[3D-CG][Auto Slide Show][山岳写真][高山植物][山の生き物][山の紹介][リンク集][自己紹介]

Kondara MNU/Linux 1.1

Panasonic Let's note ace CF-A77 (Kondara MNU/Linux 1.1)

現在使用している Kondara MNU/Linux 1.1です。
(4/3/2000より使用)

Kondara MNU/Linux 1.1 の基本コンポーネント
・kernel-2.2.14
・XFree86-3.3.6 + X-TT 13
・glibc 2.1.3
・gnome-core 1.1.4
・KDE 1.1.2



        仕様
   CPU         Mobile celeron 300MHz
   Memory      128M
   Video       NeoMagic 2200 
   1024*768     Hi Color(16bit)で使用
   HARDDISK    4.0G (Windows98)
               2.0G (Linux基本領域)
                50M (Linux SWAP領域) 
  
   SCSI CARD ・・・・Adaptec( APA-1460A)
   
   ←現在一番気に入ってメインで使用しています。
   Kondara MNU/Linux 1.1です。
   
      現在最も優れた日本語環境を備えていると思います。
  
   壁紙はPOV-Rayで作成した3D画像に写真を張り付けました。
      
   特徴
  ・ノートパソコンに多く使用されているNeoMagicのビデオチップ 
   にも対応しています。又APMにも対応しています。
    sound もNM256AVに対応しておりCF-A77で音が出ました。
  音楽CDやMP3も聞けます。
  ・Netscape Communicater ver4.7も日本語表示、入力
    もほぼ問題なく出来ます。
  ・デスクトップのカスタマイズも簡単にできます。


Kondara MNU/Linux 1.1 の不具合

(Panasonic CF-A77 にすべてインストールした結果)
・MP3プレーヤーであるXMMSが立ち上がらない!!
対処法
alias sound-service-0.0 snd mixer-oss をアンインストールする。
 これで正常に立ち上がりMP3が聞けるようになりました。

・Neatscape Messenger でのメールソフトの宛先のアドレス入力が正しく出来ない。
対処法
編集の「アドレス補完を行わない」を選択する。
これで正常にアドレス入力できるようになりました。

現在の私のスクリーンショット

Kondara MNU/Linux 1.1 4/3/2000から使用)


Linuxディストリビューションの比較

実際にノートパソコンSony PCG-713にインストールした感想です。
Kondara MNU/Linux 1.1
・日本語ディストリビューションです。
・インストールは簡単です。 
・デスクトップ環境はKDE、GNOMEです。
・インストール後そのままで日本語環境がととのっています。
・日本語、英語環境も簡単に切り替えできます。
・サウンドはNeo MagicのNM2200(NM256AV)にも対応しています。
・プリンターはEpson PM770C,PM800Cにも対応しています。
・現在一番気に入って使用しています。おすすめです。!!

Turbo Linux Workstation 6.0
(FTP版0915)
・最新の日本語新ディストリビューションです。
・インストールは簡単です。 
・デススクトップ環境はKDE、GNOMEです。
・インストール後そのままで日本語環境がととのっています。
・日本語環境で使用するにはおすすめです。
・サウンドの設定が不明。(turbosoundcfgが無くなっている)
・日経Linux 2001年 1月号に付録についています。

Caldera Open Linux eServer 2.3
(日本語版 Free版)
・感動的な美しいインストーラーで簡単にインストールできます。
・デスクトップ環境はKDEで使いやすい。
・インストール後そのままで日本語環境がととのっている
・サーバー用としてチューニングされている。
・サーバーとして使用するのであればこれが一番良い。
・Linux magazine 2000年 5月号に付録でついています。

Red Hat Linux 6.1
(改訂日本語 Free版)
・人気のある日本語ディストリビューションでありインストールは簡単です。
・デスクトップ環境はKDE、GNOMEです。
・そのままで日本語環境は一応ととのってる。
・日本語環境やフォントなどカスタマイズした方がよい。
・日経 Linux 2000年4月号など多くの月刊誌に付録についています。

Mandrake Linux 7.0
(Free版)
・簡単にインストールできます。インストーラーは日本語も選択可能
・デスクトップ環境はKDE,GNOMEです。
・本家 Red Hat Linuxよりしゃれています。
・インストール後そのままで一応日本語表示になっていますが
 カスタマイズしないと日本語は使用できない。
・Linux Japane 2000年 5月号に付録でついています。

Laser 5 Linux 6.4 [FTP版]

・簡単にインストールできます。
・Laser 5 Linux 6.0 のバグフィツクス版です。
・デスクトップ環境はGNOME、KDEです。
・インストール後そのままで日本語環境になっています。
 安定した日本語環境です。
・日経Linux 2001年1月号に付録でついています。

Vine Linux 2.1[FTP版]

・最新の日本語ディストリビューションです。
・Kernel 2.2.17 であり新しいが安定しています。
・デスクトップ環境はGNOMEです。
・インストール後そのままで日本語環境になっています。
・一番安定した日本語環境です。
・Linux Japan 2001年1月号に付録でついています。



POV-Ray のLinux版についてインストールから使い方までの説明です。
POV-RayのLinux版のインストールや使い方の説明がほとんど無いので公開しました。
使ってみるとそのすばらしさに感動しました。
トップページの画像はPOV-Rayを使用し作成しました。

Turbo Linux ver3.0

以前使用していたが現在は使用していない。

Sony PCG-713 (Turbo Linux ver3.0)

    Turbo Linux ver3.0をインストールしました。

    インストール後すぐに日本語環境でX−Windowが動作しました。
    GIMPやNetscapeなども日本語になっています。
    日本語入力はまだ不完全です。
    軽く、動きもスムーズに快適に動作しています。
    主に、GIMP(多機能画像処理ソフト)を使用していますが
    有名なMacのPhotoShopと同等の機能をもっています。



 
   ←私のホームページの「山岳写真」のコーナーの表紙!!
       Linux版のNetscapeCommunicaterで見ているところ。

Turbo Linux ver3.0をインストールするときの注意
Xの設定について
・NeoMagicのビデオチップを搭載しているノートパソコンの場合はそのままではX−Windowがうまくできません。
それについてはパシフィックハイテックのホームページの「Turbo Linux FAQ-よくある質問とその回答」にのっています。

64M以上のメモリーを認識させる方法
・Linuxはそのままでは64Mまでしかメモリーを認識致しません。
その場合はいったん rootになり /etc にある lilo.confと言うファイルをエディターで修正する必要があります。
このファイルの最後に、搭載メモリーが96Mの場合は、
append=”mem=96M”
と追加する。
まちがえたりすると、立ち上がらなくなりますので慎重に実施してください
その後、ktermから lilo とタイプして、LILO を再インストールする。
間違えたり、LILO のインストールに失敗すると立ち上がらなくなります。
(フロッピーから立ち上げるようにしている場合は必ずフロッピーを挿入しておくこと。)
再度立ち上げれば設定が有効になる。
kterm から コマンド free でメモリーが増えていることが分かる。

Sony VAIO PCG-713 の場合のSOUND設定方法。
・ktermから turbosoundcfg を実行する。
サウンドカードの選択は SoundBlaster Pro にする。
IOポートの設定は 0x220 にする。
IRQは 5 に設定する。
8-bit DMAは 1 にする。
以上の設定にしOKを押すと、ボァーンと音が出て正しく設定できたことが分かる。


Linux 情報
・Turbo Linux 6.0 Workstation (日本語版 Free)が日経Linux 2001年1月号に付録についています。
・LASER5 Linux 6.4 (日本語版 Free)が日経Linux 2001年1月号に付録についています。
・Vine Linux 2.1(日本語版 Free)がLinux japan 2001年1月号に付録についています。(おすすめ!!)


新しいものを試したい方はインストールしてみてください。


参考書籍
・入門Linux 安中悟 著 株式会社ディー・アート 2300+税
・入門Linux Beginner's Course 遠藤智宏 著 株式会社秀和システム 2200円+税
・使える!遊べる!TurboLinux アプリケーション 小寺信良著 株式会社ディー・アート 2000円+税
・X-Window System パーフェクトガイド 時乗洋昭 著 技術評論社 2800円+税
・ここまでできるLinuxパワーガイド 株式会社秀和システム 2800円+税
・Software Design 1998年11月号「特集ノートPCでUNIX」 技術評論社 980円
・Software Design 1998年12月号「特集はじめてのPlamo Linux」 技術評論社 980円
・Linux Japan 1999年 3月号「特集Linux ニューフェイス、Vine Linux Ver.0.9B」 レーザー5出版局 1680円
・UNIXUSER 1999年 4月号「特集 今日から始める日本語Linux」 SOFT BANK社 1380円
・Turbo Linux 3.0ハンドブック  SOFT BANK社 1260円
・Software Design 「すみからすみまでLinux (Vine の季節がやってきた)」 技術評論社 1880円+税
・「Linux ハンドブック」 スタークラスター著 ナツメ社 2500円+税

Linuxの参考サイト
[手とり足とり Linux ]
[My Waking Linux Home Page]
[GUM v1.0.0]gimpのマニュアルページ
[Linux JFホームページ]
Japan Linux User Group
Linux Application and Utilities Page
Linux Japanese RPM Project
Plamo LinuxSlackwareをベースに日本語環境をそなえたディストリビューション
Vine LinuxRed Hatをベースに日本語環境をそなえたディストリビューション
WindowMaker公式ホームページ
WindowMaker完全FAQ

Kondara MNU/Linux


Last update 2000/12/15 e-mail e-mail: yiyiitou@mars.dti.ne.jp

Copyright(C) 1997 by Yukio Ito. All rights reserved.