福島1960’アーカイブ入場口

温故知新なページ

1万ヒットありがとうございます。なるべく早く画像の公開をすすめていきたいと思います。

  since 2004/02/01

昭和の遺産
 左:新沢橋(万世大路:東栗子トンネル福島側)
右:遙かなる栗子隧道(万世大路:福島側)

→上記画像をクリックすると,本館へ入場します←

注意:本館は無料サーバーをお借りしているため,ページ内に若干の広告が入ります。
差し支えなければ広告先のページも表示して頂ければ,当HPの内容向上にもつながるかと思います。

旧本館

掲示板はこちらです     リンクはこちらです

2005/09/20
建設予定高速道路についての考察 執筆開始

過去の履歴はこちら

このページの趣旨について

 皆様こんにちは,信夫山(しのぶやま)と申します。

 思えば今から20年前,バイクの免許を取って,行動範囲が一気に広まったのをいいことに,福島周辺の道という道を走り回りました。当時の愛車は69年式スーパーカブ50cc。当時でさえ古いバイクでしたが,頑丈な作りでエンジンも快調。リミッターなどなかった時代で,最高速度90km越えることもありました。その後,カブ90cc,100ccと乗り換え,この100ccカブは今も時々乗っています。

 およそ20〜10年前当時たどった道や廃線を思い出してみます。

1.万世大路

 福島の旧道・廃道と言えばまず筆頭にこの道が挙げられます。多くの先達の方々が旧栗子トンネルまで到達していますが,自分のバイクでは二つ小屋トンネルを抜けた所まで行った事があります。さすがにその先は藪が深くて引き返しました(真夏だったので)。確か小学生当時,知り合いと一緒に旧栗子トンネルまで行き,「つい最近,中が崩れてしまったんだよ」と聞きましたが,今にして思えば,あと数年早く連れて行ってもらいたかったです(^^)

2.旧米沢街道

 福島市庭坂駅付近から,板谷集落手前の松川の沢まで行きました。李平集落跡の家々の土台や側溝,山の上の小さな神社が印象的でした。当時,沢を渡って板谷に抜けることは可能だった筈ですが,その後この上流で大規模な土石流が発生したので,今は地形が大きく変わっていることでしょう。

3.沼尻鉄道跡

 猪苗代に近い川桁駅から沼尻まで高原鉄道がありました。この鉄道については紹介記事が大変多いようです。森の中の廃線跡は,今でも林道として通行可能なようです。

4.国鉄川俣線跡

 松川駅から岩代川俣駅まで,鉄橋を除くほぼ全線をバイクで走破しました。阿武隈川の立派な鉄橋(今はありません)が印象的でした。その橋手前松川側にトンネルがあったのですが,今の地形図や住宅地図には表示されません。半分埋められてしまったそうです。

 とまあ,当時から旧道・廃線には興味があり,普通に国道を走っていても,旧道部分を見つけるとわざわざ突入するという暇人でありました。

 インターネットが普及して,サイトを検索すると…いやー旧道廃道サイトってけっこう多いんですね。その中で,秋田のヨッキれんさんのページに出会って,ここ10年くらい忘れていた自分の旧道魂がふつふつとわき上がり,急遽こんなページを作成した次第です。

 作成したばかりで,あまり大風呂敷は広げませんが,1960年代に現役だった道路や鉄道が,今はどうなっているのかを,私の時間と根性(^^;)が許す限り紹介したいと思います。

 まだまだ荒削りですが,皆様どうぞよろしくお願い致します。

※ 注意
 皆様方がこのページの情報を基に行動した結果,皆様方の身辺や財産に危害が及んでも当方はその責を一切負いません。ご了承ください。
 なお,本ページはリンクフリーです。事後でもいいのでメール頂ければ幸いです。また,カウンターの都合上,リンクはこのページ(入場口)へお願い致します。

メールはこちらへ 注意:迷惑メール対策のため,htmlメールは受け付けません。