ビデオ版の変更点


ビデオ版の第壱話〜第弐拾話,第弐拾伍話,第弐拾六話は基本的にTV放送版と同じですが、 TV放送時の間違いや社名などが変更になっています。
話数 カットNo. TV放送版 ビデオ版
第弐話 C.41 トレーラーのロゴがNERV トレーラーのロゴがFUSO、三菱マーク
第弐話 C.116,117,132 ビールがヱビちゅ ビールがヱビス
第弐話 C.141 ミサトの下着の前にいろんな洗濯物 ミサトの下着がよく見える
第伍話 C.152,154 ビールがヱビちゅ ビールがヱビス
第拾七話 C.19 マヤの台詞「ミニッツ」 マヤの台詞「セコンド」
第拾九話 C.9 EVAのカウンタ「0:03:05」 EVAのカウンタ「3:05:68」
第弐拾話 C.268 ミサトのあえぎ声がない
(地方放送版のみ。本放送では声は入っていた)
ミサトのあえぎ声がある
第弐拾伍話 C.99 振り向くアスカの背景が赤 振り向くアスカの背景が黒
第弐拾伍話 アイキャッチ 英語のサブタイトルが少し縮小する 縮小しない
第弐拾伍話 C.228〜C.237 ワイドサイズ スタンダードサイズ
なお、第拾九話のビデオ版は再ダビング版で収録されています。
また、TV放送版は全話サブタイトルの時にひらがなのタイトル表記が付きます。 他にも、画面の大きさが色が微妙に変わっていたり、ビデオ版だけ画面がブレたりフィールドスチルのようになったりする場面があります。

リニューアル版DVD-BOXも一部撮影をやり直したり、若干演出が変更になっています。
特に音声関係は大幅に変更になっています。映像は、壱話でエヴァの目の光が消えたり、壱拾九話の最後のシーンでゲンドウがエヴァの血まみれになってたり、23話のリテイク版で追加されていたオーバーラップが削除されていたりします。

ビデオ版の第弐拾壱話から第弐拾四話まではTV放送版とは大きく異なっており、新作カットや修正カットが多く存在する。 これは、一応TV版が納得できる出来ではなかったので修正したという事だ。特に第弐拾壱話,第弐拾弐話は、ほとんどのカットを修正している。
ここでは、ビデオ版で修正された個所や新作カットについて解説します。

なお、TV放送版の第弐拾壱話〜第弐拾四話はビデオ&LDの全巻購入特典になってます。
また、DVDのセカンドインパクトBOXにもTV放送版は収録されています。
リニューアル版DVD-BOX収録の第弐拾壱話〜第弐拾四話のTVフォーマット版はリテイク版が元になっており、TV放送版とは異なります。

第弐拾壱話 「ネルフ、誕生」

南極 C.305〜309 「DEATH」にもある新作だが、音声と画像のエフェクトが異なる。国連のマークは「DEATH」にもない新作
電話〜2002年 C.1〜70 C.1の電話の数字変更。C.2の後の受話器を置くカットは新作。C.20の声のエコー変更。C.22の冬月修正。C.31〜35にDF付加?C.34のユイ修正。C.49の冬月の目パチ追加。C.58のユイ、冬月修正
愛知県豊橋市跡 C.310〜323 新作シーン
2002年、南極 C.71〜103 変更なし
巨人のレポート C.324〜327
C.104,105
C.324〜C.327は新作。C.104,105も短く挿入
新聞〜地下 C.106〜132 C.111が止めカットに。C.112〜115は新作だがTV版の絵コンテにもあるシーン。C.117「同所長 碇ゲンドウ」のテロップがなくなった
地下の冬月と碇 C.328〜331 新作シーン
地下 C.133〜144 C.136赤木修正。C.137,138リツコ修正。C.142,144赤木、碇修正
リツコとミサト C.146〜164 C.145,147リツコ修正。C.160ミサト修正?C.161加持修正?
2003年箱根 C.332〜346 DEATHにもある新作。ただし、カット割りがかなり違っている。C.334修正。C.345のユイ修正。(C.334,C.345はTHE END OF EVANGELION(#26')のBANK)
2004年〜2015年 C.165〜260 C.174の新聞記事等がフィルムブック8巻の表紙の絵に。C.183電車内のリツコ修正。鉄柱も追加。C.186,188リツコ修正。C.191赤木、碇修正。C.195リツコ修正。C.197にテロップ「ジオフロント人工天蓋部」「下層第2直援エリア(予定地)」追加。C.222リツコ修正。C.242,245,247のエフェクト変更
冬月救出 C.347〜348
C.261〜265
C.349
C.347〜348は新作(C.4〜5 BANK)。C.263は加持修正。C.264は加持、冬月修正。C.349は新作
ミサトの家 C.267〜304 C.267,269,271のミサト修正。C.275,277の加持修正(DEATHにもあり)。C.279の扉が閉まる描写が街灯(#15 C.186 BANK)、外観(#2 C.99 BANK)、廊下(#2 C.100 BANK)に変更

第弐拾弐話 「せめて、人間らしく」

空母 C.292〜309 DEATHにもある新作。ただしカット割りがかなり違い、DEATH(TRUE)でカットされたシーンも含み、ビデオ版で初出のカットもある。その後、アイキャッチが入る。次の教会は新作
教会〜NERV C.1〜23 C.1アスカ修正。C.5アスカ修正+人形を持つ手,ノブは新作。C.6アスカ修正(#25 BANK)。C.12,14マヤ、リツコ修正(DEATHでは修正なし)。C.15Aブラシ付加。C.15透過光、波ガラス付加。C.22修正
C.310〜318 新作シーン
C.24〜54 C.25のPEN2汗なし。C.41,43,44C,45〜53シンジ、アスカ修正
風呂 C.319〜339 DEATHにもある新作。ただしDEATH(TRUE)ではカットされている。最後の2カットは初出。
NERV C.55A〜70 C.63〜68ミサト、リツコ修正。C.69のリツコの影消える。C.70アスカ修正(DEATHでも修正。ただしDEATH(TRUE)ではカットされている)
NERV C.71〜113 C.71〜91まで修正カットDEATHにもあり(C.86をのぞく)。C.73,75アスカ修正。C.78レイ、アスカ修正。C.79,81,83アスカ修正。C.85レイ、アスカ修正。C.88,90,92アスカ修正。C.104セリフ追加。C.105,107,109,111アスカ修正
NERV C.114〜211 C.118日向修正。C.121ミサト修正。C.123アスカ修正。C.128日向、ミサト修正。C.132日向修正。C.148,150モニタ修正。C.154修正。C.160アスカ修正。C.164修正。C.166ミサト修正。C.174リツコ、カット尻動き追加。C.207リツコ修正。C.208マヤ修正
内的宇宙 C.212〜221 C.217若干違う。C.219,220,221アスカ修正。C.212〜216,219〜221はDEATHにもあり。ただしDEATH(TRUE)ではカットされている
内的宇宙 C.340〜412 新作カット。最初の方はDEATHにもあり。ただしDEATH(TRUE)ではカットされている。終わりの方は#22の予告編に含まれているカット。C.396〜C.398はTHE END OF EVANGELION(#26')のBANK
NERV C.222〜291 C.230冬月、碇修正。C.235冬月修正。C.239,241ミサト修正。C.255冬月修正。C.259の後にリリスの足が伸びる描写が3カット追加(DEATHにもあり)。C.261冬月修正。C.268レイ修正。C.271,272エヴァの声追加(DEATHにはない)。C.273の後にロンギヌスの槍が変形するカットが2カット追加(DEATHにはない)。C.278,280冬月修正。C.282Bロンギヌスの槍が静止から回転へ

第弐拾参話 「涙」

第三新東京市 C.1〜33 C.2,C.3ブラシ追加。C.4背景変更。C.21切れるテレビ変更。C.27,C.29,C31ヒカリ修正。C.28,C.30,C.32アスカ修正
NERV C.34〜51 C.34光追加。C.35,C.36ブラシ追加。C.36の後、足を組み直すシーン追加。C.37リツコ修正
NERV C.52〜118 C.59アスカ修正。C.77,C.86ミサト修正。C.87構図変更。「しかし」からモニター画面挿入。C.90背景変更。C.94モニターデザイン変更。C.99背景変更。C.113アスカ修正。動き足し。「DEATH」では修正なし
内的宇宙 C.119〜138 C.126レイ修正。C.127レイアウト変更。C.128構図変更。C.129レイ修正(侵食描写なし)。C.130レイアウト変更。C.131レイ修正(侵食描写なし)。C.132レイアウト変更。口パク追加。C.133レイ修正。C.134構図変更。C.137レイ修正
零号機自爆 C.139〜163
C.335〜378
C.182〜190
C.142零号機から謎の物体出現。C.143構図変更。C.162シンジ修正。C.164〜C.181はC.335〜378に差し替え(新作)。C.187文字追加。C.188ミサト修正。「DEATH」では修正なし
プラグ〜マンション C.191〜223 C.192背景変更。C.201,205リツコ修正。C.210〜C.213,C.215〜C.223修正
ダミープラグ前 C.223B〜223F 新作シーン
電話〜レイの部屋 C.224〜255 C.226背景修正。C.227ブラシ追加。C.235〜C.240修正。C.244,245包帯を外す演技追加。C.246,C.249,C.251〜C.255修正
執務室〜電話 C.256〜278 C.256修正。C.257構図変更。C.259リツコ修正。C.260TV放送カットシーンの初公開だが、これも修正してある。C.261,C.263リツコ修正。C.265ブラシ追加。C.268〜C.270,C.272修正,C.274リツコ修正。C.278背景変更
ドグマ〜EVAの墓場 C.279〜303 C.282〜C.287修正。C.288,C.289エレベータデザイン変更。C.295,C.296,C.298修正。C.300デザイン変更。C.302,C.303修正
ダミープラグ前 C.304〜334 C.307〜C.308,C.310,C.312,C.314〜C.316修正。C.317オーバーラップ追加。C.318〜C.327,C.329〜C.332,C.334修正。「DEATH」ではC.310,C.312,C.317,C.320,C.325のみ修正(C.317はオーバーラップなし)

第弐拾四話 「最後のシ者」

アスカ C.1〜14,14B〜14H C.14B〜C.14Hは新作。「DEATH」ではC.14Gのみ(ただし、修正してある)。C.14C〜C.14Fは画面はブラック
バスタブ〜カヲル C.15〜58 C.15,C.20TV放送時の影なし。C.26ミサト修正。C.45の後、電柱カット追加。C.48,C.52修正。C.53,C.57カヲルの演技足し。C.54,C.58修正。「DEATH」ではC.15,C.20,C.52,C.53,C.57のみ修正
カートレイン〜テスト C.59〜70 変更なし
エスカレータ C.71〜79 C.76,C.78カヲル修正。C.78の後、セリフ追加
執務室〜マンション C.80〜90 変更なし
風呂場 C.91〜118 C.98カヲル修正。C.102,C.109風呂桶のロゴが上下逆に
ゲンドウ〜寝室 C.119〜144 C.127手にアダムが融合したカット挿入。「DEATH(TRUE)2」初出。C.128修正
ゼーレとカヲル C.319〜337 新作シーン
橋の上〜リツコ C.145〜149 変更なし
セントラルドグマ C.150〜310 C.154新作カットに変更。C.164ミサトに演技足し。C.171修正。C.179〜C.180セリフ変更(「DEATH」も同じセリフ)。C.183DAMAGEの色変更。C.197口パク修正。C.233ミサト修正。C.240火花追加。C.246DAMAGE色変更。C.248,C.251ミサト修正。C.253,C.256修正。C.266シンジ動き足し。C.274ミサト動き足し。C.277リリスの腹足し。「DEATH」ではC.154,C.246,C.251,C.274以外は修正あり
湖畔 C.311〜318 C.314の後、電柱カット挿入。C.315光の修正
予告   「第25話 Air」の予告

注:
修正カットは、セルだけでなく背景も変更になっています。
声や音についても変更点が沢山あります。もっと細かい変更点があるかもしれません。

「EVANGELION:DEATH」で使用された新作カットはスタンダードサイズをビスタサイズにトリミングして上映していたので、 ビデオ収録版は元のスタンダードで収録されているようです。 #21のC.306〜309に関しては、「EVANGELION:DEATH」でもスタンダードサイズだったので、そのまま使用されています。

#21のC.334,C.345は「THE END OF EVANGELION」(#26')のBANKなのですが、このカットはあらかじめビスタサイズで作画されており、#21ビデオ版では左右がトリミングされているようです。

#21の新作カット #22の新作カット
#23の新作カット #24の新作カット

Genesis0:13,0:14に収録された第25話「Air」、第26話「まごころを、君に」も少し劇場公開版と異なっています。 以下の変更点は劇場版BOXに収録されたものにはあてはまりません。

第25話 「Air」

ロゴ C.1前 会社のロゴは入るが、映倫と「エヴァンゲリオン劇場版」のテロップはなし。代わりにアイキャッチが入る
アイキャッチ C.239後 アイキャッチの「THE END OF EVANGELION」が「NEON GENESIS EVANGELION」になっている
エンディング   第25話のスタッフ、キャストのみのスタッフロールが入る。音楽は「タナトス」ショートバージョン
予告   「終局 まごころを、君に」の実写予告(「THE END OF EVANGELION」の予告編とは違う)
第25話「Air」(「THE END OF EVANGELION」)と「REBIRTH」の違いは、「THE END OF EVANGELION」のページに書かれています。

第26話 「まごころを、君に」

ロゴ   最初に会社ロゴを追加
タイトル C.1前 タイトルの「THE END OF EVANGELION」が「NEON GENESIS EVANGELION」になっている
アスカの台詞 C.281 アスカの「イヤ」という台詞が無くなり、代わりにテロップを追加
アイキャッチ C.459後 アイキャッチの「THE END OF EVANGELION」が「NEON GENESIS EVANGELION」になっている
C.481後 劇場版では「終劇」だったが、ビデオ版では「完」になっている。
エンディング   第26話のスタッフ、キャストのみのスタッフロールを追加。音楽は「主よ、人の望みの喜びを」
予告   「ラブ&ポップ」の予告を追加(劇場特報と同じもの)

Genesis0:13,0:14に収録された「Air」「まごころを、君に」の音声がドルビーサラウンドで収録されていないという話です。
DVD版Vol.7には「ラブ&ポップ」の予告は収録されていません。


劇場版BOXには「EVANGELION:DEATH(TRUE)2 AND EVANGELION:REBIRTH」「THE END OF EVANGELION」が収録してあり、劇場公開版そのままを収録してあります。 また、劇場特報、予告編、TVスポット、「REVIVAL OF EVANGELION」の休憩も収録されています。

ホームページに戻る