02年4月の風虎日記

 雪組でもハローグッバイ。

 どうなってるんだ宝塚。


過去の風虎日記

4月1日(月)
4月4日(木)
4月5日(金)
4月8日(月)
4月9日(火)
4月10日(水)
4月11日(木)
4月12日(金)
4月14日(日)
4月15日(月)
4月16日(火)
4月17日(水)
4月18日(木)
4月19日(金)
4月20日(土)
4月21日(日)  チャーリー・ガール   風と共に去りぬ
4月22日(月)
4月23日(火)
4月24日(水)
4月25日(木)
4月28日(日)
4月29日(月)
4月30日(火)


4月30日(火)
 『ブライトの憂鬱』購入。絵を当時に近づけてるかなー。若干。
 宇宙がらみの描写が現実に近づいた分、連載当時より微妙に文明が後退しているような。でもダンが40で准将だったのでもえーもえー。宇宙飛行士らしいエピソードもちゃんとあってもえー。でもニナが25歳になっちゃったのはなえーなえー。そりゃあたりまえなんだけど!!

 そういや微妙に残っていた星界在庫(風虎の)が全部なくなって嬉しかったのだが、夏に帝国が独立すると机が全宇宙になってしまうのでそれはそれでピンチ。本編の新刊が出てくれればなー。


4月29日(月)
 クラゲは過剰なまでに完璧に同意。 アレは出来事の周囲に網をはりめぐらしてなおかつ読書中は中央を想像させない、文章も構成もとてもとても上手い話でした。ああこの人本当に上手いなあと思いながらも、同時にこんなに上手いのに私のスイッチは入らないなあ。なぜだろうと思ったりもしました。主人公に比べて女の子のキャラがいまいちだったからかも。これ芝居だったらすごい面白く観たような気がするですよ。役者のキャラが入るから。

 ほしのこえのインタビュー読みました。
 最後の「ここにいるよ」は会社帰りに電車でメール打ったりするときの気持ちと確かに同じなので、やっぱ携帯電話=トランシーバーぽくないとだめなのかも。

 アニパロとヤオイ話継続。活動ジャンル(しかも現在進行形)だったら。「ウワー10年前の絵を掲載されてるヨ! しかもパロに厳しいサンライズ系なのに!! おねがいだから誰にも知られずに消えて……」だ。すいませんヘタレで(笑)。でも抗議文は送るかもなあ。匿名で<ヘタレだ!!!
 原作者が同人に寛大なジャンルだったらまだマシだったのに、よりによってサンライズ系をさらし上げる無神経さもイヤです。もしかして作者は知らないんじゃないのか? だとしたらあまりに無責任すぎるし。

 SF系イベントのやおい企画は参加したことないんですけど、なんとなくいつもジェンダーのかほりがするのでちょっと引いているのです。ジェンダー論とかぜんぜんわからないので。
 てか、男のいるところでホモの話をしたくねえというか。男の前でするホモの話と、同好女子の前でするホモの話は、たとえジャンル世代論といえど違うテイストになってしまう。
 個人的にちゃんとしたやおい論はあんまりこう、必要と思っていないのです。てかするな。しないでくれ。闇に隠れて生きる妖怪人間でしかも人間にはなりたくないのだ。

 誰もが納得できるやおい論なんてありえないしなー。受けと攻めのどちらに感情移入するか話だけで大騒ぎになるのに。てか私は基本的にリバ大オッケーなので、立場弱いというかお話になりにくいというか同じつくり手だって同人と商業では意識違うし、サークルと買い専でも違うし、買い専だって一番のジャンルと2番手のジャンルでもぜんぜん気持ち違うし。


4月28日(日)
 晴れて良かった星界オンリー。なぜか延々と宇宙開発の話をして終わったり。たいへん楽しかったです>UGOさま
 前回よりサークル数少なかった(と思う)けども、イベントとしては前回より盛況だったのでは。全体にスタッフの気配りが行き届く、大変よいオンリーであります。あれくらいの規模のオンリーとしては、ベストに近い仕切りではないかと。あー新刊の緑の本はGWのオフで獅子児さんに渡すように言いつかってあり。

 帰りにはクレしん映画を見た。前回の方が面白かったかなあ。いや今回もレベル高くてほんとよかったんだけど、予告で見たのと印象が違ったので。しんちゃんの活躍は前回の方がよかったというか。

 ああっ、話題にすると逆にマズいんか! と本として歴史の闇に葬った方がよかったのかのう。でも斉藤環さんとか歴史に残りそうな人がほめてるしなあ。後世に残っちゃうとなあ。ちょっとなあ。
 自業自得なので、私も付箋を貼ることにします……。
 過去に出たそれ系の本はどっちもかなり「と」寄りだなあと思ったけど、この本との違いはどちらの作者も「実体験として血肉になった話を書いている」ことで、だからこそ生理的嫌悪感を感じないんじゃないかなあとか。


4月26日(金)
 週末は星界オンリー。帝国図書院の売り子で出ます。
 帝国図書院の新刊アリ。「遠い宇宙の向こうに メイキング&設定編」とのことでした。まだ中は見ていないです。
 あー、宇宙開発の本はありません。
 低気圧ではあんまり体調がよろしくないので、晴れることを希望。

 ほしのこえ回収? がつがつ回収するほど店頭には残ってないのでは。つか近親相姦でも消しが甘いわけでもゲームでもあるまいに。馬鹿なのか? あっ、それともPS2で再生するときコントローラで上上下下(略)
 メーカーがらみとかいろいろと大変なのね。


4月25日(木)
 中古ゲームは売ってもよい判決。また秋葉に中古ゲー販売が戻ってくるかも。うれしい。

 なにを今更ロケットシステムニュース。なんで今ごろニュースになっているのか?

 野田さんのところから。『アニパロとヤオイ』に対する肯定的意見をハケーンしちゃいましたよ三崎さん!!! こ、この人の宇宙と私の宇宙は絶対に同期していないヨ!! てかルーパーは別カプで買い専だった私ですらアレはどうよと思いましたヨ!! あの礼儀知らずな上に悪意のない(ここが最低)大量の過去同人誌無断転載(しかも自説に都合のいいようにテキトーに切り張りしてやがる上に間違ってるし)に始まり、事実誤認は多いし、何よりこう、全体に漂う嘲笑感、距離感がイヤだ。えんがちょえんがちょ。
 やおい史を掘り起こそうとしたつーより、掘り起こした気持ちになってるだけじゃ。ぐぐって肯定的意見が多く出るのは、単に否定的意見書いてるサイトの人が現役なのでロボ避けしてるからでは。私が見かけたのは「タイトルを書くのも汚らわしい」みたいなのばっかりでしたよ。てかなるべく有名にならずにやみから闇へ消えて欲しいと思っているようだ。当たり前だが。ああ自ジャンル自カプじゃなくてよかったなあとか。該当者の皆様申し訳ない。でも野田さんだってもしこれ車田でやられたらウルトラスーパーイヤ度アップだよな!? 月をなめるなちゅーか、やおいをなめるなヨ!

 まーこういう生理的嫌悪感に満ち満ちた感想もナニなので、小泉さんの感想のが普通でわかりやすいと。
 この本について一番危険なのは、十年後にこんなんが歴史的資料として残ってしまうことではないかと柳瀬さんがいうておりました。私もそう思います。うへえ、勘弁してくれよ!

 ほしのこえが嫌いに見えるだろうなあこれじゃ携帯話はまだ続く。
持ち込み不可については「何らかの通信手段はそりゃあろうけれどもああいう事業で勝手にプライベート通信ってしていいものか?」てのが。でも伏せてあるとこに書いてあるのがアタリだとは思います。それはそれとして。
・てゆーか戦闘(待機? 訓練?)中にメールうつなよバカというか、そこがまた女子学生ぽくていいんだがそれでいいのか選抜メンバーみたいな。
・インタビューにあった「携帯電話の雰囲気を伝えたい」ってのはすごいわかるし、いいと思うんですよ。ただしエミュで。さみすィ。ハウツースキーとしてはかなり萌えインタビューでしたが。

・この手のヴァカ話すら「一人で作った」という偉業の前にいまいち語りにくい空気のある世界でなくてよかったと思ったり。いや身の回りが。否定ぽい意見一切禁止のとこもあるので。全力でマンセー叫んでる人はなんか今までこう不幸な人生だったのか? と小一時間。
・作者が空白をこちらに投げているのだから、そこも楽しみたい気持ちはある。共通認識の違いをスり合わせるみたいな。
 私にとってあの作品は階段がすべてだったりしているのですが。写真でとって上から描いたにしても。


4月24日(水)
 『ほしのこえ』の携帯話と近いような気がする。

 コックピットのデザインとかなんでミカコが制服なのかとかは脳内補完がきいてるので、割とどうでもよくて。携帯はテーマに直接つながるので気になるのです。てかあの携帯が軍支給で通信もちゃんと確保されていたなんて設定だったらぜんぜんこれっぽっちも萌えられねェ。むしろ無断持ち込み実は禁止であれ。
 ネタバレなのでナニしときますが、

未来地球情報:船は旗艦のみ生き残ったようだ×過去宇宙情報:でもミカコが生き残れたかどうかはわからない。
未来地球情報:新ショートカットが発見されたし資格も取れたので会いに行けるもえー×過去宇宙情報:今それどころじゃねーやコンチクショー!
 この二つを同時に流すラスト歌かかってからの展開のおいしさは、携帯電話というつながるかつながらないかわからないアイテム、その不安定さがいいんじゃねえかと。新聞の使い方もうまいし。台詞じゃないけど「届くはずのないメール」が届くからいいんじゃねえかと。小一時間<問題はこれを私が「理解」している点で、できれば「わかりたかった」なあと。エミュではなく、ストレートに受け取ってみたかった。
 受信側の年数は基盤を腐らせるのに十分な時間なんで、受信できなかったのはそのせいでもいいんだけど。

 まーそれより問題なのはほしのこえ音+ガイナ作品絵のつぎはぎだけでマッドビデオが出来ちゃいそうなレイアウトかもしれん(逆か)。実相寺ファンがカメラ持ったらつい机の脚ばかり撮ってしまいましたみたいな。それだけ深く日本のアニメはつながりあっているのですが。
 作品全体に漂う不完全感は、ここんとこのエロゲーとか電撃系ライトノベルに漂う「奇形でなければ表現できないあやうさ」にとても似ている。先達に似すぎているところとか、作品そのものよりも作者の物語が先行しちゃうとことか。あ、最近のオタ業界の流行どころは全部そうか。なんだ。ハイエンド騒動の時にも似
 その後の新海仕事(Wind)はいまいちだもんなー。ビタースイートに比べてWindの方が仕事臭漂ってるような気がするのは、キャラ絵のせいだと思うけど。もうちょっとキャラ絵にあわせた絵をつければいいのに。エロゲーなんだから。
 今後エロゲの仕事はしないのかもしれんけどね。あふれる職人力がよい方向に向かって行くのを期待してみたいところ。みんなのうた作るとか、南家こうじ方面を希望。

 そういや秋葉でほしのこえ買えない人もいるみたいなのですが、ちゃんと秋葉をくまなく歩いたのかのう。エロゲー売り場も回るがよし。minoriあたりにけっこー置いてあるよ。

 昨日の後から語られることによってがっくり来る話。一晩置いたのでちょと書いてみる。
 何から何まで塗り固める方をかっこいいと考えてる(のか?)作家と、ある程度の余韻を見越して読者の想像力を誘発する方がクールだと考えてる(のか?)作家がいますよね。私は後者の方がじーんと来るし上手いなあ、と思うことが多い。前者のやり方はすっごい上手い人でないとヘタレが漏れ出してきてどうしようもなくなっちゃうし、後者もヘタな人がやると、読者におもねるというか単なる手抜きになっちゃう危険性が高いしなあ。要は作り手がわの問題なのでしょうか。
 80年代ってそういうの(後付け設定)流行したような気がする。同じ作家の別作品で、実は全部つながってましたとか。私はメタものはおなかいっぱいだなあと思ってるので、よっぽど上手くないと「またかよ」って思っちゃうけど、新しい作品でそれをはじめて経験した人はびっくりするんだろうなあとか。
 後から出た作品が素晴らしければ問題ないんだが、金田一少年を読んだ後で『占星術殺人事件』や『殺人方程式』を読んだ人は不幸だ。

 「この人すごく上手いのに、なんで売れないんだろう」話。私が「上手い」と思う基準が「どれだけ書いてある文章以上の絵を見せられるか」なんですが。これって読者がわにある程度本を読んできてるとか、作者が志向している物語を受け入れる基盤があるかどうかを要求してるってことでさー。そういうのって、経験の少ない若い子には難しいじゃないですか。
 そういう人にも読めるように「起きたことだけを見せる。物語の速度を上げて、周囲を見えないようにする」作り方をしてる人もライトノベルにはいて、そういう人はほんとに上手いなあと思うけど、一部だよなあ。

 とりあえず今日はここまでだ。

 あー、温帯とかアルファの後付けみたいに、作者御寵愛キャラが全員作者の分身でしかもスーパーキャラ変換がかかってるヤツの場合はもうおまえは小学生かバカかエターナリ(ママ)チャンピオンかアフ(以下略)


4月23日(火)
 暗いところでの設定は一部『天帝妖狐』でもありましたな。好きなのか乙一。

   麻弥さんとこのヒカ碁感想から。

自分があれこれ想像した物語上の空白を作者が無造作に上から塗り固めちゃってがっかりした…物語好きであれば、一度はこういう体験をしたことがあるんじゃないかと思います。作者が書くのが「ホンモノ」だからこそ、自分の思いが「ウソ」にされてしまう悲しみ。それでも気持ち的にオフィシャル設定には逆らえないのです。

 むねふたがれるあまりコメントがつけられません。


4月22日(月)
 ここんとこちゃんと寝てなかったせいか、ぴりぴりしてなかなか寝付けなかった。うとうとしてるとつっつかれるような感じで意識が浮上したり、金縛りにあったり。普段は墜落睡眠なので、とてもつらいです。会社ではよく眠れるのにな。

 購入もの。
 会社の近所でほしのこえ購入。
 近所の書店で簒奪者購入。


4月21日(日)
 携帯でないとダメなのはわかります(ここがエミュ)。そこで携帯の説明をしても萎えるし。微妙なとこです。ちょっと不備のあるライトノベルみたいだなあとか。
 姫は、携帯からのメールを一度ゑくせりおん(違)なりで受けて、地球向けの通信するとき一緒に送っていると思っていたそうです。それは夢がないのでダメだ。それでもあの状態では確実に届かないから細い線にはなるだろうけど、糸がザイルくらいにはなってしまうので。
 あの携帯は製作時期を考えてもちょっと古めなところがまた萌えなのです。

チャーリー・ガール>
 帝劇。愛華みれ、錦織一清他。
 音楽(曲も演奏も)と美術がとてもよし。あのなんにもできないタモちゃんが! こんなにも可愛い普通の女の子に!!! 普通に楽しめる軽いコメディでした。ちょい薄めだったけど。タモ可愛いけど魅惑的じゃないんだもん。
 そしてハゲを探すお姉さんに「すぐそばにいるのにニャー」と突っ込んだ錦織のカツラ。あのカツラはちょっとなー。タダでさえ薄いんだから。でも愛嬌振りまく仕事を物心ついてからずっとしてるだけに、不思議と華はありますね。

 東宝のオケは波がありすぎます。今回はとてもよかったが、次回も同じ人が入るとは限らない。

風と共に去りぬ>
 日生劇場。花組公演。
 こないだまで琥珀やってた花組一同、おけいこ期間もないのによくまあここまでやりましたね。立ち位置を押さえるのに精一杯です。コーラスが薄いし。でも前に見た星公演は年寄りばかりだったのでコーラスがいいのは当たり前か。
 シナリオは映画に近づけてショーを抜いてました。でも相変わらずの植田節が鼻についてどうにもイヤでした。
 スカーレット役の瀬名じゅんがとてもかわいかった。熱演。今後に期待。
 巨大なわたるのアシュレとトドさんの小柄なバトラーは1メートル以内に近寄りません。ひどいでース。
 専科は総じていい芝居をしていました。組子はほんとに気の毒だった。あんな実力じゃないだろうに。

 お客の中には雪トップ話をしてる人がちらほら。あんまりだよなあ。


4月20日(土)
 せめて『暗いところで待ち合わせ』だけでもと読んでみた。相変わらず面白かった。そして恩田新刊が私の好きなナニ系の話っぽいので読んでみたいと思う罠。シティは5月3日。やめれ。
 何度見ても怖い文字化け「宿屍瑞人」はなんか中国系の妖怪みたいだ。そして「土井垣 不知火」で検索してきた人とオトモダチになりたい予感。
 最近よく行く東京駅。理由は潘街粥麺専家。すーらー麺+煮卵とか、ピータン粥とかがおすすめ。ただし立ち食いですが。


4月19日(金)
 宝塚雪組トップ絵麻緒、1公演だけで退団。劇団の方針に従いましたってあんた相変わらずはっきり物を言う人だよつーか植田! 植田! 植田ァアアアア!!!! この言葉の後に「早いと一概にいえない」かヨ!!!!!

 はっはっは。もう植田先生に怒りの拳を振り上げるのも最後になりますが、もう宝塚なんて……なんて…………
 あ、まだあった。次はわたるが不当にやめさせられるのか。覚悟しておかないとネ! はははははは…… ・゚・(ノД`)・゚・。ウワァァァァァァァァン! 成瀬こうきもやめちゃうよう!!

 明日から発売のチケット、どうやって手に入れよう………………………………あはははははははははは。


4月18日(木)
 大森さんのほしのこえ評を見るため、アニメージュを立ち読みんでみた。
 携帯電話。携帯にしたかったという気持ちは理解できる。が、「理解できる」ってことと、作品に「感動した!」という人と気持ちを共感できるかはまた別。
 最初に携帯メールを送るの見て「もえー!」となるか「ええっ!?」と一瞬止まるか、の差というか。ちょと違うか。

0.携帯メールに疑問をもたない。遠距離恋愛と携帯メールあたりで激萌えできる。
1.携帯メール? とひっかかるが、それはそれとして直接萌えられる。
2.携帯メール? とひっかかるが、「そう描きたかったんだなあ」と納得することにする。ちょい萌え。
3.携帯メール? 届かねーよ! どんな出力だよ! ともにょる。最後までそれがひっかかって感動できない。

 これの、2の状態。物語を一度エミュに通して、それで萌えの数値を感知できる感じ? でもって『ほしのこえ』そのものよりも新海誠の物語に萌えやすい状態に置かれている感じ? か。良し悪しじゃなくて。携帯にひっかからない自分もちょっとやだが、ワープ前のとことか引っかかりながらも泣けたしなあ。

 最近エミュがぎゅんぎゅん動きすぎの自分。直接動かすと危険なのでエミュつかってたら、エミュがデフォルトになってしまったような。


4月17日(水)
 ようやく一段落したので、やっと本が読める……わけでもない。でも買いには行く。もう半月も本を買ってないよゥ。

 元リョービのビルを改装していてなにが入るのかと思ったら、ミナミを出たT−ZONEだった。ミナミの人たちはどうなっちゃうんだろう。富士通プラザも閉まったし、秋葉のパソコンハード臭はどんどん消えて行くのう。
 ミナミ跡地にはハンズかユザワヤが入ると私的に秋葉は完璧な町になるのだがのう。

 額田やえ子氏の訃報。とても悲しい。NHKの吹き替え翻訳といえばこの方であった。NHKがいまだに吹き替えに強いのは、予算もあるけど額田氏の功績もあるのではないかと。いや幼少から叩き込まれた額田節に洗脳されているだけかもしれませんが。


4月16日(火)
 美輪さまの近代能楽集をみたり。前の時よりドレスがこう、その、小さくなってませんか。センスはいいけど、あの豪奢な裾を翻すところが見たかったんだけどさすがに年齢には勝てないのだろうか。あの裾は女子では扱えまい。
 宅間伸が意外なほどうまくてびっくり。葵役の女優も、いかにも絞め殺されますって芝居がよかった。

 やる気がない理由はわかってるんだけどー。複合汚染。一つ一つ片付けないといかん。ああ、5月が来る。それが終わればコミケが来る。私の人生には5月8月12月しかないというのか!?

 ばんじ(古)が離婚。つか入籍してない事実婚だったとかで、おおやることが若い! と思ったらもう30歳だったヨ。いつまでも17歳じゃないよねそりゃ。年齢時代の流れを感じる。
 ああっ、しかも事務所やめてるよ!!! がんばれ。13歳のときから17年もジャニ事務所にいたのか。愕然。


4月15日(月)
 ネット回ってなかったせいでむちゃくちゃ遅レスですが。
 SFセミナーは各種SFイベントの中でもっとも参加しやすいイベントだと思っております。お値段が安いし、参加しやすい形態(場所とか、日程とか、昼の部は講演会形式だとか)だし、幅広いネタでやってるし、継続しているし。
 てことで、興味のある内容で、日程が合えば参加させていただくようにしていますが、ネットでチェックしているのでDMはいらんです。お金もったいないし。次回から削ってください。
 今回はシティのゲーム日と重なってしまったのでパスです。編集話が見たかったのでどうしようか迷ったんだが、同日有明でC翼オンリーもあるし<それかい
 春樹たんの時はイベントを蹴っても見たかったのでシティを蹴ったんだっけ。


4月14日(日)
 今週のキャプ翼(日本フランス戦)見てたら源三への憎しみが昨日どころか一時間前のことのようにありありありとよみがえってしまい、我ながら驚きました。俺は若林のかませ犬じゃねえ!!
 三つ子の魂百まで。そしてオ姉さまも所詮は男!! 御出席の御消さないとな!! それともこれがネタに?

 例の法案、とりあえず阻止
 このまま自分では何もしないで水晶の夜を迎えてしまいそうな予感。メール一本、はがきの一枚も送っておいた方が後悔しないに違いないけれど。
 古くは大JUNEの例を出すまでもなく、だけどもピアスは引っかかるのが遅すぎだよなあと思わなくもない。

 ほしのこえの問題点は、とにもかくにも携帯メールだと思われ。
 つい「そんな長距離(数光年)届くメールがどこにあるんじゃゴルア!」とつっこみ入れたくなるのです。それがすべてを破壊してしまう。が、あの話は携帯メールでなければそもそも成り立たない。どっちが正しいか考えて、設定的に無理があってもココロにぴたりと来る携帯メールにしてしまうところが個人でやってる強みであり、弱さでもあるのでしょう。メールの設定をこまごまと言い立ててしまうとうるさくなるしなあ。
 そのあたりを存分にやってる、むしろやりすぎなのが空。そこがまたなんともいえん味があるというか。

 『ほしのこえ』も『月姫』も、それを作り上げた人々という物語がなくてはここまで広がらなかったんだろうけど、それにしても、あまりに周辺物語を語られると、作品が薄まるような気がする。元々薄いのかもしれん。造れば造るほど上達しないばかりか異様に濃くなり、もはや作者のプロフィールなどどうでもよくなってしまう伊勢田作品くらいの無敵パワーが欲しいところ。いらんか。

 セデスを飲むと左手の甲に十円玉くらいのじんましんが出るのはなぜだろう。それだけで他に害はないのですが。


4月12日(金)
 萎え気分。
 いろいろ一気にやりすぎて磨耗しているというのが近いかも。
 ナニをやろうとしていたのかをすぐに忘れるとか。ちょっとゆっくりしないとだめか。ってもうすぐ5月。それが終わったらコミケはすぐだし。当落が判明するとスイッチ入っちゃうからなあ。

 仕立屋工場といえばときメガに衣装提供とかもしてましたな。
 あのデート服選びってマイネリーベにあったやつだよなあ。あれめんどくさいのでなくならないかと思ってたら、採用かよ!! 敵の衣装をこっちが選べるならまだしも、自分でやることがひとつでも多いのはめんどくさいのでやりたくないというか、相手に合わせた服なんか着て行きたくないよゲームでまで。
 やっぱ光栄は偉大だと思われ。あのアバウトなつくりが仕事帰りのOL向きで。


4月11日(木)
 ジャイアンリサイタルに行ってきました。映画はともかく、トークはとても楽しかったです。
 映画はちょっとなー。いろいろやりすぎというか、千と千尋(中略)ジャンヌの声が下手で萎える。でもロボット王国のある星が、惑星じゃなくて衛星っぽいなあ、という描写がぽつぽつあってちょっと萌えた。ドラえもんズは楽しかった。


4月10日(水)
 私信。萌え萌えだらけの月姫インタビュー。製作者萌え本読みたいなあ。

 空の境界がなんであんなに読みにくいのか話。ポエムがイヤだとかは別にして。
1.あからさまに日本語を間違って使っている部分がぽつぽつある。狙ってない。天然でもない。辞書を引いてくれお願いだから。
2.作者がかっこいいと思って書いてるアイテムやエピソードが、ものすごく痒い。最大例>単衣に赤革ジャン。着物でのアクション映像だけでなく、普通の所作の映像をもっと見てから書いてくれお願いだから頼む動き、とか。まさか伊勢田の舞状態で動いているのではいやまさか。
3.文章が変。日本語として間違っているが、こっちはわざと間違えて書いている方。「日本語として間違っているのはわかってるけど、俺の心情的には正しいからこっち採用していますが、何か」文が多すぎる。

 上巻アタマのポエムゾーンを抜けてもこれだけの罠が控えています。上下セットで買うのはおすすめできない。
 3のポイントがハートに合致すれば、かなり楽しく読める人もいると思う。私も皮ジャンさえなければもっと楽しかったはずだ。月姫よりも、こっちのが合う。ただし月姫のほうが読みやすい。


4月9日(火)
 サンデーの読みきりでやってたお父ちゃんが女子校生の話、連載にならないかなあ。

 メガスター、あんまり人が入ってないかもしれないとのこと。せめて宣伝に元サイトをリンクしようと思ったら、リンク条件がよくわからん(禁止っぽい)。非商用であれば情報を利用するのは可でも、リンクは事前申請ののち許可制? うちみたいなテキトーなところは不許可にされそうなのでやめておきます。
 かわりに、こういうの見たい人にはぜんぜん訴求力なさそうなJ-WAVEのサイトをリンク。自分で見てきたらなんか書く。

 有里さん経由で魅惑のFotR日本字幕版へ。なんかこう、疑問に思ってたところが全部氷解した。なんだ、ボロミア父死んでないじゃん! 最後のほうのばたばたした感じも、吹き替えならちゃんとしてるじゃん! ヘンな話だと思うのは、本編を覚えていないからかとおもったら、なっちが悪いだけじゃん!
 吹き替えを先に見るべきだ。まだ見てない人は、吹き替えを先に見なさい吹き替えを。うちだって近所で吹き替えやっててくれたらそっちに行ったよう。やってないんだよう。遠出をしてでも行こう。

メモ:人形改造コンテスト作品展に行くのを忘れないこと。


4月8日(月)
 先週はいろいろ考えさせられることが多かったので、ますますネットから離れてしまいました。そしたら英語タイトルのメールがたっぷりたまっていました。片端から削除しました。外人さん、うちは英語は読めんのじゃ。
 なんで日記とかにアクティブじゃなくなったのかを書きたくなるあたり、まだまだ書きたいことはなくならないらしい。

 フラッパーでやってた東京探偵団2002を見てきました。
 あんな東京探偵団見たくなかった。クイーンとミスRのキャラをごっちゃにしてねえか細野!!! じゃなくてあまりに絵も話もコマ割もひどすぎる。3日で描きましたか? あんなジャッキーとバロンのやおいならあの方も見たくないと思うに違(以下略。年寄り知ってる人だけ笑うところ)

 あー指輪みました。酔いました。カメラぎゅんぎゅん回るのうーーーーーーーーーーーーううっ。いやあ、ホビット庄もすごかったが、黒の乗り手はもっとなんかこう、すごかったです。
 アイテム士なのでさっそくネット通販を当たってみる。これ欲しい。指輪もいいけど、米10号? 日だと20号相当?

 お買い物メモ:月姫+逆転裁判同人ゲー。
 オンリーは仕事で行けないので店卸待ち。秋葉ならどこかで買えるでしょー。でも本当はオンリー行って製作者萌え本を買いたい。CPの上下は問わない。


4月5日(金)
 そうそう、オタアミ行ったんですよ、オタアミ。新海誠なんか見て喜んでる場合じゃないですヨ。伊勢田監督は一人でアニメ一人で特撮一人で声優ですからネ。一人でやることのものすごさを知るべきだ。

 先週、殉情を温帯が見てたそうでげっそり。途中で暴れないでくれて良かったヨ! 自分の芝居だけやっててくれよ! ああもう汚い手で宝塚に(以下略)ヅカの本歌取りはいいかげん勘弁して欲しいよ!<略し切れなかった心の叫び


4月4日(木)
 豪太郎さんと結婚するなら呼ぶ

 唐沢さんの日記を読んでいて思いついたこと。
 外国人が日本に滞在するため知らない女子と結婚して戸籍だけ造るように、結婚したという履歴の欲しいオタク男子に戸籍を売る商(以下略)

 仕立屋工場、今回はフューチャーアイズの方があきらかに上だったんじゃないかなあ。挑戦者、縫製甘かった。フューチャーのはどっちも売ってるのみたいだったし……ってあたりまえか。ドレスは確かにありがちっぽかったけど。


4月1日(月)
 ねじ子さんへ。本名で同人をやっておしかけられるとすごいことになるのでペンネームを使ったほうがいいと思います。それから、披露宴にむかしの友達(へげ美・ぶよ代・ざら希だっけ?)は呼ばないのですカ?

 でも豪太郎さんのことだから、同人用ダミー住所&戸籍くらい用意してそうだ。専用私書箱みたいな。もしくは古本屋の住所になってて、棚にある稲垣足穂かなんかを動かすとそこに専用郵便受けが。


 メールはこちら>jaf01724@nifty.ne.jp 

【index】|【bbs】|【eva】|【日記】|【過去日記】|【link】|【プリンプリン】|【風馬疾走録(読書)】|【運営方針】|必ずお読みください|【自己紹介】