[3D-CG][Auto Slide Show][山岳写真][高山植物][山の生き物][山の紹介][リンク集][自己紹介]

New Beetle CAR AUDIO 交換方法

ニュービートルのAUDIOは音は悪くないがメディアはカセットのみである。
私はMDLP対応のSONYのMDX−G55MK2を購入し、純正のユニットを取り外し
自分で取り付けしました。
このユニットは見た目がシンプルでNew Beetle にもよくあいます。
音はダイナミックでSPがドアの下部についていても音像が全面中央部に定位
させることが出来る為コンサートホールやライブハウスの雰囲気にすることが出来ます。
純正のものとは、次元の違う世界です。
SPを交換すればさらに良くなると思いますが、純正でも良い音がしますのでそのままです。
さらに音を良くしたいかたは、自己の責任において実施してみて下さい。
このページはCAR AUDIO UNITの交換方法を説明しました。
必要なもの
・製品 SONY MDX−G55MK2 (MD,MDLP対応AM,FMチューナー付きユニット)
・日東工業から出ているニュービートル専用の取り付けキット(NKK-G95D)
 ニュービートル側からのコネクタとオーディオユニットに接続する接続キット
アンテナ接続アダプタ、純正ユニット取り外し工具、などが入っています。
・トルクスレンチ(T−20)、+ドライバー、パネル保護用に使用のテープ・・・等

車は、平坦な場所で必ずPレンジにしサイドブレーキを引いておく事
車のキーははずしておく事!!  できればバッテリーのプラスを外す事が望ましい。

New Beetle
ニュービートル用の接続キットです。
日東工業 NKK−D95Gです。
右上の2ツはニュービートル専用の取り外し工具です。
この接続キットのコネクタとMDX−G55MK2のコネクタと接続しました。


New Beetle
純正のCAR AUDIOをはずすところです。

専用の取り外し工具を切り込みを内側にして左右の穴にカチッというまで差し込む。
これで純正のカーオーディオユニットのロックがはずれる。
そのまま、手前にゆっくりと引き出す。
ポイント
ユニットの周りにキズがつかないよう保護のためビニールテープを貼っています。
New Beetle
純正のユニットを外した所です。
・茶色のコネクタ8P(スピーカー系)
・黒色のコネクタ8p(電源系)
・黄色のコネクタ (使用しません)


New Beetle
SONY MDX-G55MK2のコネクタとNew Beetle用の接続キットのコネクタを接続し
New Beetle のコネクタと接続したところです。
・アースを車体の金属部分に接続する。
・茶色のコネクター(8P)と黒のコネクター(8P)を接続キットの16Pのコネクターに挿す。
・アンテナを接続キットのアンテナアダプターに接続する。
・ユニットをはめ込むとき、線の処理をうまくやらないと入りません。
 線が無理なく隙間に入るよう注意して実施して下さい。

New Beetle
SONY MDX-G55MK2を取り付け完了
純正のように車内のインテリアとの統一された色とは異なりますが違和感はありません。
音像がはっきりし臨場感のあるダイナミックな音になりました。
MDが聞けるようになった事と共に、音が飛躍的によくなり交換して非常に良かったのが実感です。

カーオーディオに関するリンク

SONY MOBILE
SONY MOBILEのホームページです。
SONYのカーオーディオ、ナビゲーターの商品説明や
車のメーカー、車種別の説明などがあります。
New Beetleの説明もあります。
SONY製のカーオーディオに交換しようとしている方は
一度見られることをお勧めします。大変参考になります。


New update 2001/6/13 e-mail e-mail: yiyiitou@mars.dti.ne.jp

Copyright(C) 1997 by Yukio Ito. All rights reserved.