03年7月の風虎日記

 入稿祭り

 次回こそ……次回こそ余裕の入稿を……<呪文


過去の風虎日記

7月1日(火)
7月2日(水)
7月5日(土)
7月6日(日)
7月7日(月)
7月9日(水)
7月12日(土)
7月13日(日)
7月14日(月)
7月15日(火)
7月17日(木)
7月18日(金)
7月21日(月)
7月27日(日)
7月28日(月)
7月31日(木)


7月31日(木)
1.B5で原稿作らなきゃならなかったのに、ずーっとA4版で作っていた。プリントアウトしてトンボ出ないので気付いた。
2.B5で全部作り直してプリントアウトしたら、フォントが変。いつも使ってるのと1文字違いのにしていた。句読点でつめてくれない原稿用紙みたいなフォントだった。
3.プリント用紙がなくなった。コンビニでも売ってない。紙はあるんだ、紙は。きらびきとかシェルリンとかマーメイドとかコットンとかな…………色の付いたのがな………………。
4.そもそも大陽はいっつもトンボなんか無視するじゃん! A4で速攻プリントして……だめだ、絶対に60枚くらい刷ってから異常に気付く。
 続く。


7月28日(月)
 トイフェス売り決定ってことは、ワンフェス売りに間に合ったってことですな! よかったよかった。

 宇宙の傑作機関連。秋葉のラジオ会館7F、ボークスお宝倶楽部 R−351にて、宇宙の傑作機全種類買えます。頒布価格は穴通販分と一緒。
 コミケに売るものないと困るんで、コミケ用に虎の穴分引き上げかけちゃったんですよ。まだ穴でも買えるとは思いますが、いつ買えなくなるかわかんないんで、それの埋め合わせに友達の場所をちょと借りました。

 仕事の合間に、頭使わずに出来る同人活動(本文レイアウト)を。……才能ないのう。


7月27日(日)
 ああそうだセラミュもみたんだ。
 よかった、ドラクルの次くらいにつまらねえ……複数回観に行かなくて済む…………。コミケ進行に仕事にレミゼにミュじゃやってらんねえ……。
 そしてこんな時に限って帰ってくるメールいろいろ。なんでやねん。


7月26日(土)
 レミゼ2回見たので感想メモ。
 もんのすごい強引な削りっぷりは、3時間半のベルバラを2時間にぶった切ったNHKにも負けず劣らずな残虐ぶりです。あそこから1小節、ここからワンフレーズと削るので、ミスなのか正しいのか一瞬わからなくなる。多分、演奏速度も全体的に上がってる。なのにサビのシーンは元の速度なので、いきなり減速かけられたみたいで酔う。だが、うまく削ってはいるですよ。歌ってるのにセットごろごろ動かすのは勘弁してほしいけど。

 もうちょいどうにかと思ったのは以下。

・バルジャンが宿屋から追い出される「悪いね部屋はいっぱい/気の毒だけどどうにもならない」を削ったので、虐待部分が半減。教会で保護されるシーンが弱い。
・テナルディエの酒場。「あのティナルディエ/うろついていた/あの戦場ワーテルロー〜ひと財産こさえたよ」をごっそり削っているので、キャラが立ち難い。キャラをちゃんと作れている駒田はともかく、三遊亭に当たると何がなにやら。
・ABCカフェから砦が落ちるまで。いろいろ削ってるおかげで、学生の個性がいまいちで誰がどこにいるのかようわからん。そしてもっといいアンジョルラスは連れてこられなかったのか?

 そのほか。
・びっくりするくらい役所がいい。確かに声はあんまり出せてないが、音程がきちんとしていて、芝居に心がある。滝田に近いか。
・ジャベールはなあ……うちのくんはうたがうたえないのだからむらいさんのまねをするのはよくないとおもいます。おかくんはこえしつがじゃべーるにぜんぜんあっていません。あんなにでかいのに「やつらにまじる」のはむりがあります。どこにいてもあんじょにしかみえません。にんきゆうせんできゃすとをく(略)
・エポニーヌはプレで声を潰していたANZA。まだ潰れてる上にもともとあんまり高音が得意じゃないんだけど、伊達にムーンを5年もやってません。やられっぷりと死にっぷりとキスが最高に上手いです。島田に似た芸風と顔立ち、経歴も手伝ってか、リピーターには不評の模様。エポニーヌの感情にあわせて音量を下げすぎてるのもまずいかも。でも数年ぶりに泣けた「On My Own」だったんだがなあ。芝居も原作に近いし。まだ見てないけど、坂本はかつてないあわれっぷりがエポぴったりらしいので楽しみ。
・コゼットの河野由佳、過去最高の評価。声よし歌よし容姿よし芝居よし。もう一人はまあ普通?
・マリウスは岡田浩暉がよい。山本(わしらの間ではシラノのおかげで美男と呼ばれています)は歌が一本調子でつらい。声質でも損してるし。「ああ友よ聞くな」を一本調子で……
・ファンティーヌ。井科も高橋も、全然死にそうにありません。井科は四季っぽさを抜くためにわざとかわいい歌い方をやめているのかも。高橋かわいい! 若く見えるので原作っぽい!
・グランテールは伊藤俊彦。戻ってきたガブローシュに「ちくしょう勝手にしんじまえ!」と叫ぶところが泣けるけど、芝居を壊すのでほどほどに。
・峰テナ夫人。事前に「ものすごく悪い」と聞いていたので覚悟してたんだけど、うーん、まあ普通かなあ。怪演が期待される役を普通のおばさんでやりすぎてるのかも。でも原作だとこんなもんじゃないかな。
・テナルディエは駒田以外もう絶対に見たくありません。三遊亭酷すぎ。つまらねえ。


7月21日(月)
 帰ってきた。疲れた。眠い。
 せっかく王立のライター関係者が集まっていたのに、打ち上げたのはロケットだけでした。宴会……宴会は!

 王立科学博物館、なかなか好印象で迎えてもらえたようでなによりです。あとは買ってクレー。


7月18日(金)
 次の仕事の打ち合わせした帰りにSF大会の打ち合わせ。だらだらしただけかも。
 明日からSF大会ですが、多分温泉入って寝て終わるような気がする……。
 だがやらねばならぬ仕事もあるし。そしてアレはちゃんとやります。ミッションのプログラムも出来てます。
 19日朝にここチェックしてるほどやる気のある人は、ノートとLANケーブルとヘッドホンマイクを忘れないようにお願いします。


7月17日(木)
 モノマガの方も終わったーッ! ペケだったけど終わったー!! 長かったーッ!!! 最後のアポロ情報量が多すぎてどうにもこうにもわけわかんなくて困ったけど終わったーッ!
 あとは皆さんが買ってくれるだけです。10個入りの箱とか、それを入れるさらに大きい箱とかがかっこいいそうなので、それで買って下さい。必要だと思う人は買って下さい。自分でも買うしな!

 だがまだコミケの原稿に入れない罠。もうすでに別の仕事に入っている罠。SF大会どころじゃないにょ。てことで休む間もなく次のフェーズへ。


7月15日(火)
 ああもうすんごいストレス溜まってきたので好きなジェンヌの話でもしてよかですか!
 在団してる子で一番好きなのは雪組の未来優希。あの20年前からやってきたような濃さがたまりません。歌うまいし素顔美人だし。雪はやっぱり歌がいい美穂圭子とか若くて元気な音月桂も。トップ娘役の舞風りらもかわゆい。
 そして星組トップの湖月わたる。やるき満々で元気いっぱいの男の子みたいに登場してくる割にすてきな音程で歌を歌うところがたまらん。同じ理由で元月の大和悠河。とにかくめをみはらんばかりのすんごい音痴。最高。………………あああやっぱり音痴が好きなのか自分。


7月14日(月)
 ああ、FC(会)からの連絡だったなら生徒のお客様扱いで席が出るかもしれません。ただ、それが人気のある男役さんだった場合、誰かのチケを取り上げて回される可能性が…………。逆にチケノルマ分が回ってくるのかもしれず。どっちかはわしにはわからんですが(笑)、ドンファン面白かったですよ。衣装綺麗だし、激しくホモで。和ものショーはなんつーかこう、ちょっと寝た。

 スタ小部見た。アイーダ振り付けのマイヤ・プリセツカヤかわいい! 座席から3,4回腕を振るだけなのに、素晴らしく美しい!

 あー、宇宙の話。
 終わった(自分的に)ワンフェスよりも終わってないモノマガのが……。


7月13日(日)
 もうこれ以上てにをはをいじるのはやめよう……。モノマガの原稿もあるし、それ以外の原稿もあるし。この夏ホモ本を作る余地がもう自分にはないというのか?<トミノ口調

 まあ遅筆が悪いんですけど。つーか少しも早く(植田語)取りかかりやがれ!

 岡田さんとこ行く途中に、いい雰囲気の鞄屋さんがあって、いつ見てもいい雰囲気なのですがいいと思う鞄は高いですよ。これ終わったら自分へのご褒美に鞄を買おう。でも本皮の臭いが苦手な罠。


7月12日(土)
 ニュースにアイーダ出た! 期待通りの激しく妙な衣装、へっぽこな背景、すっぽこな歌詞! もう絶対見に行く! チケ取りがんばらなきゃ!

 えー、ところで植田景子と植田リジチョーは別の人です。前者は景子先生、後者は虚匠と呼ばれています(主に宝塚系の掲示板で)。
 景子先生の過去の演目はルードヴィヒ2世、ロミジュリ、アンナ・カレーニナ等。比較的おさえ目の照明や、渋めのストーリーはややもすれば地味に見えますが、テーマの解釈が面白く、新進の気鋭の宝塚座付き演出家です。
 ついでに言えばドン・ファンは汐風幸の退団、トップ紫吹の次回退団のうわさなどもあって、チケ手に入りません。
 前から書こうと思ってたのですが、初心者向け宝塚観劇案内をちょと書き出してみます。

1.必ず2本ものを選ぶ。
 宝塚は芝居とショーの2本立て(2本もの)か、芝居もしくはショーの1本(1本もの。エリザベートやベルバラ等)のどちらかです。芝居1時間45分、ショー50分の2本ものがほとんどですが、間違って1本ものを選んだ場合、自分と合わなかったら苦痛以外の何者でもありません。またショーは適当にびっくりしているうちに終わるので楽です。

2.必ず洋もの、できればコスプレもの(色もの系)を選ぶ。
 シナリオがアホでも目で楽しめるから。和ものは過去の再演が多く、技術的にも難しくごまかしがきかないとかいろいろ。和ものでも「猛き黄金の国」は色物系なのでオッケー。さらにあらすじが「ハァ?」なヤツのが実は結構楽しめます。

3.チケットは予約で取る。
 東京宝塚劇場は基本的に当日完売です。ぴあやe+、手持ちのカードの招待日などを狙いましょう。宝塚大劇場は土日でなきゃ空いてます。地方公演も取りやすいです。

 では、今後の東京ラインナップでナニを見たらいいでしょうか?
・現在公演中の月組は、お金持ちか努力家でないともう見られません。
・次回花組。2本ものですが、芝居が和ものです。ただし原作が隆慶一郎なので、オモシロとしてはオススメかも。チケ発売済みなので戻り券があれば。
・その次は星組。はっきりいってむちゃくちゃイロモノのヨカンですが、残念ながら1本立てです。おすすめできません。
・さてその次の雪組。2本もの、現代物だけど洋もの。さらに雪組はリジチョーのせいでいろいろあってチケットが異様にとりやすくなっています。また、芝居の演出家は宝塚一脚本につじつまが合っている男、正塚晴彦。初心者にはおすすめです。これにしましょう。10月後半からだがナ!


7月9日(水)

 柳瀬さんの言葉を借りれば、「ウィンドウが閉じる前に」終了できそうな模様。でも8月2日売りのモノマガ用原稿がこれからです。終わらねェ……。
 そんな 王立用の小冊子、一番のおすすめはルノホート。


7月7日(月)
 スタートしました王立科学博物館公式サイト。もうラインナップからして30禁。なーんてことは「ギュンター・ヴェントの胸像入れて! シークレットは鉄兜付きで!」とか希望してた己がいうことかとか書いてみるテスト。

 記者発表は毛利さん来たとかいろいろイベントがあった模様。仕事がなきゃ行きたかったよう。


7月6日(日)
 スカステ開局一周年記念生中継6時間…………中、1時間も中継していなかったのでは。でもあのボケボケな生中継じゃ続けられてもナー。やっぱ本拠地以外での綺麗な中継はまだ無理なのね。しかしまだ一周年ですか。もう十年くらいスカステ漬けの人生を送っているような気がします。

 そういや次回プリミュ、日本青年館でやるそうですがあそこ暗いよ。セリも(多分)ないし。ヅカの特別公演であそこ使ってんだけど、ビデオ見たら青年館公演はめちゃくちゃ暗い。照明が弱いんじゃないかと思われ。そしてトイレの数が激烈少ないので行く人は要注意。

 宇宙食玩こと、海洋堂の王立科学博物館。7日の制作発表を待たずにもう公開されてるのかー。うち(ry
 実物見てますが、個人的には3と7が好きです。理由は開けてみればわかると思います。明日以降ならもうちょい書いていい模様。
 まー今年の夏は宇宙ものが熱いっぽですが、ほんとにこれ出来いいです。これに勝てるとしたらもうホタルイカくらいで<まだイカかよ!


7月5日(土)
 とりあえずいろいろ一段落したので、遠出して風呂入ってリフレッシュしてバーゲン回ってたら電話が。
 リテイク&追加がーん。

 星組アイーダのお稽古風景がニュースに。あああ、やっぱりキムシンのストレートきわまりない愉快歌詞が満載! もうちょと詩的にできないものか?


7月2日(水)
 大人だからイカについては金で解決した。マッコウクジラVSダイオウイカ入手。でもやっぱホタルイカが一番だな。最高。どこかで投げ売り始めたら、こればっかりまとめて買いたいくらい好き<その程度か!

 宇宙食玩のテキスト、終了しました。これでようやくホ(中略)入稿に入れます。


7月1日(火)
 また一歩コミケが近づいてきた。つーかそれ以前の問題。
 ムーンライトマイルの説明をするのに宇宙版島耕作と書く勇気がありません。と言ったら宇宙版サラリーマン金太郎だろう、とツッコミが。私は主人公のドリーム&ファンタジー入ったキャラは絶対に島耕作だと思います。
 つーことであったら怖い宇宙版**青年誌版、をやってみたのですが、やっぱ中坊かなあ。宇宙版中坊。宇宙人が来て遺伝情報を要求されたら「親は関係ねェだろう、親はァ!」と襟首(あるのか)掴む地球代表として。
 マーダーライセンスもイヤだな。エアロックで全裸会議。


 メールはこちら>jaf01724@nifty.ne.jp 

【index】|【bbs】|【eva】|【日記】|【過去日記】|【link】|【プリンプリン】|【風馬疾走録(読書)】|【運営方針】|必ずお読みください|【自己紹介】