにちびうさ嫌いか>毒熊こと「毒うさ」さん

 終了後はカラオケ。東映レーザーで「いつの日か」「誰がために」のマッドビデオを見る。これ作ってるやつ絶対ホモだな。こおろぎ73のコーラスを聴いて、あー、高温の人は副社長(明和電機)に声似てる、悪魔くん聴けばはっきりするぞ、とかチェック。でもどこでチェック?

 師匠は009の台詞をほとんど言えるのに、アニメの製作会社チェックは少し甘い。なるほど、天然とはそういうコトか(ニヤリ)。自分の知識は所詮後付ですから。毒熊さんは相変わらず毒爪を隠している(笑)。

ライブレポート>
 久しぶりのコミックライブは有明西館2Fを使用。思ったより並んでますな……と思ったら会場と同時に9割以上がコスプレブースになだれ込む! ってこれでいいんですか師匠! 師「いいのよライブはコスプレ見るために来るんだから」毒「だから本もちょっとしか持ってきてないでしょ?」いや〜ん。
 会場と同時に、ものすごい列をコスプレ登録所前に作る人々。だいたい6列で並んで30人並んだとして180人? いやもっといたぞ。すげえよ! いいのかそれで! 客より明らかにコスプレイヤー多し! いいのかなあ、ほんとに。
 で、全体の3割くらいが「あにめにあ」スペース。これ、ようわからんかったのだが、どっかの専門学校がまとめてスペース取ってて、自校の生徒に配分してるのかニャー。ジャンルごっちゃになっとるよ。
 コスプレブースの近くに配置された師匠&毒熊サークルですが、じぇんじぇん客が来ません。いや、全体に客がいない! 普段なら中堅どころで列できるようなサークルさえ、ほとんど本が売れない状態。
 ……あー、ちょっと今のらないからこの話は今度。


5月23日(土)
 加野瀬さんとこに、「ブギーポップ」の上遠野さんからはがきが来たらしい。いいなあ。
 「ブギーポップは笑わない」は三版まで確認されてて、うれしいけど次回作が不安かも。受賞作とは全然違うタイプの作品を上げて欲しいな。まさか富士見みたいに作者しゃぶりつくす(例:神坂一)ことはないと思うが、頼むよ角川メディアワークス。

暴力>
 掲示板の「ダメおやじ」で、妻から夫への暴力になんとなく納得してしまったりして。
 前に書いたかなあ。もう最近記憶が薄くてよく思い出せない老人のように繰り言してしまうけど、最近ウガニク効果で人が増えてるんでおつきあいのほどを。
 暴力に対して自分が過剰反応するのは、もし自分が暴力ふるわれたら抵抗できないだろうからなのな。おそらく殴られるまま殴られてしまうと思うんだよ。
 自分は気が強い方だし、きっと殴り返せるだろうって昔は思ってたんだけどな、大学のとき本格的な(笑)痴漢に遭って考えが変わったんだよ。
 文化祭の実行委員で不眠不休の三日を終えて帰る途中に話しかけてきた奴がその痴漢。こっちも寝てないしさー、ちょっと油断してたんだよな。孤立無援の実行委員会だったから、不祥事はいかんと思ってたとか、殺されるくらいならレイプで済めばましだろうとか、いろいろ考えましたけどね。
 電車で遭った痴漢をことごとく撃退してきた自分が、いきなり肩抱いて胸揉んできた相手に抵抗できなかったってのが、ものすごい恐怖で、屈辱で、おそらく未だにトラウマなんじゃろうなあ。相手が女だろうと肩抱かれるの嫌だからな。いわんや男なら殴り飛ばす……ことが今でもできんのだわ。身がすくんで。その時も驚きましたけどね。未だにあの痴漢野郎に縛られてるのかと思うと。
 もしかしたら、殺されるかもしれないと思ったのはこれが今のとこ最初で最後の経験。自分がそのとき、相手に抵抗できない事を知ったのは悔しいっつうか、なんというか。
 幸い相手の男に度胸がなくて、今も生きてるし、空き地に引きずり込まれてひどい目に遭うこともなかったわけですが、その痴漢野郎は名刺まで渡してきやがってさあ。もうそいつの家に電話して、「おたくの息子さんは痴漢ですよ」って母親に教えてやろうかと思ったことだよ。ああ、実行委員会のメンツがなきゃな。とりあえず実行委員の女子には、委員会に対する攻撃の可能性があるってことで注意を促して終わりましたけどね。
 そのとき、フルコンタクト系の中国武術やってたんだよ。でもそういうの関係なく、身がすくんでしまってな。

 殴られたくない。おそらく殴られたら抵抗できない恐怖が、暴力に対して過剰反応する自分を作っている。


5月22日(金)
 セガは倒れたままなのか? って遠くからせがた三四郎が来るのかと思ったんですが、どうなんでしょう? え? 背中にカタナ背負って、日本じゃ二番目でライダーじゃ三人目の男が来る……どうしてセガは資産をうまく継承できんのでしょうかね? ああ、そこがセガなのか。セガカラなくなると困るから、あんまり失敗しないでね>セガの人

 せがた三四郎で見たいCMいっぱいあるのになあ。バーチャロンにバーチャファイター、ナイツ2とか。特に、背中にサターン背負ってローラーダッシュするせがた三四郎はものすごく見たかったです。

 任天堂パワー書き換えゲーム一覧。新作は「リングにかけろ!」ですよ旦那!

女が男を殴るとき>
 SPA! でブレイクワイフ系の特集。最近、夫婦間やパートナー間での暴力がよく取り上げられてるんじゃが、こないだうちの父と特集番組見てたら、やっぱ「なにを大げさな」「女房くらい殴ったってどうってことなかろう」な意見でした。時代もあるけど多いよな。殴ることに抵抗ない男。幸か不幸か、うちの父は子供の前で暴力ふるうタイプじゃなかったんだけど。

 で、今回SPA!は「彼氏を殴る女」ってのもやってるんじゃな。切り口としては新しいか。自分の周りでも、彼氏を殴るとか、奴隷扱い(笑)してる人ってのは結構いるなー。性奴隷だったら趣味?
 ただねえ、女子がいくら男子殴ったって、凶器がなけりゃ大したことないでしょ。麻痺が残るほど殴ったりできないよなあ、能力的に。傘で殴った人ってのがいたけど、この場合は「殴られた」って精神的ショックが問題であって、目をつついたりしなけりゃ重傷はない。
 記事の中で一つ、彼女は、してほしくないことをしたときに、周囲に「私はこういうの嫌いなのよ!」って表現するために僕を殴るってのがあって、ものすごく共感しましたよ。ここで殴らなかったら、絶対別れるね。なんて言うのかな、「彼氏」って時々、もう信じられないくらい鈍い、無神経なことを、ちょっとした自分の満足のために押しつけて来るやん。それを黙ってにこにこ許してたら、怒りゲージ越えた時点で絶対別れる。そう思ったら、少しくらい殴らせといた方が長続きするでしょう。相手が文句言わないからって、怒ってないと思うなよ! まあ、この彼氏はわかってて殴られてる。もう一歩進んで、もっと彼女を理解すると彼女も殴らなくなるでしょう。


5月21日(木)
 えーと、別に朝日新聞が嫌いなわけじゃなくてですね、こういうキャラ設定なんですよ自分は。でもやっぱいいよね>平成三十年

噂のバカからメールマガジン>
 Read Me! の登録者にいかれたメール連射したバカ(しかもネカマ)が、メールマガジン作ったとかでメールしてきやがった。やっぱり反省はしてなかったようだ。
 前のメールは無視しとったんじゃがな。今までその手のメールに抗議したことはないんだけど、この無意味で気持ち悪くて半分以上文字化けた長い長いhtml文書添付されメールが定期的にくるかと思うと腹が立つので、お望み通りに反応してやろうと思う。

 たとえば、自分が作ってるページを、同じような趣味の人に見てもらいたい。自分の好きなページ作ってる人に、自分のページを見てもらいたい。そういうのはいいんだよ。でもなあ、相手を無視した絨毯爆撃はイヤすぎっつーか、馬鹿。問題の馬鹿を見たい方はこちら
 この西川光男とか言うやつの作品がどんなに素晴らしかろうと、読んでやる気にはならんな。いや、この「管野美紀」なるセンスないネーミングされたネカマキャラクターの「(^o^)よろしくね、ちゅっ!」を見ただけで、ダメ臭だらだら漂ってきますな。作品に自信あるんなら、ネカマなんかするなよ! つうか、ほんとはダウンロードしてやろうかと思ったんだけどさあ、つながんねえのよ。ぺぺぺぺぺ。

  ……こんなかんだ(原文ママ)で、あっという間の3週間でした。これからも、騒がせすると(原文ママ)、思いますが、お許し下さい、ませ、ませ。ぜひ、また、遊びにきてください。待ってまーす。

 ……すばらしいセンスに満ちた内容はともかく、てめぇのページを見に行ったのは今回がはじめてだよ! まるでこちとらがバカなページ覗いてゲストブックでも書いたかのような言われようだね!
 この、女のふりすれば許されると思ってる(らしい)書き方もいらだたしいよ! ああ本当にな! 
 何者かと検索かけたらエキスパンドブック系のページにこのようなプロフィールが。なるほどこんなえげつない事する人間は童話作家に向いてませんね。このえげつなさを小説にまで昇華できればいいですが、このネカマ具合を見ると難しいでしょね。


5月20日(水)
 明和電機第二回日本公演中継とか、魚器ビデオとかCDのサンプルとか。SMEはなぜLDの発売を10日も先に設定しますか?
 魚器ビデオはハリセンボンブの説明が見られます。

朝日新聞の>
 取材を受ける。といってもサカキバラ写真掲載プロバイダ脅迫事件とか、萌え萌え取締法に対するむにゃむにゃ……とは関係なし。柳瀬さんの紹介なのでコミケとかの話です。いったいどういう人選ですか(笑)。でも今、柳瀬さんには気分的に借りがあるニャー。いや先日のRTでちょっと意見が食い違ったのだが、後でログ読み直したらなんか自分はわけわからんことをくどくどと繰り返していた。いくら夜明けが近いとはいえ、あれではわけわかんなくて当然だす。

 相手は美人の人でした。仕事がおしてて遅刻したのじゃが、駅前のK−BOOKSとか、「どんどん」上の虎の穴とかに案内する。……ってカヲルのマグカップ買ってるよこの人は!
 秋葉原が電気からおたくにシフトしてきた話とか、コミケの売り上げとか、一般の人にも受けそうな話をしたつもりですが、せっかく朝日の人に会ったのに、肝心な話を聞き忘れてました。アエラのオヤジギャグのことは聞いたのに! そう、朝日新聞といえば、今どころか20年後も一番ナウい連載小説、「平成三十年」じゃないですか! なぜ、誰も堺屋ちゃんを止めませんか? レッツパソエン!


5月19日(火)
 あれから一年たちました。早いものです。

 5月だから会社やめたい〜。でも秋葉原で土日休みの仕事なんてそうそうないニャー。そういやまだリンクしたことなかったっけ>世界機械
 「……ダ!」しゃべりは、くそゲーハンターよりもサキにこっちから移ったヨ! 特に「鈴木U伝説」がサイコーだ!

 最近流行の松谷ネタですが、すいません。「松谷さんはYちゃんにいいかっこしたいのだが、軽く流されている」としか読みとれませんでした。いや、斬新な文章ありがとう、とは思いましたよ。特にこう、「ホントはゲームなんかより、映画のがカッコイイよね。でも映画ファンは大勢いるから、ボクちゃんはゲームさ。トレンド(死語)だし」ってとこはまるでボーイズビーみたいな斬新さです。ホント、自分の好きなボーイズビーページの文章にクリソツ(死語)で驚きました。

銀の海、金の大地>
 しまった、これには手を出さないと誓っていたのに、つい読み始めたら止まらないよ!
 いや、氷室冴子だしさー、長そうだしシリアスだし完結するまで読むまいと思ってたんですが、しまった。おもしろいわ(号泣)。しかも刊行ペース遅すぎ。ギャー。
 ……こんな立派な物語、申し訳ないけど今のコバルトじゃ浮いちゃうか。部数出なそうだしー。あああ、これがあの「しろいの」直江氏には負けるのね(笑)。この「古代転生ファンタジー」っつうコピーは今のところ(10巻まで)大嘘ですので、みなさん読みましょう買いましょう。内容はまあ、氷室氏がクララ白書でやってた劇中劇「佐保彦の反乱」です。

 そういやこないだ栗本薫の話になってさー、天才がどうの、物語の申し子がどうのって言うけど、若い情熱がなくなった栗本の小説なんて「ヘ」だよな。それがたとえば平井和正だったら、魂は抜けても香り立つ文章の香気ってのが残ってるから読まされちゃうけど、栗本の文章って元々下手じゃん。その上シナリオ書いて荒れてる上に、芝居の金稼ぐために書いてるわけじゃろ? そらまあ、小説の質が落ちてもしょうがないわなあ(まだ恨み言をいい足りないのか?)。
 「あなたもSF作家になれるわけではない」とか、オールタイムベスト海外長編、初期の平井話などで盛り上がる。日本オールタイムは難しいね、とか。SFの話をすると、なぜか遠くに「きみが〜いつか〜あのまちまで〜ゆくことがあったらなら〜」と聞こえてきます。大丈夫か?>自分の耳
 オールタイム叙情SFとか、オールタイムスペオペとか、オールタイムハードSFとかに分けてくれるといいんじゃがのう。日本とか海外とかわけなくていいから。
 ちなみに草上仁の「セルメック」は、オールタイム短編に入れたい名作です。


5月18日(月)
 ウガニクオフで、ホワイトアルバムのメスキャラについて、処女か非処女か桜色か、という話をしたのは残念ながら自分と加野瀬さんです。「この人だけ処女じゃない」とか言ったおやびんに、「人じゃねぇ!」って誰がつっこんでたのかまでは忘れましたが>B☆Bさん


5月17日(日)
 ……へんじがない。しかばねのようだ。


5月16日(土)
 4時間だけ寝てチケット取りに行ってそれからオフ。死人も同然。

はいえんどオフ>
 秋葉ではいえんどなオフ。いや、確か本来はウガ閣下謁見の間、だったはずなんだけどすいません、最初にコスプレ写真出して場を乱したのは自分です。ウガ閣下の「戦時中の疎開先で、ガキがメシを喰い足らないくて駄々をこねていると、「私のご飯をお食べ」と、本当は腹が減っているのに自分の分まで分け与えてしまうほど面倒見のよさそいうな、いかしたネーチャン」という印象は間違ってます。なぜガキに飯を与えるかというと、事前にガキの上前をはねているので、後ろめたいからです。
 ほかのメンツは加野瀬未友、あび子あび夫、あび子あび夫弟、Martin李、更科修一郎(敬称略。しかも加野瀬日記からコピるし)というピュアコラムなメンツだ。これになじぇ自分が加わったかというと、実はあび子あび夫氏とは(以下50行削除)。ちくしょー、ここに横森さんがいれば!
 話題はそれぞれですが、昔発生した有名なネット恋愛事件の、肝心なところを知らなかった自分が悔しくなるほど重要な情報が欠けていたり(俺はp嬢を尊敬することに決定)、特に名を秘すが、ある人が「みのうらはネカマだ」という情報を危うく信じそうになったんだがあやうくだまされなかった(チっ!)、いや実は上半身改造済みだが、下半身は未改造なので、女装なのに攻めさまとして**さんの後ろ前をねらっているのだ、ってことを信じようと信じまいと。

 さてミルクガールズコラムはなぜ毒にも薬にもならねぇ既成記事の焼き直し>つまんねぇ>下品なだけ、とどんどん悪くなって行くのか? という点について加野瀬さんと盛り上がる。このコラムは誰に聞いても評判が悪く、もうホントーに同人系カンチガイねーちゃんの絞り汁から、沈殿した澱をわざわざ掬ってきて煮詰めたやうな腐臭漂う出来。ある意味一見の価値あり……かニャー。いやもう、どうやったらこれだけのタマ揃うのかコアマガジン!


5月15日(金)
コクラノミコン管理委員会に新たな動きがあったを忘れてました。裁判は進んでるし、オープニングアニメの請求云々に関しても話が出てるし、原告の資格とか寺西氏と会計の関係とか、それなりに話は進んでるですね。まあ今後を見守りましょー。被告側のページ、やっぱ欲しいよな(笑)。ところで、この話題についてどっかやってないか? 日記とか掲示板で。チクリ求む。


5月14日(木)
 ホワイトアルバムは後回しで臭作さん。……をやろうと思ったんじゃが、いつの間にか腰まで伸びた髪を洗ってたら寝る時間だ。ポケモンやって寝る。

天の光はすべて星>
 自分がwww巡りを初めて早2年。ここんとこ(謝罪要求関連)を見ていただければおわかりのように、言ってることはちいとも変わってません(笑)。
 どこから書こうか考えてましたところ、根森氏15日の日記に

・・・・最近,巷では何か否定的な感想を受け付けないような風評もあるようですが・・・・このサイトの掲載文章のこう言った所を直せば,もう少しこうすれば面白くなるんじゃないかなー,と言うふうに教えていただければ出来る限り対処いたします。

 とありました。今のままで十分すぎるほど面白く、「・・・・」すら変更して欲しくねェ! とか思ったりもしますが、もう少しこうすればつっこまれなくなるんじゃないかなー? 面白サは半減だけど。って方だよな。どっちかっつーと。
 あ、まず基本的に「日本語文法が変」というのからなおした方がいいでしょう。電脳スージーも、主語入れるだけでずいぶん理解されやすくなるはずです。たとえば「最近,巷ではぼくが否定的な感想を受け付けないような風評もあるようですが」とするだけでいいんですよ。それから「・・・・」ですが、ライター的には「……」が正しいようです。自分は辞書に登録してます。

 色々書こうかと一瞬考えたんですが、それも詮無いことですんで、どうやら俺様宛のことかいな、と思われることだけ書きます。最小限の引用にとどめますので、理解のためにはなるべく原文を当たってください。
このHPを潰して非公開の所で気楽にやろうかな,とも思ったんだけど,どうせ嗅ぎつかれるのがオチだし

 嗅ぎつかれるってのは問題ですね。まず使用法としては「嗅ぎつけられる」が正解でしょう(文法不備)。また、この言葉は揶揄として受け取られます。その上、根森氏に不利です。
 なぜなら、自分は嗅ぎつけて駆けつけたわけじゃなく、根森氏が細田さんの掲示板に「ゴソゴソ」と自分のページをリンクしたから駆けつけたんです。リンクされなきゃ、根森氏のことなどすっかり忘れてました。不特定多数がアクセスするボードでurlを公開しておいて言う言葉ではないですね。人が来たのは根森氏の責任です(責任転嫁)。責任転嫁は卑怯だという印象を他人に与えがちです。自分の書いた文章は、読み直して不備がないか確認しましょう。

 さて、こっから話切りかえ。
 wwwで公開されてて、あきらかに非公開とされているもの(そのページからのリンクがない、非公開と書いてある、パスワード制)以外は、どこからリンクされようが、またその内容をどこでどう言われようが、もうどおしょおもないよな、ってのが自分のスタンスです。だって止められないじゃん。止めようがないじゃん。
 その内容を目にする、証拠が残る確率が、ふつうのおしゃべりとは異なるところで、たとえばうちの日記をどっかの掲示板でボロクソ言われてるの発見しても、そりゃまあしょうがないよなあ、ってなもんで。っていうか、絶対どっかで言われてるよね(笑)。
 wwwという公開された形式である以上、どこでなにをしゃべっても、厳密には「陰口」にはなり得ないだろう、という判断。それがwwwのすごいとこでしょう。
 相手の反応、反論がほしければメールするなり、リンクするなり、それなりの態度は必要だけどね。メールして無視されたとしても、文句は言えないけどさ。この項まだ続く。


5月13日(水)
 やったあ、矢野蛍を倒した!(c)くそゲーハンター様
 くしゃみと鼻づまりをものともせずがんばったもんな。わはははははは。
 でもこれがいわゆる「肉欲エンディング」らしく、せっかくコマした蛍ちゃんは、二度と帰っては来なかったのだった。いやあ、TV局のやつが来ないからさー、変だなあとは思ったんだよ。そんなに肉欲アップしてなかったんだけど……モラルが低すぎたか? これで「健康」「死亡」「肉欲」と倒したから、あとはハッピーエンドだけだ! ……TV局のやつ、なんで来なかったんだろう。フラグがわからんよ。


5月12日(火)
 毒風邪……あ、うそうそうそ。湯冷めしただけだよん(多分)。毒熊さんと体液の交換((C)パーム)したせいじゃありません(笑)。

さよならダイノサウルス>
 宇宙は僕の手の上に存在しない。僕は宇宙の手の中にあるのだ。

 というわけで人々の努力もむなしく、根森氏の日記(98/05/12)によれば、一連の書き込みはすべて理解されていなかったことが判明しました。気の毒な月野氏にはおみやげに末広町の「はんぺん」をつけてあげます。
 特にがっくり来たのがこれ。

  そういった書き込みの品質に厳しいボードに限って,注意の仕方は不親切。これも「大人の遊び場」の”掟”と言えばそれまでか。(同日、根森氏の日記より)

 この、TPOを読む能力に欠けている(?)ことによって発生する自己負担を、他人に転嫁する発言はなかなかいい感じ。この日記を読むと、うちの掲示板で、周囲とじぇんじぇんかみ合わない発言してたのもうなずける。そりゃ、前後の発言きちんと読まないで参加したら、合わないにきまってらー(笑)。
 米田@プリプラ氏と冬樹蛉氏のやりとりをちょっと思い出してしまいましたね。参考までに、ほつまつたえさんのリンクを。
 根森氏は、米田氏のように世界に背を向けることはしないだろう、と判断していた自分は判断ミス。くるりと背を向けられましたな。
 複数の問いあわせがありました。自分が根森氏を「完全なるボクちゃん」「右左の区別も付かないどうぶつくん」扱いしてなかったのには以下の理由からです。
 彼の狭い世界と視点で書かれてるとはいえ、彼には一応「彼の主張」があったこと。非常に限定された場所で、勝手に思いこんだ資料から目を離し、ロングレンジで物事を見られるようになったとき、あの不明な情熱が残っていれば、おもしろい(くそゲーハンター的意味じゃなくてネ!)レビュアーに成長すんじゃないかな、と。まあ身勝手な期待だったけどネ!ショタ系のレビュアーって少ないしさ、多少文章が下手でも使えさえすればいいんだし。
 ネットワーカーとしてもね、相手の発言を削除しなかった(自分のは削除したけど(笑))んで、少し見直してたりしたんですわ。

 不思議なのは、なんで根森氏は自分のwebをパスワード制にせんのかなってこと。そうすれば思う存分好きなことが書けるのにね。しかもつっこまれない。とにかく12日の日記は「寂しいのか? まだつっこんで欲しいのか?」とつっこみどころ満載。雉も鳴かずば撃たれまいに。名指しでなければ、なにを書いてもつっこまれないとでも思ってるのか? とりあえず「大人の遊び場」云々は、あたしに対するイヤミと受け取るのが当然だよな? もめごとなくやりたいなら、まずその無分別なクチバシを最初に閉じたらどうだ? 平和を叫ぶクチバシが好戦的ってのはどういうことかなあ?

 とりあえずこの項続く。


5月10日(日)
 おたくTVから4通のメールが来た。ページの更新をしたから見てくれってことらしーんですが、これがさー、ゲイツ!
 送信者全員のアドレスが入手できちゃったとか、送られてきた内容が全部同じだったとか、htmlファイルで送られてきたとか、まあ楽しい仕様はまるでbazilさんとこのアレ……あわわ、いやともかくその更新されたページはうちのネスケじゃ見られないからどおでもいいよね! 極悪htmlの世界が好きな方はどうぞ>おたくTV

 レヴォは臭いって! いや晴海南館よりゃましですが、すえたようなにほひがします。

コミックレボリューション>
 1時を回ってから会場入りしたのがだ、まだ大盛況の最中。シティだったら客もサークルも半分は消えてる時間帯である。さすが男性向けイヴェントだぜ! 
 パンフ売り切れなので、とりあえず「ざるの会」へ直行。「ゲーム批評の馬と鹿」即ゲット……っちゅうか、本がこれしかないヨ〜!
 その後せらむんに絨毯爆撃をかけ、目的のサークル&新規購入を果たす。しかもめちゃくちゃ当たりばっかし。野火ノビタが死んでももう大丈夫だね! 雪色のカルテ本(エロなし)、「文化女中機」(マルチ本)購入。マルチ嫌いなのにタイトルで買う。帰りに秋葉のK−BOOKSで天竺浪人と密色シリーズを購入。そういや今回のホットミルクはサイテーだったな。智沢漫画のページがごっちゃになってるぞ! 漫画は殺されたも同然! 先月のコラムちゃんぽん事件とはまた違ったイカレポンチさであることだよ! うわあああ、一番好きな漫画家なのに〜>智沢

知性化戦争>
 わぐまんに、ありがとう。ネモりんに、さようなら。そしてすべての野次馬たちへ(笑)。コップの中の嵐、一段落につき。

 この砂漠緑化活動のごとき戦いを戦ったわぐまんには、誰があげなくてもこの俺様が何か差し上げねばなりますまい。希望の賞品があれば、申し出て下さい。申し出がない場合は(ニヤリ)。

1.秋葉原に来たら、おいしくないものをおごってあげる権(生臭いラーメン、タコなしたこ焼き等)。
2.秋葉原に来たら、イヤな店に案内してあげる権。
3.明和電機CD

 ……あんまりおもしろいことは思いつかないもんですな。もし秋葉まで来られる際は事前にご連絡下さい。ブックタワーのJUNEコーナーで待ち合わせしましょう(笑)。
 最後まで冷静に対応したわぐまさんに拍手、まだ足下おぼつかないながらも今までのようにちゃぶ台返しだけはしなかった(それがホームでの試合にせよ)根森さんには、これからさらに険しい道に削られて、やがて人として完成される時が来るのを期待して暖かく(原文ママ)見送る事としよう。ウカツな発言が減るのは寂しいけどね。(注:この場合の「寂しい」はくそゲーハンター的に寂しイ! のであって、決して当人が喜ぶべきではないことで、それをこうして説明せねばならないというのは(以下略)なのだ)
 たぶん次に来るのは「あなたの少ない経験から導かれた【想像】を、一般的見解として堂々と主張するな!」ってとこでしょうか。今回さすがのわぐまさんもそこまで踏み込まなかったですね。いや、絞り込みからするとそれで正解です。一度にたくさんやると、時間かかるから。


5月9日(土)
 会社騒動続行。怒り爆発浸透拡散って感じに。
 ロフトプラスワンで「フィギュア王」。具合が悪くて(何のだ?)早めに出る。風邪うつされたかも。


5月8日(金)
 会社で異変。ものすごい理不尽な雰囲気のうちに、同僚のMさんが移動。このMさんとは社内でおたく3兄弟(Mさん長兄、俺長女、姫次男)として輝かしい業績(嘘)をあげてきただけに、釈然としない。「チングラ」命名者でもあるMさんの前途に幸あれと、飲み会やるぞ、飲み会! ボンビーズでどうだ?>社内の人

 制服が来年からなくなるという噂。膝上15センチの巻きキュロット(しかも3年着てボロボロ)が廃止されるのは助かるけど、ナニ着てけばいいん? ナッパ服(事務おばちゃんスモック)オッケー? 作業着有りなら助かるけどな。オレンジのつなぎとか着てっちゃおうかな。背広にお下げ(ピンクのリボン付き)とか。

クールダウン>
 なんかさっき見に行ったら、根森氏、自分の発言削除してるよ〜。相手のじゃないだけましだけど、これはマイナスポイントですニャー。

 ところがところが。それ以上に根森氏には非常に気の毒だが、掲示板での勝機がほとんどなくなってしまった。
 根森氏直接の責任ではない。掲示板で根森氏を擁護する発言がメールアドレスなしにアップされているのだ。議論の最中に、これはダメダメでしょう。
 もちろん掲示板上で議論を行うのにメールアドレスを必ず掲載しなければならないなんてちいとも思っていないが、それはアップされた意見にちゃんとした内容があれば、のこと。見た限り2件アップされていたが、どっちも同じ内容の上、「根森氏の意見や主張が正しい」と、一言も書かれてないのである。これじゃ、根森氏が自分で自分を擁護するためのデッチアゲをした、と相手に解釈されても仕方がない。ほんとにやってたら、そりゃ自殺行為ってもんですが。さすがにプライドが許さないでしょう。
 要約すれば「俺が不快なのだから、月野氏の意見は削除してもかまわない」ってこと。これで削除されても、月野氏は痛くも痒くもないのだ。だって、「月野氏の意見はこれこれこういう理由で**であり、間違っている」と言われたわけじゃないんだから。こりゃ根森氏の足を引っ張ってるだけでしょう。この後に何をを発言しても、この応援発言を保留するなり待ったをかけるなり(たとえば「ここは月野さんと話をしてるのだから、悪いけどちょっと待ってね」って言うとか)しなけりゃ、月野ポイントです。
 複数の人間に支持されることが大事なんじゃない。自分の意見が相手に通じることが大事なんだよ。根森氏のチカラが、あのパワーを温存したままで発揮されるとしたら、「美少女漫画の一角としてのショタ」系のいい批評家になれる可能性は十分だと思うのだが。悪目立ちしてる分、雑誌のコラムでうまく書けば、評価はガツンと来るはずなのよ。

 ここから一般論。「オレは初心者だー!」クンが犯しがちな致命的ミスに、「俺は傷ついたぞ! その発言を取り消せ!」ってのがある。
 幼稚園や小学校なら、センセーが「オトモダチの嫌がることはやめましょうね」ってとりなしてくれるかもしれない。しかしそんなのが通用するのは義務教育の間くらいでしょ。
 年齢や経験関係なく、自由に意見・情報交換できるネット上でそれやっても馬鹿にされるだけだって。なぜなら「俺は傷ついた!」んだろうと、「俺は不快だ!」ろうと、誰も困らないって。「AとはBである」という主張に対して、「いや、AとはCだ。なぜなら***だから」「いやいやCにはDという見方もあるのだから」とつなげて行けばいいものを、「AがBとは何事だ! 俺は傷ついたぞ! 謝罪しろ」と言われてもなあ。わけわかんねぇよなあ。
 そういうヤカラは、「はいはいボクちゃんかわいそうにねー。こっちでお姉ちゃんとあそびまちょうね〜。ばぶー」って扱いされても気付かないんだよ! こっちが泣きたいって! 大人の遊び場に出てくるなって!


5月7日(木)
 われらをこころみにひきたまわざれ。

クール>
 加野瀬さん細田さんの掲示板やらの精力的な活動で、一部に有名な根森氏の掲示板において、根森氏の真意を問う発言がなされている。主な対抗馬は月野わぐまさん@■漫画・アニメの感想ナビ■主催である。
 さて、この議論:根森氏の主張が議論の域に達していない・感情的なため、そう呼ぶのははばかられるが、まあネットではよくあること。
 しかし注目なのは二人の外的要因がそろっていると思われること(年齢・通信経験等)、また、月野氏がクールなまま議論しようとしていると見られる部分にある。
 さらに、根森氏が各所で騒ぎを引き起こし、あちこちでその行動を取りざたされていた際、根森氏のやり方はともかく、その主張の一部には納得できる・共感できるものがあると主張した私の知る限り唯一の論客が月野氏なのだ。  おそるべきことに月野氏は、根森氏の掲示板において相手を侮蔑したり挑発したり、見下したりする態度を一切取っていない。これハンパにできることじゃないよ。本気で根森氏の真意を問いただしたい意向と見た。
 月野氏の明確かつ的確な問いかけにどう答えてゆくかが、落ちるだけ落ちてしまった根森氏の評判を回復する最後のチャンスとなるだろう。

 根森氏の問題点は、どれもカッコつきの「初心者クン」に特有の行動。ヘレン・ケラーの「水!」じゃないけど、一度気づきさえすればすぐなんとでも直せるものだ。しかも単純な問題だから、周囲も許容しやすいし。

1.自分に向けられた疑問、反論に感情的に対応する。悪口(苦笑)と思う。
2.己と他の区別が明確に付けられない。自分の行動がよく理解できていない。
3.自分の行動の理由・責任を他人に転嫁する。
4.複数の人から疑問や反論をなげかけられると、「大勢でよってたかって攻撃された」ととらえる。
5.アクセス数が多く、業界関係(この場合は編集関係か)の掲示板で議題に関係ない書き込みを大量に行う。細田氏の掲示板では、氏から注意されても改めなかった。

 5番以外の行動は現在でも継続しており、状況は根森氏に不利ではある。しかし、1から4までの問題をクリアした後でなら、十分に反撃を行い、言い方は悪いが相手をコテンパンに(笑)することも可能。たとえばB☆Bさんなんかはいつカウンター喰らってもおかしくないくらい反則ギリギリのラインで根森氏を「攻撃」している。ちょっといただけないでしょ(笑)。ああ、根森氏に「攻撃」と議論の区別がついてくれればなあ。学習! 学習あるのみなのに!
 自分の悪い部分は認め、改善した上でクールなネットワーカーになる人も確かにいる。今のままの態度を続けるならば、人の集まる掲示板ほど「ああ、あのネモが」と思われるのがオチだろう。それに気づかなければ、そこそこ楽しいネット生活を送れるかもしれない。でも、本当にそれでいいのか?

 お詫びと訂正
  ここにて書きました外的要因ですが、揃ってませんでした。どっかで根森氏、19歳って読んだような気がしてたんですが、正確には月野氏20歳、根森氏24歳だそうです。ここにお詫びして訂正します。


5月6日(水)
 夏までの予定組んでたら、いやなことハッカク。7,8月に休日が一日もねえ! ってことは6月中にの準備を? わー、合否もわからんうちから同人誌作るのイヤ〜ちゅうか在庫の置き場所がない。印刷所から会場>売る>振り出しに戻る>というぎりぎり同人生活を送ってきた身としてはだ(売り手市場で売れる数が見えてるので、ぎりぎり印刷しておけばうまく回る。ただし赤字(笑))。7月は帝劇通い、8月はワンフェス、麻路さきさよなら公演で宝塚(地名)、コミケ、SF大会。

 仕事も私事もめちゃくちゃ忙しい一日。おかげさまでNHKBS「石光真清の生涯」3話を見逃す。これ、朗読とドラマと舞台風演劇のまざった、苦肉の策から生まれた金の卵って雰囲気ですげえおもしろいわ。音楽もいいし。

 最近の栗本薫(最近か?)は荒れている、という説をネットの数カ所で見つけて満足する。いや、もうとうに「死んだ作家」ですよ自分にとっては。彼女の息の根を止めたのはやはり芝居でしょう。好きな作家とまでは言わないが、チェックしてる作家(特級の作品じゃないけどレベルの安定した作品を出してるってことで)だっただけに、残念。おそらくなにを言われても聞かないでしょう、あの調子じゃ。また一人、読める作家を失ってしまった。


5月5日(火)
 明和電機がソニー離れるらしいですニャー。せっかくモテモテ王国再開したというのに(無関係)。
 さて株式会社明和電機を発足させるつもりなのか、それともソニーを離れて松下電器の子会社になるつもりなのか、現代美術の新しい資本形態の代表選手で、ソニーにおけるアート事業のフラグシップだった明和電機だけに、今後に注目。CDは今後どこから出すのか、とか。
 問題はこの事態がソニー側から提示されたのかそうでないのか、ってとこ。副社長と同窓でSMEの社員だった提山工場長がSMEを退社したのも、そのあたりに原因があったり? ポストペットで大活躍の八谷氏の今後を占うにも……って八谷さんはソニー専属じゃないからいいのか。サンクステイル(ウインカーのような方向指示機で車のおっぽにつけるしっぽ)はソニーとやってたんだっけ? ソニーがアート部門を「儲からない」と判断したのだったらいや〜ん。カヲルコとかやってるからじゃー? 宮田二郎はどうなったんじゃ!


5月4日(月)

やおいゲー>
 ファイアーエムブレムの絵はいいのに、HOP STEP あいどるの絵はなじぇ悪いか? という話。胆石で入院中のABC@著書四版目さんに捧げます。

 ファイアーエムブレムの絵はすでに記号。キャラクタ文字みたいなもんでですね、その善し悪しなどどうでもよいことっすよ。いや、任天堂ファンの自分はあのドットな絵がいいんですけどね。ファミコン探偵倶楽部みたいで。
 で、ああやってじわじわ広がって行くゲームのやおい同人誌層ってのはですね、最初に取り上げる大手サークルのチカラってのが激烈なんですわ。FEの場合はおそらく「突貫工事おじろう組!」ですか。あそこが大量に安いFEを仕入れて来ましてな、ファンに実費でばらまいくという任天堂パワーな布教。大手サークルは横のつながりが強いから、ざくざく本が出ます。ゲーム知らない、サークルファンの子らがそれにつられてざくざく買う。彼女らの目には、荒いドット絵も大好きな**さんの描くうるわしい(笑)姿に見えるんもですから、クリアな絵はかえって邪魔というもの。
 FEの場合はTVCMの効果も侮れません。超大手サークルってのは女子であっても、大抵差し金入り……もとい、筋金入りのおたくですから、ゲームを見る目は結構確か。それがあのいかにも「この現代に発見されるとは科学的に納得がいかないオーパーツ系下手同人絵」で、内容はやってないからアレだけどなゲームの本を出すと思います? ダメです。出しません。
 それからFFTのラムザとディリータはじぇんじぇんやおいになりませんな。こちとら超期待株だったんですが、前半であれだけ気を持たせるような話にしておきながら、スクエアお得意の「後半は前半のテーマなかったことにして魔王を倒そうぜ!」になってましたからなあ。あんなんでやおれるか!


5月3日(日)
 昼はSFセミナーだったり。夜は飯田橋で飲み会。ジンクスさんは酒豪なのに中国酒がちょっとだめだったり。

 クラック・ウィング読み返す。やっぱ登場人物削って、中盤で主人公二人のエロがあった方がいいな。「寝た」と思わせるようなだけでいいのじゃが。

 ロストユニバースとスレイヤーズの話、やおいゲーのグラフィックの話を書いてない。

SFセミナー>
 98年SFセミナー、どれもおもしろかった。去年よりよかったか>自分的に
 夜の部も参加したかったけど、5/4って平日じゃからのう。うちの会社は祝日関係ないからな。先日の自転車事故で、休みが取れないし。
 オールタイムベスト(長編)投票があったので清き一票。「闇の左手」「キャプテンフューチャー」「鋼鉄都市」「スラン」「宇宙船ビーグル号の冒険」の順に5位まで。「鋼鉄都市」単体だったら「スラン」のが上なんだが、ヴォクト2作だしなってことでヴォクトは4,5位。スターキングは入れなかった。
 なぜか短編は取ってませんでした。短編なら1位「セムリの首飾り」……ああっ、以下「風の十二方位」から全部、とかになってしまう! 「ロボット」ものからキャルヴィン博士で「うそつき!」(だっけ?)くらいか。あ、「フェッセンデンの宇宙」があった。オールタイムSF漫画だったら萩尾望都ばっかりになっちゃうし。
 オールタイム国内だったら順位なしで「戦闘妖精雪風」「ハイブリッド・チャイルド」「七瀬ふたたび(もしくはシリーズ)」「ブギーポップは笑わない」うーむ、古いとこ何か入れたいが、甲乙付け難し。眉村卓のジュブナイルをシリーズで。

 野田大元帥がNHKの人間大学でSFの講演をするので、それを応援しましょうキャンペーン。放映が近くなったらウチでもやりますわ。若い人たちは必見。そうでない人も懐かしみましょう。
 「オリジナル・アンソロジーの可能性」は……うーん、短編小説とライトノベルに関する考え方が、自分と星敬氏ではかなり違うことを確認。これは考えをまとめてまた書くことを決意(本当)。井上氏の業績はとても立派じゃのう、などと思う。
 やけに星敬氏が「知り合いの若いジュブナイル作家の女の子が」「知り合いの女の子が」と繰り返すのに苦笑。いやーん、コネット・カップル(未満)の人みたいん。
 会場でタニグチリウイチさん、おぶりんさん、姫に会う。大森望さん(茶髪)に声かけてもらったり。SF者、再会の言葉は「じゃあ名古屋でね!」だから業が深い。


5月2日(土)
 永山薫さんの日記によれば、ロフトプラスワン(キルオタク教祖)のイベント(コミックジャンキーズがらみ6/5)に雑誌事評2の更科さんが出るの……かな。っちゅーより伊藤(バカ)さんこと泊倫人氏が出るのか、出るとしたらやっぱ泊名義で出るのか、それとも伊藤名義で出るのか、そもそも「泊」って「トマリ」なのか「パク」なのか? とか色々考えたら単位落としそう(嘘。社会人ですから)。4/15とか4/28とか参照。
 泊氏の漫画評が「使えない」ってイメージは自分も持ってるので、この二人が実際顔合わせしたらどんな話になるのか興味アリアリ。「唇歯輔車」って漫画の評論のほとんどがタイトルの意味を辞書で調べたって話だったり。これって全然漫画評じゃないよ! 絵がかわいかったので買いかな? ってチェック入れたのにこの内容じゃ……ってこの話は前にしたっけか??? まあ、美少女漫画に対する感覚、意識をうかがいたいもの。

 秋葉でカラオケ。レーザーのせらむんは絵が出るので歌えない曲まで入れたり。激! 帝国歌劇団を絶叫したり、エロゲーの主題歌歌ったり。
絶対少年展>
 午前中は浅草で絶対少年の個展。
 点数は少ないが、マテリアル・イーヴルの実物が見られる。全長1メートルくらいあって、胎内にプロジェクターでも内蔵しているのか目に当たる部分に怪しい模様が乱舞したりまばたきしたり、音もするし。販売物はワンフェスの方が安かったかもだ。
 日本の現代美術で最も高い精度を誇るのはやっぱ絶対少年だしょ。明和電機より(笑)。有名になる前に買っておかないとひどい目に遭うような気が。
 開催してたギャラリーは、元から絶対少年の作品を飾ってるらしく、看板がすでに絶対少年製。個展じゃなくても絶対少年な雰囲気が味わえる。喫茶店やってるので近くを通った方はお茶でもいかが。


5月1日(金)
 「クラックウィング」の感想あちこちのも読み直してみて、なるほど感想には個人差があるわけじゃのう、と実感。文章が合うか合わないか、で決めるのはやな読者なのかも。作家の癖って個性の範疇だろうしね。今までに一番「癖がねぇ! においがしねぇ! 無味無臭!」って思ったのは小野不由美でした。ありゃ達者っつーよか、一種の天才でしょう。におわないのが個性。激ウマだよな。

 最近あちこち更新してます。リンクも更新しました。やろうやろうと思ってたんですけどねー、腰が重くて。


【index】|【bbs】|【eva】|【日記】|【過去日記】|【link】|【プリンプリン】