02年11月の風虎日記

 人間疲れると余裕がなくなる

 だからもう宝塚とホモの話しかしたくないんだよ!


過去の風虎日記

11月1日(金)
11月4日(月)
11月5日(火)
11月8日(金)
11月11日(月)  ハムレット
11月12日(火)
11月13日(水)
11月14日(木)
11月17日(日)
11月18日(月)
11月19日(火)
11月24日(日)
11月25日(月)
11月26日(火)
11月27日(水)
11月28日(木)


11月28日(木)
 う、裏……裏ゼルダ……がくっ<ダイイングメッセージかよ!
 それはともかく面白すぎる裏ゼルダ。ありがとう任天堂!!! やっぱり任天堂だよ!


11月27日(水)
 この風邪は柳瀬風邪だと思われ。


11月26日(火)
 風俗ライターの菜摘ひかるさんが亡くなったそうで。
 菜摘ひかる名義で書かれたものはほとんど読んだことないんだけど、彼女が菜摘ひかるになる前、PC-VANのSFDBOLTによく来ていたので、そっちのハンドルで書かれた文章は全部読んでました。
 訃報を聞いても「ふうん、***さん亡くなったのか」と思うだけで、***の中にナニが入ったのか思い出せないくらいなんですが。
 オフでもあったことあったけど、風化して漠然とした印象しか残ってない。「自分から話振らない人だなあ」「顔色悪いなあ」「疲れてるのか?」「金銭感覚ズレてるなあ」みたいな。年齢や出身地を詐称してるんじゃないか? プロフィールもちょっとツクリ臭くないか? とか、いろいろ邪推(当時はゲスカンといいましたなあ)させてもらって面白かったとか、そういう記憶しか。でもどんなゲスカン話が続いても最後は「あれだけ上手い文章が書けるんだから」ヨシってカンジになったものでした。文章は当時からむちゃくちゃうまかったです。インターネット時代になってから「菜摘ひかるって名前でデビューしたってよ」と聞いてさもありなんと。
 彼女は多分はっきりとした目的を持ってVANに来て、目的を持ってSFDBに来て、その目的のものを手に入れて去っていった、当時たくさんいた、ある一人のVANerでした。あんまりはっきりしすぎていたので、憎まれなかった(むしろ愛された)んだろうなー。ひらひらと舞いこんできた蝶のような人でしたよ。同じVANerだった者として、ご冥福をお祈りします。

 あー、あとなあ、当時流行だったプリンセスラインのすげえ高そうなコートを着ていた。それがむちゃくちゃ印象に残ってる。秋葉の書泉前の信号待ちで、くるりとひるがえしてみせた様子とか。


11月25日(月)
 今月の日記を読み返してみたら、マジでホモとヅカの話しかしてないや。気力体力が落ちると保護色が弱まるなー。

 ハッ!!
 まあたとえばだ。トミノのガンダムはどんなにヘタレだろうと「まあしょうがねえや」で済んじゃうでしょ。でもWや種は許せないでしょ! どうせホモならキングゲイナーのがよっぽどおもしろいや!!!
 Gだってねえ、あの作画じゃなくて石山東吉だとか、百歩譲ってバロンコングバトルの人だったりしたら5万倍平気!!! いかにも秋田書店のおっさんたちが会議で「同人女ならこの絵でいいだろ」てな決定しました的チョイスが透けて見えてイヤなんだよう。
 レンズマンの再版が、SFゲットーとはまったく関係ないDHCの翻訳講座かなんかの卒業生によって出されたら、マジで腹立つでしょ。しかも柴野先生がご健在なのに! 本人がたとえ「レンズマン昔から好きでした! すごくがんばってます!」って主張したって心情的には認められないでしょ。
 うううう……きっと堺さんは人(?)を愛したことがないから解らないんだyo!!! いいよのださん、一緒に慟哭しようじゃないかァ。

 とかいっても私だって青銅スキーなので別に黄金がどうなっても平気で…………多分平気さ。はははは。幸いチャンピオン赤はあんまり売ってないから目に付かないし…………し。


11月24日(日)
 オ姉さまから教えてもらいました。早くも星矢G納得できない同盟が!
 いや、笑い事じゃないけど笑ってしまいましたすいません。行動早いなあ。
 でも秋田書店もちょと年寄りの思い入れをわかってなさすぎだと思います。なつかしものを復活させるときは十分気を遣わないと。せっかくの資産を潰す結果になります。いやケンシロウ=子安もけっこー想像では厳しいんですけどネ! 聞いてみたら意外にいいかもしれないしなあ………………。

 エリザチケット全滅しました。まあそんなもんです人生。
 ノバボサノバの月と雪両方みました。むちゃくちゃおもしれえ。ここまで演目で面白い宝塚ははじめてですよ! ビデオでこれだけ面白いなら、生はさぞや。みとけばよかった。
 ここ15年くらいの日本の主なミュージカルはほとんどみてきましたが、これだけ完成度の高いオリジナルはなかなかないです。素晴らしい。また再演しないかなー。
 真琴つばさあんまり好きじゃないんだけど、ノバボサだから楽しくみてしまいましたとも。初演が76年? 宝塚はここ数十年なにをやってきましたか? 退化してるじゃんかー! 85期生がいて人数も多く、衣装も豪華。盆まわりもセリもないのに、こんなに面白いショーが作れるなんて。何が違うんだ。演出家か。そうか…………。


11月20日(木)
 どんなに話がへっぽこでも、絵に力がなくても、キャラの性格が別人になってても、それでも車田先生の作品だから我慢でき(いやできてないかも)たんですよ先生! 先生! どうしちまったんだ兄貴! 石山東吉はナニやってんだ!
 いくらなんでもこりゃないよ。ひどいーひどいーひどいー。北斗の拳のリメイクを高河ゆんがやるくらい驚いちゃったよ!<ムリ言うな

 スカイステージのおかげで人生狂いっぱなし。他のチャンネル全然見なくなっちゃったよう。
 今月の若手演出家デビュー作特集が楽しくてますます……つかさあ、面白い演出家はデビュー作から面白いんだよ! ちえー。荻田浩一とか植田(非理事長)景子とか! 特に荻田の「夜明けの天使たち」は、後の「凍てついた明日」とやり方がほとんど同じで興味深い。そして作品的には「凍てついた」のがはるかに良く出来てるyo! 見習え理事長!
 あと今月見なきゃいけないのは世紀の怪作といわれる児玉明子の「Endless Love」でス。もう前から見たくてしょーがなかったんで激しく楽しみ。あさきゆめみしより酷いってどんなよ! ……なんか珍作怪作ばっかりですなあ。
 そして齋藤先生はデビュー作から中学生の作るホモ同人誌みたいでした。勢いはあるんだがなあ。


11月19日(火)
 こんな星矢が納得できるかァアアアアア!!!!こんな


11月18日(月)
 最近、記憶がむちゃくちゃ怪しいです。
「最近面白かった本? あー、赤のつく名前の人が書いてて、村田レンジが表紙で、カッパノベルスで出てるヤツ」(正解:赤木毅の『紳士遊戯』)
 ひでー。これじゃあ棚にさしてあったら見つからないって。……赤で見つかるか。がんばれば。

 そろそろ出る中公文庫BIBLIOの野尻抱影再版の新しいやつを忘れないようにしないと。出たとき買っとかないと買えなくなるので。で、日記に書くと書いたことを忘れたりするわけだ!!! チイイイイイィ! 一気に出してくれ、一気に!

 superXのDVD-R、とうとうスピンドルが出てました。50枚で6600円くらいか。一緒にいた友達に「うーむ、これ買って半年使ったとして、半年後に買った方が安いよなあ」と言ったら「どうせ半年持たねえよ。買え」と指摘されました。否定できません。デジタルビデオ編集機マンセー!

 いろんなとこで最後の踏ん張りがきかなくなった。年齢かなあと思っていたけど「そらぶんちゃんやめたからでしょ」と指摘されました。否定できません。1年は続くらしいです。困るなあ。


11月17日(日)
 日記を全部かかないでアップするとますます電波みたいだからやめれ>自分

 今週はBSで人間風車の再放送。忘れないこと。

 ICO話。いや私が言いたかったのは主にそこ(橋での女の子の行動)なので、それ以上はゲームが語るですよ! 萌え!
 ちなみに私は鎖から鎖に飛び移れなくて、3時間くらいクリアにかかりました。2周目もやるとよいことがあります。最初のセーブのとこまででも、ためしにやってみると吉。

 雪組全国ツアーがあったので行ってきました。コムは相変わらず緊急事態に対応できません。えらく必死に目を泳がせながら、3回目のアンコールで手を振り続ける姿が萌えでした。思えばon the 5thの時も、目前で繰り広げられるアドリブに、ストップモーションのままにょにょにょと目を泳がせつつ自分の動いていいタイミングを真面目に計っていた気の毒な姿に萌えたものです。
 月組公演も見てきました。
 いきなり配下の医師を締め上げて「俺とあいつがどんな関係か知っているだろう!」とほざくホモの医者が出てくる話でした。どんな関係なのかそこのところを詳しく小一時間と言わず。むしろ今締め上げているその人とはどんな関係なのですか<ファンが見てないと思って好き勝手な事を……


11月14日(木)
 ちゃかさん13aじゃん! いつか隣になるとは思ってたけど、早かったナー。

 NHKで原爆絵画の特番再放送をやっていて、不用意にそれを見てしまい鬱。くらーーーーい気持ちに。日本の原爆教育は間違っている……今はどうなってるのかな。

 傑作機やめるですかと言われました。まさか。コミケは枠だから、その中でなにをどうやれるのかを模索するのも参加者の楽しみですから。
 100部、いや200部までなら趣味の範囲でだらだらやれるけど、それ以上はいろいろしなきゃならんことが出てくるのが同人誌ですよ。傑作機の最初の読者である栄誉をそう簡単に手放すと思いますか? 別のルート模索しますって普通。

 ゼルダDD! ゼルダ! いやっほーーーーーーーーーーーーー!!!!!!!! 任天堂マンセー!!!!!

 有里さんのICOプレイに口出ししませんよ!! ええ<したくてたまらんが我慢!!!! 進め有里さん!!!! 絶対に期待は裏切らないから!!!
 しかしICOは本当に美しい。PS2嫌いの自分もついうっとりだ。

 絵麻緒会の連絡がありました。宝塚でないぶんちゃんを愛せるかどうか謎すぎ。
 今はもう亡い志村幸美(四季)は、ドレミを歌っただけで人間の魂を感動させたが、それに対抗できるほど感動の歌を歌う人って美輪さまかヅカの人しか知らんからなあ。鳳蘭とか一樹千尋とかシビさんとか。
 そのシビさん歌う名作『凍てついた明日』の再放送があるので忘れないこと>wowow22日 ゲイナー総集編の後なので撮り忘れないようにしないと。演出がおどろくほど上手い、正統派の作品。月影瞳がもうちょい芝居巧者だったらなー。 落ちとかはターまかせなのでとても泣ける泣ける泣けるのに!!!!
 いまどきあのレベルの小劇場作品で、あれだけの演出ができる人がヅカ以外にはなかなかいないですよ。荻田やるなあ。みたいな。
 物語的にはいまいちな「追憶のバルセロナ」でさえ、演出面においては見るべき点が非常に多かった。宝塚の演出家って、意外にやるなあと思うときある。
 宝塚の演出家は、あの植田理事長であっても「大劇場芝居」については、その辺の演出家などヘでもないほどの蓄積があるのだと、解っていてもいらだたしい。コム正月ーーーーーーー。がんがれーーーーーー。

 それにしてもターの『天翔る風』はほんとに演出家の違いが出ていて気の毒だった。ター本人はすげーよかったのに。対抗馬が稀代のキチガイ大竹しのぶつー化け物だったのと、演出が野田だったのが気の毒でした。勝てないよ普通。それなのにあれだけやったタータンはマジですげえ。役者としての香寿たつきはとても好きだ。だが、星トップとしてはなあ……凍てついた明日も、こう、100%では彼女の魅力を引き出していなかった。だが、ラストの「愛してる」の一言でモニタ通しても身も世もなく泣いてしまうほどの芝居をしたタータンのさよなら公演、実は期待してます。野田演出で、『罪と罰』でやったら、ターにだって勝負の場はあったんじゃないか。たとえ敵が化け物大竹だとしても。謝先生の演出じゃ勝ち目なさすぎ。
 瞳子主演で『凍てついた明日』の再演の噂があるので期待してみたり。クライド役者としては、瞳子のがキャラはあってるしね。

 入江の人間風車再(略)演、もう一枚取ろうかなあ。あの話最高に好きなので。つか、入江雅人の演じる役「作家」がどんなものか何度もみてみたい。すべての後藤ひろひと作品、G2演出作品の中で最高のクオリティを誇ってると思いますよ人間風車。  


11月13日(水)
 配置は西1ホール、ね 13b サークル名は風虎通信。西1と2の接するあたりです。西1から来ればおそらく女性向には首をつっこまなくて済むと思われるので、恐れずにおいでください。つか、私は首どころか全身つっこみに行くんですが。
 ね12にはちゃかさんの帝国図書院が受かっております。日記によれば設定系の新刊があるかも。
 この配置、SF・ファンタジーのうちファンタジーの人にはいいのかも。今までは男性向けエロのサンドイッチ配置でしたから。本当は1日目のFC小説と一緒にした方がいいんだろうなとか。SFとFは分けたほうがいいのか? でもそうすると創作文芸との問題もあるからー。コミケの配置は難しすぎる。でも今回の配置で、いままで日陰だったSF・Fの比較的女性向サークルに新たな出会いのあらんことを。

 この配置と日程が続くようなら、今までのように『宇宙の傑作機』を存続させてくのは難しくなります。星界サークルとしての風虎通信にはなんら問題ないのですが。
 対策としてはやっぱジャンルを評論に移す、かなあ。それはそれで買い手の層が違うような…………むしろメカミリ鉄道とは離れたくないので……。あとは頒布形態を変える、だなー。枠としてのコミケがどう動くか、しばらく見てから姫の判断待ち。
 同人誌のかかえる身軽&気軽さの背後に、個人でかかえるには危険なレベルのリスクががっつりと存在することを、文学フリマとかの人にも勉強して欲しいのココロ。


11月12日(水)
 2日目西1ホールになりました。一緒のフロアに歴史とオリジュネが……あーメカミリが西2に……遠いところですが是非足をお運び下さ……いや私は近くで本が買えて楽なんですけどね……。


11月11日(月)
 鳳凰伝の感想も書いてないなー。

ハムレット>
 メジャーリーグ公演 サンシャイン劇場。
 レミゼみたいに役をぐりぐり回して一人で何役も演じる方式。ただし少人数で。トランクや大八車、テントの使い方が効果的。前の方の席だったので、ライトの効果はあまり見られませんでした。とにかく暗めで、松明の明かりで観ているよう。
 元花組安寿ミラのハムレット、芝居は決して上手くないけども、悩める少年王子として上手にまとめてました。青年じゃなくてまるきり少年。脇に回ったときの姿の美しさも目を引いた。姿勢の良さってのは一朝一夕では手に入らない物だなあ。顔も小さい。
 旺なつき声が綺麗。コーラスになった時の女声のクリアさが目立つ。ホレイショの役も良かったが、脇に回ると姿勢や所作の美しさでぐっと芝居を引き締める。男性の所作がばたばたしてたので余計。
 現花組芝居の植本潤がオフィーリア。安寿ハムレットの倍くらい顔の大(略)でしたが、かわいらしかった。しかしあそこまでお笑いに走らなくても。
 ガートルード役の人、背中が丸いなあ。この人、グインのミュージカルでナリスだったんですが、そのときも「こんな背中の丸いナリスはイヤー!」と思ったので……骨格の問題かも。なで肩って雰囲気じゃないんだけど。脇役への変わり方は悪くなかった。が、王妃の方は今ひとつかなあ。上品さというか、いい意味での高級なおばさん臭さが足りないというか。ハムレットに「両手をもみ絞ってないで」とか言われてたのはこの王妃だっけオフィーリアだっけ?
 難を言えば全体のバランスが悪かった。それは役者のレベルかもしれないし、演出が行き届いていないのかもしれないし、むしろ練習不足かなあ。植本さんはギャグに走りすぎてるし、安寿はスパーンとした切れのよいうまさがない。芝居に関しては宝塚時代から進歩してないというか。得意のダンスを披露するチャンスもなく。
 それでもメジャーリーグに外れなし。これからも良質の公演を希望。


11月8日(金)
 前々から怪作と名高い花組の「あさきゆめみし」(源氏物語のマンガが原作?)をスカイステージで見ました。
 えーと、主にその……………………珍妙?
 いやあ、宝塚系の掲示板で毎回ワーストワンにあげられる世紀の駄作の誉れ高い植田巨匠の「皇帝」だってこんなひどくなかったyo! これはすごい。なんで見物に行かなかった自分! いやこれはちょっとない怪作ですよ。なんともはや。どうしてこんなことに。誰か止めろよ。誰だよ演出は。……ギヤー! 草野先生! ショー作家じゃねえか! 誰だこんな仕事振ったのは! 理事長か? ああ、平安ショーと思えばこんなもんか……違うような気もするけど……すごいなあこれ……話も……
 ……かわいそう、花組ファン! 気の毒、花組生徒! そしてなんてひどい目に……大和先生とファン!
 頭中将と柏木が金髪で後れ毛くるくるだったのはめまいがしましたが、朧月夜がメーテルだったのはほんとにどうしようかと思いました。てか、どうよこれ! 別に金髪だからベタ塗ってないわけじゃないつーの。…………まあヅカはカツラも本人の責任だからなあ………………あーーーー見物しとくんだった…………こんなの、ちょっと見られないよ……ああ、今現在花トップとしてトート閣下を熱演中のオサが金色のゴキブリみたいな珍妙な役を…………ナンデスカその角は。つか、いきなり舞台仕切りますか。てか源氏じゃなくてこっちが聞きたいよ。あんた誰よ。それでもまだヒロインがいて恋愛物なだけ皇帝よりマシなのかなあ。
 そして金髪の柏木役だった伊織は今日退団発表。嗚呼。

 そんな花組の東京エリザチケット取り開始。負けるもんか。だって東宝のエリザはへんちくりんでイマイチだからさー。落ちのトートダンサーズ大漁てるてるぼうし大会で激しく笑うし。なんでエリザのオチで笑わねばならんのだ小池先生!!!

 ちょっと心がいたんだので追加。
 同じ花でも「ルートヴィヒ2世」は面白かったですよ。特にグッデン@ホモ博士がかっこよくて。陛下もぽややんでかわいかったしー。だから生徒が悪いわけでは……きっと…………草野先生だってショー作家としては好きな人ですってば。本当。ON THE 5thはかわいくて楽しかったし。…………これはかわいくないけど。楽しいつか、タノシイけど……。


11月5日(火)
 CJで見せてもらったペプシのガンダム、珍妙な出来でがっくり。あのよくできた広告はJAROものだと思いますがいかがか。あれがなければ期待なんかしないのに。SW並には出来ているのに。特にコアファイター安! むちゃくちゃ安! とりあえずハロはまだみてないので盲牌してみようかなあ。問題は造形もあるけど、主にカラー。

 そうそう、私がCJ遅刻したのは私のせいだけじゃないんでス。掲載されていたバスの行き先が間違っていた>先行してそれに乗った姫が電話で正しい行き先を教えてくれた>綾瀬市役所についた>そこでCJはやっていませんという玉突き事故の結果です。
 しかもバスはCJ3から間違っていたという罠。こんなことでは10光年先になど行き着けない罠。

   全然違う!>パップラドンカルメ
 テトペッテンソンはテトペッテンソンとしか。歌詞は延々と「テトペッテンソンテトペッテンソンテトペッテントッタッソン」みたいなので、行進曲風。一度聴くと離れられなくなります。しかも歌っているのが井上順なので回る回る。途中の「タットレラータットレラー(だっけ?)」の誰にも真似できないへっぽこ具合がカックラキンファンにもおすすめ。こないだ温泉行ったとき、みんなに「見れ!」と進めたら嫌われました。なんせ放映が朝だったから。その日一日中テトペッテンだったから。
 てかそれよりアフターゼロを読んで読んで!


11月4日(月)
 CJ行ってきました。つか、これ企画発表の最中に書いてます。いま発表されているのは「あるアネカワンの一生」。

 今回は各種分科会があって、ファーストコンタクトシミュレーションそのものは2日目いっぱいでやる短いもの(前回前々回は1日半かけてやってます)。FCSをやらないで、同じ時間にやっている別の分科会に出るのもオッケー。うーん、でもFCSがまったくの初めてだ、という人だとなじむのに時間がかかったかもなあ。微妙なとこです。長々とやるとチームに強い仲間意識が生まれますからな。
 FCSは地球人参加。時間がいつもより短いので、どうなることかと思いましたが、初日の分科会で自分の好きなテーマに絞ってしゃべっているのが意外に効果ありました。しゃべりたい欲は満足してるし考えもまとまってるのでむしろやりやすかったかも。司会の人もうまく巻いてくれたし。
 地球人側設定は現在の地球に非常に近く、思考のロールがしやすかったなあ。

 SF大会とかでのFSCと決定的に違うのは、2泊3日でお金もかかっとるし時間もたっぷりあるので、ROMで楽しもうとしても限界があるとこです。大会のはROMってても2時間程度だからそれなりに楽しいけど、2泊3日のROMは厳しいですな。
 でもって、自分の参加したチームが自分の希望する属性と逆だった場合、ちゃんとチーム内の位置を自覚して意見を言えるかどうかも重要。平和なコンタクト希望だったのに、異様に好戦的な人が大声のチームに入ってしまった。もしくは星間戦争がやりたくてしょうがないのに、周囲が平和なコンタクト希望だよ! みたいな。
 ただ、地球人でも異星人でも、全員が同じ意見と言うことはありえないので、いかに設定に沿ったロールができるかどうか考えつつ、徐々に周囲を説得するのも人間対人間のコンタクトとなんで、楽しみの一つと考えた方がいいです。むしろ実際のコンタクトより、他人とのセッションそのものに楽しみを見出しているとしか思えない人もいるので。いや実際面白いけど。喋っているうちに、よっぽどすっぽこぷーな意見でない限り賛同者は出るし、ゆるやかな派閥みたいのも出来るでしょう。
 でもって一番大事なのは自分の意見に執着しないことかもしれません。

 参加してなじめるのは、まずTRPG属性の高い人ですかのう。そして攻め属性も必要かなあ。相手にがっつり食いついてしゃぶりつくすのが好きなタイプの人とか。楽しませてもらおう、という受け属性の人は、楽しみを見つけるのが難しいかも。聞き上手とかならともかく。
 科学や数学に詳しい必要はまったくないので……詳しければそっち方向での知識を生かして計算などに協力すれば喜ばれます……宇宙空間の広さを実感したいとか、SF小説を書くネタを探してるとか、最近毎日が退屈だとか、そういう人向け。
 会場の石川島播磨の研修センターは綺麗で食事もこの手の施設にしてはバリエーションもあるし味も悪くないです。日程から考えても参加費は安いです。そしてSF系イベントの常として女子率がとても低いので、大浴場が貸し切り状態ですyo!

 余談。
 空いた時間に出たバカ話。エロゲーでロケットの娘。
 主人公は糸川先生の孫。周囲にはロケット関係者の孫娘が満載。フォン・ブラウンの孫娘とか、コロリョフの孫娘とかが出てきて主人公の所属するロケット部で爆発事故を連続で発生させたり大げんかしたりします。生徒会長のケネディの孫娘とか敵対高校の生徒会長がフルシチョフの孫娘とか、ロケット部の部長はジーン・クランツの孫娘とか、いやむしろ顧問がクランツの孫娘で「おばあさまの作ってくださった白ベスト」で現れたりとか、整備責任者がトム・ケリーの孫娘とか(以下略)。
 もう眠いので今日はここまで。


11月1日(金)
 連邦の白い悪魔が我が家にも!!
 パンツァーと鉄騎以外におもろいゲームってあるんですか。ボイスチャットぷそ?


 メールはこちら>jaf01724@nifty.ne.jp 

【index】|【bbs】|【eva】|【日記】|【過去日記】|【link】|【プリンプリン】|【風馬疾走録(読書)】|【運営方針】|必ずお読みください|【自己紹介】