QOLとFIM
第7回QOL・ADL研究大会(2000.10 札幌)でのシンポジウム発表を元にして

園田 茂

はじめに / FIM / ADLの採点 / FIMと介護時間 /
介護時間とQOL / FIM運動項目とQOL / 見守りとQOL /
FIMの予測 / FIM認知項目とQOL / 文献

見守りとQOL

 実際の身体的介助量はゼロである「見守り(監視)」の必要性とQOLとの関係は少々複雑である。Grangerらの頭部外傷患者を対象とした満足度の研究では、監視の程度を常時監視・ときどき・なしに分類すると満足度に有意差があるとしている(11)。また、常時監視患者を除くと満足度を抑うつスケールで予測できるのに常時監視患者を含めると予測精度が落ちる、とも述べている。

 すなわち、ADL評価では通常、実際の介助をする方が見守るときよりも負担が少ないと仮定するが、QOLの面からは、短時間で介助して貰った方が、長く見守られるよりはよい場合もある、ということであろう。

2000.10.24 Shigeru Sonoda