01年5月の風虎日記

 セガガガ!

 セガガガガガガガガガガ!


過去の風虎日記

5月1日(火)
5月2日(水)
5月3日(木)
5月6日(日)
5月7日(月)
5月8日(火)  宮原木材危機一髪>
5月10日(木)
5月13日(日)  クレヨンしんちゃん・嵐を呼ぶモーレツ!オトナ帝国の逆襲>
5月15日(火)
5月16日(水)
5月17日(木)
5月18日(金)
5月20日(日)
5月21日(月)
5月22日(火)
5月23日(水)
5月24日(木)
5月25日(金)  猛き黄金の国/パッサージュ
5月26日(土)  フロン
5月27日(日)
5月28日(月)
5月29日(火)  観客席  ART
5月30日(水)
5月31日(木)


5月31日(木)
 ゾルゲさんが秋葉でセガガガを手売りしていました。  セガガガシールがついていました……いいなーっていったら会社で買った人がくれました。ありがとう。

 絵麻緒ゆう怪我により休演。29日に怪我(肉離れ)でショー休演後、完全休演。
 紫吹、匠に続く、専科制にしてから3人目の負傷者。星組正月公演、間を置かずに直後の雪組大劇場、続いての東宝出演。みんな心配してたんだよ、えェ? 理事長閣下様!!!! どーしてくれるんじゃ残りのチケット!!!! トドさんもわたるくんも好きだけど、ぶんちゃんが出てるから複数回チケット取ってるんじゃん。何枚とったかは恥ずかしいので書きませんが。
 それはそれとして、無理して出てこないで、ゆっくり休養して欲しいです。はい。大事な時期なんだしさ。
 代役の子も気の毒に。ああ、うたかたの恋の悪夢再び。

 うちの大学はアニ研と漫研のどっちかを時々落とされてましたよ>のださん
 生き馬の目を抜くジャンプ系なんかにいれば、いくら学漫であろうとも! 適当にでもしかコピー本(コピー本でも、コピー本しか)でっちあげて、あとはテキトーに大手にでもならんで、友達とダベるための待ち合わせ場所にスペース取るようなヤツらはさっさと落ちやがれ!!! そんなんダミーと同じだよ。と心の底から思います。そりゃ交流もコミケの目的だろうが、自己表現の場であることを優先して欲しいなー。できれば。
 まともに活動してるとことこういうの一緒にしたら申し訳ないですけどね。

 週末に結婚式なのに、式次第を初めてもらう……どころか口述でいまわしが入力してるヨ! 自分の分だけじゃなくテ!!! うおおおおおおおおおお!!!! なぜもっと早く言わないーーーーー!!!
 しかもその予定表を見ると、私はテレポートができるんじゃないかと思うくらいの予定が立ってますけど……どうなのよ。どう考えても親族顔合わせには出られませんナ。うふふふふふ。どれが新郎の両親かもわからないで結婚式本番!!! くくくくくくく。しらねえぞナニが起こっても!!!
 あちこちに義理を欠いた不連絡状態が。もちろんその被害を受けるのは家にいる私!!!
 せんせい、義理があるから連絡するん違う!!! 当日の式次第がちゃんと進むように、そのための必要な事務手続きなんだよ!!! 当日無様なことしたら相手さんの顔がつぶれるだろ? でもそうはいえないから義理を欠くなという表現になるわけよ!!! 形式じゃなくて、日本的な、必要な業務を滞りなく進めるためのチェック機構を持った高度なシステムなのよ!!! うわあああああ!!!<わけわかんないことで怒られてパニック状態

 ねーちゃん時よりものすごいことになること必至。ははは。忙しそうだからって遠慮しないで、もっとばんばん叩かなきゃいけなかったんだよなあ……こっちもキャストなんだから。反省。


5月30日(水)
 プロジェクトXの予告はもっと頻繁に更新して欲しいなあ。広辞苑おもしろそう。

メモ:買ったことで安心してしまった本の山を崩す作業中。
 5冊くらい読みましたが、一番おもしろかったのは今は亡きファンタジーの森刊の『風の名前』。全体的な雰囲気は『壊れた腕輪』へのオマージュっぽく、だがそれにとどまらず。


5月29日(火)
 マンガ夜話好きな漫画の時は見ちゃいけないの法則ーーーー!!!! とほほ、見なきゃよかったよキン肉マン……。
 FAX全然来てなかったみたいに見えたんですが(途中から見たんで)、ああいう番組見る人のための漫画じゃないんだよ……うわああああん。

 ロカノンはなにせ絶版なのでなんとも。今の若い子は手に入れられないのではないでしょうか。物理的に読めません。
 サンリオ時代は竹宮恵子表紙、早川では萩尾望都と、私が女子高生だった頃に女子高生だった人には有名な本なんですけどねえ。うちの日記が風虎なのはもちろん、読書んとこが風馬なのは、サンリオ版でWindsteedが風馬と翻訳されてたのでそこからです。

 芝居の感想がたまっている。

観客席>
 紀伊国屋サザンシアター/原作:寺山修司/演出:J・A・シーザー/メジャーリーグ公演

 演劇実験室の名にふさわしい内容。劇場そのものを使用した演出がむちゃくちゃ面白い。が、あまりにも見せ物なので、2回は見なくていいなあって芝居。手間の割に減価償却できなそうな。メジャーリーグ公演なので、本物の万有引力見るとまた違うんだろうなって雰囲気。一般向けに毒気を抜いてるんでしょうねえ。
 正直、メインのキャストに見たい人がいなかったら、チケット購入考える。次回も同じくらい楽しいかどうか、不明すぎ。

 舘形比呂一はコントロールされた肉体で美しかった。
 久世星佳に寺山台詞を語らせたかったんだろうなあ、プロデューサー。むちゃくちゃ合ってました。写真だとあんなにおばさんぽいのに、舞台だとなぜあんなに若々しいのか。姿勢、足取り、体格どれも舞台映えするなー。声質もいい方じゃないけど、小さい劇場だと効果的。
 仕事にも恵まれてるし、今後も楽しみな役者になってます。宝塚いたときはそんなに好きな傾向の人じゃなかったんだけどなー。月組あんま見ないし。

ART>
 サンシャイン劇場。
 初演で益岡徹が演じたセルジュを、今回はMOTHERの升毅が好演。つーか、小劇場系の彼が、普通の芝居でここまでハマるとは思わなかった。すごくいい。
 市村のキツさを補ってあまりあるキャラクターで支えたので、両者もんのすごくよくなった。初演はマークが一方的に悪役すぎたんだけど、今回はセルジュも悪そうだッ! 初演の時に比べて異様にホモ臭いッ!
 この競演は、升にとってよりむしろ市村にとってよかった。市村のキャラをちゃんと受け止めて芝居作れる役者ってあんまりいないから。市村のわざとらしさ、臭さを受け流してる。すばらしいぞ升毅!! こうやって毛色の違う役者とやることで市村がよくなってくといいなー。
 パンフはホモ臭否定してたけど、これってマークのセルジュに対するマイフェアレディ扱いから出ている話なんで、多少の萌えは覚悟しろって感じです。萌え〜だからわざわざ否定してんだろうけどな。
 イワンの平田満は完成された出来。過不足のない芸。安定していて、安心できる。芝居内での位置を完全につかんでるみたいな。

 升に、アギトスタッフから花が来ていました。濃いから特撮似合いそうだね……。


5月28日(月)
 風虎通信コミケ受かったのはいんですが、夏なのに西1(SF・ファンタジ−/歴史/創作)で、またしても鉄道・旅行・メカミリと引き離されてしまいました。宇宙開発系の売り上げ落ちるよう。しかもこんなおとなしいジャンルの相方、西2はギャルゲー。相変わらず鬼か準備会。とほほん。
 コミケなんで、受かっただけでも御の字です。これで当落は当選が落選を上回ったかな。途中で仕切り直ししてるので、そこ入れるとちょい変わりますが。
 つーことで、風虎通信名義で出す自分の本の原稿依頼メールを作成しないと。印刷所の予約も入れないと。問題はどこの印刷所にするかなんですけど。

 アピールの配置図、サークル名が『コミケケケ』だ。

 落ちた人の分も本を出すことをお星様に誓ってみるテスト。つーか有明の海に誓え。

 打ち上げ前にやるのかプロジェクトX。打ち上げ成功してからやるかと思ったのに。失敗するとお蔵入りになるからか? 2回でやるのは良心的といえましょう。
 でも最近お涙路線強化してるから、へんなのになったらいやん。


5月27日(日)
 妹閣下の引っ越し準備は順調だが、わしの私物鍋を持ち出そうとするのはやめて。
 ピアノを家から運び出して母のとこに送った。さみしい。

 結婚式用の服を買いに行った。伊勢丹のバーゲンで激安のを買ったら、本体より周辺機器の方が高くついた。美容院の予約もしないと。そいから靴! 靴を買わないと。


5月26日(土)
 フロン読んだけど、いまいち納得できないとこ多し。感想探す旅に出ないと。
 いっそ感想リンクを作りたいので、感想書いた人おられたら教えてください。メールでもうちの腐れ掲示板ででもいいです。
 とりあえず新偽名日記の5/25とか。

フロン>
 かつて大家族が祖父母を家庭内からリストラして核家族になったように、不必要になった夫を家庭からリストラしましょうという話。完全に一般向け。
 全体的に「ああ、自分とは関係ない話だなあ」って感じです。これ読んでも楽にならんし。むしろめんどくさそう、大変そうだなあみたいな。お金持ちの理論だなあ、みたいな。わし貧乏じゃけえのう、関係ないわあ、みたいな。雲の上の話ですなあ、みたいな。
 夫を家庭からリストラして外部委託業者を入れる(複数の男に家庭の責任を分散させる)のって、ちょっとめんどくさすぎる。適当な一人で妥協する&手を打つ方が効率いいと思うんですが……。

 自分が対象読者じゃないだけかも。結婚してないし予定もないので、結婚してる人と、結婚してて子供のいる人は感想が全然違うと思います。場合によってはカタルシスもあるかも。今の結婚生活に多少なりとも不安がある人は。
 あと、フロン初期の話を聞いたときにできた自分イメージとのギャップを感じているのかも。同人で出たやつとは著しく違う訳じゃないのですが……。
 bk1で買うとボツ原稿のデータがもらえるらしいので、そっちで買った方がよいようです。でもどうやんのかわかんなかったよ>柳瀬さん


5月25日(金)
 ガンパレアンソロとフロン買う。

 秋葉の町が、ガンプラちらしに押したスタンプひらひらと乾燥させながらでじ子様に詣でたりするガンオタに支配されてゐた。

 あー会社やめたい病〜5月病〜<いつもです。
 会社、給料以外にはまったく不満ないのですが、ほら、なんか別の人生があるんじゃないかと思えて<あだだだだだだだ

 特技も資格もないので怖いですねえ、離職は。テンキー打つのは早いくらいか。でも最近はすぐ疲れる……別のとこに出なくなったので、体調崩さなくてすむからいいけど。

 過去を振り返って痛みを覚えるのは大人になったからではなく価値観が変わったから。今後どのような価値観を持つか予断を許さない状態なので、日記をつけることにもたぶん意味があるのでしょう。過剰に痛みを感じる時期もあるのだし。
 前はねー、たとえオタク仲間相手でも宝塚スキーはカミングアウトしにくかったが、今じゃそこそこ普通に書いちゃってるしなあ。

 ハーレクインとかボーイズラブ系の小説レビューとかのっけるともっと更新速度が上がるのですが、難しいんだよなあ。
 ハーレクインの場合、ジャンルでレーベルが分かれてる上に、裏表紙に必要な設定が書かれてるので、失敗することはないんだけど、おもしろかったとしてもそれは作品として良かったからってより、テーマに沿っていたからだ! だけなんじゃん? みたいな。
 ボコっていいのは「アラブものなのに、全然アラブっぽくねーじゃねーか! 主人公の国籍と名前がアラブなだけかい!」みたいな場合だけですな。

猛き黄金の国/パッサージュ
 本宮ひろし原作。でも宝塚。
 ショーの評判がよかったので、芝居期待しないで見たら芝居の方がおもしろかった。が、いったい高知県と三菱からいくらもらったんじゃいとも思いました(笑)。
 岩崎弥太郎の轟悠はほんとに名優で、コミカルなとこもシリアスな場面も難なくこなしてる。めちゃくちゃいい男だし。コメディの後ほのぼのデュエットでいきなりダンディ歌謡になってしまうのはご愛敬。
 後藤象二郎のわたるくんもギャグキャラの本領発揮でおかしかった。坂本龍馬は……わしゃーファンなので仕方ないというか……のう。いや、悪くなかったんだけど。芝居としては。出番少ないから持ち味を存分に生かすって訳にもいかないだろうし。「わしゃーちくと強いぜよ」のあたりとかかっこよかったしなあ。土佐弁が恥ずかしいのは全体的にだ!! 全員だ!!!
 ヒロインの月影瞳はシナリオであんまり造形面白く書かれてない割にはがんばってました。でも初登場シーンのよさこい節はいまいち。
 特筆すべきは吉田東洋役の萬あきら(専科)。ダンディだ……。暗殺されるシーンがむちゃくちゃかっこいい〜!!! でもショーでやるいかがわしいサーカス団長も萌え〜。追っかけたい。

 パッサージュは前評判ほどいいとは思わなかったんですが、さすがに3回見たらいいような気がしてきました。チュールに包まれたボンボンみたいな娘役総踊りの衣装がかわいいです。

 つーかよく見えるのはぶんちゃんが痩せたからだよ……なんで1週間であんなに体重が増減するんだよ。エルリックかコルムかDかFFの人かなデザイン衣装の轟魔王の場面の青年役、痩せてればとても美しいので、もっとみたいと思いました。でもあと2回くらいにしておこう。
 ロケットんとこ、2メーターオーバーなわたるのダルマもいいしな。態度がやけっぱち臭くて(笑)。今回のロケットは黒い衣装なので好み。

 でもなあ……昔みたいな、そこだけ別のスポットが当たってるような笑顔が見られなかったような気がするよ、絵麻緒ゆう。なんで年中眉をしかめているのか?


5月24日(木)
 『人間風車』BS2で25日深夜1:30から放映。必ずビデオを。忘れるな。
 小説とか物語とかに何らかの思い入れがある人は是非。仕掛けや構成が巧妙な話に弱い人も是非。
 ラスト近く、サッカがサムに「いいから聞け!」と絶叫するとこからの流れが号泣。「黙って聞けよ」だったかな。あそこの両者の表情とその変化がすんばらしいので。
 ところで後藤ひろひとの脚本集は出ていないのでしょーか。

 あーそうだ。16日の「コミケスタッフって大変」は説明不足。この人のコミケは同人誌即売会のことで、コミックマーケットそのもののことではないというのがミソです。
 オタク痛い過去ネタ、いろいろ思いつくんだけど寝ると忘れるなあ。


5月23日(水)
 またしても風邪っぽい。妹閣下>姉>父>私。風邪、流行ってんなあ。

 パラパラパラダイスを超能力シミュゲーとして確率させるには、カラオケボックスのような形でチーム戦をやるのが理想的。通信対戦でガントレットみたいな協力ゲーで、内容はスーパーソノラマ大戦みたいのだと燃えます。黒と青を基調にした夜っぽい雰囲気の絵で。コナミだったらそれ系のノウハウ大量に持ってるからなー。やってくんないかなー。音ゲーの蓄積でなんとかなるんじゃないかなあ。音声認識で呪文絶叫したり。開発名は是非イヤボーンで。
 でもこれって突き詰めるとパソエン(C)堺屋太一)になってしまうような気もします。
 空間に動作でポイントできるデバイス(風)のパラパラパラダイス。せっかくコントローラー専用なんだから、別のゲーム作ってくれ。ほんまに。したらPS2買うから。
 いやだっていまんとこゲーセンでやった方が安いからさ。


5月22日(火)
 F&Cの新作(UNIV)は、かなりガンパレライクな作りらしい。しかもおなじよーに何年もかけて開発してたらしい。さらに続編の発売がのびのびらしい。ときメモの呪いか?

 アボパのデバラブドキャ移植って、確かにエッチない方があのゲーム面白いけど……ストーリーなんてないに等しいし。コンシューマで耐えられるのだろうか? 

 ヘイ・ブルドックの5/21から2ちゃんねるライトノベル板のライトノベル系の新人賞についてのFAQ(よくある質問)。よくまとまっています。
 私自身はとにかくペンネームCがつらくてつらくてずいぶん前にライトノベル板読むのやめちゃったんですが、よい結実もあるのものだなあと懐かしく……でもなあ、この程度のことを自力で調べられないような人間は作家になれへんのと違いますかって質問が多くてあいかわらずつらいなあ。
 VAN時代に、ライトノベル系投稿資料を一気に集めて、投稿カレンダーや各賞の傾向と対策、出版社ごとの最終選考者リストなんかをまとめたことがありました。でもアップする前にデリート。万が一その記事だけふらっと見つけた人が、見当違いな賞にろくな取材もせんと応募したらどっちにも迷惑じゃのう、と思ったから。お役立ちになるか迷惑になるかはそりゃ人次第なんだけどね。そんときはそう考えたんだよなー。
 要約に足りないとこ。せっかく応募するなら、せめてネタやキャラの傾向が露骨にかぶらないように、そのレーベルの新人賞系と路線系の作品はきちんと読んでおいた方が無駄がないんじゃないかとか。買う方だっておもしろい話読みたいんだよう。
 ちなみにそのときデータを集めたこと自体は、むしろ本を読んだり買ったりする方でお役立ちしております。ああ、死ぬほど面白い本が読みたいよ。


5月21日(月)
 16日のオタク痛い過去、あちこちで思わぬ反響が。これ、痛いweb日記編とかエロゲーロードとかアニメ、ゲーム編などと細かく分けたら恥死ぬるのでやめた方がいいのか。いやむしろその痛みが快感に。痛快。

 最後の石転がってくるのがどうしてもうまくクリアできなくて放り出してたセガガガ真エンドにたどり着き、羽田弥生萌え〜。萌え萌え〜!!! かわいいいい。最後の最後の瀬賀太郎もかわいい。何の説明もなく始まるアレも萌え。最後のA研メンバー、プログラマ岡の台詞に泣きました。バグ、取ったんかい……。
 ドルメヒカ周りのトンデモ設定も、むしろ最後を盛り上げています。ありがとう、ありがとうセガ! セガって本当に愛されているなあ。こんなにも愛されるゲーム会社が過去未来通じて他にあるだろうか。いやあるまい。

 BIOME、私はあんまりにも読みにくい&つまんないので途中でやめちゃったのですが、読み返してみようかなあと思う感想。双角小隊も読み終わったし。ファミ通文庫って、フォントサイズに比べて行間がつまりすぎで読みにくい。
 ちなみに画像もJAVAも切っている私のテキスト巡回用Netscape3.0では全く問題なかったです>CGIBOY 画像入れるとリンクされてるとこが文字化けしまくりやがりましたが。って意味ないか。切ってたらチェックされないもんな。

 エルドランシリーズの最新作って、映像化すんの?
 いや私は初期のライジンオーにもう涙が出るほど思い入れがありすぎて、ゴッドライジンオーになった後の展開とロボ合体のへれへれっぷりに萎え萎えになったあげく、以降は通して見てないのでどうでもいいんだけど。はじめてライジンオー見た時の感動が戻るかもしれないと、毎回最初だけは見るんですけどね。あんなに美しい合体ロボは後にも先にもあれっきり。
 そういやライジンオーも制作側のファンアピールがつらくてさ(NIFのアレ)。それもあって後半苗苗だったんだなあ。わしゃナイーブ(バカ)すぎかのう。
 でもLDは後期しか持ってません。初期はビデオ所有だから。DVDは一括で出るのだろうか。あーもう後半マジいらん。バンクシーンがたまんなくイヤ。シナリオも平凡なの多いし。キャラの一人称間違えてたりするし。


5月20日(日)
 荷物を乗っけて送りだし。見てきた母の話では、妹閣下の新居はむちゃくちゃ狭いらしい。うちのあたりだったらもっと広くて安いとこがあるのになあ。都心は外せないのか。

 販売してるコスプレ衣装が外から丸見えだよロケット跡地のMs'Clubってアダルトショップ。つーか、あそこまであからさまな大人のおもちゃ看板が目にまぶしい……あんな表通りでも客は入るのかなあ、マジで。電気街組合はどう思っているのか。


5月18日(金)
 この週末は妹閣下の引っ越し。
 他にも結婚式がらみでいろいろ手伝う予定。あああ、これから父ちゃんと二人暮らしか。うまくやってけるかなあ。
 それよりも、コミケ前に私も引っ越し。妹閣下の部屋に。今使ってる部屋はどうしようかな。倉庫か。

 秋葉駅前ベッカーズの向かいにあったロケットが、超えっち屋さんに。なにもあんな表通りに……。


5月17日(木)
 クレしん話まだまだ。
 自分が恥ずかしいと意識できないほど子供に戻るからいいのかも。でも、あんなほそろしい生き物に逆行するのはやっぱりイヤだ。
 で、冬樹さんとこの「今の中学生になりたくない」と私の「自分の中学時代に戻りたくない」は微妙にニュアンスが違うと思うのですが>近藤さん
 んでもって、今の中学生はちゃんと現在の幼稚園、小学校を経由して今の中学生になったのだから、平気なのはあたりまえちゅーか。
 私が中学入る2年くらい前、地元の公立中学では校内暴力(死語?)の嵐が吹き荒れておりまして、中学上がるのは子供心におっそろしかったもんです。実際あがってみたら暴力世代は卒業していて、抑圧された結果羊のようにおとなしくなった上級生がいるだけでした。

 過去日記を読んでいたら、あきこんのイヤな記憶を思い出した。唐沢さんの部屋で、ビデオ企画にもかかわらず使える機材がマイクしかない(本当)ちゅー愉快自体が発生した。あのとき着てた、お気に入りだったロングスカート、ばたばたしててやぶっちゃったんだよなー。オーガンジー系だったから修理もままならなくてさー。いまだにあれ以上のスカートには巡り会えていません。ちくしょー!!!<八つ当たりです。今あってももう入りません。

 宝塚見てて、わたるくんが自分の巨大な身体を上手にコントロールできず、勢い余ってしまっているのを見てふと。
 宇宙空間でいかに行動がままならないかを理解したいとか、ベクトルの勉強をしたい場合は、ローラースケートをやるといいです。マジで。ローラーは平面移動だけど。
 高校時代、理科でちょっとやったベクトルを全然理解できなかった私ですが、光GENJIファンになってローラー始めたら、理解はともかくなぜそうなるのかが実感できるようになりました。足を外にムカってけり出すとなぜ前に進むのかとか、手を広げて回転するとゆっくりだけど、胸に引き寄せることによって回転が速くなるとか。あれ実際やるとおもしろいんだ。
 大沢がよくすっころんでたのは、他者の余剰な運動量をその身に引き受けてたから(子供をかばってたから)で、後半転ばなくなったのは子供が大きくなって失敗しなくなったと同時に、ミッキー本人が受けた力を逃がす技術に長けてきたからだなあとか。
 わたるも下手に手足が長いもんだから、手を広げてぶんっ、と回転したときの運動量を上手に殺せないんだよなー。下半身はしっかりしてると思うのですが。

 オタクの経験と親の意見には、万に一つの無駄もなし……ってことにしといてくれよ。いや、往々にしてこの二つは矛盾するけどネ。

 義務教育は世界を知るための基本フォーマットの学習なので、あんまり簡略化するのはどうかと。詰め込み知識でも、将来経験で身に付くこともあるのだ。それは生活の役に立たなくても、人生を豊かにする。特に理科や数学は主に芸術方面の理解を深めるのだった。


5月16日(水)
 クレしんをまだひきずっていて過去に戻りたくないの話。
 中学高校時代には絶対戻りたくない。あんな馬鹿な自分はもうイヤー!!! 思い出しただけで世界中に謝り倒したくなります。だからね、コミケで妙な動きをする中高生を見ても、来た道だから怒らずに注意してあげるのがいいのよ……。
 超人クリスじゃないけれど、オタクによくある痛い過去コンボ。

中学生レベル1:**の生まれ変わり
高校生レベル2:実は超能力があるがまだ目覚めていなくて
大学生レベル3:作家/漫画家/ゲームクリエイターの才能があるのになぜみな気付かない!
社会人レベル4:サラリーマンって結構いいよ〜。趣味に時間使えるしさ。
社会人レベル5:俺ってさー、よく周りに濃い濃いっていわれちゃうんだよね〜。初対面でもさー、やっぱわかっちゃうのかなあ、ほら生き方が違うってヤツ?(飲み屋やチャットで自慢げに)
 これ以上のレベルになると、同人女子だったら「**先生の売り子やってんのよね」「コミケスタッフって大変でさあ〜」「アンソロ描かないかっていわれてんだけど〜」と、大陸棚のようになめらかな平地を延々と行くことになるのです。あだだだだ。心が痛い。

 レベル5は秋葉の天狗によくいるタイプです。マジで後ろから殴り倒したいくらい薄い会話でよく言うわ。
 超能力者を夢見た過去から、去年最大のSFゲームはコナミの『パラパラパラダイス』です。マジで。両手をばーっと前に出すと画面の映像がはじけるあたりなんか。みんなやってみれ。超人ロックな気持ちになるぞ。


5月15日(火)
 クレしん映画、すっごいよかったけど、ノスタルジー系の人みたいな共感がなかったのは今が充実しているからかもしれない。去年の今頃に比べても、今充実っつーよりむしろ充血? してますからな。あっ、オフラインが充実してるからオンラインの日記がおもしろくないのか。いやー、今年に入ってから日記のバイト数が減少傾向にあるもんで。やはり一日に書けるテキスト量には限界が。
 去年の日記読んでたら、兼人さんが亡くなってたり阿部さんが日記やめてたり**さんが結婚してたりSFセミナーがもめていたりした。

 自分の昔の日記はものすごく恥ずかしいのですが、今現在よそに流してるパワーがあって楽しくもあり。ちょっとあさってみた過去の気合い入った日記。
・99年X-CONファイナル
7月SF大会で上遠野浩平と会って混乱したよ日記
・00年ガンパレ販促キャンペーン中

 全体としては99年の日記が一番おもしろいかも。98年とかって喧嘩ばっかりしてて、今見てもめまいがするほど腹が立つのがよみがえってくるので(子供か?)、自分ではあんまりおもしろくないです(笑)。

 マイネリーベ、イベントに全然介入できないのと、途中が退屈なののぞけばそこそこよくできてるかも。ただ、それはあくまでホモ……もとい女性向けゲーとしてなので、今後の精進を期待したいところ。


5月13日(日)
 あああああっ、むちゃくちゃ久しぶりに一日お休みでもいい日だッ!
 ってことで洗濯から開始。シーツ&布団カバーまで洗いたかったが、時間が来たので間に合わず。

 でたまか、ちゃんと話題にしてるよう。いや、私もあんまり話題にならないなあと思って、検索かけたりしてたんですが。自分が評価低くつけた本って、他人がどう思ってるか気になるじゃないですか。むしろ高くつけた本よりも。
 テクノサーバントはかなりいい感じなんですが、あまりに全能すぎるのと、バックアップくらいとっておけやゴルァ! ってのでマイナスポイントに。バーチャルガール的感覚でバックアップとらないというのなら、その説明が欲しいところ。

 セガフレードはオリーブがたらふく食べられるので好きだ。なぜこんなおされ店が秋葉に……と常々思いながら。

クレヨンしんちゃん・嵐を呼ぶモーレツ!オトナ帝国の逆襲>
 仕事だと思って見に行ったんですが、当たり。隣の席で子供の世話してたお父さんがどんどん映画に引き込まれて行き、父ちゃんの洗脳とけるシーンでべれべれに泣いてしまい、子供に心配されるという一幕をみられただけでもお釣りがくるくらいおいしい映画でした。逆にお母さんが冷静だったり。

 映画としての出来云々以外に、ノスタルジーあたりで話題になってるのですが。でもあんな過去の国があったからって別に戻りたくないなあ。つーか、過去の自分は今の自分より確実に馬鹿で恥ずかしいので、絶対に戻りたくないです。ぶるぶる。今も書き割りの中で暮らしてるようなもんだしね。書き割りの上に、いかに幻想をのっけて楽しく生きるか、の方でやってますから。地に足のついた生活してないから。

 お父さんに特化された話なので、お母さんはあそこまでめろめろにされないのかも。ひろしの回想シーンは、むしろ自分の親のことを思って泣いたりしたから。

 映画はほんとによくできてるので、まだ映画館でみれる場所の人は見た方がいいです。おすすめ。理屈抜きの方がおもしろいから。


5月10日(木)
 星界のフィルムブックが出ていたので見たら、なんか印刷が変。クー・ドゥリンの足がまるで幽霊。なんで青とか赤の版だけ浮かび上がってるんだ? 透過光とかも変。軍衣の赤い線が変。あ、でも前に出たムックの悪いとこよりは。DVD出たからな。
 1冊2冊の話じゃなかったので、次の版を待った方がいいかもしれん(3件の場所離れた書店で確認)。買う人は中を確認してからの方がいいと思われます。綺麗な版もあるかもしんないので。
 アーヴ語ナレーションのカタカナ読みがくっついているので是非欲しいんですが、絵が変なのはいやん。それともこういうもんなんだろうかのう。小さいから?

 劇場版超人ロックの感想。
「なんでロックなのに一瞬しかマントを着ないんですか? ロックのケツなんざあ見たくねえんだよ! マント萌え〜」
「なんでパンフのロックとコーデリアの目線はああも盛大にすれ違ってますか?」
「主題歌はよかったね」  あんまりしゃべると無意識野の彼方から17年前に封印された怨念の溶岩がちょっとしたショックでイヤボーンするのでやめます。

 非常にタイムリーにプラ3の文庫が出てるのですが、表紙がいいので買おうかと。1巻のあれはマッド・ハリケーンかな? もうプラレスラー名をよく覚えてないのですが。ジョロナもやるんかな、あれ。
 プラ3といえば、もう何度も書いたような気がするがやはり柔王丸×ジョロナ戦でしょう。スペックで勝る上、天才的技能のオーナーが操るラ・ジョロナがなぜ柔王丸に勝てないのかとか、ラフファイトを行うルダに対して、クリーンファイトを旨とする(そうか?)3四郎が同じようにラフのプログラムを起動して応戦するあたりとか。あんなに細いプラレスラーの腕で殴り合いは不可とかいうつっこみはなしでな。ああいうのをやってくれればアニメだってねえ。
 プラリンピックをやらねば打ち切りはなかったような気がするのですが。いや、あの会場作るあたりとかの話好きなんですけどね。初期のジオラマ対決とか。
 EVAなんて言葉を覚えたのもこの漫画でした。なつかしい。

 あ、帯のコピー文はすんごい詐欺でイイ感じです。IT格闘技ってナニさ。


5月8日(火)
 シティが終わって楽になるかと思ってたら、忘れてたよ本業。毎日残業午前様生活。らぐおるー。

 アフリカのどこかの国で、孤児院から子供が60人連れ去られた。もちろん洗脳して兵隊にするため。ジーザスみたいな世界じゃよ……ひどい。

 電撃、高畑京一郎が仮面ライダーネタの新作をッ……!! おばちゃーん、白い御飯どんぶりでちょうだい!

 ガンパレがらみてうちにリンクしてくれたとこの、アクセス解析をしているサイトへのリンクが相互リンクに近い性質を帯びる話。ほんと、これが一番楽なんですよ。掲示板よりもメールよりも。相手がこっち読んでくれてるかわかんないweb.txtにおいては。
 ただこれにも欠点があって、アクセス解析ってゴミもひっかかるじゃないですか。そういうゴミは見ないので、アクセス数が1日に5件から10件ないと、つい見落としてしまいます。そうなるとおしまい。見えません。

 ちなみにアルファと電撃は別の坊主なので、電撃はアルファの袈裟ではありません(笑)。そして新たな坊主ムービックが……まあテレカの絵がよかったからいいか。めそ。

宮原木材危機一髪>
・BIG BIZ 〜宮原木材危機一髪〜/スペース・ゼロ/後藤ひろひと作/G2演出
 楽しかった。
 ひさびさに笑える、じゃなくて楽しめるコメディというよりお笑い? もう天才の名を恣にしてますな、後藤ひろひと。人間風車もよかったけど、こういうのもすばらしいです。
 台本はおもしろいし、演出もきいてるし(おいどんの使い方とか)。ただ粟根まことがちょっとテンション違っててつらかった。笑うところで笑う芝居になってない。周囲の方が笑えてしまう。食われてる。台本に救われてる感じ。
 周囲が芸達者なので、ああいう声質の役者はかなり不利でしょう。新感線の中だとあんまり悪い方が目立たないんですけどねえ。
 最悪とかじゃないので、今後、その不利をどう生かして行くかを期待したいところ。

 後藤ひろひとが吉本ってことは、出るのかなあルミネ。出るなら見たいなあ。


5月7日(月)
 ニフのSGAINAX、閉鎖へ。6年間のご愛顧って書いてあるけど、FGAINA時代もあわせて6年……じゃないなあ。Sになって6年、いろいろあったねえ。久しぶりに見に行ったら濃い人募集中がなくなってました。当たり前か。
 もう6年ですか。もんのすごい過去の記憶だなー。なにもかもみな懐かしい。

 マイネリーベ。
 むっちむち保健医から呼び出しを食らう。なにかと思ったら、女子の爆弾がガンガン爆発していた。周囲の評判最悪。一番仲良ししてくれていた色黒(エド)まで! ひどいわっ、色黒! せっかく液晶暗くて表情もよくわかんねえあんたをターゲットにしてあげてたのにッ!
 とりあえずヘッドホンを導入しよう。爆発音くらい聞いておかないと。

 ノルさん東京にさよなら。ファンはこれから地獄のロードが待っている。……ってあっしもですかい? ぎやー。
 つーかいくらなんでも日比谷にマジモンの白馬に乗って、白馬の王子様スタイルで現れるのは。さすが先々代星のプリンス夢のかたみ、やることが違う。見に行けばよかった……。

 人間は死を意識するときはじめて生の喜びを知るという……つーか衰弱してます。弱! でもたくさん本が読めるので精神だけはギンギンです。あ、これがほんとのdeathか。この多忙+衰弱っぷりは、前回の東京星組公演で連日始発チケット取りをしてた時期に匹敵。あれはやりすぎだった。いや、もちろんやってよかったと思ってます。今でも。毎朝4時起きで始発に飛び乗り、全力ダッシュで劇場前に並び、そこでアスファルト寝り。夜が明けたら周りの知らない人たちとマシンガントーク。ああ楽しかったなあ……はっ、走馬燈!?


5月6日(日)
 不思議なことに、まだ生きている。十年ぶりくらいの絨毯爆撃は厳しかったなあ。まさに俺の戦場はここにあるッ! あれ。なぜ横山系同人誌の束がここに<好きだから

 弱る心臓、荒れる肌、痛む内臓、揺れる世界、寄る年波。まー、それだけのことはありましたが。そして手が荒れる。普段マウスより重いもの動かしたりしないから。でも手あれするほど本が買えるって幸せなのニャ。
 1*年くらい前に好きだったサークルを久しぶりに通ったり。そこの本、あんまりにもおもしろかったのに売り切れで、どうしても欲しくて全ページコピーしてもらって(馬鹿。当時にしたら超大金)、したら次の夏に再販してくれたのを並んで買ったのでした。しかも、その列に並んでたら通りすがりの人に「ええっ、これってそれの列ですか!? 今お金がない! でも帰らないといけないから並べない! 大変申し訳ないけど、私の分もかっといてくれないですか?」といわれて買っておいたことを思い出しました。その人は大荷物を抱えて戻ってきて、何度もお礼を言いながら帰っていったっけ。あのときの北海道のお姉さん、元気かなあ。飛行機には乗れたのかなあ。あのころはのどかだった中学生の夏。
 おかしいなあ、そのサークル、確か同人やめるいうてたのに(笑)。そして今でもおもしろかった……。

 風呂入らない話、超びびられました。いやさすがにもう年なので、あそこまで汚いことはしてません。


5月3日(木)
 マイネリーベ、表面上はときメモのインターフェイスをまねしているけど、中身はけっこー違う?
 火曜日に「一緒に帰ろう」っていわれて、週末にリセットすると、また火曜日に誘われる。絶対変更なし。週頭になにが起きるか全部決定されているのか。うーん。
 あと、デートに洋服選んで行くの楽しくない。女子と出かけるときは楽しいんだけどなあ。好きでもない男とルーチンワークで出かけるのに服なんか選びたくねえよ!<ハマりぎみ

 ときメモというより、最初のプリメ。イベント少ないし。あと、好雄が年増白衣の保健の先生なのはどうよ。


5月2日(水)
さらにメモ。『親指シフト・キーボードを普及させる会』

 ホヌヌヌってのはセガガガ?>文字化け
 でもちゃんとセガガガもあるんだよなー。


5月1日(火)
 メモ:親指シフトキーボード

 『アダルトチルドレン』って『中間管理職』と色違いキャラだっけ? B研の? なんかパラメータ低いのですぐクビ切ってしまったから忘れたなあ……。なんか最後(笑)まで話題にことかかないソフトですな。

 デザイナー不足からせしぼんさんをディレクターにしなかったが、ディレクターもたいしていなかったのだった。今は『A研部長』と『いきあたりばったり』『鈴キ』の三本立て。でもそろそろ鈴キは切らないと。『俺が俺が』はすぐ消えるので解雇したし、新しい人は来ないし『もみのきさん』が早く育ってパンツァードラクーン作ってくれないかなあ。


 無断での転載・雑誌掲載を禁じます。
 メールはこちら>jaf01724@nifty.ne.jp 

【index】|【bbs】|【eva】|【日記】|【過去日記】|【link】|【プリンプリン】|【風馬疾走録(読書)】|【運営方針】|必ずお読みください|【自己紹介】