7期立科山荘行き

7期 蓼科山


2001.6.2-3 毎年恒例の7期同期会が信州蓼科で行われました。今回の幹事は田中純さん。清瀬市の素晴らしい立科山荘を利用させていただき感謝、感謝!!

蓼科山にて  霧が峰,八島が原湿原にて大阪一行

6月2日、前日までの梅雨空が明け、かなりの天気。蓼科山を目指す10人は西から東から茅野駅に集合。7合目登山口まで車に分乗していく。将軍平上にはかなりの雪も残っていた。頂上は強風と霰で温度も5℃とかなり寒く、早々に山頂小屋に逃げ込み熱いココアで一息をつく。野上が学生時代に来た時のスタンプが残る地図を出してきて小屋の兄ちゃんと話が弾む。「また40年後に来て下さい。」の声に送られ下山。

岩場を下っている最中に大阪ドライブ組からケータイに電話。霧が峰から蓼科山を見ているところだそうだ。

登山組、ドライブ組ともほぼ同時に立科山荘に到着。例によって歌唱大会もある楽しい夜を過ごす。今回は夫人同伴が5組あり、総勢17名の楽しい集いでした。

立科山荘まえにて参加者集合

坪庭より望む南アルプス。鳳凰三山、北岳、甲斐駒ケ岳、千丈岳(クリックで拡大します)

明けて6月3日は抜けるような青空でした。朝食を早々に済ませ、横岳ピラタスからゴンドラリフトで坪庭散策へ出かける。南アルプス、中央アルプス、御岳、乗鞍岳、槍・穂高と見事なパノラマを堪能する。坪庭の遊歩道は多くの人でいっぱい。誰もが素晴らしい景色に歓声を上げている。振り返ればこの地域特有の縞枯れ現象が雨池山にはっきりと見える。坪庭を一周した後、縞枯山荘から雨池峠までまでのんびりと散策。縞枯山荘でコーヒー、ビールを一杯。イヤー極楽、極楽!

坪庭からの下りは歩き、ゴンドラと分かれる。蓼科湖近くのそば庄で昼食をとり解散する。

東京の組はプール平まで戻り、蓼科温泉で汗を流し、バスで茅野駅に戻る。

素晴らしい宿舎と素晴らしい天気に恵まれた同期会でした。これは田中純さんの素晴らしいマネージメントの結果でしょう(誉めすぎ!)。次回幹事は姫野さん、場所はホームグランドの六甲です。



遠く北アルプスを望む。中央に槍ヶ岳

(竹辺 記)